平成13年6月で会社を退職。その後任意継続に加入し失業保険をもらい平成14年2月分まで国民年金を払ってきました。6月までの収入が135万あり失業保険も40万もらいました。退職後ずっと無職でしたが失業保険も収入になると思い夫の扶養に入らずに払い続けたのですが支払いが辛くなり3月に第3号被扶養者の申請をするとH13/8からの適用となる(夫が転職のためH13/8から厚生年金加入)とのことでした。今年の4月から届が市役所ではなくなったので会社から被扶養者(異動)届けをもらい記入しようとして分からないので質問です。被扶養者になった日はH13/8でいいのでしょうか?それともH14/3まで任継に入っていたのでH14/4と書くべきですか?また「失業の方は失業給付の有無」という欄があるのですが私の場合は失業保険でもらった額を記入するのでしょうか?またはここに記入するのは現在貰ってる人が書く欄なのでしょうか?説明が長くてすみません。分からない点は補足で聞いてください。回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

結論から申し上げます。



国民年金第3号被保険者になる日
=失業保険の受給期間が終了した日

健康保険の被扶養者になる日
=任意継続保険の資格を喪失した日

となります。

「扶養になる日は健保と年金で必ずしも一致しない」ということの,代表的なケースですね。

4月から健保と年金の届出が一本化され,会社が受付するようになるので,誤って健保の日付に統一されてしまい,本人に不利となるケースが多々予想されます。
社会保険事務所から事業主に対して,しっかりと指導をしてほしいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもコンパクトに分かりやすい説明をありがとうございました。やっぱり健保と年金は必ずしも一致しないのですね。助かりました!

お礼日時:2002/04/09 19:39

No.3です。


「第3号被保険者」の認定のために「扶養されている」ことを示さないといけないのですが、それさえあれば、「H13/12」(失業保険の切れた翌月)というのもあると思うのですが、(私は以前、特例で3年ほど遡った認定をしてもらったことがあります)
「健康保険の扶養」については、被扶養者の「義務」ではないので(たぶん)、勝手に国保や任意継続にしていて、健康保険の扶養になっていないから厚生年金の扶養にならない、ということはないとおもいます。

このへん自信がないのですが、H13/12で申告して、「だめです。H14/4から」ということになっても「もともと」、認可されたらもうけ・・、ではどうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。市役所では一旦8月から第3号(年金)に当てはまるといわれ該当認定されましたが失業保険をもらっていたのに後でやっぱりダメだからと請求されても困るので、もう一度連絡したらやっぱり失業給付後の認定になりました。後々のことを考えると怖かったのでこういう結果になってまぁいいかなって感じです。色々アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/04/09 19:43

 No2です。

国民年金の第一号被保険者から、御主人の扶養である第3号被保険者への資格変更が4月1日ですので、3月分までの国民年金保険料はご自身で支払う必要があります。健康保険は4月1日から御主人の扶養ですので、任意継続は4月分の保険料を支払わなければ、問題はありません。年金は資格取得や喪失は年月日で管理をしますが、保険料は月単位となります。健康保険も月単位での保険料ですが、資格取得年月日で使う保険証を区分する必要があります。健康保険の任意継続期間は、国民年金の第1号被保険者として国民年金保険料を支払う必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。市役所と社会保険庁とで色んな意見が交錯して困惑していました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/04/08 16:57

 No2です。

役所の国民年金担当は、国民年金の部分についてしか回答をしません。御主人の扶養になるのですから、年金も健康保険も同じ年月日から扶養にならなければなりません。したがって、補足にもありますように、14年4月1日から健康保険と年金が、御主人の扶養になるという届出になります。社会保険の場合は、特別な事情がない限り数ヶ月も遡った資格取得は認められません。異動の事実が生じた場合には速やかに届出をすること、となっています。

この回答への補足

ありがとうございます。届け出を14/4/1とすると結局国民年金の第3号の適用も14/4からということになり3月までは自分で払うべきですか?それとも健保とは別だから届け出だけ14/4と書けば問題ないのでしょうか?任継は4/10まで有効なので主人の健保には4月からで構わないのですが・・・

補足日時:2002/04/08 15:06
    • good
    • 0

国民年金と厚生年金は、同じ年金手帳に統一されているので、退職の日付けで記載されていれば、だぶったり、飛んだりすることなく、国民年金は継続されます。

いまの制度では、国民年金は基礎部分で共通であって、それに上乗せの形で厚生年金がありますから、国民年金の所での不都合はおこりません。

年金と保険は制度が別ですので、「厚生年金」と「任意継続」は関係ありません。

「第3号被保険者」のことが周知徹底していないため、届けが遅れる人が多いので、救済のため遡って届けができるとは思うのですが、「失業保険」というのは、「失業している人が次の仕事をさがす間のつなぎのお金」の意味がありますので、「被扶養者」と両立しないと思います。
この給付はいつまであったのでしょうか?

まあ、記入して「違う」といわれたら書き直したらすむことです。

この回答への補足

失業保険の給付はH13/8~11までありましたので健康保険の被扶養者届の被扶養者になった日にはH13/9と書くべきですか?それとも任継を辞めたH14/4と書くべきでしょうか?

補足日時:2002/04/08 13:29
    • good
    • 0

 国保の場合には、2年または3年間まで遡って資格を取得しますが、社会保険などの場合には、異動の事実があった場合速やかに届出をすること、とされていますので、14年4月*日が被扶養者になった日になると思います。

失業保険の有無は、失業保険を受給しているかどうかの確認ですので、受給されているのですから「有」となります。

 年金は、国民年金も御主人の扶養の第三号被保険者でも、受給額に変わりはありませんし、健康保険はすでに任意継続保険料を支払っていますので、遡ったとしても任意継続の保険料は返還になりませんので、異動の事実を知った日である14年4月*日からの被扶養者になると思われます。

 13年8月から認定になると言った方に、再度確認をして手続きをしてください。

この回答への補足

13/8からの認定というのは国民年金課の方に国民年金第3号被保険者資格について該当すると言われたのですが
年金に関しては該当して、健康保険に関しては14/4という解釈で宜しいのでしょうか?それともそういうことって矛盾してますか?よって健康保険被扶養者届の被扶養者になった日にはH14/4/1と書けばいいのでしょうか?

補足日時:2002/04/08 13:22
    • good
    • 0

補足願いなのですが、質問の内容が健康保険なのか国民年金なのか厚生年金なのかが良くわかりません。

任意継続というのは会社の健康保険ですよね? だとすると、厚生年金とは全く関係ない話です。 厚生年金だとしたら、国民年金から移行しても取られ過ぎという事は絶対に有りえませんが....
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q健康保険被扶養者届の扶養控除の申告とは?

この度、健康保険被保険者証の更新(カード化)にあたり、会社に健康保険被扶養者届を提出することになりました。
その記入の一部に、「被扶養者の申告を何らかの形でしているか・いないか」と言う問いがありました。
この場合、被保険者は私自身で、被扶養者は子供2人になるのですが、「被扶養者の申告」とは、どういう事をいうのですか?
大変無知でお恥ずかしいのですが、被扶養者・被保険者と言う言葉の意味も分かりません。
回りに聞いても良く分からず、困っています。
どうかお教え下さいませ。お願い致します。

Aベストアンサー

今から保険証をカード化するということは、使用されている保険証は健康保険組合ですね。(保険証に○○健康保険組合と記載されているはずです。)

おそらく、更新の前の被扶養者調書に記載されている内容のことではないですか?

「被扶養者の申告を何らかの形でしているか・いないか」とは、はっきり言ってしまえば所得税の扶養控除の対象であるかどうかと言う意味合いです。

つまり、所得税の扶養控除の対象は、年収が103万円未満であることとなっていますので、健康保険の扶養認定基準である130万円未満であることとなりますから、所得税の扶養控除がなされているのであれば健康保険の扶養としても認定されることとなります。

ただ、所得税の扶養控除の対象である103万円以下は、今年1年(1~12月)の収入のことを指しますし、健康保険の扶養認定基準の年収130万円未満は、これからの12ヶ月のことを指します(このあたりは健康保険組合によって異なっています。)ので、扶養控除の対象となっていない方が健康保険の扶養になる場合もありえます。

ですので、「被扶養者の申告を何らかの形でしているか・いないか」については、健康保険組合としては「参考」として、記載されていることを吟味することとなります。

今から保険証をカード化するということは、使用されている保険証は健康保険組合ですね。(保険証に○○健康保険組合と記載されているはずです。)

おそらく、更新の前の被扶養者調書に記載されている内容のことではないですか?

「被扶養者の申告を何らかの形でしているか・いないか」とは、はっきり言ってしまえば所得税の扶養控除の対象であるかどうかと言う意味合いです。

つまり、所得税の扶養控除の対象は、年収が103万円未満であることとなっていますので、健康保険の扶養認定基準である130万...続きを読む

Aベストアンサー

元年が正しく、略称の場合はH1が正しいそうです。

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1225282

Q厚生年金の被扶養者が個人事業主の場合の年収とは?

今年会社に就職し、現在厚生年金と社会保険に加入しております。
そして昨年から妻が個人事業主として、ほそぼそとネットショップをしております。
先日税理士による記帳指導を受けた際に、売り上げが伸びれば厚生年金から外れる場合があるからといって社会保険事務所に問い合わせてくれました。
そのときの社会保険事務所からの回答は、売り上げが年¥130万を超えると夫の厚生年金から外れるとのことでした。
しかしほんとに売り上げなのか、それとも売り上げから仕入れや経費を引いた所得なのか確認したくて質問しました。税理士の方も売り上げっておかしいよねと言っていました。
ちなみに現在の妻の売り上げは90万、そこから経費等差し引くと40万くらいです。
説明不足もあるかもしれませんが、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

旧・社会保険庁当時からの運用通達があります。
国民年金法における被扶養配偶者の認定基準の運用について、というタイトルの通達で、昭和61年4月1日付け庁保険発第18号として、社会保険庁年金保険部国民年金課長から各都道府県民生主管部(局)国民年金主管課(部)長に宛てられたものです。

これによると、所得税法上の所得の計算とはまったく関係なく、扶養を認定したい対象者(あなたの奥さんのこと)の年間の総収入金額(条件:130万円まで)によって判断されます。
ここで、総収入金額のうち、それを得るための必要経費がかかったときには、社会通念上最少限度の範囲として認められるものに限って、収入から実費を控除できるとされています。
したがって、自営業者などは、必要最低限度の必要経費を差し引くことができる場合があります。
必要最少限度の経費とは、原材料費、人件費(自分自身の分は含みません)、運搬費などだけをいいます。
つまり、もうけに関係なくどうしても必要になってしまうものだけです。

基本は、以下のとおりです。

1 あなたの奥さんが最初に健康保険の被扶養者として認められれば、あなたの奥さんは国民年金第3号被保険者になることもできる。
2 恒常的な収入としての年間収入で見るものとし、恩給、年金、給与所得、傷病手当金、失業給付金、
資産所得等の収入で、継続して入るもの(又はその予定のもの)をすべて含める。
3 恒常的な収入のうち、資産所得、事業所得などで所得を得るために経費を要するものについては、社会通念上明らかに当該所得を得るために必要と認められる経費に限りその実額を総額から控除し、当該控除後の額をもつて収入とする。
4 給与所得(給与、年金、恩給等)は、控除前の総額を収入とする。

必要として認められる経費の実際上の具体的な範囲は、健康保険組合や協会けんぽによってばらつきがあります。
証明のために求められる添付提出書類などにもばらつきがありますから、ご面倒でも、あなたが会社で入っている健康保険組合などに直接お尋ねになって下さい。このサイトで質問されても明確な答えは得られません。

旧・社会保険庁当時からの運用通達があります。
国民年金法における被扶養配偶者の認定基準の運用について、というタイトルの通達で、昭和61年4月1日付け庁保険発第18号として、社会保険庁年金保険部国民年金課長から各都道府県民生主管部(局)国民年金主管課(部)長に宛てられたものです。

これによると、所得税法上の所得の計算とはまったく関係なく、扶養を認定したい対象者(あなたの奥さんのこと)の年間の総収入金額(条件:130万円まで)によって判断されます。
ここで、総収入金額のうち、そ...続きを読む

Q失業保険をもらっているときは第3号被保険者か?

 勤めをやめて、いったん専業主婦になるのですが次の職が決まるまで失業保険を貰うつもりです。その場合、第3号被保険者として届け出ておくべきでしょうか。届け出ると失業保険がもらえなくなるのでしょうか。ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

国民年金の第3号被保険者については、だんなさんが厚生年金加入者の場合に、配偶者であるあなたが扶養となった場合に、だんなさんの健康保険の被扶養者になると同時に、あなたの国民年金も自動的に第3号被保険者となります。

これは、国民年金の第3号被保険者は、社会保険事務所における健康保険の扶養認定基準と同様の基準であるため、だんなさんの被扶養者となれば自動的になるわけです。

さて、社会保険の扶養認定基準とは、

1.被扶養者となる方の収入が、年間130万円未満である。
2.被扶養者の収入が被保険者(本人)の収入の2分の1以下である。

と言うことが条件となっています。

ですから、雇用保険の失業給付を受給していても、その金額によっては健康保険の扶養となり、国民年金も第3号被保険者となることができます。

その金額については、失業給付の日額が3,612円未満(年間130万円÷12ヶ月÷30日)となっていますので、この金額未満であれば健康保険も扶養となり、国民年金も第3号被保険者として認定されます。

上記の健康保険の扶養認定基準については、だんなさんの健康保険が社会保険事務所の健康保険(保険証に○○社会保険事務所と記載されています。)の場合の扶養認定基準ですので、だんなさんの健康保険が健康保険組合の健康保険(保険証に○○健康保険組合と記載されています。)の場合は、その健康保険組合によって、扶養認定基準が異なっていますので、直接健康保険組合にお問い合わせください。

ただし、国民健康保険の第3号被保険者になることができる基準としては、社会保険事務所の場合の扶養認定基準と同様ですので、だんなさんの保険証が健康保険組合の場合は、その健康保険組合によっては健康保険の扶養にはならない(健康保険組合によっては失業給付を受給しているだけで扶養にならない場合があります。)ものの、国民年金は第3号被保険者になる場合があります。(前述の失業給付の金額による)

この場合は、社会保険事務所に「国民年金種別変更届」に、だんなさんの会社でだんなさんが厚生年金加入者であることを証明してもらい、その届出書と離職票(雇用保険受給者証)と印鑑およびあなたの年金手帳を持参し、国民年金の第3号被保険者の手続きをするようにしましょう。

ちなみに、国民年金の第3号被保険者の届出をすると失業給付がもらえなくなるのではなくて、失業給付の金額によっては、国民年金の第3号被保険者になることができないと解釈するのが正しいです。

国民年金の第3号被保険者については、だんなさんが厚生年金加入者の場合に、配偶者であるあなたが扶養となった場合に、だんなさんの健康保険の被扶養者になると同時に、あなたの国民年金も自動的に第3号被保険者となります。

これは、国民年金の第3号被保険者は、社会保険事務所における健康保険の扶養認定基準と同様の基準であるため、だんなさんの被扶養者となれば自動的になるわけです。

さて、社会保険の扶養認定基準とは、

1.被扶養者となる方の収入が、年間130万円未満である。
2.被扶養者の...続きを読む

Q被扶養者の年金と健康保険は連動していないのですか?

 今年1月に退職し、2月より主人の扶養に入りたかったのですが、扶養申請の手続きが遅れしまい、3月中旬に手続きを行いました。3月下旬に手続きが完了し、3/26頃に被扶養者健康保険証をもらいました。
 
 勘違いし、2月分は国民年金と国民健康保険に加入していたため、2月から扶養の認定を遡及してくれないかと主人の職場に頼んだところ、「出来ない。」とのことでした。なので2月分の国民年金と国民健康保険料を支払いました。

 ですが、先日、社会保険事務所より「国民年金の過誤納通知書」が届き、書類によると2/1より主人の職場で年金第3号被保険者が認定されており、2月分の国民年金料が還付されることとなりました。どうやら、年金が遡及が認められていたようです。

 ・・・ということは、2月分国民健康保険料も過誤納により還付されるのでしょうか?被扶養者健康保険証には3/26付け認定となっていたと思うのですが・・・。健康保険のほうは年金第3号被保険者の認定と切り離して考えた方が良いのでしょうか?

どなたか、詳しく教えて頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

 今年1月に退職し、2月より主人の扶養に入りたかったのですが、扶養申請の手続きが遅れしまい、3月中旬に手続きを行いました。3月下旬に手続きが完了し、3/26頃に被扶養者健康保険証をもらいました。
 
 勘違いし、2月分は国民年金と国民健康保険に加入していたため、2月から扶養の認定を遡及してくれないかと主人の職場に頼んだところ、「出来ない。」とのことでした。なので2月分の国民年金と国民健康保険料を支払いました。

 ですが、先日、社会保険事務所より「国民年金の過誤納通知書」...続きを読む

Aベストアンサー

国民年金の3号被保険者への種別変更と健康保険の被扶養者(異動)届は一緒に手続きをします(組合健保は別々になります)

本来、国民年金の3号被保険者への種別変更は変更があったときから14日以内、
健康保険の被扶養者(異動)届は被扶養者に該当するに至った日から5日以内
と、それぞれ期限が規定されてます。

ですが、国民年金保険料の納期限は翌月末ですので3月内に手続きが完了すれば、ご主人の厚生年金保険料を納付した時点で、3号被保険者の2月分も納付済み期間とみなされるわけですね。今回の場合、別途、保険料を納付していたために還付されたのではないかと思われます。

またそれ以上遅れた場合でも、3号被保険者期間に関する特例で届出のあった前々月までの2年間が算入されることもあります。

国民健康保険は健康保険(政管・組合とも)に被扶養認定された日に被保険者資格を喪失しますので、(前月末日が国民健康保険の被保験者なら)
認定された日の前月分は国民健康保険料を納付することになります

Q閉経の兆候?4/16に生理、4/24にH、5/7一日だけ出血、5/11

閉経の兆候?4/16に生理、4/24にH、5/7一日だけ出血、5/11~15と5/26~31に生理がありました。その後現在8/19まで生理がありません、もちろんHもしていません。今までは25日周期で狂ったことはありません。妊娠はありえないとおもいますが閉経もこんなに突然になるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

人それぞれですからなんとも言えないと思います。
何か不安があるなら婦人科の受診をお薦めします。
できればメンタル面のサポートが充実しているところがいいでしょう。
ご自分の身体のことです、どうぞお大事に。

Q年金受給者を被扶養者にすると、年金はどうなる

老齢基礎年金(年400千円)程度+遺族年金(年1,000千円)を受給している母親を息子の私が同居老人扶養者にしたら、年金は減額されたりしませんでしょうか?多分減額されないと思うのですが確認したいもので。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年金は減額はされませんのでご心配なく。

70歳未満の老齢厚生年金の減額が頭を掠めたのかと思います。65歳を境にしますが厚生年金の被保険者になると支給額の調整がされる事もあるのですが、老齢基礎年金や遺族年金は支給調整の対象にはなりません。
年金は誰かの扶養親族になったから減額される様な性質ではありませんし、むしろ支給額があるなら扶養にしても後から撥ねられる事になります。
老齢基礎年金のみが課税対象ですが、65歳以上であれば120万円が控除されるので、質問の内容ですとお母様は所得なしと取り扱われ、扶養事実は認めて貰えますよ。

なので心配せずに同居老人扶養の控除を受けて、その分孝行して差し上げて下さい。

Q被扶養者の分離保険証の再発行についてー被保険者本人でなければ再発行手続きできないのでしょうか?

25歳の女です。先日、保険証を紛失してしまいました。警察には届出をすませましたが、再発行しなければなりません。私は、父の被扶養者として保険(私学共済)に加入しており、紛失した保険証も下宿するので、分離してもらった保険証なんですが、再発行の手続きは被保険者の父でなければできないのでしょうか?
保険証を一度洗濯してしまってこれで二回目のトラブルなので、できれば自分で手続きを済ませたいのですが…教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

ちなみに、私は来春から病院勤務となるので、被扶養者から外れるかと思います。だから、このまま、うやむやになったりしないかな?と思ったりするのですが…

Aベストアンサー

健康保険の手続きは基本的に被保険者が行います。
被保険者から抜ける際には健康保険証を返却しなければなりません。
うやむやにするなんて以ての外。
あなたのなくした健康保険証を使って医療を受ける輩が出てきた場合健康保険は被害を受けます。
早急に対策をとってください。
お父様にきちんと報告してお父様を通して滅失届と再発行手続きをしてください。

Q夫の社会保険の被扶養者となったのはいつから?

当初夫の会社に社会保険がなかったため、夫も私(無職)も国民健康保険と国民年金に加入していました。
昨年の6月から夫の会社に社会保険が導入され、夫はすぐに手続きがされて健康保険も厚生年金も6月から切り替わりました。
しかし、夫の会社は夫に妻と子供がいることが分かっていたにも関わらずすぐに扶養の手続きをせずに(扶養になるにあたって必要な書類は7月ごろに記入しました)、私と子供の健康保険証は8月になって発行されました。(保険証に認定年月日は8/11、交付日は8/18とあります)
6,7月は私と子供は扶養の扱いになっていなかったのだと思い、不本意ながら6,7月の私と子供の分の国民健康保険料と私の国民年金保険料を支払いました。
ところが、今年の3月の終わりごろになって年金事務所から「国民年金第3号被保険者資格該当通知書」というハガキが届き、それによると、私の資格取得(種別変更)は6月1日となっているのです。
同じ日に別便で国民年金保険料還付通知書が届き、6,7月分の保険料が過納になっているので還付手続きをしてくださいとあります。

国民健康保険料も返ってこないかと、市役所に問い合わせましたが、保険証の認定日が8月と記載されているので、(保険証の日付を元に保険の切り替えを認識しているので)認定日が6月の保険証がない限り還付は出来ないといわれました。
その職員によると、健康保険と年金は1セットなので、2ヶ月ずれているのはおかしいとの事でした。

夫の会社に問い合わせると、扶養の手続きが遅れたことを謝った上で、おそらく年金事務所のミスで私が第3号被保険者になったのは6月となっていて、実際は8月が正しいはずだということでした。
夫の会社によると、年金事務所のミスの原因が、夫は外国人で名前の登録に長い時間がかかっていて(夫の会社に名前のことで問い合わせがあったそうです)、私の第3号の手続きを、書類の日付を見ずに(?)夫と同時としてしまったからではないかと言っています。

一体私と子供が夫の社会保険の被扶養者となったのは6月か8月かいつなのでしょうか?
年金事務所は私の第3号被保険者の認定日を何をもって6月1日と判断したのでしょうか?やはり単なるミスなのでしょうか?

年金事務所に問い合わせてみようと思いますが、墓穴を掘って「ミスだったので還付は出来ません」と言われるのも嫌です。
願わくば健康保険も6月から被扶養者ということになって、国民健康保険料も返ってきてくれると一番嬉しいのですが。
扶養家族の申請を本人と同時にし忘れた・・ということで扶養認定の日を前にずらせたりは出来ないのでしょうか?
長々とすみません。何かご存知の方、アドバイスをお願いします。

当初夫の会社に社会保険がなかったため、夫も私(無職)も国民健康保険と国民年金に加入していました。
昨年の6月から夫の会社に社会保険が導入され、夫はすぐに手続きがされて健康保険も厚生年金も6月から切り替わりました。
しかし、夫の会社は夫に妻と子供がいることが分かっていたにも関わらずすぐに扶養の手続きをせずに(扶養になるにあたって必要な書類は7月ごろに記入しました)、私と子供の健康保険証は8月になって発行されました。(保険証に認定年月日は8/11、交付日は8/18とあります)
6,7月は私...続きを読む

Aベストアンサー

実務上、医療保険については特に病院にかかっていない場合には、被扶養者異動届の提出日が資格取得設定となっています。年金については実際の扶養月に遡って適用します。
医療保険の適用については月単位ではなく日単位であることから、医療保険者を届出日以後に変更することでスムーズに処理できます。ただし、6月に診療にかかっているのであれば、本来国保ではなく健保であるので、その実態に合わせることになっています。

わかったようなよくわからない説明だと思いながら回答しています。

Q扶養親族 被扶養者等々の質問です。

 私は、45歳サラリーマンです。
 今年も 年末調整のため、扶養控除申告書を提出する時期となり、
 下記の用件で 記入がストップしてしまいました。
 教えてください。

 ※娘がいます。

   ・平成23年10月で20才になりました。
   ・ホステスをしており 収入については、源泉徴収もなく 現金日払いらしく
    明確な収入がわかりません。(本人曰く 5000円/日 × 月間20日出勤 とのこと)

 質問事項

   ・娘は、扶養親族となるのでしょうか?
    なる場合、控除対象扶養親族欄に記入すべきなのでしょうか?


 別件の質問になりますが、

   上記の娘は、現在、私の会社の健康保険の健康保険証(被扶養者)を 持っておりますが
   今後も 使っていて問題ないのでしょうか?


   ご指導のほど 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

公開の場での質問ですから、杓子定規に答えざるを得ません

娘さんの収入が、給与所得であるか、事業所得であるか。雑所得であるかで詳細は変わります

給与所得とするには源泉徴収票が必要です
雑所得・事業所得では(事業所得には手続きが必要です)、1年間の所得(総収入から支出を証明出来る資料のある支出を差引いた残り)が30万未満ならば、扶養控除の申告ができます


健康保険は、組合によって微妙に違いますので管理者に確認するしか有りません
が  おおむね所得65万程度までは扶養被保険者として認められることが多いです


人気Q&Aランキング