PCR法(ポリメラーゼ連鎖反応)、RT‐PCR法について詳しく知りたいので教えて下さい。とくに、原理、方法、どのような試薬を使うかです。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

 内容 PCR法 DNAの一部を増殖させる


    RT-PCR法 RNAの一部を増殖させる。

 原理 DNAの特定部位を2種類のプライマーを使い、アニ-リング、塩基の作成、2重構造の分離、を繰り返し増殖させる。DNAのこの繰り返しは、温度によって操作します。DNAの切り離しとアニ-リングは温度でできますが、塩基の作成は酵素(DNAポリメラーゼ)を使うのですが、熱に弱い欠点があったが、高熱菌の酵素を使用する事で、この操作が可能になった。

    RT-PCRは、RNAは非常に脆いので(RNaseにより分解しやすい)、これを一度逆転写酵素を使い、DNAにしてこれを元にPCRを行なう。

 方法 1 特定する部位(DNA配列)上にある塩基配列を調べ。これをもとに2種類(FrontとRevrese)の塩基配列を作成する。作成は理化学研究所など業者がやってくれる。1つ約2~3万円ぐらい。

 2 特定したいDNAを大腸菌、もしくは細胞から回収する。今は便利になって簡単に出来ます。回収キットを売ってます。

3 DNA断片、各プライマー、塩化マグネシウム、Taq(酵素)、dNTPs(塩基の各部分、アデニン、チミン、グアニン、シトシンが入ったもの)、あとPCRを行なってくれる機械(かなり高額)が必要です。

4 反応をさせて出来あがり。反応温度の一例は、参考URLを参照してください。DNAの長さにより、伸長時間を長くさせます。

 温度は時と場合により人為的に変化させるので一概にこの温度ではないです。

 PCRは、特定したいDNAがあるかを確認したり、実験に成功しているか(遺伝子組換えをさせた時)を確認にするのに使用したり、確かDNA解析を行なう為にも使用します。
 RT-PCRを使う利点は、DNAは余分な情報も含まれていますが、スプライシングがされたあとのRNAは、使用する情報しか含まれていませんので、これを解析する事は、特定したいたんぱく質の構造を知る手がかりにもなります。

 以上昔、行っていた実験をうる覚えで書きましたので、今はまた違った効率の良い方法があると思います。
 
    

参考URL:http://www.gifu-u.ac.jp/~bfg3244/Lecture98/PCR/P …

この回答への補足

できれば、PCR法、RT‐PCR法のフローチャート(実験手順)なども知りたいのですが、よろしくお願いします。

補足日時:2001/01/07 02:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

knigthgoldさん素晴らしい回答有難うございます。とても助かります。

お礼日時:2001/01/07 02:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRT-PCR法について

RT-PCR法を勉強していて疑問に思ったのですが、
cDNAを増幅した後、mRNAをつくるとき、作られたmRNAはcDNAとハイブリダイズしていると思うのですが、そのハイブリダイズしているcDNAはもう鋳型として使われることはないのですか?それとも一本鎖になって、またmRNAを作るための鋳型として使われるのでしょうか?

Aベストアンサー

RT-PCRとは「reverse transcriptionでmRNAからcDNAを作り,このcDNAをテンプレートにしてPCRを行う」方法を指します.2つの反応は別々に行うのです.RT反応でテンプレートとなるmRNAは組織,細胞株などから抽出したものを用います.ですから,通常「mRNAをつくること」はありません.

遺伝子の発現の有無や量をmRNAレベルで調べるときやタンパクをバクテリアなどの系で発現させたいときなどにこの方法を使います.

QRT-PCR法

10年ほど前に学んだ知識しかないのですが、PCR法はよく存じていますが、最近RT-PCR法なるものを耳にします。何が違うのでしょうか?何のためにいつ誰が開発したのでしょうか?簡単で結構ですので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
 ちょっとややこしいんですが、単に「RT-PCR」といっても、Reverse-transcriptase PCRと、Real-Time PCRというのと二つあって、それぞれ別物です。
 Reverseの方は、RNAからcDNAを逆転写(Reverse Transcript)し、それを鋳型にしてPCRをおこなうやり方です。つまり、RNAを鋳型として(cDNAを介して)PCRを行います。
 Real-Timeのほうは、特殊なPCR装置を使って、常時PCR産物の量を定量しながらPCRをおこない、その増幅してくる時間の差によって鋳型の量を定量するやりかたです。ようするに、定量性のあるPCRシステムです。
 どちらも検索エンジンで調べるともうちょっと詳しい記述が見つかると思いますよ。

QPCR法の原理

「PCR(polymerase chain reaction)による遺伝子増幅法を以下の語句を用いて簡潔に説明しなさい」

プライマー、DNAポリメラーゼ、テンプレートDNA、ア二ーリング、

dNTP(デオキシヌクレオチド)

・・・という問題です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あんまりレポートの答えなど書くのはイヤなのですが・・・

PCR法というのは、極微量のDNA断片を増幅して検出する方法です。
抽出したDNAサンプルにプライマーを混合してハイブリダイズさせ、

DNAポリメラーゼを反応させます。
次に温度を上昇させて反応を止め、DNAを乖離させます。

この繰り返しにより、2のn乗にDNAが増幅されます。

ここから先は以下のサイトを見て自分で文章を作ってください。

http://www.kdcnet.ac.jp/naika/geneticdiag/sld015.htm
http://www.kongo.co.jp/npgene/pages/products/pcr/taq03.html

Q蛋白質定量法のローリー法のフェノール試薬の正式名称は?

蛋白質定量法のローリー法のフェノール試薬の正式名称は何ですか?Wakoのカタログから注文したいんですけど
「フェノール試薬」という名前では掲載されておらず困っています・・・。

Aベストアンサー

こんにちは

入手できるフェノール溶液(詳細は失念.2Nだったような…)を希釈して作成してはダメなんですか?
私は希釈してローリー法に使いましたよ.

自分で調整することに何か不都合なことでもあるのでしょうか?

Qプライマー(PCR・RT-PCR用)の保存

 約一ヶ月前にプライマーを注文しました。発注から一週間ぐらいで届いたのですが、そんなに急いでいなかったので、届いた後は開封もせず、そのまま恒温室(22℃、湿度約60%:人の出入りがあった場合は多少前後すると思います。)に保存しておきました。近々そのプライマーを使ってPCRをやる予定でいるので本日(12/9/'04)封を開けてみたら、なんと「乾燥品」だと思っていたのが「溶液」でした!送られてきた時は常温出荷だったのですが、注意書きにも当然-20℃で保存と明記されています。果たしてこのプライマーはまだ使えるのでしょうか?どなたか教えてください。よろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

使用できるか使用できないかといわれれば使用できます。
が、能力を発揮できないため、同一製品を次回購入して使用した場合に再現性が確保できないかと思います。

したがって、使用しない方がいいかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報