『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

質問します。私は最近カンボジアの虐殺について知りたいと思っているのですが、なかなか初心者の私にとっての簡単な本がないため、困惑しています。カンボジアのポルポト政権が何を目的に政権転覆して、なぜ虐殺という行為をしたのでしょうか?共産主義というのは平等??ということではないのでしょうか??クメールルージュというのはポルポトの政権なのでしょうか?日本で言えば安部政権みたいな??・・詳しくまたわかりやすく、転覆前の状況から書いていただいたらとてもありがたいです。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

【毛沢東がそこまで、農民にこだわる理由は何なのでしょうか?】



私もsunsさんの問いかけがきっかけで、初めてカンボジアのことや毛沢東について知ったのですが・・

大前提に・・・
途上国という不安定な国家状態で、
米国による植民地支配戦争に巻き込まれない為にはどう防衛できるか?
又、どうすれば、国民に食べさせれるか?
この切実な思いがあるのを知ることとなりました。。

アメリカのお尻について、内政干渉も、経済財政への不当な干渉も赦す日本で、アメリカによる攻撃から守られてる立場で、、
必死に自国の独立の為に努力してる国に、、
『共産主義』という全体主義だとかラベリングして、
飢えてる状態の国家を、自由主義経済競争に引きずり込んで、
生贄、弱者から分捕ってしまう行為は、賊がする強盗行為ではないでしょうか??

飼い犬になってる日本には、アメリカも牙を剥きませんが、実際、中東、南アフリカ、中央アジア、、、での【民主主義】【テロ撲滅】と御旗にかかげ、独立直後に介入してくるアメリカの侵略戦争で、これらの国家が滅茶苦茶にされてるのを知りました。。

それに国連が非力で、その惨殺をむしろ手伝うこともあったということです。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変返事遅れてすいません。カンボジアはあまり知られていないというか、おそらく日本のメディアは取り上げたのでしょうか??こんない残酷なことがあるのに知らないなんて私たちは恥ずべきことですね・・・。

お礼日時:2006/11/12 08:22

>ロン政権が新米的だったので、それを理由にアメリカはカンボジアに侵攻しましたよね?なぜアメリカはカンボジアへの侵攻をしたのでしょうか?


最初に説明したとおり、ベトコンに対する補給をカンボジア経由でやっており、いくら北爆をやってもベトコンの補給路を断つことが不可能なことを察知した米軍はカンボジアにある補給路を断とうとしたのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅れて大変申し訳ございませんでした。どの戦争もやはりアメリカという強国がバックについていることが多いですよね。。しかしこれはなくならないと思いますが・・・。とにかくありがとうございました。

お礼日時:2006/11/12 08:20

『カンボジアのポルポト政権が何を目的に政権転覆して、なぜ虐殺という行為をしたのでしょうか?』



私も耳にしてるがあまり関心が無かったのですが、、最近の中東、北鮮問題でアメリカが押し進めてる植民地戦争に行き当たり、、
もしかしたら!カンボジアもこれの一環じゃないかしら?とウィキで調べてみました。

当初は、フランス領だったベトナムらこの一体周辺が第二次大戦が終わり、
帝国植民地主義に対する反論としてのベトナム中心に、共産主義者らの主導で、反仏活動が、カンボジアやラオスにも波及したようです。

フランスが撤退すると、アメリカがベトナムに介入し、カンボジアもこれら独立民族主義の高まりで、王位を退位したシアヌークは、CIAに支援されてる反共の政党を一掃し、議会で満場一致で、首相に選出された。。
が。実際、政治を進めると、CIAに援助されてる右派勢力がなかなか相寄らず、又左派のポル・ポトやイエン・サリ、キュー・サムファンといった左派の指導者らも、意地を張る。
やがて、シアヌークに押さえ込まれると、ポル・ポトは、シアヌークの秘密警察を避け、12年をジャングルで地下活動したようです。
ポルポトが、1960年カンボジア共産党中央常任委員をに選出され、1962年書記に就任し、表舞台に戻ってくると、、
1967年ポル・ポトは中国の毛沢東の緊急事態政府での仮想独裁政治体制にいたく影響を受け、政界復帰するにつれ、政府に対する武装蜂起を始めた。
カンボジア共産党は後にクメール・ルージュとよばれ、同党の軍隊をはポル・ポト派と呼ばれた。
ポル・ポトは毛沢東思想を真似て、組織作りをし、
クメール・ルージュは完全な平等主義の土地均分論を考え、社会主義の中間段階をとびこえて、一気に!『原始共産主義』社会の達成で米国による経済的軍事的治安の不安を乗り切ろうとした。

1965年5月シアヌークは隣国、北ベトナム爆撃する米国と断交を宣言する。
1970年までは、カンボジア共産党はしがない小勢力だったが、米軍による軍事脅威に晒されて、シアヌークはこの時から、ポル・ポトの力を支援し頼むことになる。
米大統領リチャード・ニクソンは、南ベトナムと隣接するベトコンの拠点を攻撃するという理由で、カンボジア国内へ侵攻を広げてくる。
シアヌークが米軍のカンボジア侵攻に抗議し、国民もそれを強く要望し、結果、ポル・ポトが勢力をつよめ、
アメリカが援助したロン・ノル米傀儡政権は都市だけしかコントロールできなかった。
1970年3/18、南ベトナム解放民族戦線と共同して米軍侵攻に対処してるシアヌークが外遊中に、米国はロン・ノル将軍をたらしこみ!クーデターを決行させ、立憲国家制のシアヌーク一派を追放し、
クメール共和国の樹立を宣言した。
翌4月、政権樹立の交換条件で、米軍にベトナム戦争のホーチミンルートを粉砕させることをロン・ノル将軍は許し、自国を侵攻させた。
国民は、新政権に対し怒り狂う。。。

こう言う、流れのようです。。


外遊中に軍人をたぶらかしてクーデター・・
最近、タイでもありましたよね。。

あれも、実はCIAの仕業なのでしょうか。。。。??
    • good
    • 0

#2です。

ベトコン=南ベトナム開放戦線と称していましたが、実は戦争が終わって判ったのは北ベトナム正規軍の偽装でした(^_-)
 中国がポルポトを援助したのはカンボジアおよび南ベトナムを共産勢力下に置くための戦略でした。当時は冷戦と言ってアメリカを中心とする資本主義グループとソ連と中国を中心とする共産主義グループとがギリギリの勢力拡張合戦に明け暮れていたのです。

この回答への補足

ありがとうございます。補足ですが、ロン政権が新米的だったので、それを理由にアメリカはカンボジアに侵攻しましたよね?なぜアメリカはカンボジアへの侵攻をしたのでしょうか?植民地化のためだけでしょうか?また、クメールルージュによる大虐殺はカンボジア人が多く犠牲になったといわれていますが、クメールルージュもカンボジア人ではないのでしょうか?そこらへんがよくわからないのでお願いします。

補足日時:2006/10/23 14:17
    • good
    • 0

クメールルージュ=ポルポト政権です。


ポルポト氏は極端な毛沢東信望者でした。
毛沢東は国家の基本は農民という教えで中国でも「下放」と言って大学生を地方の農村に送り、
農業に学べと指導しました。同様のことをポルポト派は更に突き詰めてしまった結果、
都市住民、知識階級、お金持ちなどを否定してしまったために虐殺へと進んで行ってしまいました。
またポルポト政権はカンボジアにクメール帝国の時代の興隆を取り戻すために
トレンサップ湖の水を運河によって国中に行き渡らせるという大規模な灌漑計画を
立ち上げました。もちろん技術的にも無謀なこの計画が国家を疲弊させることになり、
行き詰まった政権内で粛清とい名の虐殺が加速されたと考えられています。

この回答への補足

ありがとうございます。毛沢東がそこまで、農民にこだわる理由は何なのでしょうか?自分で農民で育ったとかですか?毛沢東主義というのは=共産主義の人たちのことなのでしょうか?
また、カンボジアのこの頃の政権など(回答者さんがお答えしたことなど)を学びたいのですが、なかなか読みやすい本がなく初心者の私にとっては難しいです。そこでなにか読みやすい本又は毛沢東関連の映画をご存知でしょうか?お願いします。

補足日時:2006/10/21 08:10
    • good
    • 0

カンボジアは大変よく治まっていた国なのですが、ベトコンがここを経由して補給を行なっているということでアメリカが後押しをしてロン・ノル将軍にクーデターを起こさせて、ベトコンの侵入を阻止させようとしたのです。

これは成功したのですが、今度は中国が黙って見ているわけはありません。ポル・ポトという共産主義者に援助を与えてロン・ノル政権を倒し、権力を握らせました。ところがこの男がとんでもないヤツで、知識階級がいるからカンボジアがよくならないのだという妄想を持っていて、少しでも学歴・知識があると看做した者を虐殺しつくしたのです。その数は200万とも30万とも言われています。それでも中国は援助をやめなかったのですよね。クメール・ルージュというのはポルポト政権を指した名です。

この回答への補足

ありがとうございます。ベトコンとは何なのでしょうか?すいません無知極まりなくて・・・。そしてなぜ中国はポルポトを起用したのでしょうか?アメリカが権力を握ると資本主義の拡大になり、共産主義がよまわるからでしょうか?お願いします。

補足日時:2006/10/20 19:26
    • good
    • 0

とりあえずwikiから該当するページを紹介します。



カンボジア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3% …
カンボジアの歴史
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3% …

共産主義の国において虐殺はよくある事です。
ソ連・中国に関しては億いってるかもしれませんね。
平等と言えば平等です。共産党に逆らえば粛清という意味でですが。ひとつの機関に強大な権力を持たせると抑制が効かないのは歴史においてはよくある事です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング