個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

MRIの欠点をネットで調べたところ、以下のように出ました。
しかし、なぜ撮影時間が長いのか、などが分かりません。わかる方は回答をお願いします。
(1)撮影時間が長い→なぜか?
(2)閉所恐怖症の人の検査がしづらい→開放的な装置で検査できないのか?
(3)金属があると検査できない
(4)検査中の音が大きい→なぜか?
(5)骨の異常が分かりにくい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(1)と(5)については、No.1の方の回答のとおりだと思います。


(2)閉所恐怖症について:-
 MRIで鮮明な画像を得るためには、優れた均一性を持つ強い静磁場が求められます。そのため、ソレノイド型(円筒型)のコイルを用いた超伝導マグネット(電磁石)が用いられ、患者が狭い空間に閉じ込められることから閉所恐怖症が問題視されていました。ところが最近では鉄心を使ったオープン型(開放型)のマグネットが出現し、閉所恐怖症から逃れる選択肢がでてきました。ソレノイド型にくらべると性能面では見劣りがするようですが・・・。
(3)金属の存在:-
 二つの問題があります。一つは安全面の問題で、体内に鉄などの磁性体があるとそれがMRI装置の強い静磁場と反応して動くため、周辺の組織を損なう危険があります。特に脳内に磁性体がある場合は致命傷になりかねません。さらには、金属と高周波磁場との相互作用により金属が発熱する危険性もあります。
 次に画質上の問題があります。金属は磁力線を通しやすい性質があるため、金属の周りの磁場の均一性が乱れます。局部的な磁場の乱れ(変動)は、体内の水を構成する水素原子を磁気共鳴させるというMRIの基本的な作用に対して、大きな擾乱となり正しい情報を得られません。
(4)検査音について:-
 MRI装置では三種類の磁場を使います。(2)で述べた静磁場、(3)で出てきた高周波磁場、そして三次元情報を得るために使われる傾斜(勾配)磁場です。この傾斜磁場はX,Y,Z方向に一定の傾きを持つ磁場をパルス的に繰り返して出すものですが、コイルへの通電のON、OFFのたびにコイルは磁場との相互作用によって激しく振動して断続的な音を発生します。この音の大きさを軽減する技術は、メーカー各社の腕の見せ所の一つといえるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2006/10/25 17:50

(1)たくさんの理由があります。


#1様の言われる積算回数というのは、一回のデータ収集では信号微弱雑音多大なので、複数回データ収集して加算平均して雑音を押さえるということです。なぜ信号微弱雑音多大なのかは、水素原子核のほんの一部(ppmオーダ)からしかNMR信号が出てこない、人体から熱雑音が出ている、など。磁場強度を上げれば信号は比例して強くなりますが、磁場強度は技術的な限界に近い。3テスラ程度まで来ていますが。

複数回の加算平均でなくても画像は撮れますが、もう一つの本質的な理由として、励起してから所定の時間経過後にMRI信号をとります。また、一回MRI信号をとったら次にとるまで所定の時間経過が必要です。時間経過に対するMRI信号の応答のしかたを画像にしているからでして、本質的に一瞬の撮像は不可能なのです。

これ以上はちょっと難しい話になります。

(2)開放的な装置はあります。結構使われていますが。でも磁場が弱い(せいぜい0.5テスラとか)ので信号弱くて画質が良くない、画質を上げるために複数回撮像の加算平均にするとよけいに撮像時間がかかる。

(3)金属が絶対にいけないわけではありません。磁性体はNGです。磁場が歪んで画像にならないほかに安全上の問題。非磁性の金属なら寸法形状にもよりますが、こういうのはOKとか病院が判断してくれます。体内に補綴物を入れた患者は一切ダメというのは困るので、MRI対応の金属補綴物は結構あるのです。

(4)傾斜磁場の音ですね。一言で言えばローレンツ力。撮像中に静磁場(1.5テスラとか)を揺り動かすために、傾斜磁場コイルにパルス状の電流を流します。磁場の中にパルス状の電流を流すと、傾斜磁場コイルはローレンツ力を受けて歪んだり動いたりします、がつんがつんと。まさにスピーカの原理。

(5)カルシウムはMRIでは見えません。水素原子核からの信号ですから。しかし、カルシウムを見ないと骨診断ができないというわけではないです。水に限りません、脂肪でも筋肉でもいいですが。骨髄(水気たっぷり)からは結構信号出ます。従って骨病変の診断にもMRIは結構有用なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2006/10/25 17:50

MRIの素人でNMRの経験者です。


撮影時間が長いのは、積算回数の問題でしょう。
プロトンNMRの場合、一回のデータ積算に数秒かかります。
MRIについては分かりませんが、同程度の時間がかかるとすれば、積算をくりかえせば時間は数分~数十分かかるはずです。
複雑なパルス系列を用いていれば、より積算時間は増えるでしょう。

(2)無理だと思いますが。超伝導磁場に被検体(この場合は人間)が入っていないとシグナルを得られませんから。
将来、もっと強力な磁場が形成できれば、今のトンネル状のやつから少しはましになるかもしれませんが・・・

(3)これも磁場を使っているので当然です。
金属(というか磁性体)があると、超伝導磁石の磁場が乱れ、正常なシグナルは得られません。

(4)これは分かりませんね。音といっても、何の音か分かりませんから答えようがない。

(5)
MRIは体の中の水素原子(水の水素原子だったと思う)由来のシグナルを分析する手法です。骨の中にも、細胞や血液のように十分に水が分布していればその情報が得られるでしょうが・・・私も医学およびMRIのプロではないので詳細は分かりませんが、骨の中に水があまり無いか、あっても環境の変化をあまり反映してくれないのでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2006/10/25 17:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMRIの危険性について教えてください。

 最近、私の職場の隣にMRIの撮影室が出来ました。
 その際MRIの説明会があり、「磁気を使うのでレントゲンより安全だ」との説明がありましたが、それは撮影についてで、壁一枚隔てて、ほぼ毎日仕事をしている場合はどうなのかというのはありませんでした。
 撮影室の壁の側に置いたパソコンの画面の色が変わってしまい、「磁気の影響を受けてパソコンが危険なので遠ざけて欲しい」などということもありました。
「MRIの撮影機器より4メートル離れていてば大丈夫」とか
「1メートルで大丈夫」
「肩凝り用の磁気治療気の大きいものだと思えばいいから」
 と、関係者に説明を求めても今ひとつ安心できる回答はありません。

 人体への影響としてはどんなものが考えられるのでしょう。
 危険性はないのでしょうか。
 非常に気になり、安心して仕事が出来ません。

 何か情報をお持ちの方がいらしたら教えていただきたいと思います。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2の方がおっしゃるように、現在のところは磁場の人体への影響は無いとされています。
MRIの磁場は科学測定用のNMR(MRIと同じ原理を使っている装置)よりも弱いです。私はNMRを使用しており、装置の近くに常に居ますが、体調が悪くなったことはありません。安心してお仕事してください。
PCの画面がゆがむのは#1の方がおっしゃるように磁場の影響です。人体への影響とは別物です。

QMRIで脳ドックを受けたいのですが、閉所恐怖症の為

MRIで脳ドックを受けたいのですが、閉所恐怖症の為 MRI検査を受けられません。以前にトライしたのですが 動悸などの症状がはげしくダメでした。 麻酔などを使い検査を受けられる病院をお教え下さい。東京近郊が希望です。

Aベストアンサー

脳ドックが検査目的であれば,鎮静剤を使ってまで検査を行うまっとうな施設はないと思います。
鎮静剤のデメリットを考えると脳ドックを行うメリットがないです。
病気が疑われるのであれば,どの施設でも鎮静剤を使ってでも検査を行うでしょうが,本人の希望で行う脳ドックに鎮静をかけるのは過剰な医療です。

オープン型MRIで脳ドックをやっている施設を探すのも良いでしょうが,オープン型MRIでは低画質過ぎるので脳動脈瘤を探すような脳ドックには向かないでしょう。気休め程度で受けるのであればよいと思います。

QMRIも被ばくするって本当?

「MRIも、本当は被ばくしている」と聞きましたが、本当ですか?CTと比べて被ばく量はどのくらいですか?

Aベストアンサー

MRI検査で、放射線被曝はありません。

ただし、日常生活でも放射線被曝しています。たとえば宇宙からの放射線や地球からの放射線などです。
人間の体の中にも食物や水として放射能を持つものが含まれています。汚染されているのではなくて、自然界に普通にあるものです。考古学で年代推定によく使われる14C(放射能を持つ炭素)は自然界にあるものです。こういったものはごろごろしています。中にはラドン温泉といって、放射性同位体のラドンを微量に含む温泉もあります。
こういった自然界の被曝はMRIのなかでもありうるわけなので、被曝がどうかと問われると、日常生活被曝以上の被曝はないというのが他らしいのかもしれません。

ちなみに被「爆」は爆弾を受けることです。蛇足です。

QMRIで映るもの、映らないもの

先日胃カメラで逆流性食道炎と診断されました。
他にもいくつか症状があって、貧血、めまい、息切れ、唾液の過剰分泌などです。
先生からは自律神経性ではないかと言われました。
これらは職場でタバコの煙を大量に吸ってから起こりました。
他にも婦人科などが心配です。
MRIでは何でもわかると聞きましたが、婦人科の病気もわかりますでしょうか?

MRIで映るもの、映らないものを教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

MRIは病変の形のみでなく、その性質まで診断することが可能なのです。特に脳・脊髄、子宮・卵巣、前立腺、四肢の病変の診断に有用とされています。この他に、肝臓病変の検出や胆管・膵管の描出、心臓の動きをみることもでき、さらには、乳がん検査においては、MRI検査でしか描出できない多発乳がんが存在することも報告されています。
また、CT検査では造影剤を用いることで血管を描出しますが、MRI検査では造影剤を使用せずに血管を3次元で描出することが可能であり、脳動脈瘤を調べるための脳検診においては欠かせない検査です。また、必要であれば造影剤を使用し、病変の性質を調べたり、大血管、下肢の血管など、より多くの情報を得ることができます。

決して脳外科ではなく、整形外科・外科・内科でも多様されています。
CTよりMRIの方が優れている事は言うまでもありません。

QMRIの装置の価格は、だいたいいかほどなのでしょうか?

病院などに置いてある、脳ドックをするさいなどに効果を発揮する画期的な装置、MRI。

この装置、開業を志す人間が、購入しようと考えた場合、
この価格は、だいたいいくらぐらいのものなのでしょうか?

製造した医療メーカーから、新規に購入する場合のだいたいの相場の価格と、
中古医療器具の販売メーカーで売られている中古のMRIの相場の値段を知りたいと思っているのですが。

こちらの分野にくわしい方、教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

装置のグレードによってかなりの幅がありますが、永久磁石のもので、5000万位から、超伝導1.5Tのもので2から3.5億位でしょうか。中古品に関してはMRI自体が現在進行形で進歩していますので、4から5年前のものでは、今主流になっている撮像法が使えない事があります。おおよそ、価格が高いほど良い画像が撮れ、機能画像が出来たり、高速撮像法を搭載しています。どの程度のものを選択するかは、必要な機能と一日あたりのスループットで決められると良いと思います。

QMRIについて 銀歯があっても平気?

耳下にしこりができ、初めてMRIを受けることになりました。
体験談を聞くと、せまい&うるさいとのことで、それだけでもかなりおびえているのですが、一番心配なのは銀歯についてです。
私は銀歯が多くて、上下合わせて10本ほどあります。特に、奥の銀歯はかなり大きく、連続して入れているので、軽く三センチはあります。
金属を身につけるのは厳禁だそうですが、銀歯は大丈夫なのでしょうか?副作用とか、検査途中で何かトラブルがおきたりとか、かなりこわいです。
3日後なのですが、本当に、初めての体験で、非常に緊張しています。MRIと銀歯の関係について教えていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

いわゆる銀歯ですが、しっかりと歯に固定されているので問題ありません。ただし、その銀歯の近くは検査をしてもきちんとした詳細な画像が作れませんが、質問者さんの耳下腺付近なら問題ないでしょう。
入れ歯などのはずせる歯は外してください。ガタガタと動いてしまう可能性があるので。ちなみに、マスカラやアートメイク、刺青などの微量な金属を含むようなものは避けたほうがいいです。
MRIは確かにうるさいです。ドラム缶の中に入って、外からガンガンとたたかれるような感じと表現した人もいました。私も実験台で3回くらい受けましたが、単調なリズムなので、寝てしまいました。緊張感がないですね(笑)

QMRIではどこまで解るのでしょうか。

MRIではどこまで解るのでしょうか。
度々体調が悪く、脳神経内科にてMRIを受けたところ、特に問題なしでした。
悪心、頭痛、腹痛、めまい(意識障害)等が、数ヶ月に幾度か、回数を増して起きていました。

実検査では異常なく、今も度々起きています。

結局診療内科ゆきで、現在休職中ですが、
最初のMRIで、どこまでわかるものなのかと、不安になり、質問に至っております。

MRIで継続的な意識障害までわかるものなのでしょうか。

今は、安定剤と睡眠剤を飲みながら生活しておりますが、
(もともと不眠気味でしたので)
詳細な脳検査を受けるべきなのか、悩んでおります。

ご回答のほど、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

MRIも(原理は違いますが)CTも,「かたちを見る」検査だと思ってください。
たとえるなら,メロンを買うときに,大きさやどれだけきれいな丸かを見るようなものです。中身も見ることができるので,妙に種が多いなあ,ということも分かります。
でも,甘さまでは分かりません。

もし,脳に異常が生じて,形が変わってしまい,そのために症状が起きているなら,MRIやCTで発見することができます。
脳梗塞や脳腫瘍などが典型的です。腫瘍ならどれぐらいの大きさかはもちろん,形の変化を見ることである程度素性も分かります。
しかし,頭痛や,あるいはけいれんといった,脳の機能については,MRIやCTでは分かりません。
まして,考えている内容などは分かりません。
PETなどによって,機能も見ようと試みられていますが,まだ確実とはいえません。

しかし,MRIやCTで「異常が見つからない」ことが分かれば,心療内科で症状を抑えていくことができます。
これが逆だと大変です。症状を抑えていたら脳腫瘍だった,となったら生命に関わりかねません。
なので,まず形を見て,目立つ異常がなければ,他の原因を考える,ということになります。

ご質問を見ると,脳には異常がないのに,症状が続いているので,心療内科で対応するほうが良いだろう,という医師の判断かと思われます。
「不眠を見たらうつを疑え」というぐらいなので,年齢にもよりますが,ご質問の症状を最初から心療内科が扱うことも多いです。

MRIも(原理は違いますが)CTも,「かたちを見る」検査だと思ってください。
たとえるなら,メロンを買うときに,大きさやどれだけきれいな丸かを見るようなものです。中身も見ることができるので,妙に種が多いなあ,ということも分かります。
でも,甘さまでは分かりません。

もし,脳に異常が生じて,形が変わってしまい,そのために症状が起きているなら,MRIやCTで発見することができます。
脳梗塞や脳腫瘍などが典型的です。腫瘍ならどれぐらいの大きさかはもちろん,形の変化を見ることである程度素性も分か...続きを読む

QMRI診断中、体内に金属があると、どう危ないのか。

この前、MRI診断をしました。
その時、金属を持ち込まないように言われました。
どれくらいまでがよくて、どれくらいまでだと危ないのかが分かりません。

私は以前、金属(鉄が含まれる)で手首を切って怪我をして、
その時の金属片が体内に入っているかもしれないと心配になっています。
今も傷が少し痛むので、入っているかもと思ったら気になります。
鉄は磁力に引きつけられるし。
たとえ入っていたとしてもシャーペンの芯で0.5ミリ四方以下だと思いますが、
それが動いて神経にあたって激痛が走ったらどうしようかと思いました。
今回、股関節を撮影しました。手首は胸の上だったので撮影していません。

でも非常ボタンを持っている手だったので、激痛で押せない時は
どうしようかと思いました。

目にも鉄粉が入ったことありです。以前除去してもらったことありです。
採りきれなくて残っているかもしれない細かい粒子はどうなのですか。

今回、股関節だけを撮影したのですが、特になんともなかったです。
でも、今後、頭(目)や手首の撮影があるときは危ないですか。
MRI担当の人に言った方がいいですか。

不思議に思うのはインプラントはなぜいいんですか。
弾丸と変わらない大きさだと思うのですが。
あとすいませんが、人工関節は撮影可ですか。

この前、MRI診断をしました。
その時、金属を持ち込まないように言われました。
どれくらいまでがよくて、どれくらいまでだと危ないのかが分かりません。

私は以前、金属(鉄が含まれる)で手首を切って怪我をして、
その時の金属片が体内に入っているかもしれないと心配になっています。
今も傷が少し痛むので、入っているかもと思ったら気になります。
鉄は磁力に引きつけられるし。
たとえ入っていたとしてもシャーペンの芯で0.5ミリ四方以下だと思いますが、
それが動いて神経にあたって激痛が走ったらど...続きを読む

Aベストアンサー

有名な動画なのですが、参考にURLをどうぞ。
磁力に引き寄せられた酸素ボンベが、
スイカにぶつかってぐっしゃぐしゃになる映像です。

http://sunerji.blog61.fc2.com/blog-entry-2945.html

まぁ、腕時計とかしてたら大変だろうなぁ、というのは想像が付くと思います。



インプラントは通常チタン製です。よって、磁石に引かれないので安心。

人工関節もチタンや磁力の影響を受けない素材なら問題ないです。

体内の異物、人工関節、ペースメーカーなど、
体の中に磁力に導かれそうなものが入っている場合、
または強烈な磁力の影響で壊れてしまいそうな器具を装着している場合、
もちろんですがMRIを受けられません。

もしかすると金属が入っているかもしれない、
と心配なのでしたら、素直に先生に相談しましょう。
レントゲンなどで金属の陰を探してくれると思いますよ。

ただ、既に撮影した部位を伺う限り、
股関節を撮影した時点で足の先から頭のてっぺんまでが磁界になっているはず。
そのときに手首に違和感がないなら、もう金属は入ってないと思いますよ。

有名な動画なのですが、参考にURLをどうぞ。
磁力に引き寄せられた酸素ボンベが、
スイカにぶつかってぐっしゃぐしゃになる映像です。

http://sunerji.blog61.fc2.com/blog-entry-2945.html

まぁ、腕時計とかしてたら大変だろうなぁ、というのは想像が付くと思います。



インプラントは通常チタン製です。よって、磁石に引かれないので安心。

人工関節もチタンや磁力の影響を受けない素材なら問題ないです。

体内の異物、人工関節、ペースメーカーなど、
体の中に磁力に導かれそうなものが入っている場合、
...続きを読む

Q両足の痺れ

1ヶ月程前から両足が24時間ずっと弱く痺れています。

痛む程ではないですが毎時毎日ピリピリジンジンします、整形外科へ行ったのですが異常は見られませんでした。

痺れていない時の感覚を忘れてしまい慣れたのか、怖い・不安等はないですが、
何か病気なのか気になります、次に行くとしたら何科が良いでしょうか、また、懸念すべく病気はあるでしょうか。

回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

頸椎や腰椎から来る場合もあります。脳梗塞の前触れでも同じ様な症状が出ると思います。
必要な水分や栄養はきちんと摂っていますか?手足が冷えることはないですか?

残念ながら日本では、西洋医学と東洋医学が手を組む姿勢が無いため
レントゲンで異常が無いなら、カイロプラティックや鍼に掛かる事をお勧めします。

少しでも症状が軽いうちにしっかり診てもらった方がいいと思いますよ?

Q閉所恐怖症、MRIで精神安定剤の飲み方を教えてくだ

閉所恐怖症、3回目の挑戦でMRIを受けます。
精神安定剤を3日分いただきましたが、前日から飲んだ方がよいのでしょうか?
膝の検査は大丈夫でも、頸椎の検査はヘッドギヤで固定され「少しも動かないでください」と言われると耐えられなくなります。
薬剤師さんに相談したところ、前の晩からと教わりました。
検査は正午ご過ぎで朝とお昼に2錠づつ飲むつもりですが...
当日だけでいいのではないかと思っています。
でも、また失敗すると嫌なので、教えてください。 

Aベストアンサー

それは円筒型なのでしょうか?
最近はオープン型MRIがあります。
筒の中に入らないだけでも大きく違います。
私はもし最初からオープン型MRIであったなら無事検査で来ていただろうと思います。
今でもリラックスできればやれるだろうと思いますが、前回は強く意識して失敗しました。
安定剤を飲まなかったので今度やる時はしっかり飲もうと思います。当日だけで良いと思います。要は検査の20分程度のあいだリラックスできていればいいんですから。
私の場合はMRIができなかったので造影剤を点滴しながらCTスキャンを代わりにしました。これだとMRIとほぼ同じくらいに撮影できます。

オープン型MRI
http://www.ishise.com/device/index.html


人気Q&Aランキング