お世話になります。
先日、会社の同僚がタイムカードの出勤打刻を忘れてしまいました。
てっきり、始末書などのペナルティかと思っていたら、上司から「有給
休暇扱いにする」と通告されたようで、本人は「打刻は忘れたけどちゃん
と働いてたのに・・・」と落ち込みながらも、パワハラに負けてこの処分
を受け入れてしまいました。(私なら絶対拒否なんですけど)
打刻忘れを欠勤扱いにすることが無効なのは知っているのですが、有給
休暇の強要は法律上どうなんでしょうか?ご存知の方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

始末書」に関するQ&A: 始末書の措置について

A 回答 (2件)

有給休暇に関しては労働基準法第39条に労使協定を結ぶことにより(一定日数は)計画的に付与することが可能ですから、これを強制といえば強制なんですが・・・



まあ、そういった例外を除けば有給休暇は本人が請求すべきものであって、会社が強制するのは無効ですね。厳密に言えば、法律以上に与えている場合は微妙なんですが。

もっとも、この場合は働いている、ということでタイムカードの押印忘れだけですから、問題外です。労働時間の管理は会社が適切に行うべきもので、タイムカードはツールの1つでしかありません。働いた部分を払わないのは立派な労働基準法違反ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>働いた部分を払わないのは立派な労働基準法違反ですね。

って言っていただけると「やっぱり!」と自信がついたのですが、
上司に「それはちょっと法律上問題ではないですか?」ときいたところ、「わかってる。だから有休理由を”個人の都合(病気など)”にしてるんだ。あくまでも本人からの申し出扱いにしている」と、堂々と言い返されました。私の会社は小さい会社なので、組合もなく、どうしたものか・・・。
同僚はすっかり落ち込んで上司の言われるがままです。。。

お礼日時:2006/10/20 13:39

>打刻忘れを欠勤扱いにすることが無効なのは知っているのですが、



その通りです。ですからそれが無効なのに有休扱いにするのも当然無効です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やっぱりそうですよね、無効ですよね。
上司に「それはちょっと法律上問題ではないですか?」ときいたところ、
「わかってる。だから有休理由を”個人の都合(病気など)”にしてるん
だ。あくまでも本人からの申し出扱いにしている」と、堂々と言い返され
ました。私の会社は小さい会社なので、組合もなく、どうしたもか困って
います。

お礼日時:2006/10/20 13:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社員のタイムカード押し忘れについて

毎月注意はしているのですが、退社時にタイムカードの押し忘れをする社員が何人かいます。
翌日に気がついて言ってくれば、他の社員に聞いて対応できるのですが、何日も経ってからでは結局本人の申告通りで処理しています。
(その度に「今度、忘れたら5時にする」とは言っていますが・・・)
このような場合、どのように処理したらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

本来であれば該当する社員の上司の果たすべき役割をあなたがかぶっているのですね。

まずは、社員全員に対して「タイムカード」の押し忘れのないようにする旨の通知を出しましょう(出してもらいましょう)。それにはもちろん、押し忘れてしまった社員が被るペナルティも記載してあります。通常、人事部長、総務部長、規模の大きくない会社では社長など就業規則に責任を持つ役職の人間から発出されます。
就業規則は全ての社員を公平に扱う手段でもありますので全員が守らなければならない規則であることを周知することが目的です。

次に、1ヶ月、あるいは2ヶ月でも一定の期間、タイムカードの押し忘れ(故意のものも含む)について統計を取ってください。人間ですから1回や2回の押し忘れはあるかも知れません。その度にあなたが注意する必要はありません(それがあなたの職務でない限り)。部下の管理は上司の義務です。上司の管理はその上司の義務であることが前提です。

長期にわたって記録をとることにより、傾向が見えてきます。押し忘れの多い人間がどのくらい存在するのかどうか。
それを見て、就業規則が徹底されていないと考えられる場合は、再度、全員に対して前回の通知が徹底されていない旨の通知を出します。この段階で個人を特定し通知する必要はありません。今回の目的は、タイムカードの押し忘れを減らすということにあるのですから。

統計はその後もとり続けます。その結果、改善が認められない社員がいるようであれば、その社員に就業規則に従ったペナルティを与えることを考えます。あるいはその前に上司との面談があったり、もう一度、チャンスを与える場合もあるかもしれません。それはあなた(もしくは上司)の判断によります。
重要なことは、全員が守るべきルールの認識を統一し、それを守らない社員に対しては場合は、ルールに従った対応をすることです。

この種の問題は、仕事さえできればと職場の雰囲気によってはナアナアになりがちですが、そんなことはありません。放置することにより大きな問題に発展しないとも限りません。あなたも、チャンスは与えたはずだし、ルールはルールだから文句は上司に言ってくれと、言って構いません。
職種にもよるとは思いますが、時間管理の甘い職場はその他の管理も甘いことが多いように思います。
おせっかいですが、もし、あなたのおっしゃるような常習的な社員がいた場合、私でしたら出勤管理はもちろんのこと、通常の業務にも目を配ります。どのくらい仕事をしているのか、取引先へは本当に訪問しているのか等々。

今回のケースの場合、押し忘れだったとしても、ルールを守っている社員にしてみれば、この社員もしくは、あなたの対応に対して不快な気持ちを抱かせることにもつながると思われますので、厳格に対応したほうがよいでしょう。

本来であれば該当する社員の上司の果たすべき役割をあなたがかぶっているのですね。

まずは、社員全員に対して「タイムカード」の押し忘れのないようにする旨の通知を出しましょう(出してもらいましょう)。それにはもちろん、押し忘れてしまった社員が被るペナルティも記載してあります。通常、人事部長、総務部長、規模の大きくない会社では社長など就業規則に責任を持つ役職の人間から発出されます。
就業規則は全ての社員を公平に扱う手段でもありますので全員が守らなければならない規則であることを周...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報