最新閲覧日:

ファイナンシャルプランナーの勉強中の者です。5分5乗方式とは何でしょう?5で割って5をかけるのですよね?例えば平均課税の計算の際にも5分5乗方式が用いられており、5分5乗することで税率が低く押さえられる効果がある?のは何故ですか?また、平均課税とは一体どこがどういう具合に「平均」なのでしょうか?イメージがわかるよう、かみくだいて説明していただけないでしょうか?よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

5分5乗方式の計算例(1000万円の贈与を受けたとき)



通常:(1000万-110万円(基礎控除))×45%-140万円(控除額)=贈与税260万5千万円

5分5乗方式(5年間に分けて贈与を受けたとして算定)
1000万円÷5=200万円(1年分)
(200万円-110万円)×10%=9万円
9万円×5(年分)=45万円

差し引き
2,605,000-450,000=2,155,000
これだけ安くなります。

「5分」割して税額を算定し、「5乗」して全体税額を求めるやり方です。

参考URL:http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/sonota/d …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ