「猫撫で声」という慣用句がありますが、これは猫の声なのでしょうか。それ とも人の声なのでしょうか。わたしはてっきり猫が出す甘えた声のことかと思 っていたのですが、それだと「猫撫でられ声」ではないかという友人の指摘も あり、猫をあやすときの飼い主の声だというのが正統的な解釈なのだと今では 納得していますが、あの猫の媚を含んだ甘え声ほどリアルなものはなくて、結 局は人の声だという結論になるにせよ、飼い主の猫をあやす声も、もとをたど れば、猫語の模倣にほかならぬようにも思えます。ずいぶん以前に複数の辞書 で調べたときには、両方の解釈に分かれていたように記憶していますが、やっ ぱり人の声という結論になるのでしょうかね。なんだかよくわからない質問で すが、個人的な解釈で結構ですので回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 


  個人的な解釈でも構わないということで、私見を述べさせていただきます。わたしは、「猫撫で声」というのは、無論、人間の声というか、話し方を指すのだと思いますが、そこには、「猫」という動物の独自性が背後にあると思います。「猫なで声」とは猫の声だと言ってもよい余地がそこにあるように思います。
 
  No.4 の回答者の方は、「馬面」というような例を挙げておられますが、顔が長いのは馬だけとは限らないので、「長い顔」というのを動物などで比喩しようとすると、必ずしも「馬」である必然はない訳です。また「蛇足」というのは、別に「蛇の足」が、この言葉にとって必然性がない、言葉の慣用用法から生まれた表現で、画家が見事な犬の絵を描いて、もっと見事なものにしようと、犬の絵に翼を付けた所、それは余分なものだということで、そこから「犬翼」が、「余分なもの」の比喩として成立してもおかしくなかったのだと云えます。
 
  「子羊のように純粋」「子羊のように無邪気」というのは、キリスト教の考え方から来た比喩で、一般に哺乳動物の幼獣は、成獣から見て、保護意欲が出てくるような、「可愛い」ものと認識されるというのは、生物的に根拠のあることで、純粋や無邪気は、「子犬」でも「子猫」でも「子牛」でも成り立つと思います。ただ、子羊はふわふわした白い毛を持っていて、割とましな感じがするので、比喩として使われるのでしょう。子羊の顔もよくよく見れば、エイリアンのような感じもしてきます。「見慣れていない」からです。
 
  「猫撫で声」は少し違っていると思います。まず、これは女性が使うというより、わたしなどの認識では、詐欺師や人を騙す人が、うまいことを言うのを、「猫撫で声で話しかけ……」と言うように思います。つまり、人を瞞着するようなことを言うのを「猫撫で声」というのです。無論、言われた者は気づかないことがあるのですが、気づいても気づかなくとも、人を意図的に瞞着するような言い方が、「猫撫で声で話しかけ」だと思います。
 
  これは、「可愛らしく甘えかかる」というよりも、真面目そうにみせて、「嘘や瞞着」を行うという所にポイントがあるはずです。犬も撫でてやると、気持ちよさそうに、可愛い声で鳴くこともありますが、「犬撫で声」とはいいません。猫は、そもそも、人を騙しているところがあり、子猫ならともかく、大人の猫が、人に甘えかかって、「猫撫で声」を出すのは、気持ちが悪いという感じもあるのです。
  
  犬は馬鹿な犬が多く、なかなか褒美をやっても、連合能力が低いですが、連合が形成されると、恩義ある人には、忠実になるというか、恩義を忘れません。猫は、犬とは違って、恩義を忘れないような様子で、人の好意に押しつけがましく「更に」を要求して来ます。そして、「更に」褒美を出しても、今度は、猫は冷たくなって、そんなことは忘れました、という態度になり、都合が出てくると、また有り難そうな様子で「更に」を求めてきます。
 
  こういう猫の態度の変化が、詐欺師やペテン師、人を瞞着する人の態度とよく似ているというのが、「結婚詐欺師が、甘い言葉を、猫撫で声で彼女に囁いて……」となるのでしょう。
 
  「猫撫で声」というのは、猫をあやす声というより、猫を可愛がっていると、猫の出す声が、甘たるい、可愛い声であるが、しかし、少し客観的に考えると、どうも、猫の鳴き声は、人を騙しているという感じがするので、「騙す声」の比喩に「猫撫で声」が使われているのだとわたしは思いますが。
 
  (猫は小さいので、年齢からすれば、大人の猫が、わざとらしく甘えかかって来るのは、冷静に見ると、騙しているのだということなのですが、何となく、そんな感じがしないということでしょう。犬や牛や馬の成獣が、子犬などのように甘えかかって来れば、煩い、つきまとうなとなるでしょうし、彼らが、甘えたような態度になるのは、病気などで弱った時で、本当に助けて欲しいという時、少し甘えた感じになるでしょうが、猫の場合は、猫の都合次第で、甘えたり、冷たくなったり、超然としたりで、どうも「人を騙している」としか思えないので、「猫撫で声」なのでしょう)。
  
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。他の方々は、「(特に女性が)何か魂胆があって甘えた声を出す」のを標準的な用法として考えておられるようでしたが、starflora さんは「ペテン師」的人物が用いるのを主とされているのが興味深かったです。なるほど検索サイトで「猫なで声」を検索すると「亀井静香」「鈴木宗男」「自民党族議員」といったそうそうたるメンバーがが猫なで声を出しておられました。

お礼日時:2002/04/12 22:52

「猫なで声」と言ったら、


「猫がなでられて喜んでいるような声」という意味で、
いわゆる「たとえ」なので、実際に猫が出す声とは関係ないです。

「カモシカのような足」などと、
走るのが速い人の足を例えることがありますが、
実際のカモシカの足は、人間に比べたものすごく太いです。
実際たとえられた人の足が、ものすごく太いのかと言えば、そうではなく、
逆に、細かったりします。
これは、カモシカが身軽で足が速いイメージがあるから、
そうやってたとえられているだけで、実際の足とは関係がありません。

「猫なで声」もこれと同じ、イメージからくる「たとえ」です。
「猫なで声を出す」と言ったら、出すのは人間で、
なおかつ、実際にその人が、猫をなでているわけではありません。


だから、
saturnienさんの言う意味も、ご友人が言う意味も、両方間違いだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/12 22:15

みなさん用法について回答されておりますが、


saturnienさんの質問の意図は、語彙の用途ではなく、
単純に「猫なで声」の声は、飼い主が猫をあやすときに発する声なのか、
猫が甘えるときに出す声なのかを知りたいということではないでしょうか?

確かに辞書などでは双方の解釈があるようですね。

わたし個人としては、saturnienさん同様、
「猫」が出す甘え声という気がします。

この回答への補足

時間の余裕があったので、図書館で片っ端から国語辞典をひいてみたところ、ほとんどが「猫」派か両論併記で、単独「飼い主」派は『広辞苑』ただ一冊だったのですが、その『広辞苑』も最新の版を書店でみると、これまでの定義に加え「一説に、猫が人に撫でられたときに出す声とも」という一句が書き加えられていました。この追加をめぐる広辞苑編集部の裏話をぜひともききたいものです。

補足日時:2002/04/12 22:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。そうなのです、わたしの質問は単純なものだと自分ではおもっていたのですが、おそらく、慣用表現や常套句にも様々な段階があって、まだ起源のイメージが生々しいものからもはやイメージさえ浮かばないものまであるのでしょう。わたしにとって「猫撫で声」はまだまだ生々しいイメージを伴っているのですが、そうでない人が多いということでしょうか。

お礼日時:2002/04/12 22:24

補足について。



ずばり言えばあなたの友人は間違っていると思います。
猫なで声と聞いて猫の鳴き声を想定するでしょうか。する人もいるでしょうが、その人はこの表現の意味をよく理解せず使用していると言わざるをえません。

ちょっと飛躍しますが、「情けは人のためならず」を人のためにならないならお節介はやめておけと誤解したり、「書き入れ時」(商売繁盛で帳簿つけが忙しい意)を「掻きいれ時」と誤解したり、日常生活にその実態が伴わない言葉は(そのような文化がなくなり言葉だけが残る)異文化を誤解しやすいのと同じ現象が起こります。

猫なで声は人間が(若い娘)が何か魂胆があって男に(とは限らないが、普通は男)にまるで猫が飼い主に甘え声を出してすりよってくる時のように話すさまを表した表現です。起源的には猫の声といえます。人間の声とした場合、その声の主は男、女、子供、大人とさまざまであり、「猫なで声」と普遍的に使うのがむつかしくなります。慣用句には誤解されやすい表現がたくさんあります。理由は古い文法が現代では使われなくなったか、文化的背景が分からなくなったか、日本的省略法のためです。特に省略された慣用句、諺などには泣かされますね。「番茶も出花」は年頃の女性は誰でも美しいという例えですが、前半の「鬼も18」が省略されて分かりにくくなっている例です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/12 22:28

正しい用法は「猫なで声で話しかける」だと思います。

即ち話し掛ける相手は人間です。「猫かわいがり」という表現もありますね。これも相手は人間です。つまり人間のしぐさを身近な動物に例えていいあらしたものであり、その動物とは直接関係ありません。「馬面」とは馬のように長い顔をした人間を指し、決して馬を指して「馬面をした馬」とは言いません。

しかし、慣用句は大勢の人が使うので場面にふさわしくない場合でも使用されたり、文学的表現として特殊な使用もあるので断定すると異論がでてくるでしょう。
「猫の喉を撫でてやったら猫なで声で甘えてきた」は結構使われるような気がしますが、私は違和感を感じます。これを他の動物に例えればおかしさに気がつくでしょう。「豚を可愛がったら豚のような声で鳴いた」「子牛を撫でたら甘えるように牛の声で鳴いた」

結論:猫なで声はあくまで人に対して使うべきです。しかも相手は主として女性です。現代では半死半生語辞典に載せられてもおかしくない表現ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。やっぱり質問の仕方がまずかったなと反省しています。
 「正しい用法」はご指摘のとおりで、それ以外にあるとも思えませんでしたが、猫の猫撫で声も「結構使われる」となると話はより錯綜してくるのでこれはまた別の話にするとして、質問の要点は猫撫で声の「原イメージ」にあるのです。たとえば「蛇足ですが」と書きながら、蛇の足が想起されることはまずないでしょう。けれども「蛇足」という字面を見て蛇の足をイメージするとそれはそれでリアルな気がします。わたしの関心のあるのはそのことなので、「猫撫で声」の原イメージは猫の出す声だと思っていたら、人が猫をあやすときに出す猫に媚びた声(たとえば「タマちゃんや、よしよし」とか猫語を真似て「ミャーンミャーンおなかすいたのね」とか)が本来の起源ではないかと指摘されたことがあり、文法的に考えたりしてなるほどと思いつつも、それだと猫自身が出す甘えた「ミャーオ」ほどリアルな感じがしないので、ほかの人はどうイメージしているのかが知りたくなり、質問した次第なのでした。
 martinbuho さんは、豚や牛に比較されているところをみると、猫撫で声を起源的には猫の声としてイメージされているように思いますが、いかがでしょうか。たんなる常套句にイメージなど浮かぶ暇はないのかもしれませんが。

お礼日時:2002/04/09 09:30

#文節だけで議論すると、いつまで経っても答えがでません。



1:(猫の喉等体の一部を撫でると)猫が、『猫撫で声』を出す。←猫の声

2: 彼女が、私に頼み事をする時に『猫撫で声』で話す。←人の声

#前後の文章で、当然答えは、変りますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。質問があいまいでしたが、現実の場面における用法を尋ねたわけではないのです。一般的には「2」のように用いるわけでしょうが、わたしが考えていたのは「猫撫で声」が常套句になる前の起源的なイメージのことなのです。

お礼日時:2002/04/09 08:21

人の声でしょう。

人に甘えたり、媚びる時に、少し高いトーンで、ニャーニャー(比喩)とした感じで話す声。一般的に女の子が、男の人に甘える感じをイメージしたら近いかも・・・(~_~メ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。一般的用法はもちろんそのとおりなのですが……

お礼日時:2002/04/09 08:04

こんばんは。



大辞林には、
猫を撫でたときのような、やさしくこびを含んだ甘ったるい声

と、ありますね。人の声でしょうか?

私は、さっきまで、『猫撫でられ声』だと想ってました。
『られ』が、音便になって、省略されたんだと・・・(笑)

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速の回答ありがとうございます。
 ちょっと舌足らずだったかもしれませんが、「猫撫で声」の一般的な用法を質問したわけではないのです。調べてくださった『大辞林』でいえば、「やさしくこびを含んだ甘ったるい声」の主が人間の声であるのはもちろんですが、その前の「猫を撫でたときのような」というのがくせもので、これは人の声なのでしょうか。猫の声なのでしょうか。知りたいのはそのことなので、ここは猫の声のようにわたしには読めますがいかがでしょうか。つまりこれは「猫を撫でたとき[に出す猫の声]のような」という意味で、人の場合には、(「猫を撫でた」ではなく)「猫を撫でるときのような」という表現が適当かなと思います。まあ、この項目の執筆者に直接聞いてみないとわかりませんが。

お礼日時:2002/04/09 07:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q隣のおばあちゃんが介護をするときに声がうるさいです。我慢していますが、直接的に言えなくて困ってます。

隣のおばあちゃんが介護をするときに声がうるさいです。我慢していますが、直接的に言えなくて困ってます。どうしたらよいのでしょうか?毎日、あと電話をいつもどこかにして大声出してます。もしかしたら二回入っていましたらごめんなさい。苦しくて、助けてほしいくらいです。借家なので文句も言えなくて。困ってます。

Aベストアンサー

もしかしたら、そのお婆さま自身か、介護を受けている方のお耳が少し遠くなっているのかもしれないですね。

我慢してあげられれば、本当はお隣同士なので、角も立たず良いのでしょうが、それも程度問題でしょうね…。

もしも私なら、お友達か誰かが来た時に、その状態を一緒に聞いてもらい、これは我慢する方がよいか、かそうでないものかを友達に聞いてみます。(証人になってもらうためにも)
それで、言った方が言いと言う事になれば、ていねいな手紙を書きます。

【ご苦労なさっていらっしゃる方に、まことに申し辛いのですが、介護時のお声が大きく、(眠れず、とか、仕事が手に付かずとかを書き)少々困惑する時がございます。何かの工夫をしていただけると大変助かるのですが……。】

と、言うように、あくまでも柔らかい文面でですが……。

それで改善されないなら、録音でも録って置き、大家さんに聞いてもらったらいかがですか?

Q「~れば」って関西弁かな?

料理が好きなので、本などでレシピを見ますが、不思議に思うことが時々あります。
例えばですけど「お湯にほうれん草を入れ、色が変われば水に取ります」とか「肉に焦げ目がつけば、野菜を加える」とかです。以前、料理本をいただいたのですが、この手の表現が多用されていました。その本だけかと思ったら、他の本やホームページでも時々見かけます。

私が「れば」を使うのは「雨がふれば中止です」とかそうならない場合もありえるっていう時です。
皆さんはどう思いますか?
勝手に関西弁なのかな?って思っていますが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

No9&10です。

根拠になりそうなものを見つけました(^^ゞ。

goo 国語辞典(参考url)によると、「ば」には
1)順接の「仮定条件」を表す用法以外にも
2)順接の「既定条件」、つまり
『ある条件が満たされれば、いつでもある事柄が起きるという場合の、条件を表す』--という用法もあるそうです。

「雨が降れば」は『降るかどうか分からない』から上記1)の使い方、
「色が変われば」は上記2)の使い方ですよね。

なので、「色が変われば」「焦げ目がつけば」「出し汁が煮立てば」は、
文法的には「アリ」ということのようですね。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/

Qエッチの声 どこまで我慢ですか?

分譲マンションなんですが、今年に入ってエッチ(振動もあり)の声が聞こえるんですよね^^;
朝方6時前が多くて(3~4時もあったなぁ)目が覚めるんです。
きっと他に比べると我慢すべきなのかな・・・って悩んでます。

皆さんなら この様な状況どうされますか?
ちょっと疲れてきちゃいました^^;

Aベストアンサー

管理人に伝えてもらうのはいかがでしょう??
声がきこえる・・は管理人にも言いにくいかと思いますので、
○時頃、話し声や物音がすごいのですが、○○さんに伝えてください・・と。
本人たちは、具体的な時間を聞かされることで、
「あ、その時間帯って・・・声聞こえてたの!!?」ってわかるとおもいますよ(^^)

Qあや跳びの数え方

 小学校で働いている者です。毎年この時期、校内オリジナルの「縄跳び検定表」をもとに、全校児童が縄跳びにチャレンジします。
 その担当者の打ち合わせで出た疑問ですが、縄跳びの種目の一つである「あや跳び > 一回おきに左右の腕をクロスさせたり戻したりする飛び方」の跳んだ回数の数え方は、跳躍した回数で数えるのか、2跳躍して腕が元に戻った状態を1回とするのか。恥ずかしい話ですが、学年ごとに不統一でした。
 そこでいろいろと調べてみたのですが、うまく見つかりません。校内でどちらかに統一すれば解決することではありますが、折角の機会なので、正式な数え方を知っている方、またはそのことがわかるサイト等をご存知の方、いらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

あや跳びは1跳躍毎に1回跳んだという事になっていて、はやぶさ(速綾)の場合も同様1跳躍で1回跳んだと数えられています。
僕は教師ではなく生徒なので確実とは言えませんがうちの学校はカナリ縄跳びに力を入れているので参考意見としてご理解いただければと思います。

Q女性はセックス中の声を我慢できないものでしょうか

一般家庭では家族構成にもよりますが、夫婦のセックスでも妻の声が気がかりの時があります。
声の大きさは個人差がありますが、女性にとって声をだすことはコントロールできないことなのでしょうか。

Aベストアンサー

うちの妻はやはりコントロールできないようです。
聞こえちゃうよ!といい意識してしまうと気になり
集中できなくなり気持良さに影響するようです。
ラブホならいいけど家はこまっちゃいますね。

Qドラマ夜行観覧車での娘あやかの暴力

ドラマ夜行観覧車で娘のあやかが 母親にたびたび発作的に物にあたり暴力を 振るってるシーンがありました。

今日、小6のうちの子も教室に入りたくないと学校で突然暴れました。椅子を投げたり、物を投げたりです。初めてのことで先生方もビックリされたようです。

もともと大人しく優しく人見知りです。イジメをきっかけに学校を休みがちでした。
今日は本人が「学校へ行く」と言い、久しぶりに私と学校に行きました。
私と離れるときに「離れたくない」と言って泣きましたが、「じゃあ一緒に帰ろう」と言うと「帰らない」というので私だけ帰りました。

その後、暴れたようです。理由は「なんでお母さんは帰ったんだ」と言う事のようです。
今日は、どうしても帰らないといけない用事があって 娘にも伝えていました。
娘は、「わかった」と言っていました。娘は最初はわかったつもりだけどその時になったら出来ないようです。

その後は、落ち着いて昼休みから教室に入ったようです。

私は電話でそのことを聞いてすぐに ドラマのあやかが頭に浮かびました。
そして母親役の鈴木京香が娘をとっさに殺そうとしたシーンを思い出しました。
 
私は娘にどう接したらいいでしょうか?学校でのことを聞いてもいいでしょうか?
「自分で自分がわからない」といいます。どうしたらいいのか途方にくれています。

ドラマ夜行観覧車で娘のあやかが 母親にたびたび発作的に物にあたり暴力を 振るってるシーンがありました。

今日、小6のうちの子も教室に入りたくないと学校で突然暴れました。椅子を投げたり、物を投げたりです。初めてのことで先生方もビックリされたようです。

もともと大人しく優しく人見知りです。イジメをきっかけに学校を休みがちでした。
今日は本人が「学校へ行く」と言い、久しぶりに私と学校に行きました。
私と離れるときに「離れたくない」と言って泣きましたが、「じゃあ一緒に帰ろう」と言うと...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

「夜行観覧車」のあやかがなぜあんなに暴れるようになったかはドラマを見ている私たちにはその理由がわかりますよね。
残念なことに母親は結局最後までその原因が自分にあったことはあまり気づかずに終わったような気がします。

自分の理想を家族に押し付けてその感覚のズレが家族の心に歪を生じさせていったことに気づかない。

確かにドラマであり、作り物ではあります。
けど「事実は小説よりも奇なり」という言葉もあります。

反抗期かもしれませんが、子供から何らかのメッセージを発しているのではないでしょうか。
自分の意見や考えを押し付けるのではなく、子供の声にも耳を傾けてみる時間も必要なことがあります。
とても難しいことではありますが、反抗期、思春期で片付けるのではなく、娘さんとのゆったりした時間を少しでもいいので持たれることをおすすめします。
もちろんそのようなことはされているとは思いますが、子供が心を開くには少し時間がかかります。
もともとおとなしく人見知りというのもあやかにダブらせられたのではないでしょうか。
そういうお子さんは必要以上にいろいろ考えて、それを表現しきれなくて突発的な行動に出てしまうような気がします。

今は大事な時期です。しっかり見つめて守ってあげてください。お子さんの話を聞いてあげてください。

こんにちは

「夜行観覧車」のあやかがなぜあんなに暴れるようになったかはドラマを見ている私たちにはその理由がわかりますよね。
残念なことに母親は結局最後までその原因が自分にあったことはあまり気づかずに終わったような気がします。

自分の理想を家族に押し付けてその感覚のズレが家族の心に歪を生じさせていったことに気づかない。

確かにドラマであり、作り物ではあります。
けど「事実は小説よりも奇なり」という言葉もあります。

反抗期かもしれませんが、子供から何らかのメッセージを発している...続きを読む

Q私ゎ30代の女性、凄く恥ずかしい事を質問して、申し訳ないですが、エッチの最中喘ぎ声が、大きく出ちゃう

私ゎ30代の女性、凄く恥ずかしい事を質問して、申し訳ないですが、エッチの最中喘ぎ声が、大きく出ちゃうんです!我慢すればするほど、まるで雄叫びのような喘ぎ声がでちゃいます!男性ゎ喘ぎ声が大きい女性ゎ、ウザイと思いますか?
あと、エッチの最中、気持ちよくなっちゃって腰を振ってしまいます!我慢すればするほど、振っちゃいます!
やはり我慢しなければいけないのでしょうか?教えてください!お願いします!

Aベストアンサー

>我慢すればするほど、まるで雄叫びのような喘ぎ声がでちゃいます!
私が付き合っていた時の女性もそうでしたが、場所次第でしょうね。
ホテルなら全く問題ないですが、家の部屋だったらちょっとまずいかも・・・
私は思わず、相手の口を手で塞ぎました。

Q「目もあやな」の意味を教えて下さい。

普段,あまり活字を読もうとしない私が,今,国語辞典で,単語の意味を調べつつ,頑張って読んでいる本があります。それは、NHKbooks出版、柏木博著の「デザインの20世紀」です。

その本の中で,数回「目もあやな」という言葉が使われています。意味が分かりません。国語辞典にも載っていません。やはり意味が分かりません。

文中では,
  アール-ヌーウ゛ォーは、それまでの歴史的様式に見られない,自在な装  
  飾であり,それは新たな感覚,そして新たな生活様式を求める気持ちに   
  見合っていた。それは,かつての支配階級とは異なった,新たな支配階
  級である産業ブルジョワジーに迎え入れられた。ウ゛ァルター-ベンヤミ
  ンは「そこから目もあやな幻像が発生する。」と述べている。
                という風に、出てきます。

 誰か,「目もあやな」の意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

『目も綾な』

『目も覚めるほどきらびやかである』という意味だそうです。

http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-more_print.cgi?MT=%A4%A2%A4%E4&ID=a4a2/00575500.txt&sw=2

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-more_print.cgi?MT=%A4%A2%A4%E4&ID=a4a2/00575500.txt&sw=2

Qあえぎ声の大きさについて

恥ずかしいのですが、私のあえぎ声がいつも大きいので、彼氏は演技じゃないかと疑っていたそうです。すごくショックでした。。

今の彼氏とは身体の相性がいいのか、これまで経験したことがないくらいいつも気持ちがいいです。
すごく濡れるし何度もいってしまいます。
ホテルが多いこともあり、気持ちよくて声のことなんて考えたことがなかったです。いつも声がどうしても出てしまっていました。我慢するとか考えたこともなくて…

あえぎ声が大きすぎると、男の人は引いてしまいますか?演技だと思うものですか?(>_<)
声、我慢した方がいいですか…?
また、すごく濡れたりするので、身体の反応ですごく感じてるのはわかってると思ってたんですが、
男の人は女性がいってもわからないんですか?

教えてください。。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>あえぎ声が大きすぎると、男の人は引いてしまいますか?

引いてしまう男性と、興奮する男性がいると思います。

>演技だと思うものですか?(>_<)

余りにも、大げさに声が大きかったら演技だと疑われる事も
有るかもしれません。

>声、我慢した方がいいですか…?

荒い息遣いで我慢出来なかったら、
我慢する必要も無いのでは。

彼氏さんに声が我慢出来ない事を
正直に伝えた方が良いのではないですか。

>また、すごく濡れたりするので、身体の反応ですごく感じてるのは
>わかってると思ってたんですが、
>男の人は女性がいってもわからないんですか?

それで、感じている事に気付いていなければ、
少し、鈍感ですね。

あなたの彼氏さんは。

Q文系 理系 仮説 一番適した勉強法は文系理系によって違うのではないだろうか 結論 文系 アウト

文系 理系 仮説

一番適した勉強法は文系理系によって違うのではないだろうか

結論

文系 アウトプットからインプット

理系インプットからアウトプット

がベスト

原因(仮説)

思考プロセスの違いから読み取るに脳の発達部分の差異ではないだろうか
(重点的に働く部分の差異)


説明
一般的に
女性 感情的 共感思考
男性 論理的 結論思考
と言われ
女性に文系が多い
男性に理系が多い
と言われる点は偶然ではないと考える。

すなわち
文系=感情の要素
理系=論理の要素
に依存度が高いと考える。

1インプット=理解
2アウトプット=暗記
と定義すると
1理解は論理と
2暗記は感情 感覚と
それぞれ関連性がある。
1はいわずもがな
2に関して、簡単な例で言えば、スポーツの
「身体で覚える」こと
「習うより慣れろ」の理屈である。
つまりは「感覚」重視である。
感覚とは究極的には、「上手な人に対しての共感、感覚共有」と言い換える。

書くのに疲れたので終わりにしますが
文系=暗記、直感(直接的な感情)、感覚を重視する傾向があるのでは?
となると
得意な学習プロセスは結論→理解
つまりoutput からinput
言い換えると 理論く実践



これは重来の授業や講義の傾向と逆行しています。文系の勉強挫折が起こる一因ではと考えましたがいかがですか

賢い人 意見下さい
想像なので詳しいデータとかはないです
ちなみに僕は文系です

文系 理系 仮説

一番適した勉強法は文系理系によって違うのではないだろうか

結論

文系 アウトプットからインプット

理系インプットからアウトプット

がベスト

原因(仮説)

思考プロセスの違いから読み取るに脳の発達部分の差異ではないだろうか
(重点的に働く部分の差異)


説明
一般的に
女性 感情的 共感思考
男性 論理的 結論思考
と言われ
女性に文系が多い
男性に理系が多い
と言われる点は偶然ではないと考える。

すなわち
文系=感情の要素
理系=論理の要素
に依存度が高いと考える。

1インプッ...続きを読む

Aベストアンサー

対象となるものが自然の法則であるか、人の性質なのかという違いだけで、

理科系、文科系が分かれていると思いますよ。

学問と言うものは全て論理で出来ており、その起源は哲学と呼ばれています。

その目的は、自分の人生で効率よく運用し、無駄を省くことです。

つまり個人として活用して、得するためにあります。

ナイスアイデアと言う奴ですね。


論理学と言うのは数理系の基礎になりますが、これは文科系の学問です。

大学にいくと受講することが出来ますよ。


ビジネスの世界で良く言われるロジカルシンキングと言うのは、

ビジネスコンサルタントが作った造語です。(特定の会社が使った)

つまり文科系専攻の人が作ったものですね。

女性の先生が講師をしてくれたことがあります。


女性が感情的であると言うのは、差別の一つでしょう。

私の時代でも囁かれていましたが。



一般の人よりも知的な職業についている理科系の男性を試験しますと、

論理的でないという評価が出てきます。

つまり、理科系の学問を暗記で凌いでいたということですね。


論理勘みたいなのがありまして、音感と同じある種の感覚に近いです。

音痴は自分が音痴であることが分かりません。

同様に、論理勘がないと、自分が論理的でないことがわからないんです。


これらから、殆どの人間は論理思考ができていないはずです。



本当に音感がしっかりしている人が歌うと、

プロ歌手と変わらないくらいの聞こえ方になります。

また、プロ歌手でも差がありまして、一般の人はこの違いがわかりません。

そのため、多くのプロ歌手が許容されています。


論理の場合も、

論理がしっかりしている人が仕事をすると、

みなビルゲイツとか本田総一郎くらいの成果を出すことになります。

商売で成功している人は、例え個人商店の店主であっても論理的です。

また、こうした成功者にも差があります。

一般の人にはこの違いが分かりません。

そのため多くのエリート(暗記で凌いだ高学歴)が許容されています。


学校の勉強を将来の成功に役立てようとしている人は合理的です。

いまの急場を凌げれば誰かが何とかしてくれるようだ?

と感覚で捉えている人は論理的ではありません。


そういう意味では、子供の殆どが論理的ではありません。

習っている学問すべてが論理で出来ていますから、

急場を凌ごうと言う思考のまま取り組めば、頭が働きません。

成績が悪くなる原因は、ここにあります。



芸術一般も論理で出来ています。

音楽の場合は、数理物理学が基礎になっています。発明者はピタゴラスです。

楽譜の音階は、音が物理的に共鳴する周波数で定められています。

これを活用すると、空気の振動が継続しやすく、長く音が響きます。

これを理解すると、音楽が上達します。


絵画の殆どが、数学で言うときの座標変換を基礎に作られています。

写像と言いまして、3次元の座標を2次元に投影します。


経済などでも確率統計論を駆使します。

理科系の人よりも得意としています。


どのジャンルに進んでも、暗記で不可能な次元が存在します。

上位ランカーはこれを活用して、他を圧倒しています。



論理と感性の感覚の違いについて分かりやすく述べます。


人は数を数えるとき、指を折って数えることがあります。

これを足し算に応用できないか? と考える発想が感性的です。

ここからは筆算の思考が生まれません。



指で数えられる以上、指を進化させる発想になってしまうわけです。

指が足りないことは誰でも気がつきます。

すると、足の指を使うことを思いつきます。

こんな思考の流れを論理ではなく、感性的と表現します。


指が凄かったわけではなく、

数を忘れないように指を折って記録したところが良かった訳です。

こちらに気がつけば、筆算が効率的であるとわかります。


ところが、筆算がよかったため、数学記号を進化させることを思いつきます。

この発想では、コンピューターが発明されません。

多くの数学者がコンピューターを発明できず、

その中で天才と呼ばれるシャノンが(基礎論理を)発明しました。

数学記号が凄かったわけではなく、

数は人にとって分かり辛い、と気がついた事が良かったんです。

ここに気がつけば、計算をする事自体が不利であるとわかるはずです。


つまり、

理系ジャンルが得意である事で個人の論理性が証明されることはありません。

その発想自体が論理的ではなく感性的です。


論理と感性は感覚の違いですから、

どちらが優れていると言う事はありません。

楽をするためには、前者が必要であり、楽しむためには後者が必要です。


感性を鍛え、記号を見ただけでホモセクシャルを感じる女性がいるそうです。

婦女子というらしいです。

感性を鍛えることで、

最終的な満足感に対し、効率を上げることも可能ということです。


例えば音感を鍛えた後に、

昔かった音楽のレコード(其の他の媒体)などを引っ張り出して再度聞いて

見ますと、まるで違ったものに感じます。

これはお得ですよね。


舌を敏感にしてから、食べ物を食べると美味しく感じます。

糖質を減らしてダイエットをした後、

安い焼きそばを食べると、カステラの様に甘く感じます。


これを鍛えている人がいても良いですよね。これも即ち合理的なのです。



人は成長期を過ぎますと、暗記が苦痛に感じられるようになります。

論理と言うのは、暗記の代替品です。

1+1=2と記憶しても良いですし、1+1を計算しなおしても良いのです。

覚えておけば早いのですが、覚えるのが苦痛であれば、

再度計算しても良いです。

大人に成ると、後者のほうが楽に感じるわけです。



代替手段として若いうちに鍛えておくと、成人してからも難しいことに耐久できます。

子供のときに、そうした道筋を作ってあげようと、大人が考えたと言う事です。

論理が上で、感情が下という発想も論理的じゃありません。

EQという概念がありまして、偉人の殆どは感情のコミュニケーションを活用しています。

人は誰かのためにとか、目的が生じたとき、素晴らしい力を発揮します。

この底力は当人でも制御できません。潜在能力に近いですね。

偉人の殆どは、自分や他人の潜在能力を引き出す方法をしっています。

自分にも使い、他人にも使うわけです。

この引き金が感情であるとされています。

感情をプラスの方向に導き、瞬間的に自他の知性を最高レベルまでブーストすることが

出来ると言う事です。


感情が高まると、モウレツに知能が上昇する。

こういう特徴を持つ人を情熱的といいます。

優れている人は、必ずここを鍛えています。

漫画やドラマのヒーローがその様に描かれているのは、

現実の人物をモデルにしているからです。

知能を向上させるには、感情を爆発させることが大事です。

ところが、訓練をしていないと、

「誰が悪い?」

と言う思考になってしまい、知能へ喝が入らないんですよ。

人の性にしないという訓練をしていれば、感情的→情熱的となります。

感情を抑えることが大事なのではなく、人の性にせずに、

その怒りを知の力に変えて燃料とする。

そういう脳の訓練が必要と言う事です。



IQという概念は、アイドリング状態の知性として評価されています。

単に燃費が悪いと言う事です。

アイドリング状態で頭が良ければ、本気を出したとき、もっと凄いんじゃないか?

この発想は、指を使って足し算を考える思考と同じですよね。




理科系も、文科系も、自然法則か人の性質か? 対象が違うだけであり

共に合理性を満たすために存在します。


私は、数学の座標変換を高校時代に覚えましたが、

これは自作のゲームを作るためにどうしても必要だったからです。

このとき、数学の教科書が違って見えました。

先輩方の凄さがわかったんです。

ありがたい。


自分に直接得する目的がありますと、勉強の進度が速いですよ。


勉強が進まないときは、一呼吸置いて、

「これを後で、なんに使うのか?」

と考えて、嘘でもいいから当てはめて見ると良いですよ。

意外とわからないものですよね。


そういうときは、

「そんなことを言っても、今は凌がないといけないんだ!」

と考えずに、

「分からなくて悩む時間が3時間。

 こんなものを何故作ったんだ?とネットで歴史を調べるのが10分。

 後者は一度調べれば終わる。こちらのほうが合理的だな。」

と考えましょう。


自分の運命を知る、一つのチェック方法があります。

例えば?

「回答を教えてください。」

「解き方を教えてください。」

「参考になる本はないですか?」

と聞く人が多いですよね。この方々すべてが感性的です。

そこで、

「何でこんなものをお作りに成られたんですか?」

と聞く様に習慣を変えます。


人の人生にはフラグが立っているらしく、

後者が出来ないように一定比率の人は、脳が制約を受けています。

もし運命が定まっているならば?

それ以上頭が良くなっては困ると運命が判断しますよね。

運命のほうが、勉強させまいと状況を制御するでしょう。

昨今では、こういう力が本当にあるのではないか?と考えられています。

後者を習慣とし、制約を回避することが、何より重要ですよ。

以上ご参考に成れば。

対象となるものが自然の法則であるか、人の性質なのかという違いだけで、

理科系、文科系が分かれていると思いますよ。

学問と言うものは全て論理で出来ており、その起源は哲学と呼ばれています。

その目的は、自分の人生で効率よく運用し、無駄を省くことです。

つまり個人として活用して、得するためにあります。

ナイスアイデアと言う奴ですね。


論理学と言うのは数理系の基礎になりますが、これは文科系の学問です。

大学にいくと受講することが出来ますよ。


ビジネスの世界で良く言われるロジカル...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報