親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

低気圧は等圧線間隔が狭いから、低気圧の方が強い風が吹くのはわかるのですが、等圧線間隔が同じの時は、高気圧と低気圧ではどっちが強い風が吹くのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

空気は、気圧の高いところから低いところに移動しようとします。


その移動が風になります。
それは坂道と同じです。物は高いところから低いところに転がります。

地図に書かれた「等高線」は海面からの高さが同じ地点を結んだ線を表しますが、天気図の「等圧線」も同じようなものです。
2点間の距離が100mで標高差が80mある坂道と、1000m距離で標高差が80mある坂道では、前者の方が急であり、物が転がるスピードも速くなります。
2点間の距離が100kmで気圧差が40hPaある坂道と、1000kmで気圧差が40hPaの坂道では移動する風の早さは前者の方が早くなります。

標高40mの地点は、0mの地点から見ると「高い」ですが、80mの地点から見れば「低い」地点になります。気圧についても同様です。
また、低気圧と高気圧の定義は「周りから見て低い」「高い」ということです。理論上は、等圧線の間隔が同じであれば風速は同じであるという事になります。
ただし、吹く風の早さは単に気圧の差だけでなく、いろんな条件によっても影響を受けますから、全てがそうであるとは言えませんが。

気象に関する疑問があれば、気象庁や気象研究所のHPなどを参考にされてはいかがでしょうか。いろんな事が書いてあって面白いですよ。

この回答への補足

回答ありがとうございます。風の吹く強さが気圧の差以外に影響するとしたら、他にどのような理由があるのですかね???

補足日時:2006/10/22 14:17
    • good
    • 1

補足質問に関しての回答です。



気圧の違い以外には・・・。
 大気の高層を流れる偏西風などのジェット気流。
 大気温度の高低差。
 それに地球の自転によるコリオリの力。
などが風の強さに影響します。

また、大気は厚さを持った層ですから、同一高度を吹く風だけでなく、異なる高度間に流れる風も無視できません。
例を挙げると、台風の中心付近に流れる強い下降気流(ダウンバースト)です。
頭の上から吹く風なので、上部の面積が小さい人間は、風をほとんど感じませんが、面積の広い飛行機はこの風の影響をもろに受け、墜落に至る事もあります。

気象現象はおもしろいですよ。これを機に気象予報士に向けて勉強をされてはいかがですか。
    • good
    • 0

こんにちは。


高気圧と低気圧の風の強さは、等圧線の間隔が同じ場合ほぼ同じ風速になります。
この状況で風の強い場所は、高・低気圧の境界付近になるでしょう。
参考URLを参考にして下さい。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/kiatsu3.html
http://rika.shinshu-u.ac.jp/ischool/tenki99/zens …
http://www.osaka-jma.go.jp/matue/column/yougo/wi …

この回答への補足

回答ありがとうございます。大体理解はできたのですが、風の吹く強さが気圧の差以外に影響するとしたら、他にどのような理由があるのですかね???

補足日時:2006/10/22 14:15
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q風はなんで高気圧から低気圧に流れるの?

授業で風は高気圧から低気圧に流れると習ったのですが前に化学で熱は高い方から低い方に流れると習いました。
ですが高気圧は温度が低い方なのに温度の高い低気圧に流れるんですか?

Aベストアンサー

3次元ですので、2通りあるのですが、

1)気圧というのは空気の圧力、2人で押し合えば押しが強い人が勝つみたいな。

2)高気圧は下降気流です。下降してきたら地上で拡散しなければならないのです。
  低気圧は上昇気流です。周りの空気をかき集めて上昇していきます。
  よって(地上付近は)高気圧から低気圧に流れます。

Q偏西風はなぜ西に吹くのか?

■偏西風はなぜ西に吹くのか?
地表付近においては亜熱帯高圧帯(中緯度高圧帯)から極側に吹き出す風がコリオリの力によって西向きとなり偏西風となる。

この意味がわかりません。

どなたか、やさしく教えて頂けないでしょうか。

■力をコリオリの力(転向力)
地球は自転しているため、地球上では、まっすぐに動くはずの物はその進行方向が曲げられます。この進行方向を曲げる力をコリオリの力(転向力)という。

=>ということは、自転する方向と逆の方向つまり東に、進行方向が曲がる(ように見える)という認識で良いでしょうか。

この認識にたつと、

=>北東貿易風と南東貿易風は、東に流れるのでOK

貿易風と偏西風に違いは、
貿易風は、赤道に向かって吹くか、
偏西風は、極に向かって吹くかの違い。

=>北極から赤道に向かってボールを投げても、
  赤道から北極に向かってボールを投げても、

自転する方向と逆の方向に、曲がる(ように)見えると思うのです。

=>赤道から北極に向かってボールを投げたら、自転方向に曲がるのであれば、偏西風になることは、至極納得できます。


でも、ここで、

■偏西風はなぜ西に吹くのか?
地表付近においては亜熱帯高圧帯(中緯度高圧帯)から極側に吹き出す風がコリオリの力によって西向きとなり偏西風となる。

この意味がわかりません。

どなたか、やさしく教えて頂けないでしょうか。

■力をコリオリの力(転向力)
地球は自転しているため、地球上では、まっすぐに動くはずの物はその進行方向が曲げられます。この進行方向を曲げる力をコリオリの力(転向力)という。

=>ということは、自転する方向と逆の方向つまり東に、進行方向が曲がる(ように見...続きを読む

Aベストアンサー

 転向力は地球の自転による見かけの力ですが、北半球では「物体の進行方向を右にそれさせるよう」に働きます。
 ですから、北半球では中緯度高圧帯から赤道低圧帯に向かうと進行方向が、進行方向に向かって右(すなわち西)にずれます。東から西に向かうので東よりの風(北東貿易風)になります。また、同じ理屈で中緯度高圧帯から高緯度低圧帯に向かうと東にずれますので西よりの風(偏西風)になります。
 因みに南半球では転向力の向きが逆になります。台風の渦の巻き方がちがうのもそのせいです。


人気Q&Aランキング