エストロゲンを含む食品について知っている方いませんか?
いましたら教えてください!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「内分泌攪乱物質と発がんリスクを結びつける根拠」
この中に記載があるように、植物エストロジェンとして最近話題になっているのは大豆の「イソフラボン」ではないでしょうか?

http://www.asahikawa-med.ac.jp/dept/mc/hygiene/2 …
(内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン))
この中にも具体的な化合物名はありませんが、「植物エストロジェン類」としてリストアップされているようです。

http://chem.sci.utsunomiya-u.ac.jp/v3n1/kayama/t …
(植物エストロジェン)
http://chem.sci.utsunomiya-u.ac.jp/v3n1/kayama/t …
(植物エストロジェン)

ご参考まで。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~xj6t-tkd/env/f_eds/e …
    • good
    • 0

全く回答とは違いますが。


私はホルモンバランスがあまり良くなく、生理痛がひどかったり
します。
アロマやハーブが好きで自分の体調に合う物をいろいろ探しては試して
みています。
もし、sawahanaさんが同じような悩みなどで
そういうものを含むものを摂取したいというのであれば
今、www.healthy-one.co.jpのサイトをご覧になってみて下さい。
見るだけでも参考になると思います!

私は今、ハーブ加工食品のチェイストベリーチンキ剤や
ブラックコホシュチンキ剤を試しています。
穏やかに良い感じがしています。
www.no-ra.co.jp/ここのサイトも見てみると面白いです。皆ハーブですが・・・

もし、エストロゲンを含む食品についての論文などを書く目的でしたら
全く参考になりませんが・・・
    • good
    • 0

大豆にふくまれていると読んだ記憶があります。

なにぶん立ち読みなので本のタイトルは覚えていません。
    • good
    • 0

こんばんは。


「1」の方がおっしゃられるように、ザクロに含まれているようです。が、女性ホルモンのエストロゲンとは基本的に異なるという見解もあるようです。(参考URL)
「まったく同じ」と記載して”ザクロジュース”と称して販売しているネット通販もありますね。どちらが本当なんでしょうか・・・

参考URL:http://www.janis.or.jp/agri-or/apple.az/wn1.htm
    • good
    • 0

こんばんわ。


ザクロという噂があります。。。
あくまで噂ですが。。。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトランス脂肪を含む食品

はマーガリンをはじめ
バターやチーズ、牛乳などの乳製品 牛肉 天ぷらやフライドポテトなどの揚げ物などがあると思いますが
その中でも乳製品と牛肉について質問です
牛乳やヨーグルトで無脂肪の物がありますが 無脂肪ではない普通の物と比べた場合トランス脂肪が含まれる量は少ないでしょうか?また牛肉に関しては 赤身にもトランス脂肪は含まれるのでしょうか?

Aベストアンサー

自然界のトランス脂肪酸について私の認識が少し違っていました。
私の認識では1%以下でしたが、実際は1~2%くらい存在するものも
あるようです。
※厚生省のURLを載せておきます。
 ただし、これは脂質中の割合でなく、食品中の割合なのでかなり低く出てます。

また、いろんなネット上の文章を読んでみると、トランス脂肪酸は
さも毒物のように扱われていますが、そうではなく普通の油脂です。
逆に、後の研究で微量には必要なものなのかも知れません。
と乱視脂肪酸の何が悪いかというと、いろんな油脂の欠点を
ほとんど全て併せ持つと言うことです。しかし、これは油性の過剰摂取を
やめればカバーできることです。あまり敏感になる必要は無いと思います。
                       酸化耐性  動脈硬化率
飽和脂肪酸(固形油脂)         ○      ×(高い)
不飽和脂肪酸(天然型・液状)     ×      ○(低い)        
不飽和脂肪酸(トランス型・液状)   ×      ×(高い)
トランス脂肪酸とは酸化されやすく動脈硬化を起こさせる割合が高い油脂で、
早い話、いいとこ無しです。しかいながら、青酸ガスやボツリヌス毒素のように
特別に悪いことをする訳ではないのです。

基本的には自然界の油脂は天然型(シス型)なのですが、酵素により製造時の
エラーや蓄積中の変化で0.01~2%程度が二重結合が転換してトランス脂肪酸
へ変化します。この反応は常温ではあまりおこりませんが、高温では煩雑に起こる
ため、加熱した油脂はトランス脂肪酸の含有率が高くなります。
具体的にはマーガリン、ショートニング等です。場合によっては40%以上の
トランス脂肪酸を含むマーガリンもあるようです。

重要なことは油脂の摂取は複数の種類にしなければならないことです。
オリーブオイルには不飽和脂肪酸であるオレイン酸が豊富ですが、これは
二重結合の一が末端から遠いオメガ6脂肪酸です。人間はオメガ3脂肪酸を
摂取することが必要ですが、これは魚のDHA、EPA、シードオイルなどに
含まれるアルファリノレン酸くらいしかありません。これらが混ざることによって、
細胞は正常な働きができます。
また、害悪とされているトランス脂肪酸さえ全体の1~2%の比率になることに
よって、生体内の油脂全体の融点を下げて流れやすくする働きをしているとも
言えます。純粋な水が凍りやすいのと同じように、単一種類の脂肪酸は固化しやすく
血管に付着しやすいと言えるのです。

参考URL:http://166.119.78.61/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_kihon/content.html

自然界のトランス脂肪酸について私の認識が少し違っていました。
私の認識では1%以下でしたが、実際は1~2%くらい存在するものも
あるようです。
※厚生省のURLを載せておきます。
 ただし、これは脂質中の割合でなく、食品中の割合なのでかなり低く出てます。

また、いろんなネット上の文章を読んでみると、トランス脂肪酸は
さも毒物のように扱われていますが、そうではなく普通の油脂です。
逆に、後の研究で微量には必要なものなのかも知れません。
と乱視脂肪酸の何が悪いかというと、いろんな油脂...続きを読む

Qコレステロールを含む食品について

ちりめんじゃこが好きで、(骨密度は正常)、
骨粗鬆症にいいし、よく少量を、大根おろし
鍋焼きうどん、おひたしに添えて使いますが、
「コレステロールが多いんじゃない?」と
言った人がいたので、質問いたします。

悪玉コレステロールが少なくないので
心配です。

Aベストアンサー

先日検査で悪玉コレステロールが標準より多いと言われました。さて、どうしたものか…と。

しらす干しのコレステロールは特に多いと言うほどではないと思います。
水分量にもよります。水分の少ない食品は必然的に各種栄養成分量が多い。

日本食品栄養成分表2015(七訂版)のデータは下記で検索できます。
食品成分データベース (文部科学省)
http://fooddb.mext.go.jp/index.pl

いわし類加工品のコレステロール (可食部100gあたり)
魚介類/(いわし類)/たたみいわし ………… 水分 10.7g、コレステロール 710mg
魚介類/(いわし類)/しらす干し/半乾燥品 … 水分 46.0g、コレステロール 390mg
魚介類/(いわし類)/しらす干し/微乾燥品 … 水分 69.9g、コレステロール 240mg
魚介類/(いわし類)/しらす/生 ……………… 水分 81.8g、コレステロール 140mg


コレステロールが多いのは、鶏卵や魚卵、畜産物の内蔵類(肝臓・腎臓など)です。
これからの季節、生たらこの含め煮などは最高なのですが。

食品成分ランキング (食品の水分量に注意)
コレステロール : 含有量Top 100
1. 卵類/鶏卵/卵黄/乾燥卵黄 ………………………… 2300mg
2. 卵類/鶏卵/全卵/乾燥全卵 ………………………… 1500mg
3. 卵類/鶏卵/卵黄/生 ………………………………… 1400mg
3. 卵類/鶏卵/卵黄/ゆで ……………………………… 1400mg
5. 魚介類/にしん/かずのこ/乾 ……………………… 1000mg
6. 魚介類/(いか類)/加工品/するめ ……………… 980mg
7. 魚介類/(いか類)/ほたるいか/くん製 ………… 930mg
8. 魚介類/ぼら/からすみ …………………………… 860mg
9. 卵類/鶏卵/卵黄/加糖卵黄 ………………………… 820mg
10.魚介類/(いわし類)/かたくちいわし/田作り … 720mg
11.魚介類/(いわし類)/たたみいわし……………… 710mg
12.魚介類/(えび類)/さくらえび/素干し ………… 700mg
12.魚介類/(えび類)/さくらえび/煮干し ………… 700mg
(以下略)

先日検査で悪玉コレステロールが標準より多いと言われました。さて、どうしたものか…と。

しらす干しのコレステロールは特に多いと言うほどではないと思います。
水分量にもよります。水分の少ない食品は必然的に各種栄養成分量が多い。

日本食品栄養成分表2015(七訂版)のデータは下記で検索できます。
食品成分データベース (文部科学省)
http://fooddb.mext.go.jp/index.pl

いわし類加工品のコレステロール (可食部100gあたり)
魚介類/(いわし類)/たたみいわし ………… 水分 10.7g、コレステロール 71...続きを読む

Q亜鉛を含む食品

一般的に牡蠣やハマグリに多く亜鉛が含まれていることは知られていますが,そのほかに亜鉛を多く含む食品を教えてください。
亜鉛は,いろんな食品に少しずつ入っていて,普通に食事をしていれば自然に摂取できるとは言われていますが,もう少し,亜鉛について情報が欲しいのです。
お願いします。

Aベストアンサー

スカベンジャーで検索してみると、また違った観点から分かることがあるかもしれません。
ホルモンバランスに興味があるのでしょうか?
亜鉛は勿論、鉄、マグネシウム等も必要です。
成人の場合1日の推奨摂取量は約15mgですが、成人男性の平均摂取量は9.1mg。女性は7.3mgです。
汗1リットル中に1.15mgの亜鉛が含まれ、ひどく汗をかくと4mg以上を1日に失います。亜鉛は痒み物質のヒスタミンの生成を抑制する働きもあり、アトピーの症状改善にも役立つのではないかと注目を浴びています。
ニキビにも関係があり、亜鉛不足によると考えられます。
また、成長ホルモンにも関係しています。亜鉛の不足は性腺の発達の遅れや、未成熟を招く原因となります。亜鉛不足の人は1日の摂取量は30mgを目安にします。一般的に日本人は10mg程度の亜鉛を食事から摂取しているので、足りない20mgをサプリメントで補う方法もあります(不足の場合)。
亜鉛はミネラルのうちで、最も毒性が低く、1日50mg~100mgを摂り続けても問題ないとされています。ただし、1日50mgの亜鉛を摂り続けると、銅の吸収を妨げ、銅欠乏症の貧血を招く可能性があるとの報告例もあります。つまり、両面の報告がなされているということです。
また、亜鉛は、たんぱく質や核酸の合成に関係しています。味覚を正常に保ちます。長期の下痢をした人や、妊婦、授乳婦は、特に、摂取に心がけましょう。妊婦は、亜鉛と葉酸の摂取に気をつかい、ビタミンAを摂りすぎないようにします。
牡蠣やゴマにも含まれています。

スカベンジャーで検索してみると、また違った観点から分かることがあるかもしれません。
ホルモンバランスに興味があるのでしょうか?
亜鉛は勿論、鉄、マグネシウム等も必要です。
成人の場合1日の推奨摂取量は約15mgですが、成人男性の平均摂取量は9.1mg。女性は7.3mgです。
汗1リットル中に1.15mgの亜鉛が含まれ、ひどく汗をかくと4mg以上を1日に失います。亜鉛は痒み物質のヒスタミンの生成を抑制する働きもあり、アトピーの症状改善にも役立つのではないかと注目を浴びていま...続きを読む

Q同じ生産工程で○○を含んだ食品を…って

ふとした疑問なのですが、

イオン・トップバリュのお菓子の裏面に
「同じ生産工程で『落花生、えび、オレンジ、牛肉、くるみ、さけ、さば、鶏肉、豚肉、もも、りんご、ゼラチン』を含んだ食品を扱っています。」
と書かれていました。

ちなみにお菓子はクッキーのような甘いものです。
たまに「卵」とか「そば」とかアレルギーが出そうなもので
ひとつふたつ、この様に書かれているものは見ますが……
甘いものに、えびにオレンジって。さばって。ももって。
あんまりにもバラエティに富んでいて食欲が減退しましたw

こういう表記はなぜされるのでしょう?まさか…
「生産工程が同じなので、万が一原料が混入している場合もあります」
ということなんでしょうか?

それと、なぜこの順番なのでしょう。
肉は肉で、果物は果物でまとめて書いたらいいのに……
表記の順番が決まってるんでしょうか?

わかる方がいらっしゃいましたら、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>なぜこの順番なのでしょう。
厚生労働省のアレルギーのQ&Aからの抜粋と考察です。
参照  http://www.mhlw.go.jp/topics/0103/tp0329-2b.html#b1
卵、乳、小麦 及び、そば、落花生は省令で定められた表示義務がある物です。
ですから、落花生が一番最初に書かれていると推測しました。
えび、オレンジ、牛肉、くるみ、さけ、さば、鶏肉、豚肉、もも、りんご 
これらは五十音順で並んでいます。
ゼラチンは、牛肉・豚肉由来であることが多く、これらは特定原材料に準ずるものであるため、既に牛肉、豚肉としての表示が必要であるが、パブリックコメントにおいて「ゼラチン」としての単独の表示を行うことへの要望が多く、専門家からの指摘も多いため、独立の項目を立てることとする。
簡単にあらわすと その会社の表記方法は重篤度→五十音順だと思います。

以下は表示のアレルギー物質についての考察です。
牛肉、鶏肉、豚肉
これらは、調味料由来と思われます。
例えば、コンソメ味の商品を一緒に作っていたら
少なくても鶏肉はコンソメの中に入っていても不思議ではないですよね。
参考  http://www.ajinomoto.co.jp/consomme/about/faq.html#allergy
さけはチョッと微妙ですが、さばは魚介系の調味料由来でしょう。
http://www.ajinomoto.co.jp/okyakusama/alllergy/allergy.asp


最後にあくまでも想像ですが、
「生産工程が同じなので、」の同じなのは
原料の重さを量っている部屋が同じだけと言う場合も考えられます。
粉ものは空気中に飛散するとなかなか落ちないので、コンタミの可能性を否定しにくいと思います。
混ぜたり、焼いたりする工程は別でも、同一工場の場合は何が起きるか分からないので、書いているのだと思います。

あるいは、包装のみを行っている工場の場合があります。
その場合もいろいろな物質が、コンタミする恐れがあるのではと思います。

最後に
アレルギーの場合はppb(一億分の1)を単位として考えています。
コンタミ表示の場合は
アレルギーを持っていない人の場合は、官能的に分かる事は無いレベルです。
安心して召し上がってください。

>なぜこの順番なのでしょう。
厚生労働省のアレルギーのQ&Aからの抜粋と考察です。
参照  http://www.mhlw.go.jp/topics/0103/tp0329-2b.html#b1
卵、乳、小麦 及び、そば、落花生は省令で定められた表示義務がある物です。
ですから、落花生が一番最初に書かれていると推測しました。
えび、オレンジ、牛肉、くるみ、さけ、さば、鶏肉、豚肉、もも、りんご 
これらは五十音順で並んでいます。
ゼラチンは、牛肉・豚肉由来であることが多く、これらは特定原材料に準ずるものであるため、既に牛肉、...続きを読む

Q亜鉛を多く含む食べ物

最近亜鉛が不足がちだとおもうので
亜鉛を多く含む食べ物を教えてください
できればそれをつかってできる簡単な料理なども
教えてください
お願いします

Aベストアンサー

亜鉛を多く含むのは牡蛎ですね。後はレバー、牛肉です。後、食物繊維の過剰摂取は亜鉛欠乏症の要因になるようです。

レバニラを食べましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報