前にDeftonesのWhite Ponyについての質問をさせてもらったものです。
同アルバム"Around the Fur"について質問させてください。
自分はこのアルバムの輸入盤を持っているのですが、最後の10曲目"MX"のトラック32分後半からヒッドゥン・トラックが収録されているのですが、バックカバーのクレジットをみても曲のタイトルが載っていませんでした。
Amazonで調べたところ国内盤には11曲目に"デーモン"というトラックが入っていることが分かりました。このヒドゥン・トラックが"デーモン"という曲でしょうか・・・?

度々すみません、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たびたび失礼します (質問者さんの追っかけとかではないので、とりあえず安心してください)。


私も日本盤は未確認なので明確な回答にはなりませんが、
「Epinions.com」 という所のアルバム紹介ページに以下のような記載があるのを見つけました。 
これは「eBay」 でもそのまま引用されています。

“~ The tracks name is 'Damon', and its around 30 minutes after 'MX' ~”

国内盤と輸入盤は同じ収録なのかそうでないのかをはっきりさせてくれる回答が早く来ませんかね…自分も気になります。

参考URL:http://www.epinions.com/content_124929805956
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々すみません、
自分も国内盤と輸入盤の違いが知りたいですが、回答してくださった内容とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 15:52

日本国内盤の品番で 「Google」 等の検索にかけてみて下さい。


品番は 『 WPCR-1651 』 です。 日本語表記の紹介ページが多数見つかります。

…前回の “White Pony” に関する私の回答の中に誤情報がありました。
「白」がオリジナル盤だという説明をしてしまいましたが、最初に出た本当のオリジナル盤は「灰色」のもので、「白」は再発盤とのこと。 
この場をお借りしてお詫びします。 お礼も結構です。
最初から、彼らに関する信頼度の高い情報が必然的に集まる英語版の 「Wikipedia」 から 該当アルバムの項目をのぞいてみるべきでした。
“White Pony” はもちろん、 “Around the Fur” についての詳しい情報もこちらにあります。 では。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Around_The_Fur
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洋楽の日本盤CDに1,2曲ボーナストラックが収録されている物があります

洋楽の日本盤CDに1,2曲ボーナストラックが収録されている物がありますが最近これが米国側で問題になっている様でYouTubeにそのボーナストラックの曲が投稿されていて視聴した人のコメントを読むと「何で日本盤だけに入っているんだ」とか「ファンは日本にだけいるんじゃないぞ」といった内容の物が多く 中には「普段、日本語でしゃべってんじゃねーの」といったアーティストを非難するコメントまであり、それでCDは日本盤と輸入盤(主に米国盤,カナダ盤)との間に価格差があってレコード会社の強い要請もあり、日本盤にはボーナストラックが収録されている。という内容のコメントを投稿したのですが、何故か自分のコメントが全く表示されず(下手な英文のせいかもしれませんが)正確な情報が伝わらない、伝えられない事にもどかしさを感じます。ウィキペディアにもアルバムが各国で何万枚売れたとか、音楽チャートで最高何位になったとかは詳しく書かれているのにいくらで売られているかについては全く記述されていません。同じ商品(この場合音楽CDですが)が国によって違う値段で販売されている事を知られたくない何かがあるのかと思ってしまいます。自分の考えをどうやったら英語圏の人々、特に米国の人々に伝えられるでしょうか?些細な事ですがこのまま放っておくと日本人、日本国悪者論がますます広がってしまいそうな気がするので。

洋楽の日本盤CDに1,2曲ボーナストラックが収録されている物がありますが最近これが米国側で問題になっている様でYouTubeにそのボーナストラックの曲が投稿されていて視聴した人のコメントを読むと「何で日本盤だけに入っているんだ」とか「ファンは日本にだけいるんじゃないぞ」といった内容の物が多く 中には「普段、日本語でしゃべってんじゃねーの」といったアーティストを非難するコメントまであり、それでCDは日本盤と輸入盤(主に米国盤,カナダ盤)との間に価格差があってレコード会社の強い要請もあり、日...続きを読む

Aベストアンサー

一応、以下のような良識あるサイトで相談してみてはどうでしょう。
http://www.japan-guide.com/forum/quedisplay.html

ただし、お気持ちはわかりますが、結局は#1さんがお書きになっているとおりで、質問者さんのような意見を伝えられるような国際社会では、みんながそんなこと、百も承知できちんと理解し受け入れていて、伝えきれない国際社会では、誰が何を言おうと誰も理解しようとしないし否定するのです。というか、厳密には、みんな実は理解しているんだけど、単に文句を言ってストレスを発散したいだけなのです。

で、ボーナストラックがあるのは、価格や売れ行きもさることながら、language barrierによるハンディをボーナストラックで補っているようなところはあると思います。それが悔しいなら、日本盤を輸入してもらえばいいのです。そして、文句を言う人の声が高まれば、日本盤の輸入(日本から見た輸出)も増え、日本盤を作っている人たちも儲かるのです。

余談ですが、「価格差があるからボーナスを付ける」というのは、消費者側から見たらおかしな理屈に聞こえるだろうと思います。「だったらボーナスは無しにして価格を下げてやれよ」という話にもなりかねません。

一応、以下のような良識あるサイトで相談してみてはどうでしょう。
http://www.japan-guide.com/forum/quedisplay.html

ただし、お気持ちはわかりますが、結局は#1さんがお書きになっているとおりで、質問者さんのような意見を伝えられるような国際社会では、みんながそんなこと、百も承知できちんと理解し受け入れていて、伝えきれない国際社会では、誰が何を言おうと誰も理解しようとしないし否定するのです。というか、厳密には、みんな実は理解しているんだけど、単に文句を言ってストレスを発散したい...続きを読む

QDeftonesのWhite Ponyについて

お世話になります。
Deftonesの"White Pony"というアルバムについてですが
リミテッド・エディション、その他、ジャケットの色が様々なものを見つけました。収録曲の内容にも多少異なっているようなんですが・・・
現在売っている通常盤はボーナス・トラックで収録曲が少ないって事でしょうか・・・?

素人質問ですみません、お願いいたします。

Aベストアンサー

長くなりますが、整理してみます。
出回っているものをすべて把握しているわけではないので、あくまで参考程度に受け取って下さい。 

そもそものオリジナル盤は、公式サイトにもあるように、ジャケットの基調色が「白」で、収録曲が “Back To School (Mini Maggit) ” から “Pink Maggit” までの12曲のもののようです。 馬のデザインがジャケット中央に配置されている点が特有です。

「参考まで」 に その他のアルバムを大別すると、次のようになると思います。 
・White Pony (灰色、青色)
・White Pony [Limited Edition Red] (赤)
・White Pony [Limited Edition Black] (黒)

こちらはどれもジャケットのデザイン自体は同じで、馬は右下に。
注意ですが、ジャケットの基調色が「灰色」のものには、オリジナル盤1曲目 “Back To School (Mini Maggit) ” が収録されているものと収録されていないものの2種類があるようです ( HMVで確認する限り、International 盤は12曲、 Europe 盤は11曲といったように)。
「青色」のものも見つかるかと思いますが、これは “Back To ~ ” のない基本11曲かと。 
おなじみの灰色の日本国内盤も同じ11曲で、ボーナストラック付は無しかと。
「赤」と「黒」はどちらも収録は同じで、“Back To ~” が収録されておらず、12曲目として “The Boy's Republic ” が収録されています。

つまり、最低でも 白(12曲)、灰(11曲、12曲)、青(11曲)、赤(12曲)、黒(12曲)の6種類はあるものかと。 基本は “Feiticeira” から “Back To School (Mini Maggit)” までの11曲収録で、前に “Back To School (Mini Maggit) ” が付いているか、後に “The Boy's Republic ” が付いているかです。
デザインは無視して収録曲だけに目を向けると、3種類はあるということですね。
ちなみに、全部を楽しめる13曲入りのものは、残念ながら私は目にしたことがありません。

長くなりますが、整理してみます。
出回っているものをすべて把握しているわけではないので、あくまで参考程度に受け取って下さい。 

そもそものオリジナル盤は、公式サイトにもあるように、ジャケットの基調色が「白」で、収録曲が “Back To School (Mini Maggit) ” から “Pink Maggit” までの12曲のもののようです。 馬のデザインがジャケット中央に配置されている点が特有です。

「参考まで」 に その他のアルバムを大別すると、次のようになると思います。 
・White Pony (灰色、青色)
・White...続きを読む

Qこの曲(ユーロビート)の曲名や収録アルバムなど判る方教えてください!!

この曲(ユーロビート)の曲名や収録アルバムなど判る方教えてください!!
簡易的にサビ部分だけを作成しました。MP3 ファイルを添付します。歌パートは楽器で主旋律にしています。2000年前後のエイベックス SUPER EUROBEAT シリーズに入っていそうな感じの曲です。
サビの歌い出しが『I need~』で、サビの歌い終わりが『Love me do』だったと思います。
この曲が聞きたくてしょうがありません。ずっと探しています。どなたかご存知でしたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リックアストリーの曲かと思います。
曲はこれから詳しくみてみます。

Q【THE BEATLES】 基本15アルバム収録曲以外に何曲ある?

BEATLESは解散後に月日を経て色々な企画モノが乱発されている
イメージがあって把握ができません。


■PLEASE PLEASE ME ~ ABBY ROAD(LET IT BE) までの13アルバム
■PAST MASTERS 1・2 の2アルバム

・上記15アルバム収録曲以外のオリジナル曲
・上記15アルバム収録曲以外のカバー曲

・上記15アルバム収録曲の言語違い
・上記15アルバム収録曲の大幅なバージョン違い
・上記15アルバム収録曲の微妙なバージョン違い


こんなところでしょうか?
各々何曲くらいあるのでしょうか?特に一番上の項目を知りたいです。
そんなに数がないのなら曲名をお願いしたいです。

ブートレッグを含めるとややこしい質問になるのかもしれませんが・・・
まとめサイトなどがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

トニー・シェリダンとハンブルクで録音したもの
Ain't She Sweet Vocal:John
Cry For A Shadow (Lennon-Harrison) Instrumental
My Bonnie Vocal:Tonny

デッカ・オーディション から Anthologyに収録
Hello Little Girl
Like Dreamers Do
がオリジナル。

HolywoodBowlのLiveアナログ盤は正式リリースだけどCD化されていない。
アナログ盤ではレアリティーズとか、
All My Lovingのリンゴのシンバルから入るのとか
Please Please Me でジョンが歌詞をトチってるのとか
From Me To You, Thank You Girl のハーモニカ違い
モノラルミックスとステレオミックスの違いとか
クリスマスレコードとか
Help!のシングルバージョンはCDになってないような
こだわってるときりがない。
AnthologyとLet It Be Nakedをそろえればいいんじゃない?
入手できたらTony SheridanとDecca Audition
あとはLive At Star Clubかな、音悪いけど。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Broadway/5266/beaAlb18.html

トニー・シェリダンとハンブルクで録音したもの
Ain't She Sweet Vocal:John
Cry For A Shadow (Lennon-Harrison) Instrumental
My Bonnie Vocal:Tonny

デッカ・オーディション から Anthologyに収録
Hello Little Girl
Like Dreamers Do
がオリジナル。

HolywoodBowlのLiveアナログ盤は正式リリースだけどCD化されていない。
アナログ盤ではレアリティーズとか、
All My Lovingのリンゴのシンバルから入るのとか
Please Please Me でジョンが歌詞をトチってるのとか
From Me To You, Thank Yo...続きを読む

Qこの曲の収録されたアルバムを教えて下さい。

以前にも、質問しましたが、結局は見つからずです。

沢山のアマチュアギタリストがコピーしていることにより、そこそこ有名な曲のはずです。

難易度が高いので、やはりZakkの奏法の右に出るものは居ません。
Zakk専用モデルギターの良質さも然り、ヴィブラート、チョーキングの掛けかたから、卓越したテクニックと曲の良さに圧巻です。
他のコピー者は、雑さが目立ち、曲をぶち壊しています。

この曲はZakkのオリジナルなのでしょうか?
収録されているアルバムを探しまくりましたが、検索できずに何年と経ちました。
http://www.youtube.com/watch?v=GRyUzMryjAY

何か少しでも、これに関連する情報でも ご存知の方、いらっしゃいましたら、
宜しくお願い申し上げます。

又、他にも、こんなすばらしいギターバラード(ソロでも可)あるよ!というお勧めがあれば教えて頂けないでしょうか。
比較的、最近のものでお願い致します。

サンタナやゲイリームーア、デイヴ・メニケッテイ等の十八番的なアーティスト以外でお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは


YouTubeに「From the 2010 Album ZAKK WYLDE GUEST SESSION.」

とありますので、調べてみると・・。

http://en.wikipedia.org/wiki/Zakk_Wylde

2010年のアルバムというと

http://en.wikipedia.org/wiki/Order_of_the_Black

コレに入っているということなのでしょうかね(?)

日本のアマゾンだと↓。

http://www.amazon.co.jp/Order-Black-Wylde-Label-Society/dp/B003TOMSPO/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1335784948&sr=8-1


視聴できれば良いのですがね~
こちらはもうお聴きですかね

自分もDTMの学校に通って・・(弦楽器入門として)フェルナンデスのZO-3とヘビーディストーションのエフェクターを持っていますが、、ギター・・難しいですね~。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報