今、ボストン大学で論文を書いているのですが、藤田東湖はどのように、幕末の若き志士たちに影響を与えたのでしょうか?また、藤田の思想は後の第二次世界大戦に影響を与えたでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

地震 水戸」に関するQ&A: 水戸周辺の地震被害

A 回答 (2件)

簡単な回答で申し訳ないのですが、以下のURLがご参考になるかと思います。



参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~MARUYAMA/tokugawa/to …
    • good
    • 0

大学の論文と比べると月とすっぽんであまりに恥ずかしいのですが、ちょっと興味があってカキコしました。


藤田東湖は佐幕派、尊攘派問わず若い志士たちから尊敬され慕われていたようですね。
私の勝手な推測ですが、キーワードは「回天詩史」だと思います。
幕末頃詩吟をたしなむ武士は多かったようです。なかでも「三度死を決してしかして死せず 二十五回刀水を渡る・・」で始まる「回天詩史」は若き武士たちが武士たらんがための心の拠りどころになったに違いないと思っています。
尊皇攘夷の急先鋒であった水戸藩の硯学者藤田東湖の影響力は、「回天詩史」が尊攘派の武士の間でベストセラーのごとく読まれたことからも窺えます。

第二次世界大戦への影響というのは解りませんが、水戸藩主徳川斉昭の参謀であった藤田東湖が安政の大地震で亡くなってから、水戸藩が悲劇の一途をたどったのをみても、その防衛や外交の政策立案能力が際立っていたからかと思います。

手塚治虫「陽だまりの樹」に藤田東湖の人となり、をあらわすエピソードが描かれています。ご参考までに。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空腹が思想に与える影響

何かの本に、空腹が思想に与える影響、つまり、腹が減ってると哲学者も悲観的になる、みたいなことが書いていたあったと思うのですが、何という書かわかる方いらっしゃらないでしょうか。
それなりに有名な歴史上の哲学者だったと思います。

ラッセルが民主主義との関連でそんなことを書いているのは見つけたのですが、それではなかったと思います。

Aベストアンサー

それは、おそらく、孔子の衣食住足りて礼節を知るという、有名な格言?からきてると思います。原点をごらんになったらどうでしょう?

Q思想としてのゴロツキがのさばるのは ふつうの人たちが亜流の思想を追い求めるからではないか

思想としてのゴロツキやチンピラがのさばるのは ふつうにまともな人たちが 
一般に 亜流の思想を追い求めているからではないか?

《ゴロツキ等》というのは:

  経験合理性にもとづいてものごとの認識や判断をみちびくことをしないそ
 の状態を言います。

《亜流の思想》というのは: 

  そのままでもありますが 特には クリスチアニズムという宗教となった
 思潮 あるいは そもそもブディズムは無神論としての信仰であるはずなの
 にこれをああたらこうたらいじくりまわしたその結果としての思潮を言いま
 す。
 
《クリスチアニズム》というのは:

  非思考の場としての個人の信仰が 教義を信じるという矛盾をかかえた組
 織宗教となった場合であり あるいは単に道徳規範としてしまいこれを抱き
 続けるということに変身した場合を言います。

  《教義》は すでに思想となっており人間が思考するものであり 信じる
 ものではありません。

  《倫理規範》も 考えるものであり 信じるものではなく その実践とい
 うこともそれだけでは 信仰そのものとは関係ありません。(ほかの宗教で
 もそして宗教でなくても 道徳を説きその実践を奨励し得ます)。

《ブディズム》については:

  ひとつだけその亜流の特徴を挙げれば:
   《さとり》が いま・ここなるわたしを離れたところにあると思っている
  ことです。
   このへだたり・この時間差が 亜流であり チンピラの振る舞いと何ら変
  わらないと見なされることになります。
   少しづつだんだんさとりに近づくというのなら ゴロツキの成仏と変わら
  ないということになるからです。

 
☆ ご見解ご批判をお寄せください。

思想としてのゴロツキやチンピラがのさばるのは ふつうにまともな人たちが 
一般に 亜流の思想を追い求めているからではないか?

《ゴロツキ等》というのは:

  経験合理性にもとづいてものごとの認識や判断をみちびくことをしないそ
 の状態を言います。

《亜流の思想》というのは: 

  そのままでもありますが 特には クリスチアニズムという宗教となった
 思潮 あるいは そもそもブディズムは無神論としての信仰であるはずなの
 にこれをああたらこうたらいじくりまわしたその...続きを読む

Aベストアンサー

卓越したbragelloneは正統な思想を完成させ既に神の領域。
荘厳にして格調高雅。

他は全て思想のゴロツキ。

Q西洋思想と東洋思想との比較思想について学ぶにはどうすればいいでしょうか

私は西洋哲学(主に分析哲学)や仏教哲学(インド・チベット中観思想、唯識思想、日本仏教思想、西田哲学)に興味を持っており、その両者を比較して研究することにも関心があります。
そこで次の2点について質問します。
1比較思想を行っている有名な学者さんはどのような方がいらっしゃるでしょうか?
2また比較思想の学科を置いている大学はどのようなところがあるでしょうか
何卒、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考意見です。
 最初に注意しておきたいのは、安易に比較研究をしようとすると多くは薄っぺらな結果しか出てきません。これを行えるのは、実力のある学者か、天才だけです。
 とはいえ、普通の東洋思想の研究者は、西洋思想の中の自らの研究領域に似ている分野に関する知識は最低限もっています。現代は西洋人の研究者と交流することが多いので、東洋思想だけやって、西洋思想は知らないでは済まされない時代になっているからであり、なにより比較によってその思想が鮮明になるからです。
 例えば、唯識を学ぶのであればカント哲学のあたりは当然勉強していますし、道教を研究するならばキリスト教の知識は必須です(そして道教とキリスト教は驚くほど似ていることがわかる)。
 日本では何故か西洋思想研究が人気で、東洋思想研究は閑古鳥状態なので良質な学者が少なく、世間で売っている東洋思想に関する書物の大半は嘘つきだと思ってください。故に私は東洋思想を主軸にして研究を進めてゆくことを勧めます。
 
 比較思想研究を試みている人は多く、仏教学者では中村元、三枝充悳の名が挙がりますが、やはり井筒俊彦の著作は必読です。

 比較思想といったら京都学派の名が挙がりますが、問題も多いです。ハイデガーを禅の用語を使って訳してますが(『時と有』・・・。
 研究は基本的に原典の読み込みから出発しますので、文献学をしっかりと学べる大学が宜しいと思われます(以外に文献を読めない人が多く、特に仏教関係の読みはデタラメで、まともに読めている人はほんの一握りしかいません)。
 

参考意見です。
 最初に注意しておきたいのは、安易に比較研究をしようとすると多くは薄っぺらな結果しか出てきません。これを行えるのは、実力のある学者か、天才だけです。
 とはいえ、普通の東洋思想の研究者は、西洋思想の中の自らの研究領域に似ている分野に関する知識は最低限もっています。現代は西洋人の研究者と交流することが多いので、東洋思想だけやって、西洋思想は知らないでは済まされない時代になっているからであり、なにより比較によってその思想が鮮明になるからです。
 例えば、唯識を...続きを読む

Q思想としてのゴロツキやチンピラがのさばるのは ふつうにまともな人たちが

思想としてのゴロツキやチンピラがのさばるのは ふつうにまともな人たちが 一般に 亜流の思想を追い求めているからではないか?

 ゴロツキ等は 経験合理性にもとづいてものごとの認識や判断をみちびくことをしないその状態を言います。
 亜流の思想というのは そのままでもありますが 特には クリスチアニズムという宗教となった思潮 あるいは そもそもブディズムは無神論としての信仰であるはずなのにこれをああたらこうたらいじくりまわしたその結果としての思潮を言います。
 前者は 非思考の場としての個人の信仰が 教義を信じるという矛盾をかかえた組織宗教となった場合であり あるいは単に道徳規範としてしまいこれを抱き続けるということに変身した場合を言います。教義は 思考するものであり 信じるものではありません。倫理規範も考えるものであり 信じるものではなく その実践ということもそれだけでは 信仰そのものとは関係ありません。(ほかの宗教でも 道徳を説きその実践を奨励します)。
 後者のブディズムについては ひとつだけその亜流の特徴を挙げれば。さとりが いま・ここなるわたしを離れたところにあると思っていることです。このへだたり・この時間差が 亜流であり チンピラの振る舞いと何ら変わらないと見なされることになります。少しづつだんだんさとりに近づくというのなら ゴロツキの成仏と変わらないということになるからです。

 ご見解ご批判をお寄せください。

思想としてのゴロツキやチンピラがのさばるのは ふつうにまともな人たちが 一般に 亜流の思想を追い求めているからではないか?

 ゴロツキ等は 経験合理性にもとづいてものごとの認識や判断をみちびくことをしないその状態を言います。
 亜流の思想というのは そのままでもありますが 特には クリスチアニズムという宗教となった思潮 あるいは そもそもブディズムは無神論としての信仰であるはずなのにこれをああたらこうたらいじくりまわしたその結果としての思潮を言います。
 前者は 非思考の場...続きを読む

Aベストアンサー

>ゴロツキ等は 経験合理性にもとづいてものごとの認識や判断をみちびくことをしないその状態を言います。
定義のやりかたがヘタくそです。そんなバカな定義はありません。
たとえば、こんな文章は合理性がないといえますよね?それとも、思想ですらないので、ゴロツキ等該当しないのだろうか?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6064885.html
>1 消費税率は世界最低 法人税率は最高 でいいのでは?
>2 つまり所得税の税率も累進課税にするのが ふつうのことだと考えます。

なにが言いたいか混乱のきわみであり、とてもじゃないが返答できなのだけど。
1.まず、日本の消費税率は、消費税を導入している国の中では消費税率最低、
 法人税率も世界最高。
 すると、現況でよいという意味なのか、消費税をやめろという意味なのか、
 こういう、主張の基本線すらまるでわからりません。
参考
各国の消費税率
http://ja.wikipedia.org/wiki/消費税
各国の法人税率
http://www.777money.com/torivia/houjinzei_world.htm
2-1.消費税率と法人税について述べていたはずなのに、なぜ所得税?
 こういうのを、論理の断絶(はしょりすぎの意味です)といいます。
2-2. 所得税の税率「も」? 「を」でなく、「も」なの? 
 そうすると、所得税以外の税率が累進になっていないと変ですが、
 消費税も法人税(法人所得税)も累進でないし、肝心の所得税(狭義の所得税であり法人所得税含まず)は累進。
矛盾しまくりで、どこかに、認識ミスか誤字てんこもりと考えないと理屈が通らない.....

これはジャブ。まあいいや。個人の問題だ。

「ゴロツキ等」や「亜流の思想」の定義の本当の問題点。

一般に宗教の主流と目される、ギリシア正教、カトリック、プロテスタント、イスラム教、
これらがみな、定義により亜流の思想に分類されてしまう点。
 (これらは、民族宗教であるユダヤ教をいじくって世界宗教にしたもの。)
一方、誰も信じないようなヘンテコリンな思想は、たとえ不合理のかたまりでも、
既存宗教をいじくったものでないのであれば「亜流の思想」に該当しません。そのように定義されています。
※「亜流の思想」の定義には、経験合理性の有無は言及されていません。
 経験合理性について言及しているのは、「ゴロツキ等」のほうです。
 また、ゴロツキのほうは、思想支持者の多寡は言及されていないので多数派が
 ゴロツキであっても定義上の問題はありません。

また、
新技術。 文句なしのゴロツキ。
科学。  半分ゴロツキ。
トンデモ科学。  まっとうな科学と意味は異なりますが、やっぱり半分ゴロツキ。
となってしまうのだけど.....
その結果、私も技術者に分類されますが、技術者であることを理由にゴロツキ呼ばわりされてます。
そりゃないよ。
技術者としてゴロツキ呼ばわりしてもいいけど、それは技術者としてあるまじき
失敗としたとき限定です。

これらがゴロツキになってしまう理由。
トンデモ科学:「都合の悪いことには目をつぶる」という、科学の禁止事項に命中
       しているが、そこ以外はいちおう合理的。
科学:合理性については問題ないとして、経験性のほうが問題。
   科学にとっての経験性とは、帰納性のことであり演繹性は経験性に含まれません。
   で、科学の重要手法の1つ(いや、これだけだといっても良い)の仮説検定
   の検定の方法を考えるのは演繹であり帰納で不可能であるから、
   仮説を立ても検定を行ったらゴロツキ。よって、半分ゴロツキ。
新技術:その定義「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」(特許法による定義)
   より、帰納の部分(自然法則の見つけるまで)は科学の領分であり、残りの部分は
   未知の領分なので演繹。よって、全部ゴロツキ。

で、オモシロイことに、
科学の世界で、旧理論で説明できない現象に出会ったとき
には、それこそ思想の百花繚乱です。何しろ、解決に至る道はそれしかないから。
確かに、「亜流の思想を追い求めている」のです。そして、科学は「ゴロツキ」だし....
何か、妙な形で本来の意図と違うがつじつま合っているのよねえ。

>ゴロツキ等は 経験合理性にもとづいてものごとの認識や判断をみちびくことをしないその状態を言います。
定義のやりかたがヘタくそです。そんなバカな定義はありません。
たとえば、こんな文章は合理性がないといえますよね?それとも、思想ですらないので、ゴロツキ等該当しないのだろうか?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6064885.html
>1 消費税率は世界最低 法人税率は最高 でいいのでは?
>2 つまり所得税の税率も累進課税にするのが ふつうのことだと考えます。

なにが言いたいか混乱のきわみであ...続きを読む

Q近現代思想は「人間」ついてどのように論じてきたか。

近現代思想は「人間」ついてどのように論じてきたか。
「主観性」というキーワードを中心に教えてください!!
ヘーゲル・マルクス・ニーチェ・フロイト・フッサール・メルロポンティ・ハイデガー・サルトルに詳しい人お願いします!!!
難しすぎて困ってます・・・

Aベストアンサー

ぼくはこう理解しています。

実在の問いに答えるとき、近代ではデカルトから、理性に基づく「客観性」中心に来ましたが、フッサールあたりから変わり始め、ハイデッカーや西田幾多郎は、実在にも「主観性」があると、論理を展開するようになった。

例えば現在、イノベーションを論じるに当たって、客観的な「形式知」と同時に、主観的な「暗黙知(言語で表現できない主観)」が重要な役割を果たしているといった論理が、その1つの流れです。

つまりものの存在や生成には、主観無くしては、認識も創造もできないという論理です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報