今回取引先3社に依頼して、増資をすることになりましたが、株式申込書は必ず必要でしょうか?また出資者が遠方にいるため、直接取扱の金融機関に現金の払込ができないのですが。アドバイスお願いします。

A 回答 (2件)

前回の質問に回答したものです。



株式申込書は必ず必要になります。

払い込みの件は、お近くに銀行が全く無いのでしょうか。
直接取扱の金融機関に振込まなくて、お近くの金融機関を経由して、取扱金融機関に払い込んでも問題ありません。
    • good
    • 0

1 株式申込証は必要か


 必要です。
 商法280条の6が株式申込証の記載事項をあえて規定していることからすれば、同条所定の記載事項を記載した株式申込証によらない新株引受は、原則として無効と考えられます(少なくとも、他の株主から新株発行無効の訴え(同法280条の15)を提起されるリスクがあります。)。

2 払込取扱機関以外の金融機関に払込をすることができるか
 できません。
 払込取扱機関は株式申込証の記載事項であり(商法280条の6第5号、175条2項10号)、払込は株式申込証記載の払込取扱機関においてなすことを要し(同法280条の14第1項、177条2項)、これを変更するには裁判所の許可が必要とされています(同法178条)。
 これだけ厳格な規整がおかれているわけですから、所定の払込取扱機関以外の金融機関になされた払込は原則として無効と考えられます(少なくとも、他の株主から新株発行無効の訴え(同法280条の15)を提起されるリスクがあります。)。
 引受人の最寄りの金融機関から振込手続をとってもらうようになさってください。

3 蛇足かもしれませんが
 1919tanakaさんはまだこのサイトのシステムにお慣れでないかもしれませんが、「締切」というシステムはご存知ですか?
 下記参考URLのご質問を拝見していて、気になったものですから。

 ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=248525
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外部出資先が繰越欠損状態の場合の外部出資の取扱について

お世話になります。
当方は、協同組合です。
さて、ある企業に対して、例として1千万円の出資を
していると過程します。
その、出資先が繰越欠損金を抱えている場合に、決算
期にあたり、例えば半額の500万円を評価減にした
いと考えた場合に、どのように経理処理をすれば良い
のでしょうか。

債権であれば、
    借方         貸方
貸倒引当金繰入 500    貸倒引当金 500
といったように処理するのではないかと考えておりま
すが、株式(外部出資)の場合にも貸倒引当金を使用
できるのでしょうか。
有価証券評価損などでの処理となるのでしょうか。
出来れば、間接的に引当処理したいのですが・・・

また、単純に半額の500万円と記載しましたが、
出資先の貸借対照表から、求めて評価する方法があれ
ばご指導ください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

間接的ということは、洗い替え方です。
ですから、貴方が言うとおり翌期首には元に戻ります。
上場株式の場合は洗い替えは必要ないですが、その他の株式の場合は時価が存在しないので、取得原価を表示する必要がある為、洗い替え法が認められています。

Q増資について(株主割当増資と第三者割当増資)

増資について質問があります。

近々増資をしよう、という計画が当社にあります。
そこで増資について調べていたのですが、株主割当増資というものと、
第三者割当増資というものの違いがあまりよくわかりませんでした。

■意味としては、既存の株主に引き受けてもらうか、第三者に引き受けてもらうか、
という意味合いとして捉えておりますが、あっていますでしょうか?

■実際の手続き(登記等)について、この両者を分ける意味ってあるのでしょうか?

■実際に当社が行うとして、例として200万ほど増資しようと思った場合、
・既に株主である社長が100万円出資(株主割当増資だと思ってます)
・新たに役員を増やす計画があり、その役員に100万円出資してもらう
(第三者割当増資だと思ってます)
という風にしたいと思っておりますが、これは1回の株主総会や
変更登記等の手続きで済むものでしょうか?

実際に、株主割当と第三者割当それぞれについての解説等は
調べていてよく見かけたのですが、それをMIX?して手続きする等、
実際のことはあまりよくわかりませんでした。

まだ計画段階で、実際にやるとなったら担当税理士や法務局等に聞きながら
手続きを進めると思いますが、予備知識として両者の違いなどを知っておきたいと
思いましたので、回答のほど、よろしくお願いいたします。

増資について質問があります。

近々増資をしよう、という計画が当社にあります。
そこで増資について調べていたのですが、株主割当増資というものと、
第三者割当増資というものの違いがあまりよくわかりませんでした。

■意味としては、既存の株主に引き受けてもらうか、第三者に引き受けてもらうか、
という意味合いとして捉えておりますが、あっていますでしょうか?

■実際の手続き(登記等)について、この両者を分ける意味ってあるのでしょうか?

■実際に当社が行うとして、例として200万ほ...続きを読む

Aベストアンサー

株主が、1名でその人が出資するのでしたら、株主割り当てでも可能。

同じ株主総会で、別々に決議することも可能。
第三者割り当で一つの決議で増資ことも可能です。

第三者は、株主含むこともできます。

現在の会社の資産状況により、株価との関係で、贈与税が発生します。
1株資産100万円の会社が(発行価格ではありません)、 50万円で募集すれば 約50万円の贈与となる。

Q払込取扱票への印字

いつもお世話になります。
この度とある後援会の会計役になりました。
郵便局の「払込取扱票」というもので会員から集金をするのですが、口座番号とか加入者名をいちいち手書きしたら大変な労力になってしまう為自宅のプリンターで印字したいのです。
郵便局にお願いすれば有料で印字して頂ける事は分かっているのですが、自宅のパソコンと複合プリンターを利用して印字したいと考えています。
自分で印字するのに便利なフリーソフト等ご存知でしたら教えて頂けませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんなのやhttp://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se203461.html

こんなのがありました
http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se141737.html

Q法人成り 出資の払込資金の原資

個人事業から法人成りしようとしています。出資の払込のため、事業主の個人名義の口座に本人名義で資本金を払込しますが、その原資が不足しています。余剰資金のあるのが、事業用の預金か自分の定期預金だけになります。この場合、事業用の預金から生活費として引き出しをし、それを別口座に自分名義で振り込むことで出資の払込として扱うことはできますか?事業用預金は法人の資産として引き継がれるので問題はないんでしょうか?

Aベストアンサー

何か勘違いされていませんか?
法人設立時の貸借対照表は
(普通預金)×××(資本金×××)
のみです。

資産や負債などを法人へ引き継がせたりしますが、基本的には個人事業廃業日における個人資産や負債であって、基本的には法人に付け替えは出来ません。
売掛金は代理回収、買掛金は立替支払い、償却資産は法人への譲渡となります。

ですから個人事業の預金であったとしても、引き出せば事業主貸となるだけで個人の金銭には違いはないので問題になりませんし法人には一切関係しません。

Q出資時と増資時の株価の違いについて教えてください。

友人の質問を代理質問させていただきます。
言葉が足りない部分もあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

5人で出資し株式会社をはじめました。
しかし、出資金額は当時用意できる額ということで、
2人が他の3人より100万多く出資しました。
数年たち、利益も出るようになったのですが、
出資額の多い二人が、出資額が少ないということで、
友人も含めた三人の意見を認めないという状況になってきました。
そこで、三人が増資し同額にすると役員会で言ったところ、
「現在と今では利益がでているから株価が違う。
当初は5万円だったが、今は10万円の価値がある。
だから、持っている株数が違うから対等な立場にはなれない。」
といってきました。
設立時の定款で1株あたり5万円と明記されていますが、
その後定款は変わっていない。 とのことです。
こんな言い分は通用するのでしょうか?

Aベストアンサー

まず初めに、額面株式は廃止されていますので、定款の「1株あたり5万円」という規定は何ら意味を持ちません。

次に、株主の会社に対する発言権等は、基本的に持ち株数によって決まります。ですから、「今は10万円の価値がある」というのも、立場が対等になれるかどうかとは直接には関係しません。繰り返しになりますが、株主総会での発言権は、出資額ではなく持ち株数(議決権のある持ち株数)によって決まります。
また、取締役については、1人1議決権ですから、これも出資額とは無関係です。

もっとも、お書きの状況からして株主=役員という会社なのでしょう、そうであれば、多数決原理で話がまとまるものでもないものと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報