本で読んだり、役所から知らせが来て知りました。昭和50~52年生まれの人はポリオの抗体がない人が多い、昭和54~55年生まれの人は風疹の抗体がない人が多い、これはどうしてなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>No.4 厚生省は定期的に抗体保有率を調べているのでしょうかね。


厚生労働省が感染症流行予測調査↓をやっています。
http://idsc.nih.go.jp/yosoku99/index.html

>No.4 アメリカ留学時などはポリオの追加が要求されますね。
アメリカなど多くの国は4回接種のようですね。

流行予測調査といえば、↓ポリオについてまとめたものがありました。
http://www.nih.go.jp/yoken/iasr/18/203/tpc203-j. …
昭和50~52年生まれの人の件については図3がわかりやすいと思います。3種類のワクチンウイルス株のうち、1型に対する抗体保有率があきらかに低いのです。その後生まれた年代の人は、1型・2型の抗体保有率は高いです。3型に関しては、各世代ともいま一つのようで、抗体ができにくいのでしょうか。諸外国で3~4回、あるいはそれ以上の回数接種することにしているのはそのへんもあるのかもしれません。

参考URL:http://idsc.nih.go.jp/yosoku99/index.html,http://www.nih.go.jp/yoken/iasr/18/203/tpc203-j. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。先日抗体検査を受けたところ、やはり1型が低いと言われましたが接種しなくてもいいでしょうとの事でした。私はまだ悩んでいますが・・・。回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/05/08 00:43

ポリオの抗体が不十分な可能性について


 厚生省は定期的に抗体保有率を調べているのでしょうかね。
 もともと、ポリオを2回しか接種していないことも不十分なので、ほかの年の人でもある程度、抗体が不十分な可能性はあります。
 アメリカ留学時などはポリオの追加が要求されますね。
ワクチンは病気にかかるよりも弱くしてあるわけで、完璧な抗体を獲得させることには限界があるでしょう。また抗体の調べ方もいろいろあります。感度の高い方法ならもっと抗体を検出できるかも知れませんが、かからないために必要なレベルの抗体があるか、ということになると(感染防御免疫といいます)、多少感度の悪い方法で調べることになる可能性があります。そうすると、抗体獲得不十分な人が増えてしまいます。
いろいろ難しい問題をはらんでいますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。先日抗体検査を受けたところ、やはり(1)型が低いと言われましたが接種しなくてもいいでしょうとの事でした。私はまだ悩んでいますが・・・。回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/05/08 00:43

多くの予防接種について,一定以上の時間の経過による効力切れという現象が起こります。


破傷風などは,結構有名かもしれませんネ。
昭和50~52年生まれの方々に用いられたポリオワクチンはポリオのI型が少ないタイプのものであったために,ポリオ発生地域に行く際には要注意となっています。
また,この年代生まれの方々はポリオワクチンの接種自体が少なかったため,汚染地域での感染の確率が高くなっていますネ。
予防医学の範疇なので専門家として。
以上kawakawaでした

この回答への補足

昭和50~52年生まれの人だけI型が少ないタイプのものというのはどうしてなんでしょう?この年代生まれの人はポリオワクチンの接種自体が少なかったというのは聞いたことがあるのですが、接種した人もやはり感染の確率が高くなるんでしょうか?よくわからないのですが・・・。

補足日時:2002/04/12 21:00
    • good
    • 0

No.1の方がかかれていることも考えられるとは思いますが、その年に使われたワクチンの品質が悪かった可能性があると思います。

特にポリオに関しては、流行によるブースター効果というのは考えにくいからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/12 20:56

単純に予防接種の賞味期間切れと考えてください(笑)。


免疫の抗体は終生のものではなく時々刺激されていないと持続的に生産されないんです。
その時期に接種した人たちはさしたる感染の流行も無い時期を生きてきたので免疫抗体の産生力が落ちて必要分が足りなくなってきていると考えられるのです。

再感染をおこすと免疫が強化されることが知られています。コレをブースター効果とか免疫の強化などと表現します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/12 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポリクロナール抗体の濃度調整について

はじめまして。
元々、工学系の人間なのですが、ひょんなことから抗体を使った実験を行うことになりました。ネットなどを調べて勉強しているのですが、抗体の濃度調整について分からないため、質問させていただきます。
今回、ポリクロナール抗体を使って実験するのですが、指定の濃度があり、40ppmに調整しなければなりません。ですが、使用するカタログ、データシートには50μlの容量の記載しかなく、メーカーに問い合わせても、明快な解答をいただけませんでした。
初歩的な質問で申し訳ありませんが、ご教示いただければと思います。

Aベストアンサー

まず、データーシートかカタログ、web siteからその抗体溶液が、血清なのか、protein A精製なのか、epitopeによるアフィニティ精製なのか、正確な状態をを知っておく必要があるでしょう。今回のご質問においては、単純には血清なのか、精製抗体なのかが重要ですが、一般にポリクローナル抗体を使用する際には、その精製方法も理解しておかないと、抗体価が100倍ぐらい違う可能性があります。どうゆう実験に使われるかわかりませんが、目的のタンパク質を抗体によって回収する、吸着されるなどという実験では、目的のタンパク質に対する抗体がどの程度含まれているかが重要ですよね。ただポリクローナル抗体といって発売されている場合のほとんどは、その特異抗体の濃度は分からない場合が多いのです。
簡単にご説明すると、血清のなかに抗体が含まれています。ラビットであれば、その血清の中にある全部の抗体(この場合IgGですが)を精製するのにはProtein Aと言うタンパク質を結合させたビーズなどの担体を用います。この操作で精製できた抗体にはもちろん目的のポリクローナル抗体が含まれていますが、そのなかには動物が生きている間に獲得したさまざまな抗体が含まれているのです。一般に全部のIgGのなかに目的の抗体は数パーセント程度しか含まれていないと言われています。
つまり、血清をもちいて40ppmにするのと、proteinA精製の抗体を用いるのと、特異抗体のみを40ppmにするのでは、それぞれの間に数百倍以上の差があるのです。
最近の販売されている抗体の多くはprotein A精製した物が多いと思いますが、血清でうられている物もあるので注意が必要です。
私の想像ですが、血清で販売している会社に、「抗体の濃度を教えてください」といっても、「(精製してみて定量しないと)わかりません」
と回答されると思います。または精製抗体(proteinA)として販売されている物でも、その中にある特異抗体(目的の物を認識する抗体)は何マイクログラムありますか?と聞いても同じことで、ロットにもよりますし把握していないのが普通です。
この場合ご自身で精製するか抗体価をチャックするなどして計算しないと分からないと思います。

単純に40ppmに調整したいというのであれば、タンパク濃度を測定すればいいのですが、そのような試薬などがそろっていますかね?

まず、データーシートかカタログ、web siteからその抗体溶液が、血清なのか、protein A精製なのか、epitopeによるアフィニティ精製なのか、正確な状態をを知っておく必要があるでしょう。今回のご質問においては、単純には血清なのか、精製抗体なのかが重要ですが、一般にポリクローナル抗体を使用する際には、その精製方法も理解しておかないと、抗体価が100倍ぐらい違う可能性があります。どうゆう実験に使われるかわかりませんが、目的のタンパク質を抗体によって回収する、吸着されるなどという実験では、...続きを読む

Qポリオの予防接種をした後、間隔を27日以上あけずにインフルエンザの予防接種をさせてしまいました><

現在10ヶ月の子供なのですが、9月9日にポリオの予防接種を受けたことをすっかり忘れてしまい、本日10月1日にインフルエンザの予防接種を受けてしまいました。
本来27日以上空けなければならないのですが、21日しか空いていません。
この場合何か危険なことがありますか?
どこかへ連絡した方がいいのでしょうか?

ワクチンが無くなるのではないかと焦ってしまい、完全に忘れていました><
猛反省しています。

どなたかご意見宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 ポリオの予防接種をした後、何か特別な体調変化はお子さんにありましたか?
 接種した箇所に腫れ・赤みなどがあったかもしれませんが、今日、インフルエンザの予防接種をする際に問題になる程、腫れが引いていないとか、目で見て異常と解るような状態だった、とか。
 そんな事はありましたか?
 特に異常はなく、お子さんが元気だったら問題無いと思います。

 ただ、今日から暫く異常が出ないか、注意してあげてください。もし、痙攣したり、発熱したり、注射した場所の腫れがずっと引かない、などの症状が出るなら、即、病院に行きましょう。
 母子手帳などにワクチン接種履歴を書く場所は無かったでしたっけ?
 先生に直ぐ、話ができるようにメモは忘れずに^^

Q免疫染色時の1次抗体・2次抗体の濃度

免疫染色初心者です.よろしくお願いします.
血管内皮細胞,線維芽細胞,心筋細胞の特異的タンパクを染めるのに,Von Willbrand factor(rabbit),DDR2(rabbit),α-actinin,2次抗体としてgoat anti-rabbit IgG等の抗体を用います.こういう場合の1次・2次抗体の濃度はやはりある程度100倍,1000倍なり自分で希釈してみて決めるしかないのでしょうか?他の方の質問も拝見して,自分で調べるしかないのかなとは思いましたが,どの濃度で一番反応が出やすいというのはないのでしょうか.よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

なにしろ製造ロットによっても力価がばらつくし、抗原の量や濃度
によっても見えやすかったり見え難かったりなので、ある程度は自
分で決めてくしかないと思います。まぁ、とりあえず100倍くらいで
染めてみて、不満がなければそのままGo!ってのもアリでしょうね。

それか、DAKOあたりの「順番にかけるだけで、医者でも染められ
る」と豪語しているヤツを使うんですね。あそこはカタログに、推
奨希釈率を載せています。第VIII因子なら、50倍くらいで使えって
親切に書いてありますよ。とりあえずそれに従ってれば、大コケは
しません。本当はもっと薄くても染まるんですが。

Q「風疹」のワクチンの接種をするには?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

32歳女性が「風疹」のワクチンの接種を

希望しているのですが。

どこで・どのように・お願いすれば良いのでしょうか。

また費用はいくらくらいなのでしょうか。

要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

先日似たような質問があり、そちらで回答したので
それを下記に示しますね。

お考えの金額より安くすむと思いますよ。

そちらにもちらっと書きましたが、妊婦さんが
風疹になると大変なことになるそうですので、
お気をつけて。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=996548

Q免疫組織染色はin vivo?in vitro?

目的の組織を固定(ホルムアルデヒド,ブアンなど)して,
抗体で蛍光タグをつけ,
コンフォーカルで観察するは,
「in vivo」ですか?「in vitro」ですか?

よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

「in vivo」、「in vitro」は実験系について言う言葉です。
医学生物学では「目的の組織」が、例えば、効果を調べたい薬剤を投与されたネズミからのものだったら「in vivo」の実験です。しかし、「目的の組織」がネズミから取り出され、試験管内で薬剤を投与されたものだったら「in vitro」となります。
注意しなければならないのは、「in vivo」と「in vitro」区別は相対的なもので、同じ実験が研究分野によっては「in vivo」の実験と言われたり、「in vitro」の実験と言われたりします。生きた細胞や組織を使っていれば全て「in vivo」の実験と言う分野もあると思われます。

Qインフルエンザ潜伏期間中に、風疹の予防接種をしてしまったら、どうなるのでしょうか?

こんにちは。

風疹の予防接種を予定しているのですが、
もし、その接種日に
インフルエンザ 及び、新型インフルエンザといった感染症に感染していたら、
病気は重症化するなど、マズイ事になってしまうのでしょうか?

(↑ 感染と言っていいのでしょうか?
 感染して症状が出ていない状態の頃、潜伏期間の事を指しています)

なるべく風疹の接種も受けたいので、
ウイルスの活動が弱まるであろう夏まで待つのも…と思いつつ、
もし、今、自分の中でインフルエンザや何らかの風邪の潜伏期間中なら、
他の病気(=風疹)の予防接種を受けるのも怖いことなのかな…と
考えてしまいます。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

別に問題ありません。
この時期は潜伏期と知らずに接種後、他の病気(水痘、おたふくなど)にたまたまなる人は多いです。
心配いりません。

Q抗体検量線について

免疫測定に関してまったくの素人で、このような質問をするのは少々恥ずかしいのですが、抗体濃度に対する応答量により検量線を作成することで、応答量に対して未知の抗体濃度が分かりますが、この検量線の傾きというものはどういった意味を持つものなのでしょうか?
測定はセンサ表面に固相化した抗原を用いて、SPRにて行っています。
検量線を数式化するとy=ax(原点通る場合)という簡単な方程式になりますが、傾きaはどの濃度であっても変わらないことから、抗体濃度xや応答量yに依存しないもの、つまりセンサ固有のもの(センサ表面の状態など)ではないだろうか?と思っているのですが、その固有のものとはいったいどのようなものであるのかが、あいまいなところが多く困っております。
質問の内容が分かりにくいかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

免疫法で定量した経験は無いのですが、抗体を作った経験から。

>検量線を数式化するとy=ax(原点通る場合)
 生体試料を免疫法で定量した場合、横軸に抗体の濃度、縦軸には競合的に結合した抗原の量をとると、逆S字のようになり、y=axのような直線にはならないと想うのですが。原点を通るような検量線を見たことがないのですが。

 この場合、センサーということなので、抗原が抗体に結合すると、電気信号が変化したりして、直線の検量線が引けるのですか。
 そうであれば、aは、抗体の性質というか、結合力(親和性)ということになるでしょう。
 
 抗体ができるすか否かは運不運。特に、極微量、超微量でも測定できるように、結合力の強い抗体を得るのに、研究者は四苦八苦しています。
 したがって、別の抗体を表面に固相化すれば、他にも原因はあるでしょうが、検量線の傾きa変動するでしょう。

>抗体濃度xや応答量yに依存しないもの、
抗体の濃度を100倍、あるいは100分の1にしても、aの値は、同じですか。
 生体試料の場合、100分の1にすると、同様の抗原-抗体反応になるとは思えないので。

免疫法で定量した経験は無いのですが、抗体を作った経験から。

>検量線を数式化するとy=ax(原点通る場合)
 生体試料を免疫法で定量した場合、横軸に抗体の濃度、縦軸には競合的に結合した抗原の量をとると、逆S字のようになり、y=axのような直線にはならないと想うのですが。原点を通るような検量線を見たことがないのですが。

 この場合、センサーということなので、抗原が抗体に結合すると、電気信号が変化したりして、直線の検量線が引けるのですか。
 そうであれば、aは、抗体の性質というか、結合...続きを読む

Qインフルエンザの免疫、抗体は?

七歳の子供のことですが、一昨年A型、昨年B型にかかりました。インフルエンザには、抗体はないのですか。何度も毎年でもかかるものですか。

Aベストアンサー

>抗体はないのですか
⇒体内で出来るか出来ないかという事なら、出来ます。
日本と違い、欧米では多くが、自分の抗体で対抗しています。
国民皆保険で無いと言うのも原因ですが・・・・。
勿論、今回の鳥からのは死者が物凄くでたのと同じほどだという事で各国共に対策を急いでいますが(今はタミフルの貯蔵程度)、
ワクチンは人から人への感染形が出てきたら、其れを使って作るので、今のところ作ることが基本的に出来ない状態です。

抗体は、一種類のvirus様に作れたオーダーメイドですので、他のには全く効果がありません。
抗体は記憶細胞で記憶されるので、<全く同じ>virusが入ってくれば、長年月後でも直ぐに増産が開始されるので効果が有るのです。(消えてゆくのが有るので、他の疾病の場合ではブースターを使います。フルは同じのが出ないのでしません)

更にフルは、疫学調査で分かってきたことですが、主に中国の奥地でドンドン変異するのが出てくるので(生活様式により)、細部で違うvirusになってしまうために効果が無いのです。

多くの研究者の間では、フルに対しては効果が半分ほどしか無いのだから、無駄ではないかという話も有ります(特に薬剤を使いたがらない欧米では)。

>抗体はないのですか
⇒体内で出来るか出来ないかという事なら、出来ます。
日本と違い、欧米では多くが、自分の抗体で対抗しています。
国民皆保険で無いと言うのも原因ですが・・・・。
勿論、今回の鳥からのは死者が物凄くでたのと同じほどだという事で各国共に対策を急いでいますが(今はタミフルの貯蔵程度)、
ワクチンは人から人への感染形が出てきたら、其れを使って作るので、今のところ作ることが基本的に出来ない状態です。

抗体は、一種類のvirus様に作れたオーダーメイドですので、他のには...続きを読む

Q【免疫組織化学】同じ一次抗体、組織について複数の検出法を用いましたが結果が統一されません

 はじめまして。
 現在、私はマウス小腸の神経内分泌細胞に発現する【とある神経伝達物質(以後SやGと略)】を検出するべく、免疫組織化学的実験法(IHC)を複数種類検討しています。
 そして、この実験中に問題が発生しました。

 検体、一次抗体が同一であれば、どのような検出法を用いても染まり方は同じですよね??
 しかし検体、一次抗体等の条件が統一されているのにも関わらず、染まる細胞数や染まる細胞の部位が統一されません。

 検出法には、
 (1)【Alexa488標識二次抗体を用いた蛍光抗体法】
 (2)【SABC法を用いたCy3による蛍光抗体法】
 (3)【LSAB法によるDAB染色】
 をそれぞれ用いています。

 一次抗体を添加しないといったようなネガティブコントロールを確認してみても、内因性ペルオキシダーゼやビオチンによる非特異的な染色は見られません。

 私自身のIHCの技術獲得の為にも、それぞれの結果が統一できなければ、実験が先に進みません。
 IHCにお詳しい方、どうか御知恵を拝借させて下さい。
 どうかよろしくお願いいたします。

 以下、備考
・パラフィン切片
・賦活化にマイクロウェーブ
・一次抗体の濃度は一定(濃度条件検討済)

 はじめまして。
 現在、私はマウス小腸の神経内分泌細胞に発現する【とある神経伝達物質(以後SやGと略)】を検出するべく、免疫組織化学的実験法(IHC)を複数種類検討しています。
 そして、この実験中に問題が発生しました。

 検体、一次抗体が同一であれば、どのような検出法を用いても染まり方は同じですよね??
 しかし検体、一次抗体等の条件が統一されているのにも関わらず、染まる細胞数や染まる細胞の部位が統一されません。

 検出法には、
 (1)【Alexa488標識二次抗体を用いた蛍光抗...続きを読む

Aベストアンサー

寝ぼけて書いたところもあるかもしれません。
そのため、読みづらくて申し訳ありませんでした。

>mRNAの発現局在について
よっぽど新規のものでないかぎり、論文でありますし。
ノーザンでも何でも発現場所が示してある論文等があるといいですね。

>検出感度について
(3)はペルオキシダーゼという酵素が基質と反応して色が出るので、
時間が経つにつれ反応がどんどん進む(限度はありますが)と
シグナルが増強されると思いませんか?
(1)(2)は、蛍光物質がついても光るだけで増強はありません
(蛍光物質が沢山つくように工夫はされているシステムですが)。
ということと、経験上から(3)>(2)>(1)とあげました。
今、ふと思ったのですが、同じ数の蛍光物質があるとして、
Cy3(赤)とAlexa488(緑)ですので、赤の方が暗く見えます。
顕微鏡の性能によるところもありますが・・・
ことによると(2)>(1)ではなく(1)>(2)になるかもしれません。
質問者さんのそれぞれの方法で行った実験のシグナルがどのように見えているのか、
全くわからないので可能性で申し上げますが、Alexa488の像を暗くしたとこを想像するとCy3の像に見えるかも
ということなら、そういうことかもしれません。

参考までに。

寝ぼけて書いたところもあるかもしれません。
そのため、読みづらくて申し訳ありませんでした。

>mRNAの発現局在について
よっぽど新規のものでないかぎり、論文でありますし。
ノーザンでも何でも発現場所が示してある論文等があるといいですね。

>検出感度について
(3)はペルオキシダーゼという酵素が基質と反応して色が出るので、
時間が経つにつれ反応がどんどん進む(限度はありますが)と
シグナルが増強されると思いませんか?
(1)(2)は、蛍光物質がついても光るだけで増強はあり...続きを読む

Q新型インフルエンザの抗体について

感染者の濃厚接触者に対して、タミフルなどを予防投与していますが、この予防投与のおかげで感染してても「発症」しなかった場合、その人には抗体(免疫)がつくのでしょうか?
どなたかご存知の方がおられましたらご教示ください。無知で申し訳ないです。

#病院に行って医者に聞け、という回答はいりません

Aベストアンサー

もちろん、一般には抗体はできますが、ごく初期に投与するとできない場合もあるようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報