利用規約の変更について

「般若波羅蜜多心経」「摩か般若波羅蜜多心経」「仏説摩か般若波羅蜜多心経」のどれを書き出しに使うのでしょうか。また、その違いを教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 坊さんですが、こういう質問を見るまであまり深く考えたことはありませんでした。

最初、玄奘訳と羅什訳の違い(サンスクリット語の経典を中国語の経典に翻訳したお坊さんによって、題名や経文に違いが生じている)のことかなあと早飲み込みしましたが、そうではないんですね。

 一般に親しまれている「般若心経」は中国の唐代に活躍された僧侶玄奘によって翻訳されたものです。「西遊記」の三蔵法師のモデルとなった方です。私は曹洞宗の僧侶ですが、普段読誦している経本には「摩訶般若波羅蜜多心経」という題がついています。写経用紙の手本についても私が見る範囲では、この題名になっている場合がもっとも多いように思います。
 「摩訶」の意味については、No.1の回答で概ね正しいと思います。サンスクリット語のmahaの音写語で、「大きい」「偉大な」「素晴らしい」という意味の言葉です。本来、玄奘三蔵が訳経された段階では、「摩訶」という言葉は付いていなかったようです。流布される過程や読誦される過程で付けられてきたようです。「仏説」についても同じことが言えると思います。

 「摩訶」がつく場合とつかない場合
 「仏説」がつく場合とつかない場合
下記の宝光寺さんのサイトに詳しく説明されていますので、参考にして下さい。こちらの御住職は大学院でインド仏教を選考されていた方ですから、記述内容は正確だと思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

原典を付けてのご説明有難うございました。私の”智恵”となると思います。合掌

お礼日時:2006/10/24 06:59

釈尊入滅後、その教えを受け継ぐ多くの弟子が、悟りを開いて仏陀となり、釈尊と同じ境地に到達しました。


それらのブッダの教えを説いた教えも仏説とします。

どうして仏説をつけるのか。
「仏陀は説いた(こういった)」という意味があるようです。
なぜなら釈尊は悟りを文字に残していないから。
直接文字に残していれば、そのような語彙はつけないわけです。


摩訶。
これはキャッチフレーズの役割があるそうです。
般若心経の内容に人びとを一瞬にして引き寄せるためのインパクトのある語彙が摩訶不思議の摩訶。
漢語訳者の三蔵がつけたらしいです。
三蔵は名コピーライターだったのでしょう。

尚、摩訶は梵語のマハーをそのまま漢字に当てはめたようで、「偉大な」とか「大いなる」という意味らしいです。
摩訶不思議とは、人の思量を超越するほど不思議、という意味。

摩訶般若派羅蜜多とは、<思量を絶するほどすばらしい般若派羅密多の教え>というタイトル。

どれをタイトルにするかは、宗派によって分れるのだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧な解説有難うございました。

お礼日時:2006/10/23 13:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q般若心経はすべての宗派でもよいと思っていたのですが…

日蓮宗だけはちがうのでしょうか?
写経を納経したいのですが…

そして~
法華経を写経したいのですが、日蓮様が祭られている、〈例えば池上本門寺など〉でお経を購入できるのでしょうか?

Aベストアンサー

一般に写経といえば、般若心経といわれるように、京都の大覚寺などに書写のため訪れる人は年間に相当数に及びます。
般若心経を唱える宗派は、古くは奈良時代の南都仏教から、空海、最澄が伝えた密教(真言宗、天台宗)に加え、いわゆる禅宗三宗といわれる臨済宗、曹洞宗、黄蘗集などです。
しかし日蓮宗、浄土宗、浄土真宗といった鎌倉仏教諸派は、拠り所としている経典が違うため般若心経を唱えることはありません。
私は個人的に浄土真宗(門徒)ですが、同宗は浄土三部経といわれる阿弥陀経を中心とした経典を称えます。また日蓮宗は法華経を根本に据えるはずですね、
それらのお経の据え方の違いの大きくは、その時々の時代背景によるものとだけ申し上げておきます。
ただ、浄土真宗開祖の親鸞上人も日蓮宗開祖の日蓮上人も修行時代はどちらも比叡山(天台密教)に教えを請い、その遍歴の中から衆人の救済のために自らの解釈をお説きになったものと考えます。
お経とはそもそも、釈迦の言葉をお弟子さんたちが書き残したものです。
般若心経は数ある経典のなかでも、人々が生きるための知恵を纏めた大般若経600巻といわれる大経典のエッセンスといわれ、最も短く、もっともありがたいお経といわれています。
もちろん、上記の二大上人も勉強しているはずですし、称えているのは仏教に限らず神道の在家の方々も称えるそうです。
古くは、後奈良天皇の時代、世に疫病がはやったため同天皇が自ら般若心経を書写して諸国の神社に奉納したという話もあるくらいです。
生きるための心理を説いているので何物にも妨げられないということでしょうか・・・
日蓮宗の解釈を理解もせず軽軽には申せませんし、日蓮宗のお寺に納経するのはどうかと思いますが、日頃、般若心経を写経することは構わないのではと私は思います。
また、それぞれの宗派のお経のポピュラーなものはどこでも売っていますが、法華経や阿弥陀経などは大変な量となりますので、功徳を積むには達成感もあろうかと思いますが、よくお考えになってはどうでしょうか。
以上、私の解釈として自信ありでご回答させていただきます。

一般に写経といえば、般若心経といわれるように、京都の大覚寺などに書写のため訪れる人は年間に相当数に及びます。
般若心経を唱える宗派は、古くは奈良時代の南都仏教から、空海、最澄が伝えた密教(真言宗、天台宗)に加え、いわゆる禅宗三宗といわれる臨済宗、曹洞宗、黄蘗集などです。
しかし日蓮宗、浄土宗、浄土真宗といった鎌倉仏教諸派は、拠り所としている経典が違うため般若心経を唱えることはありません。
私は個人的に浄土真宗(門徒)ですが、同宗は浄土三部経といわれる阿弥陀経を中心とした経典...続きを読む

Q浄土真宗では、般若心経を唱えていけない理由

母方の宗旨が浄土真宗なのですが、般若心経は唱えてはいけないと聞いています。なぜダメなのでしょうか。

Aベストアンサー

jun95さん、今日は。

私が調べてみた所では、智慧と行に因って煩悩を断ち切ろう、と教え諭す般若心経に対して、浄土真宗の
教えは、一切の計らいを捨てて、阿弥陀如来の力に任せて、其れに因って救われる、という物だそうです。

従いまして、浄土真宗の人間が般若心経を上げる事は、却って、阿弥陀如来の
力を否定する事に為る為、浄土真宗で般若心経を上げる事は無い、との事です。

もう少し深いお話に為りますと、以下のサイトに詳しい説明が為されてい
ましたので、宜しければ、御覧下さい。2001年12月11日掲載分です。

参考URL:http://www2.big.or.jp/~yba/QandA/

Q写経した時の願文の書き方について

今、写経をしています。
祈りを込めて書く写経には願文を書くとのことですが、
家族の健康を祈りたい場合、どのように書けばいいのでしょうか?
家族の名前 + 身体健全 という書き方でよろしいでしょうか?
いろいろ調べてみましたが、家族の名前を書くというのがなかったので不安になりました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。。

 仏事関連の仕事をしています。
 
 御写経をお寺さんに奉納される予定であれば、そのお寺さんにお尋ねになるのが一番確実でよいと思います。(お寺さんによっては、お勤めの際に願文を読み上げて祈願されるところもありますし。)
 
 お寺さんへ上がらせていただいたり、御祈願中心のお寺へ行ったりしますと、見るともなしに目に入るのですが、御写経や添護摩木の願文で、お名前+願文の形も普通に見受けますね。

 四文字でない平文の願文もよく見ますし・・・

 上記は自分の見聞きした範囲の事柄ですので、本当に良いか悪いかはわからないですが・・・
  
 「お願い事」も立派な個人情報ですから、お寺さんによってはいろいろと気を遣われているところもあります。
 ただ、奉納の多いお寺さんだと、人目につくところに奉安されている場合もまだまだありますから、むしろそちらの方が気になりましたが。
 お寺さんに手渡しする場合や、奉納しない場合は、そこまで考えることはないかな、と思います。

 ご参考になればよいのですが。では。

Q般若心経を唱えてしまった!!

般若心経は一般の方が唱えることはお控えください。というのも、般若心経の霊力は亡くなった霊には無条件で大慈大悲を与える功徳があります。これはこの般若心経の言霊(ことたま=言葉そのものが霊力を持っている)が霊にとっては非常に暖かく明るい光明に見えるのでどんな霊も唱えている人のところへ集まってきます。どんな霊もくるので必ずしもいい霊ばかりとは限りません。般若心経は他の真言と合わせて使わないと無防備で非常に危険なのです

単に般若心経を唱えれば質問者さんにはまったく関係のないその辺にいる霊がどんどんやってきてしまいます。あまりいい死に方をせずに成仏しないで浮遊している霊達が「もっと唱えてくれ~」と次から次へとやってくるのです。唱えるのをやめても霊達はまた般若心経を聞きたくてその場にとどまってしまいます。

ですから一般の方が般若心経を唱えるのは本当は怖いことなのです。防御系に強い菩薩の真言を奏上してその後内観という心の内を澄み切った愛情で満たしたうえでかくなる方法にて般若心経を唱えなくては霊にとってはまったく意味がございません。逆に霊を迷わす原因となります。

上のような文章をみて、どうしたらいいかこまっています。
まったくの素人です。般若心経をとなえてしまいました。しかも実家は浄土真宗なのに。。きいているあいだ、なんだか体がぐらぐらしました。
パソコンから、お坊さんがとなえたものも、聞いました。どうしたらいいでしょうか。こわいです。心を落ち着かせるために、写経をしようとおもっていたのですが、やめたほうがいいでしょうか。。アドバイスください。般若心経は邪を払ってくれると聞いたのですが、悪い霊をよびよせないで、安全な唱え方などはないですか。

般若心経は一般の方が唱えることはお控えください。というのも、般若心経の霊力は亡くなった霊には無条件で大慈大悲を与える功徳があります。これはこの般若心経の言霊(ことたま=言葉そのものが霊力を持っている)が霊にとっては非常に暖かく明るい光明に見えるのでどんな霊も唱えている人のところへ集まってきます。どんな霊もくるので必ずしもいい霊ばかりとは限りません。般若心経は他の真言と合わせて使わないと無防備で非常に危険なのです

単に般若心経を唱えれば質問者さんにはまったく関係のないその...続きを読む

Aベストアンサー

悪い霊は、比較的に午前0時を過ぎて般若心教を唱えると出てくるような気がします。朝、太陽が昇ってから唱えるのが一番効果的に思えます。朝時間がなければ、風呂上りの体をきれいにして直ぐにやれば良いです。それから般若心教に宗派は余り関係ありません。仏教でも神道でも気にするような事はないです。仏教、神道、キリスト教等がどうしてできたとかを考えれば根本は同じです。それぞれの宗派に分かれて多少は、教えが違ってきてますが、根本が同じなので気にする必要はないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報