禁忌語 タブー語は何をもって 誰が判断するのでしょうか?

発してはならない言葉がなくなったとしても 
その言葉のような事象は なくならないわけですし・・・・
矛盾を感じるのですが?みなさんはどう思っているのでしょうか?

例えば O食はいなくなってもホームレスはなくならない
    ボO老人はいなくなっても認知症のお年寄りはなくならない
  等考えたらきりがないと思います

極少数の権力者や有識者といわれる方たちだと思うのですが
何らかの理由で こうも簡単
に世間で使用されている言葉を抹殺 変更してしまってよいのでしょうか

A 回答 (2件)

例に挙げた物は全て放送禁止用語であって


別に日常生活の中で使う人は使うでしょう。
質問者さんのおっしゃるタブー語とは公共の場で不適切な表現ということになります。
不適切な表現というのはコモンセンス、常識でありこれは人々の総意により決まる物です。
個人の考えが集まって社会となり、その社会を研究しているのが識者です。
その意見を人々に知らせるのがマスコミとなり、さらにこれがひとりひとりに影響するというループになるわけです。
まとめると
自分→社会→識者→マスコミ→自分とループする課程で発生するのが
常識でありその一部がタブーなのでしょう。

「誰?」とは全員です。
(しかしながら今の現状を考えるとマスコミの力が大きくバランスが崩れているのは確かだと思います。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

美しくない国だからこそ 美しい国を求める
戦わない政治家と思われているからこそ 戦う政治家をアピールする
誰かが自由と平等を謳えば 誰かの自由と平等が奪われる

ありがとうございました

お礼日時:2006/10/22 15:47

以前(古来)は強者が弱者に対して何でも言い放題・やり放題みたいなところがあったけど、特に先進国では弱者への人権という立場が認められるようになり、それがどんなに便利な用語でも相手が不愉快に感じれば、それが差別語として認定され、裁判等で慰謝料が課せられるようになりつつあります。

抹殺ではなく、自己管理というほうがいいのかもしれません。他人にだったら言えるけど、親族が同じ立場になれば言いにくいようなものです。差別語は時代とともに進化します。今は誰もが認識していないけれど、何年か経ったら誰かが差別語と言い始めることがたくさんあるんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

差別語はなくなっても差別はなくならない
文部省報告でいじめ件数は0でも 実際はイジじめが行なわれている
ありがとうございます

お礼日時:2006/10/22 15:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q欧米でのハーケンクロイツ(鍵十字)の禁忌ぶりを教えて下さい。

外国製フライトシムのパソコンゲームをやって気がついたのですが、(IL2シリーズ) 
ドイツの戦闘機の尾翼に鍵十字、ハーケンクロイツがありません。
ドイツ第三帝国の飛行機がリアルに再現されていても、
単にマークが世間に嫌われるから入れないというのはバランス感覚が無いように感じます。
歴史の歪曲ではないのでしょうか?またそれに対しておかしいと言う人はいないのでしょうか?
欧米人は卍マークはなにがなんでも認めないものなんでしょうか。そのとりまく環境と原因を教えて下さい。

Aベストアンサー

 実感した例だと、子どもの頃作っていたプラモデルでしょうか。
 WW2当時(1944年まで)はフィンランドも逆さ卍を航空機などの国籍認識標として使っていました(白丸の中に空色の逆さ卍。ナチと違い45度傾けることはない)。これ、とある伯爵家の紋章で、ナチよりも使用は早く、まるで無関係なのですが、舶来のプラモデルでは絶対にラベルが入っていません(輸入業者がわざわざそれだけ別に作って同梱している)。
#ちなみにフィンランドの国章はWW2停戦後替えられるわけですが、その理由も、「やっぱ、ナチとにてるし」です。

 背景ですが、特にドイツ国内法で出版などが禁止されている点が大きいのではないでしょうか(もちろんそれを是認する世論があることは言うまでもない)。
 リンク先によれば「2000年12月12日にドイツ連邦最高裁判所(Bundesgerichthof)は、ドイツ以外の国にあるコンテンツでもドイツ国内からアクセスできる限り、ドイツの国内法で裁くことができるという判断を示し、世界中で大きな話題になった」などという狂った判決も出しているようですし。。。。
 PCゲームとは言え、それが商業ベースである以上「ややこしいこと」に巻き込まれるリスクをヘッジするのは当然かと。

参考URL:http://www.jiten.com/dicmi/docs/k20/19946s.htm

 実感した例だと、子どもの頃作っていたプラモデルでしょうか。
 WW2当時(1944年まで)はフィンランドも逆さ卍を航空機などの国籍認識標として使っていました(白丸の中に空色の逆さ卍。ナチと違い45度傾けることはない)。これ、とある伯爵家の紋章で、ナチよりも使用は早く、まるで無関係なのですが、舶来のプラモデルでは絶対にラベルが入っていません(輸入業者がわざわざそれだけ別に作って同梱している)。
#ちなみにフィンランドの国章はWW2停戦後替えられるわけですが、その理由も、「...続きを読む

Q学識経験者とか有識者とはどのような人のことですか。

学識経験者とか有識者とは具体的にどのような人のことですか。

Aベストアンサー

#1の方の,本質を突いた回答で十分なような気がしますが,若干の補足をします.
具体的にいえば,大学教授などの研究者,評論家・新聞記者などの,関連した分野に詳しい人,その他,官公庁を退職した元・キャリア官僚などでしょう.
政府や,地方自治体の政策決定のために意見を求めたり,審議をしてらったりするような,審議会では,#1の方がおっしゃるように,最終的には役人が考えた案に賛成してくれるような人を学識経験者,有識者として委員に委嘱することが多いでしょう.

ただし,政策決定にかかわらず,政策にもとづいて,具体的な施策や対応を考えるような会議では,その道に詳しい,適切な助言や意見を出してくれそうな大学教授,その他の専門家を学識経験者として依頼していますね.
後者については,私自身も経験がありますので,間違いはありません.
前者については,そういう依頼をされるほど,偉くも,有名でもありませんが…….

Q清廉潔白な人が権力や経済力を手に入れることはできるのか?それらの力を持った後も清廉潔白さを維持できるか?

不正や不祥事が起こると、人々は「あってはならないことだ」「何をやっているのだ」と怒ります。
とくにもそれが権力や経済力を持つ立場の人だった場合、人々の怒りは大きくなります。
それ自体は極めて自然な感情だと思います。

しかし、権力や経済力を持ったときに清廉潔白さを貫けるものなのかと考えてみると、それは相当に困難なことなのではないかと思います。
それ以前に、清廉潔白な人が権力や経済力を持つ立場にたどりつけるのか、
もし出来るとしても、ごく少数の幸福なパターンなのではないかとも思います。

〔多くの人の心にある弱さ〕
・誰しも、自分の苦労は実体験だからよく分かっても、他者の苦労を本当に推し量ることは難しい。
 (例:高齢者、妊婦、障害者など、困難な状態にあるのを多くの人が認識しているに関わらず、実際の場面では邪魔者扱いされることも多々ある)
・自分の親しい人やメリットのある人に対して便宜を図ってあげたい気持ちが起こりやすい。

〔周辺環境による要因〕
・権力やお金があると、恩恵にあずかろうとする人々が群がってくる。
・ずるい事をしないと他者・他企業などを出し抜けない。
・言う事を聞けば大きな恩恵を約束されるが、聞かなかったらひどい目に合わされるリスクと直面する。

何を言いたいかというと、他者が不正を起こしたときに責めるのは簡単だけれど、多くの人に共通する心理などが作用してのことであって、
いざ自分がその立場になったら、正しい道を貫けるのかという疑問を感じるのです。
いろいろ、世の中の問題を考えているうちにこのような考えに突き当たりました。

皆さんは、清廉潔白な人が権力や経済力を手に入れることはできると思いますか?
また、それらの力を持った後も清廉潔白さを維持できると思いますか?
どうしたら不正や不祥事を起こさないようにできると思いますか?

不正や不祥事が起こると、人々は「あってはならないことだ」「何をやっているのだ」と怒ります。
とくにもそれが権力や経済力を持つ立場の人だった場合、人々の怒りは大きくなります。
それ自体は極めて自然な感情だと思います。

しかし、権力や経済力を持ったときに清廉潔白さを貫けるものなのかと考えてみると、それは相当に困難なことなのではないかと思います。
それ以前に、清廉潔白な人が権力や経済力を持つ立場にたどりつけるのか、
もし出来るとしても、ごく少数の幸福なパターンなのではないかと...続きを読む

Aベストアンサー

まず人によって清廉潔白の解釈が違ってくるので、誰の目にも清廉潔白という人は不可能です。

ただ、大多数の人から見れば清廉潔白レベルであれば十分に居ます。
ただ、そういう人はほとんど目立ちません。
普通にしていてもニュースになりませんよね。
悪いことをするからニュースになる。
清廉潔白な人はいいことに関しても、いいことをして目妥当などと思いませんから地味な活動をしがちだし、それをことさらアピールもしません。

>・ずるい事をしないと他者・他企業などを出し抜けない。
これは出し抜くという楽をしようとするからそうなるのです。
正々堂々正面からぶつかって、正攻法で上がっていけばずるいことをする必要などありません。
特に経済の場合はニッチな隙間産業を探し出せば正面からぶつかる相手などいないでするすると駆け上がることが出来たりします。

なので清廉潔白な人が権力や経済力を手にして、その後も清廉潔白で居続けることは十分に出来ますよ。
ただ、そういう人はマスコミなどにもてはやされないから一般の人には知られないだけです。

Q社会的に抹殺されるとは?

ドラマなどで「社会的に抹殺してやる」というセリフを聞くことがあります。
具体的にはどのような状態なのでしょうか?
どのようにして「社会的に抹殺してやる」のでしょうか?

Aベストアンサー

社会的に抹殺す事で思い浮かべるのが、昔よく言われていた「村八分」です。
「村八分」の場合は、冠婚葬祭以外は付き合いをしない(絶交する)というものです。
ただここでは、村八分された本人は村社会では付き合いが出来ないかもしれませんが、例えば他に活動できる社会があれば、社会的生活するうえではそんなに支障を来たすものではありません。その意味では、社会的抹殺の方が広範囲で、その圧力も強いのでしょう。

それでは社会的に抹殺するとは、
・ 所属している職場、組織内で活動できなくさせられるだけでなく、新しい職場、組織でも活動できなくさせる。
・ 社会的信用を喪失させる。
・ 社会の表の舞台から降ろされる。
・ 社会的責任を最後まで問われる。

例えば、リクルート事件(1988年)の江副会長の場合
自ら創業したリクルート及びリクルートコスモから追われ、裁判終了まで13年3ヶ月の時を要した。第一線から完全に退いた。江副は自ら蒔いた種で社会から抹殺され、以降彼が表の舞台に出ることはなかった。
江副個人としては、生きていく為のお金には困らなかったかもしれないが、社会的地位に就くことが出来なくなってしまった。その意味では、社会的に信用を失墜し、社会的責任を最後まで問われた、といってもいいのではないか。江副は最後の被告人質問の中で「この事件は、生涯背負っていく心の重荷」と語った。

ただここで、本当に人を社会的に抹殺する事ができるのか、ということです。
「抹殺」という言葉が余りにも強烈なので、「お前を社会的に抹殺してやる」というと、いかにも、殺しはしないが生殺しはするよ、という響きに聞こえて身震いする物ですが、実際は「世の中、捨てる神もいれば、拾う神もいる」のが現実です。人間生きている限り、人の後押しで再チャレンジする機会はあるものです。
ドラマの展開としては、そのような強烈な言葉を使用した方が面白いかもしれません。

社会的に抹殺す事で思い浮かべるのが、昔よく言われていた「村八分」です。
「村八分」の場合は、冠婚葬祭以外は付き合いをしない(絶交する)というものです。
ただここでは、村八分された本人は村社会では付き合いが出来ないかもしれませんが、例えば他に活動できる社会があれば、社会的生活するうえではそんなに支障を来たすものではありません。その意味では、社会的抹殺の方が広範囲で、その圧力も強いのでしょう。

それでは社会的に抹殺するとは、
・ 所属している職場、組織内で活動できなくさせら...続きを読む

Q※原付の二段階右折等のルール理論(有識者大歓迎)

道路・交差点といえど、さまざまな形態があり、原付の運転は非常に難しいです。
二段階右折などの簡単なことは知っておりますが、イレギュラーに出会った時どのように考えておけばいいのかとふと思いましたので、質問します。
私の見解では、
法定速度30kmのため、左側を走行し、自動車は原付を抜いていいが、原付はダメ。ただし渋滞で自動車が止まっており白線を踏まなければ左側から抜いて良い。
要は基本的に原付視点で考えた場合、走行中一車線を独占していると考えることができる。
このため片側2車線(右側は右折レーン)の交差点は、右車線の左側へ安全に変更できるため右折OK。

片側2車線走行中、交差点で三車線の場合(二段階右折禁止標識がある場合を除き)、一番右の車線には変更できない。
これは、一番左の車線の左側を走行する原付の規則に照らし合わせ安全性を考えた場合、二車線目に変更した時点でイエローカードといえるため、三車線目が右折レーンでもレッドカードと解釈できるからである。イエローカード状態では、安全性が極めて高い場合でないと次の動作ができない。

また、交差点にさしかかる分離について、走行車線が直進指示で、分離した左車線(新しく造られた)があっても、一番左の車線の左側を走行する原付の規則は走行車線に当てはめて考える。(安全性高い)
よって、直進可能。

でも私の理論で考えると、(交通規則が正解かわかりません。)
三車線走行中・交差点4車線左寄せの場合(←・←・↑・↑→)=直進できない。(実際直進できるような気がする。以下も逆説な気がする。です)
一車線走行中・交差点3車線中央寄せ(←・↑・→)=右折できる。
二車線走行中・交差点2車線(↑・↑→)=原則右折できない。(安全性が極めて高いとはいえない。)


上記のように私の理論ではダメでした。
原付というのは交通を複雑化しているような気がしますが、存在する以上、安全に配慮する必要があるから、二段階右折等の規則があると考えます。

さて、私の答案は何点でしょうか?
お答えの上、交通規則条文だけ持ってこない独自の理論で正答へ導いてください。

なお、寄せの意味がわからなかった方は、御回答をご遠慮します。

宜しくお願い致します。

道路・交差点といえど、さまざまな形態があり、原付の運転は非常に難しいです。
二段階右折などの簡単なことは知っておりますが、イレギュラーに出会った時どのように考えておけばいいのかとふと思いましたので、質問します。
私の見解では、
法定速度30kmのため、左側を走行し、自動車は原付を抜いていいが、原付はダメ。ただし渋滞で自動車が止まっており白線を踏まなければ左側から抜いて良い。
要は基本的に原付視点で考えた場合、走行中一車線を独占していると考えることができる。
このため片側2車線(右...続きを読む

Aベストアンサー

まず交通ルールを考える場合、大原則になるのは車両運送法と交通法です。
そして車両運送法では徒歩以外のすべての交通主体(ただしベビーカーなど人が押したりするモノを除く)は車道を走ることとされています。

この「車両はすべて車道を走る」という原則を維持しながら交通規制を行うため交通法は原則的に
・車道には異なった種類の車両が異なった速度で走る
・異なった速度だから異なった車線が存在する(車道上は1車線しかなくても、そこには複数の異なった車線が存在する)
・車線が複数存在する、または1車線でも複数の走行車線を許容できるほど幅がある場合は、原則すべての車両が左側通行に努めつつ、一番速度の遅い車両(軽車両)から自転車・原付・原付2種・自動2輪・自動車という順番で走行する。
という混合車線と混合交通の考え方が存在します。本来はすべての車両が路肩ギリギリによって走る必要があるのです。
これが大原則です。

そのため、そもそもおなじ1車線しかない車道を走っていても、自転車の車線(最高速度15km/h)、原付の車線(同30km/h)、自動車等(同60km/h)が存在する(実際には路肩に寄って走っている速度の遅い車両を追い抜いたらすぐに左に寄る)という解釈になっています。
そのため、いまでも自動車学校等で教えていると思いますが、自動車等の運転時に車線を越えて(たとえば対向車線にはみ出して)車線変更する際には、
まず同一車線上での車線変更のためのウインカーと確認そして移動
そして現在の走行車線からはみ出すためのウインカーと確認そして移動
という動作が求められているのです。

また地方の広い幹線道路などで、車線が2台分ぐらいあるのに区分けせず、そのまま右左折できるような道路も存在しますが、これは1車線しか無くても、走行車線は複数存在するという原則があるからです。
さらに言えば「はみ出し追い越し禁止」の標識やオレンジ線も「はみ出さなければ追い越してよい」という意味ですから、ひとつの車線上に、追い越される車の車線、と、追い越す側の車線、が存在することになるわけです。

この原則をもって質問者さまの内容を検討してみると、
>要は基本的に原付視点で考えた場合、走行中一車線を独占していると考えることができる。
このため片側2車線(右側は右折レーン)の交差点は、右車線の左側へ安全に変更できるため右折OK。

というのは正しくなく、原付が走行している路肩寄りの車線と自動車が追い抜いていく中央寄りの車線の二つが存在し、右折時は道路交通法に「右折する30m手前から中央車線に寄り、右折する」とありますから原付といえども一番右によって右折することになります。
この一番右(センターライン寄り)が右折専用車線であれば、原付であっても利用することになるのです。

ただし「走行車線が道路上に3車線以上ある場合」については、このような道路は基本的に制限速度が法定速度(60km/h)であることが多く、なおかつ大型トラックなどをなるべく中央寄りに走らせたり、交差点は4車線化して円滑に交通できるようにしたりしているため、原付の速度では「右折時に30m手前で一番右側に寄る」という法規を守ろうとすると、速度差がありすぎてかえって危険なため、「3車線以上ある道路では原則2段階右折」という法令になっているのです。
ちなみに2段階右折禁止の標識がある交差点では、交差点の30m手前に禁止標識が設置されていますので確認してください(これじゃあ危なくてかえって危険ですが、法規は30m手前なので、その場所に標識が設置されるのです)

ですから3車線以上ある道路であろうが、本来自動車であっても一番左車線を通行するべきで、原付が規制されているのはそのまま右折してはいけない、ということだけなのです。

ですので
三車線走行中・交差点4車線左寄せの場合(←・←・↑・↑→)
右折は出来ませんが、直進と左折はできますし、それぞれの車線(←・←・↑・↑)まで利用できます。原付は、各規制(左折と直進)の一番左を通るのが好ましいわけです。

一車線走行中・交差点3車線中央寄せ(←・↑・→)
交差点の30m以上手前から3車線になっている場合は「3車線以上、原付2段階右折」ですので、そのまま右折は出来ません。つまり交差点の手前30mまでに右に寄るとそこが3車線以上に該当してしまうからです。ちなみに交差点の規制(オレンジ色の車線変更規制)も原則30mになっており、切れ目のない白癬も停止線から30mが原則です。

二車線走行中・交差点2車線(↑・↑→)これも右折は出来ないのが普通ですが、T字路の場合、二段階右折禁止のことが多いですね。非常に危険だと思います。

ですので質問者さまは根本が間違っているので残念ながら0点です。

まず交通ルールを考える場合、大原則になるのは車両運送法と交通法です。
そして車両運送法では徒歩以外のすべての交通主体(ただしベビーカーなど人が押したりするモノを除く)は車道を走ることとされています。

この「車両はすべて車道を走る」という原則を維持しながら交通規制を行うため交通法は原則的に
・車道には異なった種類の車両が異なった速度で走る
・異なった速度だから異なった車線が存在する(車道上は1車線しかなくても、そこには複数の異なった車線が存在する)
・車線が複数存在する、または1...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報