大雑把に調べた事をまとめていますが、あっているでしょうか。
--------------------------------------------
アイデア決定
(例)ペンのキャップのような形状の場合(5センチ程度)
---------------------------------------------
(類似出願の調査)

既に取得されていないか調査
特許電子図書館
    ↓
(類似特許がない場合)

出願+審査請求まで 約22万円
    
弁理士に頼むと40~50万円?

    ↓
試作 10~20万円
    ↓
メーカーに売り込み(特許申請中と書く)
    ↓
1~3ヵ月後、却下になったら、自費で量産を検討

(例)キャップの場合(1000個生産)

  金型、設計 100万(国内生産)
  パッケージ 20万 
  その他   10万 (運送代、販売決済料他)
  ------------------
  合 計  約130万円

 ※販売はネットショップを利用


(1年~2年後)
特許登録時に 約17万


(拒絶理由通知書が来た場合)
※審査の結果、登録されない場合、再度手続き
 
トータルの費用(特許から量産まで)
※大雑把な予想です。
出願+審査 22万
試作    10万
量産    130万(ここまで約6~8ヶ月)
特許登録  17万(1~2年後)
維持費    ?
---------------------------------------
合 計  約180万円

《 質 問 》

・発明協会や知的所有権協会、産業振興機構があるが、無料で教えてくれるのはどこか。

・特許が取得してからとなると2年近くかかりそうなので、それを待たずに企業へ売り込んだ場合でも、ある程度、権利が保護されるのか。

・類似特許調査は、頼むといくらか。

類似の質問もありましたが、さらにまとめてみました。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>・発明協会や知的所有権協会、産業振興機構があるが、無料で教えてくれるのはどこか。


こちらのページを御覧ください。
http://www.jpaa.or.jp/free_advisement/practicalu …
>・特許が取得してからとなると2年近くかかりそうなので、それを待たずに企業へ売り込んだ場合でも、ある程度、権利が保護されるのか。
特許は出願した時点である程度は保護されます。
最終的に審査を経て特許権として設定登録されないと実益を得ることはできませんが、
「特許出願中」であるという仮の保護を得ることができます。
・補償金請求権
・重複内容を排除(先願権利) etc
出願→売り込みの順がベストでしょう。
売り込みの後に出願しても、メーカーさんが他人に話すと
特許にならない可能性が高いですね。(新規性を失う。)
特許の出願は、メーカーへの売り込みとしても有効でしょう。
独占販売できる期待感をアピールできます。
ただし内容に特許の期待が持てればの話です。
日本の特許審査は極めて厳しいものです。
特許性がなさそうなら無理に出願する必要はありません。
NO.1さんが言われるように、製品が売れそうかどうかのほうが重要でしょう。
無料相談で検討されるといいでしょう。

>・類似特許調査は、頼むといくらか。
こちらのページを御覧ください。
http://www.jpaa.or.jp/free_advisement/qa/110_qa_ …
発明協会の無料調査を利用する方法もあります。
民間調査会社に依頼する場合、最も簡単なものでも数万円、手間のかかる調査ですと数十万円を要することもあります。
弁理士に頼んで出願までする場合、出願、明細書作成の費用に含まれるところも多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「先行技術を調査する」の所を拝見し参考になりました。
特許を申請する前に、試作をして、信頼のできそうな企業にアイデアの有効性を検討してもらう方がよいのかもしれません。
自費で製造する場合、販売後の品質保証なども検討します。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 14:03

shouuさん、こんにちは。


失礼ながら、ここで相談されている以上、「素人」の方として、ご回答差し上げます。
企業へ売り込むなら、試作品はインパクトありです。
また製品の設計費(金型設計にあらず)が入っていないので、設計費、10~50万円(複雑さによる)。
「ペンのキャップのような形状」の製品は、金型から取り出せば完成ですか?普通は、後加工が必要です。
加工費、数万円~。塗装、印刷等はいらないのですか?
また、部品は、1つですか、複数なら複数金型や加工が必要です。
試作は一回で決まるとは限らず、数回行う事も多いです。
再設計、再試作費。
構想から設計まで6~8ヶ月は相当手馴れていないと無理かと思います。

特許は、あればよいですが、必然でもないです。特許されていないと、真似されたとき対抗手段がないので困りますが、売り込む時点では有利にならないと思います。それより、確実に売れるという根拠が企業にとって重要です。特許より、商標の方が重要かも。
ご自分で製造販売されるなら、クレーム対応やPL等、責任も伴いますので、覚悟も必要です。ご健闘お祈りします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 13:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあるアイデアを特許をとって商品化したいのですが。

便利なものをひらめきました。
それを特許をとって商品化したいのですが、特許庁のホームページを見ましたが一体何をすればいいのかよくわかりません。
これから私は商品化するまでに何をすればいいのでしょうか?法的手続きについて無知なので、順を追って教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

No.1のお礼より:
>弁理士さんに相談するにはいくらくらいかかるのですか

相談するだけだったら、弁理士会に無料相談室があります。
但し、出願手続をお願いするとなると、20万円はかかると思って下さい。
専門家は長年に渡って必死に法律の勉強しながら経験を積んできているのです。
素人の方には到底できないことをやっていますので、この料金は仕方がないでしょう。
特許電子図書館で調べまくれば、特許事務所を通さず自力で出願したものの中には、爆笑ものの陳腐な発明・お粗末な明細書もたくさん見つかります。

本当に素晴らしい発明でも、書き方次第では大した権利にならない場合もありますし、最近では大抵の場合に拒絶理由通知が来ます。
拒絶理由通知に応答するのは素人の方には極めて困難です。
特許法他の条文だけではなくて審査運用基準も熟知している必要があります。
そこが難しいから弁理士・特許事務所という商売が成り立つんです。
ANo.6の方は幸いにも拒絶理由通知をもらっていないようですね。
極めて特定的な権利範囲で出願すると、そういうこともあり得ます。
それがお金になるかどうかはまた別問題ですし。
素人の方が書いた明細書だと抜け穴が多くて、その権利範囲を巧みに逃れて類似商品を販売することが可能なことも多いそうですよ。
自力で出願して特許を取ったという人の甘言を鵜呑みにしないことを強くお勧めします。
大金をドブに捨てるのと同じ結果になる可能性の方が極めて高いんです。
ANo.6の方は触れていませんが、特許を取るためには出願審査請求をしなければならず、特許を取ったら登録料を支払わなければなりません。(後記)
「費用は切手と印紙代のみでした」というのは出願の際だけの話です。
自力で出願しても、その後に大金が必要なんです。
絶対に誤解しないで下さいね。

ただ、ANo.4の方が仰るように、先行技術調査ぐらいは自分でやった方がいいです。
どうせこの部分は専門家に頼んでも完璧な調査はできないんですから。
何故完璧な調査ができないかというと、出願から1年半は公開がされないからです。
つまり、最近1年半以内に出願されたものについては、原則的に他人は中身を知ることができないんです。
その中に同じ発明が記載されている可能性だってあるということです。
さらに、特許要件には、特許法第29条第1項第1号・第2号もあります。
刊行物(特許明細書他)にはまだ記載されていない発明であっても、すでにこの世に存在していて他人が知っていたり実施していたりすれば、特許にはならないんです。
この世の中にある全てのものを知ってる人間なんていません。
従って、完璧な先行技術調査は不可能なんです。
先行技術調査によって、自分の発明が「特許にならないだろう」ということはわかっても、「特許になるだろう」ということは誰にもわかりません。
そこを勘違いしないようにご注意を。

ついでに言っておくと、ANo.3の方が仰ってる出願料21,000円は今年の4月から16,000円に値下げされましたが、出願審査請求料金は2倍になりました。
請求項の数が1つしかなくても、172,600円かかります。
弁理士に頼まなくても20万円近いお金がかかるんです。
出願審査請求をしないと審査をしてもらえず、特許にはなりません。

真相を話すと、特許庁は出願件数が減るのは対外的に困るのかも知れませんけど、審査請求される件数は減らしたいんです。
どうでもいいような発明については審査請求してほしくない、審査の手間を省きたいと考えているようです。
そのため、容易には審査請求に踏み切れないような料金にしたと考えることができます。

from006さんが特許を取りたいと考えたのは、お金儲けのためですよね?
どんな商売でも、先行投資は必要です。
特許を取ってお金儲けをして左うちわで暮らしたいと願うならば、それなりの先行投資も覚悟して下さい。
言い換えれば、特許を取っても大して儲かりそうもないようなものだったら、出願なんかしないというのも1つの選択肢です。

特許になったらさらに登録料を支払わなくてはなりません。
審査請求料金とは逆に登録料は今年の4月から大幅に値下げされましたけど、それでも特許を10年間維持すると、請求項が1つしかなくても200,700円かかります。

儲かりもしないのにお金を払って特許を維持するなんて愚かとしか言いようがありませんよね。(苦笑)
費用対効果をよく考えて行動することをお勧めします。

No.1のお礼より:
>弁理士さんに相談するにはいくらくらいかかるのですか

相談するだけだったら、弁理士会に無料相談室があります。
但し、出願手続をお願いするとなると、20万円はかかると思って下さい。
専門家は長年に渡って必死に法律の勉強しながら経験を積んできているのです。
素人の方には到底できないことをやっていますので、この料金は仕方がないでしょう。
特許電子図書館で調べまくれば、特許事務所を通さず自力で出願したものの中には、爆笑ものの陳腐な発明・お粗末な明細書もたくさん...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報