自分はRed Hat 7.2をサーバにしています。
構図   internet------Red Hat--------Windows Me
NTTのフレッツADSLです。

起動の時、約3回に一回の割合で、ADSLの接続に成功します。先にWindowsを起動しておくと、成功率が高いようです。
adsl-startと打つと「Cannot read configuration file '/etc/ppp/pppoe.conf'」とエラーが出ます。他のファイルがそろっているのに、pppoe.confだけが見つかりません。だから、起動時の接続に失敗したら、いちいちstartxからやらなければなりません。でも、それもうまく行ったり行かなかったり、最悪再起動を何回もするはめに

一番初めの設定はXWindowからしました、あとからゆっくりと他の設定を勉強すると怠慢してたから、バチが当たったのか・・・・

それから、起動時にADSLにつながった場合、一定時間internetしていないと、勝手に接続を切られてしまいますし、クライアントからの接続も一緒きられちゃいます。だけどXから接続した場合はずっと繋がっても問題ありません。
それから、2日間ずっと動かしていると、動作がおかしくなります。電源周りの電線が集まりすぎて熱でおかしくなったのか(時々焦げ臭い匂いがします)、PCがそろそろ寿命なのか(何しろメモリ32KBで、X上げるのに5分は余裕で待たされる)。

長文になってすみません、質問したい事項は「XWindowからADSLの設定をしたから、pppoe.confが見つからないのでしょうか?(内容はどっかのホームページで見た事ありますので、手書きでも良いかと思いますが、)そのほか関連するファイルの設定や注意点がありましたら教えていただけませんか?」「pppoe.conf以外に動作が不安定の原因ってハードに関係ありますか?」の二つです。

インターネットつなげるためだけに何回も再起動してるとノイローゼ気味になってきます。どなたかアドバイスお願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

# rpm -qa | grep ppp


あたりのコマンドでinstallされているか確認してください。
installされているならrp-pppoe-2.6-5あたりがあるはずです。
なければcd-romあたりのRPMで探してください。
# rpm -ivh rp-pppoe-x.xでインストールしてください。
# rpm -ql <パッケージ名> にて確認できます。
後は、
# adsl-setup
にて設定できます。

この回答への補足

返事が遅くなりました。
どうやらrp-pppoe-2.4には最初から入ってなかったみたいです。
rp-pppoe-3.3-1にアップデートしたら、出来るようになりました。
2.4ではどうやって繋いでいたのかが不思議です。
本当にありがとうございます。

補足日時:2002/04/21 08:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。
いますぐに確認できないので、かえって確認したらすぐに報告します。

お礼日時:2002/04/10 11:10

とりあえずXWINDOWでの設定はわからないので。


通常RH7.2だとrp-pppoeあたりを使っての接続だと推測できます。
通常コマンドラインにて
# adsl-setup
これで対話式に設定できると思います。
# adsl-start で接続開始、
# adsl-starus で状態の確認ができます。
ルータとしてお使いならばXなしでの使用がいいと思いますね。

この回答への補足

さそっくの回答ありがとうございます、だらだらとした長文を今日読み直したら、かなり訳の分からないものになっている事に気づきました。表現力無くてすみません。
コマンドラインからコマンドを打つと、
#adsl-setup
bash: adsl-setup: Command not found
#adsl-start
adsl-start: Cannot read configuration file '/etc/ppp/pppoe.conf'
#adsl-status
/usr/sbin/adsl-status: Cannot read configuration file '/etc/ppp/pppoe.conf'
との様にエラーになります。

補足日時:2002/04/08 15:56
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電流・電圧に対する電線の太さ

電流・電圧に対する許容する電線の太さを知りたいです。
あと、必要なアース線の太さも知りたいです。
元になる規格も教えていただけると助かります。

電流や電圧値は低い値(1Vや1Aなど)から200Vあたりまで教えていただけると助かります。

背景として、電気関係の評価を行った際、細いアース線を用いたら電圧値がぶれてしまいました。
そのため、最低限必要な太さを知りたいと思いました。

Aベストアンサー

>許容する電線の太さ
についてはたの方とどう意見です。
接地線については、電気設備技術基準に定められたC種設置、D種接地
がありますがこれのことでしょうか?
下記を参照ください。
(その他にも”接地線”で検索すれば沢山あります。)
(http:のあとに//www.momozonoden.com/gijyutsu/kyoyou_denryuu.htm​)

上記ではないとすると、弱電用のノイズ防止のための接地線でしょうか?
この場合、状況により色々ですが最大でも電源線と同一の太さと
考えれば良いと思います。

>電圧値がぶれてしまいました
解りません。
基本的に異常時以外に接地線に電流は流れませんので通常は
あり得ない(あったら異常)話です。

Qred hat linuxでxwindowが表示されません。

red hat linux 7.3をインストールしたのですがxwindowが立ち上がらずコマンド入力モード(ログインはできます)になってしまいます。おそらくビデオチップがIntel 845G内蔵3Dと新しいためかと友人が言っていました。このような場合何をどうすればよいのでしょうか。linux始めたばかりなもので迷っています。

ちなみにPCはエプソンダイレクトでオーダーメイドしたMT6100でインストールの際raidを組んでいます。

Aベストアンサー

初めまして、daipotさん。

daipotさんの友人のアドバイスが正解ではないかと思います。

以下のURLを参考になるかもしれません。
http://hardware.redhat.com/hcl/?pagename=hcl&view=allhardware&vendor=399&class=10#list

まだ、redhatが845内臓に対応していないみたいですね。
あと、chipset845を使用している機種で仕様でlinux動作する書かれているものは
内臓3D仕様でなく、他のビデオカードを使用していますね。
例として、以下のURLを参照してください。
http://www.j-insight.com/adventure/advAtRedHat71/content.htm

または、redhat社に問い合わせしてみてはいかがでしょうか。
・http://lists.insecure.org/linux-kernel/2002/Jun/0044.html や
・http://www.redhat.com/apps/search/results.html?search:start=50
を見ていると、カーネルパッチが必要だと思うんです。

あとは、専門の方から回答を待った方がいいと思います。

ちなみに、私は4月に某社のノートPCが欲しかったのですが、
intel845内臓を使用していたのであきらめました。
今はthink padに切り替えてlinuxを動作させています。

ご参考までに。

初めまして、daipotさん。

daipotさんの友人のアドバイスが正解ではないかと思います。

以下のURLを参考になるかもしれません。
http://hardware.redhat.com/hcl/?pagename=hcl&view=allhardware&vendor=399&class=10#list

まだ、redhatが845内臓に対応していないみたいですね。
あと、chipset845を使用している機種で仕様でlinux動作する書かれているものは
内臓3D仕様でなく、他のビデオカードを使用していますね。
例として、以下のURLを参照してください。
http://www.j-insight.com/ad...続きを読む

Q電線の太さと電流電圧の関係

基本的な質問ですみません。

先日変圧器を実際に見る機会がありました。
そして、変圧器の2次側の電線の太さのほうが1次側の電線より太かったのを見て、なぜだろう?と思い質問させていただきました。

普通、1次側の方の電圧や電流が大きいから電線も太くなると思ったのですが、なぜ2次側の方が太いのでしょうか?

Aベストアンサー

W(電力)=I(電流)×V(電圧) の関係になります
 変圧器の場合、1次側電力=2次側電力です
 電圧が高いと電流は小さい、逆に電圧が低いと電流は大きい

 電線の太さは電流により決まります。

QRed Hat Linux7jのHDD起動について

新規にHDDを購入して起動FDよりインストールを行いましたが、FDでしか起動できないようです。HDDより起動する方法を知っている方、教えてください。
また、promise製ultra100につなぎたいのですがドライバがあるのでしょうか?
HDD自体はATA100に対応しているのですが・・・。
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、LILOはMBRにインストールしていますか?
次にLILOのインストールに失敗している可能性が有ります。失敗の原因として考えられるのは以下の通りです。
1)BIOS設定でMBRへの書き込みを禁止している。
2)カーネルが8.4GB以降に有る。
3)SCSIのHDDの場合、リニアモードでないと起動しないタイプのHDDを使用している。

>promise製ultra100につなぎたいのですがドライバがあるのでしょうか?
通常、この種のドライバはメーカーのサイトに有ります。

Q大きな電流を流す際の電線の太さについて

現在、材料の電気特性評価を行っており、材料に20A程度の電流を流す必要があります。

材料に銀線を接続し、銀線に電源を繋いで、電流を流そうと思っています。

材料にかかる負荷は、200V20A程度になります。

この際、銀線はどの程度の太さが必要になるでしょうか?

Aベストアンサー

200V/20A程度では、大電流とは言えません。
金属の電気抵抗は「銀」が少ないことは間違いないですが、導線に銀無垢を使った電線は市販されてないと思います。
電気抵抗は、長さに比例し太さに反比例しますから、太く短い(銅)導線を使えば電気抵抗の影響を受け難くなります。
そして、200Vの電圧に耐えられる耐圧が必要ですから、市販の3.5~5.5sqVVRか2.0~2.6mmVVF程度の電線を使った方が無難です。

QRed Hat7.1のインターネット接続について

パソコン初心者です。Windows Me が入ってるPCにRed Hat7.1を本に書いてあるとおりにインストールしてマルチブート環境にしました。ダイヤルアップ接続はうまくいったと思うのですが、Netscapeを起動したところ、インターネットには接続されません。どうやら、DNSが正しく設定されてないようなのですが(多分・・・)、どのように設定すればいいのかわかりません。どうか、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

この情報だけでは、回答するのは難しいと思います。
マルチブート環境と言う所は、余り今回の問題とは関係ないと思いますがWindows環境では接続出来ていて、Red Hat7.1では接続出来ないと考えてよろしいでしょうか?

■足りない情報としては、以下のものが有ると思います。

・参考にした本に書いてあるかもしれませんが、ダイアルアップ接続に使っているアプリケーションは、何を使っていてどんな設定を行ったのでしょうか?
(設定方法が分かないと間違いを見つけられません。勿論、個人情報には触れないような表現で書いてください。)

・モデムは何を使っているのでしょうか。(ダイアルアップが成功していれば問題ないかもしれませんが)

・Red Hat7.1側のダイアルアップがらみの設定は何を行っていますか?
(ダイアルアップ関係で、参考にした本に書いてあることを書いてもいいと思います。)

・また、お使いのプロバイダーのダイアルアップ時の設定方法はどのようになっていますか?


【DNSサーバについて】

...本題のDNSサーバーについてですが、とりあえず見つかった本に書いて有った事が参考になるかもしれませんので、書いておきます。

例えば、ダイアルアップにppxpを使っている場合には、クイックダイアルアップの詳細設定画面でresolv.confの作成にチェックがされていて、かつ接続相手のPPPサーバーがネームを教えてくれるならば/etc/resolv.confが作られるようです。
しかし、接続相手がこれを通知してくれない場合には明示的にネームサーバを設定する必要があるようです。
普通は、ISPからの書類などにDNSサーバーのIPアドレスについての記述があるようです。
自分では、継げていないのではっきりぢた事はいえないのですが。

/etc/resolv.confと言うのはどのネームサーバを参照するかなど、DNS関連ンの設定を行うファイルで、
nameserverに続けて参照するネームサーバのIPアドレスが記述されています。

この情報だけでは、回答するのは難しいと思います。
マルチブート環境と言う所は、余り今回の問題とは関係ないと思いますがWindows環境では接続出来ていて、Red Hat7.1では接続出来ないと考えてよろしいでしょうか?

■足りない情報としては、以下のものが有ると思います。

・参考にした本に書いてあるかもしれませんが、ダイアルアップ接続に使っているアプリケーションは、何を使っていてどんな設定を行ったのでしょうか?
(設定方法が分かないと間違いを見つけられません。勿論、個人情報には触れない...続きを読む

Q電線の太さと突入電流について

電子回路初心者です。
断面積0.75の電線は、300V,7A までが許容できるとあります。
使いたい電源装置のインプットは定格100V,5A、突入電流17Aとあります。

0.75sqの電線を使用することができるのでしょうか?

また、電線はシールド付きのほうがいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

突入電流は 起動時に0.何秒から長くても十数秒です

電線の電流容量は主に発熱で決まります(許容電圧降下もあるが)
.75sqの電線の抵抗は25Ω/km程度です

10m配線すれば 0.5Ωになります 5A流したときの電圧降下は2.5Vになります
電線の発熱量は12.5Wです
突入電流17Aであれば、最大で8.5Vの電圧降下と150W弱の発熱があります

ノイズ対策として電源ケーブルにシールド線を使用することは、通常では行われません、フィルタを装着する程度です

QRed Hat Linux 9でcd-romをマウントできません

超初心者です。
Red Hat Linux 9 をインストールしてApacheをCD-ROMからインストールしようとしているのですが、CD-ROMをマウントできません。
su でログイン後、マニュアルに書いてある通り、
cd /mnt/cdrom
mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/
と入力しても”mount: /dev/cdrom はブロックデバイスではありません”とはねられてしまいます。
ちなみに、OSをインストールした状態では/mnt/cdromも/dev/cdromも存在しておらず、自分で作成しました。
また、マウントが成功した時に
anacnda-ks.cfg install.log install.log.syslog
と言うファイルが出来ていたことから、そのファイルを/root 以下に見つけ、
mount /root /mnt/cdrom/
/rootのファイルを/dev/cdromへコピーしてから再度
mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/
を行いましたが結果は同じでした。

何卒、よろしくお願いします。

超初心者です。
Red Hat Linux 9 をインストールしてApacheをCD-ROMからインストールしようとしているのですが、CD-ROMをマウントできません。
su でログイン後、マニュアルに書いてある通り、
cd /mnt/cdrom
mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/
と入力しても”mount: /dev/cdrom はブロックデバイスではありません”とはねられてしまいます。
ちなみに、OSをインストールした状態では/mnt/cdromも/dev/cdromも存在しておらず、自分で作成しました。
また、マウントが成功した時に
anacnda-ks.cfg ...続きを読む

Aベストアンサー

>マニュアルに書いてある通り、
>cd /mnt/cdrom
>mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/

普通、マウントする前にマウントポイント(/mnt/cdrom/)に移動したりはしないので
手順が逆では?

また、CDROM mount時の正式な記述は

#mount -t iso9660 /dec/cdrom /mnt/cdrom/

です。覚えてください。

/etc/fstabファイルには、よく使うのであらかじめ定義されています。

/dev/cdrom /mnt/cdrom udf,iso9660 noauto,owner,kudzu,ro 0 0

確認してください。(各種Linux毎に記述に若干の違いはあります。)


>OSをインストールした状態では/mnt/cdromも/dev/cdromも存在しておらず、
>自分で作成しました。
普通はできているはずですが。どのようにして作成したのか書かれていないので
正しいか間違っているか判断できません。やった事は正確に書いてください。

# ls -l /mnt
合計 16
drwxr-xr-x  4 root root 4096 6月 20 07:15 ./
drwxr-xr-x  20 root root 4096 10月 17 21:50 ../
drwxr-xr-x  2 root root 4096 6月 20 07:15 cdrom/
drwxr-xr-x  2 root root 4096 6月 20 07:15 floppy/

ちなみにマウントポイントは空のディレクトリであればどんな名前でも良い
ですが、普通は/etc/fstabの記述と同じ名前でしょう。

/dev/cdromはシンボリックリンクのはずです。
cdrom装置は大抵、マザーのセカンダリ・マスタ(/dev/hdc)につながっているので
以下の様になります。

# ls -l /dev/cdrom
lrwxrwxrwx 1 root root 8 6月 20 07:15 /dev/cdrom -> /dev/hdc


>また、マウントが成功した時に
>anacnda-ks.cfg install.log install.log.syslog
>と言うファイルが出来ていたことから、そのファイルを/root 以下に見つけ、
>mount /root /mnt/cdrom/
>/rootのファイルを/dev/cdromへコピーしてから再度
>mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/
>を行いましたが結果は同じでした。

こんな手順は必要ありませんし、日本語の意味も不明。おかしくなる原因となります。
cdromは書き込み不可なので、/dev/cdromにコピーできません。実行したのであれば
もう既におかしくなっているかも?
よく考えてください。

>マニュアルに書いてある通り、
>cd /mnt/cdrom
>mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/

普通、マウントする前にマウントポイント(/mnt/cdrom/)に移動したりはしないので
手順が逆では?

また、CDROM mount時の正式な記述は

#mount -t iso9660 /dec/cdrom /mnt/cdrom/

です。覚えてください。

/etc/fstabファイルには、よく使うのであらかじめ定義されています。

/dev/cdrom /mnt/cdrom udf,iso9660 noauto,owner,kudzu,ro 0 0

確認してください。(各種Linux毎に記述に若干の違いはあります。...続きを読む

Q過電流による電線のチェック方法について

「ジェネレータ→ブレーカ→機器」という簡単な回路を想像願います。
機器内部でショートし、過電流が流れ、ブレーカが落ちました。
この事象が起こった後、電線に異常(焼けていた、断線した等)が無いことを確認することになりました。


電線は「ジェネレータ~ブレーカ間」と「ブレーカ~機器間」の2本ありました。しかし、「ブレーカ~機器間」だけのチャックでいいとのこと。
理由としてはブレーカが落ちているので、ブレーカより上流の電線には影響が無いとのこと。
この理由が理解できませんでした。

機器内部のショートにより過電流をジェネレータが流しましたと考えます。ジェネレータが最も上流であるのだから、「ジェネレータ~ブレーカ間」にも過電流が流れたのではないかと考えてしますのですが…
尚、電線の太さは2本とも同じ太さでした。


ご教示願います。

Aベストアンサー

>機器内部のショートにより過電流をジェネレータが流しましたと考えます。
 ジェネレータが最も上流であるのだから、「ジェネレータ~ブレーカ間」に
も過電流が流れたのではないかと考えてしますのですが…
尚、電線の太さは2本とも同じ太さでした。

*その通りです。

  電線サイズが同一であれば
 ブレーカーの二次側及び一次側(上流)も点検しましょう。
 同じ大きさの過電流が同一時間、通電されています。

 万一、どちらかに異常がなければ、もう一方も「ほぼ大丈夫」でしょう。

 「ほぼ」と言うのは、配線の「使用条件がほぼ同一なら」との意味です。

QRed Hat9のインストール後の設定変更について

 こんばんわ。
現在、私のPCはWindows MeとRed Hat9のデュアルブートで
構成してます。(LILOでデュアルブートを構成してます)

 PCの電源を立ち上げると、DOSとRed Hatの選択画面が
出て、約5秒後にデフォルトでWindows Meが立ち上がります。

 そこで質問です。

 1.選択画面の5秒という時間をもっと長くするには
   どうしたら良いでしょうか?
 
 2.Red Hatを選択するとX Windowがデフォルトで
   立ち上がるのですが、デフォルトでCUIを立ち上げる   にはどうしたら良いでしょうか?
 
  3冊のLinux関係の書籍があるのですが、どれを見ても
  詳しく載っておらず、困っております。

  何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

Aベストアンサー

viエディタが使える場合は、

左下の「帽子アイコン」->「システムツール」->「ターミナル」
でコンソール画面を開いて、viエディタを実行して修正します。

# vi /etc/lilo.conf <ENTER>

# vi /etc/inittab <ENTER>


viエディタが使えない場合は

左下の「帽子アイコン」->「アクセサリ」->「テキストエディタ」
でファイルを開いてください。

(ファイルを修正するにはroot権限でログインする必要があります。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報