これからの季節に親子でハイキング! >>

一定の能力以上の焼却炉や溶融炉から発生するばいじんは、大気汚染防止法上、産業廃棄物に分類されています。しかし、行政が運営する一般廃棄物対象の上記施設から発生するばいじんは一般廃棄物だと言う人がいます。間違いではないでしょうか。

A 回答 (3件)

政令では、


第2条の四 特別管理産業廃棄物
五  特定有害産業廃棄物(次に掲げる廃棄物をいう。以下同じ。)
ワ ばいじん(国内において生じたものにあつては、別表第三の一三の項又は一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)又は燃え殻(国内において生じたものにあつては、法第二条第四項第二号 に掲げる廃棄物の焼却に伴つて生じたものを除き、同表の一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)であつてダイオキシン類を含むもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)及びこれらの廃棄物を処分するために処理したもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)

別表3の14項 ダイオキシン類対策特別措置法施行令別表第一第五号に掲げる施設

同別表第一第5号
廃棄物焼却炉:火床面積(廃棄物の焼却施設に二以上の廃棄物焼却炉が設置されている場合にあっては、それらの火床面積の合計)が0.5m2以上又は焼却能力(廃棄物の焼却施設に二以上の廃棄物焼却炉が設置されている場合にあっては、それらの焼却能力の合計)が1時間当たり50kg以上のもの

以上から、通常発生するばいじん・燃えがらは特別産業廃棄物になります。
ただ、溶融炉で処理をされ、ダイオキシン類を含まない(基準以下)とされる場合は除外されます。
溶融時に発生するばいじんは、再度溶融炉に戻すのが一般的です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明快なご回答をありがとうございました。
国内で一般に運転されている焼却炉から通常発生するばいじん、燃えがらや溶融炉から発生するばいじんは産業廃棄物であると考えてよいことが判りました。

お礼日時:2006/10/22 01:31

参考URLで、市町村の下水処理場の汚泥とごみ焼却場のばいじんについて触れられています。


集じん装置によって捕集・分離されたばいじんは、特別管理一般廃棄物に指定されているということで、それ以外のばいじんは(特別管理でない)一般廃棄物と解釈できるようです。
私には正否はわかりませんがご参考までに。

参考URL:http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=9263
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になる資料をご紹介いただきましてありがとうございました。
【ごみ焼却場から出る飛灰(集塵機で集めたもの)は「産廃」のばいじんにあたると多くの自治体は見解してますが、一部の自治体は上記「燃え殻」と一緒に一般廃棄物と主張しています。】は貴重な情報です。
飛灰と直接関係はありませんが、昭和49年前後で下水汚泥は一般廃棄物から産業廃棄物に区分が変ったのは興味深いですね。

お礼日時:2006/10/22 01:09

一般廃棄物から発生するばいじんは一般廃棄物です。


間違いではありません。

この回答への補足

少なくとも、一般企業や産廃処理業者が一般廃棄物を処理する過程で発生したばいじんは産業廃棄物です。行政関与なら、処理する過程で発生したばいじんが一般廃棄物であるとの法的根拠を教えていただければありがたいです。

補足日時:2006/10/20 16:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 他の回答も参考にさせていただき、一定の能力以上の焼却炉、溶融炉から発生するばいじんは法的に産業廃棄物であることがほぼ確認できました。その理由は次のとおりです。環境関連の法律は、大気汚染防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律、ダイオキシン類対策特別措置法の順に制定されており、後続の法律は前法を補完しています。特掃法では、ばいじんとは「大気汚染防止法に定めるばい煙発生施設などから発生し、集塵機によって集められたもの」と定められています。大気汚染防止法第ニ条で「ばい煙発生施設とは工場又は事業場(高山保安法関連の一部施設を除く)に設置され、ばい煙をを発生し、排出するもので政令で定めるもの」となっています。政令では第二条で「政令で定める施設」を別表第一で定めています。別表第一の五:金属の精製又は鋳造の用に供する溶解炉、九:窯業製品の製造の用に供する焼成炉及び溶解炉、十三:廃棄物焼却炉などが規定されています。これらの法、政令から標記ばいじんは産業廃棄物と定義されています。今回の質問の目的は、この法に関連して、例えば自治体が運営する設備から排出されるばいじんが一般廃棄物であるとの特例が存在するか否かを確認することでした。現在までそのような特例が確認されておりません。尚、一部自治体などが一般廃棄物であると主張している理由は、一般廃棄物、一般廃棄物を処理したもの及び処理過程の発生物が「一般廃棄物最終処分場」に持ち込まれているためにそのように誤解しているか、又はそこへ産業廃棄物を持ち込ませないよう明確な差別化を意図してそのような「呼び方」をしたいためではないでしょうか。「一般廃棄物最終処分場」とは「一般廃棄物及び一般廃棄物を焼却、溶融などの処理をした又はその処理過程で発生した産業廃棄物などを持ち込む処分場」であり、一般廃棄物のみを処分する場所ではありません。法的には通常の焼却炉などから発生するばいじんは管理型最終処分場であれば一般廃棄物最終処分場又は産業廃棄物最終処分場のいずれにでも持ち込めます。ただし、現在は自治体が運営する一般廃棄物最終処分場へは一般の企業などの産業廃棄物は持ち込めない仕組みになっています。一方、法律では特別の理由がない限り産業廃棄物が国内外のどこから持ち込まれても拒絶できないことになっています。

お礼日時:2006/10/25 11:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熱灼減量について教えてください

廃棄物(ごみ)の燃焼、焼却に関する文章に「熱灼減量」という用語が出てくるのですが、具体的な意味が分かりません。
「熱灼減量」について、お教えください。

あるサイトには、
廃棄物を燃焼炉で燃焼させた場合のこととして、以下のような主旨の文があります。
「主灰の性質」
主灰の熱灼減量は、酸素富化運転の場合、熱灼減量は1/3
程度に減少しており・・・・・・
(通常3%が酸素富化運転では1%になっています)

因みに、「熱灼」は広辞苑、家にある漢和辞典にも見当たりません。「熱灼」は「燃焼」とは何か違うことなのでしょうか?
また、ゴミの燃焼について書いてある私有の本には「熱灼残留物」は「ゴミ」を燃やして残るもの:灰分とあります。これはこれで納得しています。

Aベストアンサー

減量というと減った量のことを示します。
熱灼という言葉の語源はわかりませんが、たぶん強熱するという意味だと思います。(高温に加熱する)
普通、焼却炉での燃焼では、完全に可燃物を焼却できることはないので、必ず、未燃焼成分が残ることになります。この未燃焼成分を完全に焼却するために、熱灼する必要があるのでしょう。

以上から、焼却灰を強熱したときに減る量のことを示していると思います。
このとき減る量として考えられるのは、可燃物しかないので、
>水分を含むかどうかは別にして、要は焼却灰中の可燃分と考えれば良いのでしょうか。
ということで良いと思います。

その測定法は、旧厚生省からの通知で説明されているらしいです。(原文を見つけることができませんでした。)しかも、何度か改正されているようです。

ただ、下に示したURLのA-5では
"105±5度乾燥(恒量まで)~10mmふるいで不燃物除去~600±25度3時間強熱"
となっているようです。

参考URL:http://www.eic.or.jp/QA/bbs02.php3?serial=1584

減量というと減った量のことを示します。
熱灼という言葉の語源はわかりませんが、たぶん強熱するという意味だと思います。(高温に加熱する)
普通、焼却炉での燃焼では、完全に可燃物を焼却できることはないので、必ず、未燃焼成分が残ることになります。この未燃焼成分を完全に焼却するために、熱灼する必要があるのでしょう。

以上から、焼却灰を強熱したときに減る量のことを示していると思います。
このとき減る量として考えられるのは、可燃物しかないので、
>水分を含むかどうかは別にして、要は焼...続きを読む

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q刑の執行を受けることがなくなった日とは・・

届けなどの許否事由にある【禁錮以上の刑に処せられその執行を終わり、又は刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者】の、刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者とは執行猶予を終えた日から5年経過することを意味しているのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

執行猶予期間を経過すると,刑の言渡し自体が失効しますので,執行猶予期間の経過は「刑の執行を受けることがなくなった日」に含まれません(5年を待つことなく資格回復します)。

刑の執行を受けることがなくなった日とは
1.仮釈放後の残刑期間経過
2.刑の時効成立
3.恩赦による刑の執行免除
になります。

Qなぜ?アルカリだと鉄などは、さびにくいのですか?

なぜ?アルカリだと鉄などは、さびにくいのですか?

Aベストアンサー

こんばんは

ステンレスは「サビているからサビない」というのはご存じでしょうか?
表面がごく薄い(数nm)のサビが酸素の侵入を防ぎます。
ただ、鉄のサビが被膜を作るのではなく、添加物であるクロムのサビが被膜を作ります。
「ステンレス=サビない」は実はサビています。極薄のサビがサビの進行を防いでいます。

>アルカリだと鉄などは、さびにくいのですか?
アルカリの溶液で100~150℃ですと、鉄の表面に数μmの四三酸化鉄の被膜が出来ます。
「くろぞめ」として、サビ防止に使われています。

Q「し尿処理施設」と「下水道処理場」の違いとは?

「し尿処理施設」と「下水道処理場」の違いとは?

こんばんは。

基本的な質問で申し訳ないのですが、

「し尿処理施設」と「下水道処理場」の違いは何でしょうか?

ネットで調べるとともに、
「汚水を浄化して川や海へ戻すための施設」
とありましたが・・・

下水を浄化するには上記の2通りがあり、
用途によって片方のみ用いる場合、両方用いる場合がある、
ということでしょうか?

どなたか分かる方、ご回答の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に浄化設備など目的は同じ&似通った物です。

違いは?というと
以前はくみ取り式便所が主流の時代もあり
各家庭に排泄物が貯められていたので
バキュームカーでくみ取り作業を行なっていましたよね。

その際にくみ取った汚物を運ぶ先が、し尿処理施設。
一方、下水処理施設は各家庭から下水によって運ばれてきた物を処理する施設。
という違いがあります。
※地域によって区別されている場合と、片方しかない場合などもあるので
地域的な違いなどもあります。

運ばれてくる方法、内容が若干違うだけで
下水も排泄物が運ばれてくるので、し尿処理と内容はほぼ一緒です。

Q産業廃棄物の収集運搬車両への積み込みについて

産業廃棄物を、収集運搬車両の荷台以外の所に積んだら問題ありますか?

廃アルカリをタンクローリー車で運搬委託をされている事業所より、少量の金属くず等の運搬の委託があります。
少量なので、タンクローリー車の助手席に積んで運搬したいと考えています。

Aベストアンサー

詳しくはありませんが・・・。

産業廃棄物の収集運搬業は、許認可事業です。
許認可申請時に運搬方法などを記載することになっていませんでしょうか?
運搬方法については、会社での周知事項だと思います。
ですので、講習の受講をうけた責任者に確認しましょう。
不明であれば、許認可を受けた役所の窓口に確認しましょう。

地域により条例などの制約を受ける可能性もありますし、道交法違反になってもいけませんからね。

最後に、許認可範囲は大丈夫ですか?少量というのは、人それぞれ判断が異なります。


人気Q&Aランキング