個人で飲食店をしております。
日々の経理、確定申告をするにあたって、いろいろ質問等に答えてくれる掲示板のようなものを利用していたのですが、何かの手違いでそのアドレスを消してしまいました。
そのサイト名も覚えていないです。

それと同じものでなくてもいいのですが、役に立つサイトがありましたら教えてください。

よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

こんばんわ。


こんなサイトはどうでしょう?
http://www.otasuke.ne.jp/
質問掲示板などもあった気がします。
お試しください。

参考URL:http://www.otasuke.ne.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

びっくりです、さがしていたものはこのサイトでした。
助かりました。

お礼日時:2002/04/08 22:48

ウチでもkazuhakaseさんのお助け帳を使ってますが、ほかにも下記URLのメルマガも購読してます。



参考URL:http://www.global-eye.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

こういったメルマガがあるんですね。
早速登録させていただきました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 17:49

ここはいかがでしょうか。



税金・経理・労務駆け込み寺
http://www.kakekomidera.com/

参考URL:http://www.kakekomidera.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

このサイトははじめて知りました。
今後活用させていただきます。

お礼日時:2002/04/08 22:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経理にもいろいろありますが

専門スキルをつける事が、特に女性にとっては有益かと思い経理のスキルと経験を積んでいきたいです。
いろいろ考えた結果、派遣を主に考えています。

正社員で経理歴が6年ありますが、その中身は
「民間企業ではなく非営利・非課税法人(福祉関係)」での
「経費処理が主で試算表・決算書・監査対応は上司の仕事」でした。
企業の経理担当者から見れば、「経理の流れを知っている程度」かもしれません。
おまけに、よくある請求書発行・売掛管理は別部署の業務でした。

求人を見ていると、業種によって、又同じ業種でも会社の形態によって
会社の数だけ経理の実務も違うと感じています。
例えば、同じメーカーでも扱う商品によって、
販売会社か商社(?)などかによっての違いや、
同じ経理でも、営業事務よりの経理と財務よりの経理との違いなどです。

また、建設業経理や不動産業界の経理は、一般経理とは又違うという印象もあります(特別難しかったり複雑なのでしょうか?)。

違う、という事しか分からず、実際の現場で求められる既存の経験レベルや年齢・性別も含めた人物像がわかりません。

全ての業界や業種についてアドバイスを頂く事は不可能かとは思いますが、
大まかな事でも結構ですので、経理実務のそれぞれの特色を教えて頂けないでしょうか。

冒頭のような経験しかない場合でも入りやすくて将来に繋がる経理案件は、どういったものが考えられると思いますか(わがままかもしれませんが)。
また、この程度の経験では年齢制限が厳しいですか。
簿記2級を勉強中ですが、資格より経験との考えから就業を第一に考えています。

漠然とした質問ですか、営業事務は性格的に向いていない、でも「経理経験者」として応募するにはハードルが高い、と希望職種が自分に合っているのか迷っており、参考にさせて頂きたいです。

専門スキルをつける事が、特に女性にとっては有益かと思い経理のスキルと経験を積んでいきたいです。
いろいろ考えた結果、派遣を主に考えています。

正社員で経理歴が6年ありますが、その中身は
「民間企業ではなく非営利・非課税法人(福祉関係)」での
「経費処理が主で試算表・決算書・監査対応は上司の仕事」でした。
企業の経理担当者から見れば、「経理の流れを知っている程度」かもしれません。
おまけに、よくある請求書発行・売掛管理は別部署の業務でした。

求人を見ていると、業種によって...続きを読む

Aベストアンサー

>順応力とは、他部署との交渉力に長けているヒューマンスキルという事でしょうか。
会社の数だけ仕事のやり方というか流儀があるのでそれに早く慣れたほうがいいという意味でした。
>確かに、意外に経理は人と接する事が多い仕事ですよね
銀行屋さんとか、税理士、会計士さんとか他部署の人、などもありますが同じ部内の人と連携がとれないと決算などで苦労することもあります。
>企業にはつきものの請求書発行や売掛管理・消しこみ関係」
これはそれぞれの企業ごとに決め事や流儀があるのでそれに慣れることが肝要だと思います。これは会社によっては経理の仕事でなく、営業の事務部門が担当していることもあります。

>「税金」「小切手・手形」「財務諸表作成」に不安があります。
これだけは、少しずつ覚えたり知識を身につけていくほうがあとで役に立つようになります。先輩に聞いたり、教えてくれなければ過去の資料をひっくり返しては知識を盗んでいくようにするといいです。
あと、消費税は毎日の出納や毎月の経費などの支払に従事することで覚えていくことです。最後には消費税の申告計算ができるようになるまで頑張ってください。

>順応力とは、他部署との交渉力に長けているヒューマンスキルという事でしょうか。
会社の数だけ仕事のやり方というか流儀があるのでそれに早く慣れたほうがいいという意味でした。
>確かに、意外に経理は人と接する事が多い仕事ですよね
銀行屋さんとか、税理士、会計士さんとか他部署の人、などもありますが同じ部内の人と連携がとれないと決算などで苦労することもあります。
>企業にはつきものの請求書発行や売掛管理・消しこみ関係」
これはそれぞれの企業ごとに決め事や流儀があるのでそれに慣れるこ...続きを読む

Q一般事務,営業事務,経理事務・・・いろいろ種類があるようですが違いは?

一般事務,営業事務,経理事務・・・いろいろ種類があるようですが違いは?

>営業事務は販売も仕事内容にある
>経理事務は秘書的な立場もかねている
のでしょうか?

また事務員と経理は違うのですか?
事務員募集で入社したのですが経理と呼ばれています。
(PC操作やお金関係,電話や来客対応をする仕事が事務だと私は思っています。間違えて覚えているのでしょうか?)

Aベストアンサー

就職した会社の規模により一括りに「事務」と言っても事務内用はさまざまです。
私の経験から言うと、簡単な書類作成から、請求書のチェック、仕入れや発注、事務用品の調達、事務所のゴミの分別・・・・。
あげればきりがないのですが・・・。全て事務員募集でしたよ。
面接の際、具体的にどんな業務が主なのか確認されるのがいいと思います。自分でできそうかどうかの確認です。全くの未経験者を募集している場合もあります。
会社側とすれば「事務員募集」で募集すればより知識や経験が高い人、そうでない方もでピンキリで来る為、その中から見合った人を採用するはずです。
仮に「こんな事までするの?」と思っても自分のスキルアップにつながりますから、経験されてみてはいかがでしょう?
私も一般事務から始まり数社経験しましたが、その度色々経験し、今では経理、財務、会計、労務、総務(雑務)全般を負かされていますよ。
何事も経験です。やって損はないと思いますよ。
出来る限り頑張ってにてはどうでしょうか?

Q税理士に役に立つ資格

私は簿・財に合格していて、大学院の2年で来年には税法の免除をするつもりの者ですが、時間のある今のうちに税理士にとって役に立つ資格の勉強を始めようと考えています。でも、いかんせんまだ会計事務所で働いた経験がなく、どのような資格が税理士に役に立つのかわかりません。そこでどのような資格が役に立つのか教えてください。

Aベストアンサー

税理士業務をやっていく上で、一番役立つ資格は司法書士です。
これは、顧問先の決算が終わり、取締役の変更登記などが必須になりますが、登記については司法書士の資格があれば、外部に依頼しないで登記が出来るので、顧問先に取っては、一か所に依頼すればよいので助かります。

次に、中小企業診断員の資格があると、経営について効果的な助言が出来ます。

Q会社の飲食費の経理処理について

経理処理について2点お伺いします。

(1)コーヒー,お茶などの経理処理
勤務時間中に社内で飲む飲料を会社として購入しています。
この場合の勘定科目を教えてください。
消耗品費で処理していましたが,自身がありません。

社員は5名で月当たり総額5,000円~10,000円程度です。


(2)忘年会の費用について
社員数5名で一人につき4,000円で忘年会をしました。
交際費として費用に計上してよいのでしょうか。

どちらかでも良いので教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

監査上、社内経費の支払い状況については、
福利厚生費用は、従業員や役員の健康増進、生活補助、慰安などのために支払われる費用のことをいいます。
具体例としては、健康診断費用、寮や社宅の費用、常備医薬品、貸与制服代、慶弔費、慰安旅行代、お茶代などが該当します。
(1)は当然ですが、福利厚生費計上をしてください。
(2)ですが、社内行事にかかる費用として解釈ができますので、福利厚生費として計上してください。

Q日商簿記以外で経理の仕事に役に立つ勉強は?

日商簿記以外で経理の仕事に役に立つ勉強は?

Aベストアンサー

新株式会社法
経営管理
法人税
固定資産管理
補修費と設備費の区分
県民税
住民税
資金管理及び調達のいろいろな方法
情報開示の仕組み
担保
税務調査への対応
思いつくままに書きましたが、もっとたくさんあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報