AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

1週間前に歯髄治療をしました。治療後2日間はズキズキと痛み食事もできなかった為、3日目で薬の詰め直し?をしてもらいずっと痛いという状況は回避したのですが、食事の際に治療した歯で食品を噛んだ時・歯磨きの際に歯ブラシが当たった時等に痛みがあります。何もしなければ痛くはないのですが・・・ これは普通の状態なのでしょうか?
また、治療をしていない歯(むしろこちらが痛くて歯科に行ったが、レントゲンの結果歯髄治療が優先されてしまいました)がものすごく痛むのですが頼めば同時進行で治療していただけるものでしょうか?
1週間前は時々痛い程度でしが。今現在はずきずき→痛くない→ズキズキ傷むを繰り返しているのですが、歯科が怖いこともありなかなか言い出せません(>_<)・・・1週間後に来院してくださいといわれていることもあり、「他の歯が痛いです」と病院に行くのも気が引けてしまいます。
ぜひご助言をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

痛い時に痛み止めの薬は飲んでおられますか? 歯髄治療とは、


神経を抜いたのですか? そうだとしたら、痛み止めの事を
歯医者が話すのが普通で、処方される事も(私は)ありますよ。
文面からお若い方と判断させていただきました。 そうでなかったら、
すみません。 
歯痛はとっても痛いですよね。 私は歯医者からプロの
患者とからかわれる程歯医者慣れしていますが(要するに本物の歯は
ないと言っても過言ではありません)、患者である貴方が痛みについて
話さないと、歯医者はレントゲンを見て判断するしかありませんよね?
レントゲンもデジタルでない限り、結構あやふやな物です。
貴方の歯の状態は、貴方が一番知っています。
明日、早速歯医者に電話をして、「実は治療してない歯がとっても
痛くて耐えられないのですが・・・」と言ってみたら如何ですか??
私も若い時に結構引っ込み思案だった所がありましたが、
難産/子育てを機に「言いたい事は言う」ことが出来る様になり
ました。 歯医者の方も、「痛い」という方を放っておくはずが
ありません。ここに書いた通りに歯医者さんに話して下さい。
根性出して、自分の体を守ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
その後傷みもとれ、安心して仕事ができるようになりました(*^_^*)
仕事にかまけてあまり歯医者に行くことができなくなったのが新たな悩みですが・・・(笑)

お礼日時:2006/12/02 11:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明日歯の神経を抜くのですが・・・

虫歯が神経の近くまで広がっていたため
神経を抜いて被せ物をする事になりました。

検索してたら、神経を抜くのは凄く苦痛と書いてる人達ばかりです。

歯医者の先生に「神経を抜くのって痛いんですか?」
と聞いたんですが、「麻酔が効いてるし痛くない」との返答で。
ネットに書いてある事とは真逆なんです;

そこで質問なんですが、神経を抜くのは痛いんでしょうか?
凄く不安で、最近夜も眠れない日が続いてます…

どうか教えてくださいorz

Aベストアンサー

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、もろくなる。
(4)変色していく。
(5)臼歯部の抜髄は根も複数・複雑で見えにくく、手技 的に不完全になることがある。(残髄等)

などがあげられます。しかし、無理に神経を保存したために、神経に細菌が入り、歯根膜炎の著しい痛みが長期に起こったり、化膿して、根の先にバイキンの巣を作り、それによって顔が腫れたり、上顎洞炎になったり・・・と良いことばかりでもありません。

要するに、歯科医院でレントゲン写真や虫歯の深さ、痛みの程度、虫歯になっている期間などなどで、総合的に判断してもらい、決めていくのがベストだと思います。

で、基本的には神経を抜くのは麻酔下で、行ないますから、無痛があたりまえです。痛ければDrに麻酔の追加をしてもらったらいいんですから。ただ、炎症がきつい歯髄には麻酔が効きにくいこともありますが、麻酔の方法はいろいろありますから(^.^)b

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、...続きを読む

Q歯医者で神経をぎりぎりのこせる状態だと言われ、治療した歯が痛む時はどの

歯医者で神経をぎりぎりのこせる状態だと言われ、治療した歯が痛む時はどのような痛みなのか?
またそれはおさまることがあるのか?
について教えて下さい

Aベストアンサー

歯の神経は実は血管と神経が一緒になった「歯髄」と言うものです。
歯髄を残した場合の神経は炎症を起こした状態になっています。
炎症と言うのは血管に多くの血液が集まって腫れている状態です。
治療初期の段階で痛みがなくても歯髄は確実に炎症を起こしています。
この状態で冷たい刺激や暖かい刺激が加わると痛みが出ます。これを誘発痛と言います。
それ自体痛みを発しなくても、持続的な刺激が加わり続けると歯髄はストレスを感じ、炎症が強くなります。
この炎症によって血管が大きく膨れ上がると神経を刺激するので、何もしなくても痛みを感じます。これを自発痛と言います。
この初期段階までは消炎剤を飲むとか、冷やして血管の腫れを抑える事で、血流が正常に戻れば歯髄も健康になります。同時に痛みも消えます。
歯の血管や神経は根の先の小さな穴から出入りしています。炎症を起こし血管が膨らむと小さな穴を圧迫します。つまり自分の首を絞めているようなものです。
炎症が限度を超え、歯髄の血流が滞ると、最終的に歯髄は死んでしまいます。死んでしまえば何も感じないので、痛みも消えます。
つまり、治療後に痛みが出て後に消えた場合、歯は健康を取り戻した場合と、死んでしまった場合のいずれかということです。

歯の神経は実は血管と神経が一緒になった「歯髄」と言うものです。
歯髄を残した場合の神経は炎症を起こした状態になっています。
炎症と言うのは血管に多くの血液が集まって腫れている状態です。
治療初期の段階で痛みがなくても歯髄は確実に炎症を起こしています。
この状態で冷たい刺激や暖かい刺激が加わると痛みが出ます。これを誘発痛と言います。
それ自体痛みを発しなくても、持続的な刺激が加わり続けると歯髄はストレスを感じ、炎症が強くなります。
この炎症によって血管が大きく膨れ上がると神経を刺...続きを読む

Q歯の根に膿 抗生物質・痛み止めが効かず困っています

10年以上前に治療した右下の奥歯(神経を抜いて銀歯を被せてあった物)が先週木曜日からズキズキ痛み始め、我慢できない状態になったので、月曜日に受診しました。
レントゲンをとった所、神経をとった歯の根っこに膿がたまっており、隣の歯の根っこまで及んでいるとの事だったので、被せ物を取り隣の歯も神経を抜いて、切開をし膿を出す処置をして頂きました。(歯茎が化膿しているので麻酔も治療も非常に痛く、涙が出るほど痛かったです)
翌日、消毒との事で再度受診、麻酔無しで針金の様な物をぐりぐりされて終了しました。
現在もガス?を出す為、次回の診察(お盆明け16日)まで空けてある状態との説明を受け、治療は終了しました。

初日に痛み止め(ロキソニン)と抗生物質(レフトーゼ・フロモックス)を処方して頂き、服用しています。

翌日の受診時に痛みが治まらず、首のリンパと頬がはれている事を伝えると、抗生物質は2日たたないと効かないので、2・3日すれば痛みは治まるでしょうと言われました。
(明日からお盆休みに入るので、抗生物質とロキソニンを追加で出して頂きました)

薬を飲み始めてから2日が経過しますが、痛みが落ち着く所か酷くなっていき(脈打つ様な激痛)、ロキソニンも3時間しか効かず我慢が出来ません。
夜も薬がきれると激痛で目が覚めてしまいます。
頬の腫れも酷くなり、おたふく風邪の様に腫れあがり痛みがあります。

こちらの薬を飲み続ければ、本当に痛みは治まるのでしょうか?
時間が経つごとに酷くなっていく様な気がしてとても不安です。

痛みのあまり支離滅裂な文章で申し訳ありません。
歯科医療従事者の方、同じ様な痛みの経験者の方のアドバイス・ご意見宜しくお願い致します。

10年以上前に治療した右下の奥歯(神経を抜いて銀歯を被せてあった物)が先週木曜日からズキズキ痛み始め、我慢できない状態になったので、月曜日に受診しました。
レントゲンをとった所、神経をとった歯の根っこに膿がたまっており、隣の歯の根っこまで及んでいるとの事だったので、被せ物を取り隣の歯も神経を抜いて、切開をし膿を出す処置をして頂きました。(歯茎が化膿しているので麻酔も治療も非常に痛く、涙が出るほど痛かったです)
翌日、消毒との事で再度受診、麻酔無しで針金の様な物をぐりぐりされて...続きを読む

Aベストアンサー

痛みの具合はいかがでしょうか?
治療されている歯は穴を仮封材で塞いでいるのでしょうか?
薬は次の受診日までもつのでしょうか?

痛みは2,3日目にピークを迎え徐々に症状がなくなると思います。
前日より痛みが増えて苦痛でしたら診てもらった方が良いかも知れません。
薬を代えたり投与量を増やしたり痛み止めの服用を頓用でなく内服に切り替えたりできます。
歯科医院にもよりますがレーザーを照射したり点滴をする事もあります。

痛いのを我慢するより少しでも痛みをとってもらったほうが良いと思います。

Q噛み締めが原因?歯髄炎?治療に行き詰まりました

40代女性です。
冷温両方でしみる痛みおよび自発痛があり、現在治療を受けていますが一向に改善されません。先生に相談しても明確な治療方法が見当たらず困っています。症状などは以下の通りです。どのような原因が考えられますか?また今後どのような治療をしたらよいのでしょうか。
どうかアドバイスをお願いします。

症状
・左奥歯(上下)から左下前歯にかけての自発痛、および左頬からこめかみへの痛みがある。
・歯科医で、痛みのある辺りの歯を叩いてみても風をかけてみても、特定の歯が痛いということもない。
・左下の内側の歯茎に固い盛り上がりができた(噛み締めによるもの?)。
・口角炎や舌にできものが繰り返しできる。

治療
・昨年末からこれまで、左下奥歯だけで計3回の虫歯治療。
・特に左側の強い噛み締めを指摘され、マウスピースを夜間装着して就寝。
・知覚過敏の薬を塗布(3回)→効果なし
・以前治療した銀歯を詰めた下に原因があるかもしれないとのことで、銀歯を削り、痛み止めの薬を詰める。→効果なし。
現在ここまで。

現時点で痛みの原因がわかりません。
日常で特に強いストレスを感じることはありません(この痛みがストレスになっているかもしれませんが)。

1.「歯髄炎」を疑った方がいいのでしょうか。それはレントゲンでわかるものですか?

2.もしくは「非定型歯痛(特発性歯痛)」というものですか?

3.ストレスを感じている自覚はありませんが、精神安定剤や漢方薬などの処方を受けた方がいいのでしょうか?

4.現在は最寄の歯科医に通院していますが、大学病院などを受診した方がいいのでしょうか?その際は紹介状が必要ですか?

質問がたくさんになってしまい申し訳ありません。
どうかご回答、アドバイスをよろしくお願いいたします。

40代女性です。
冷温両方でしみる痛みおよび自発痛があり、現在治療を受けていますが一向に改善されません。先生に相談しても明確な治療方法が見当たらず困っています。症状などは以下の通りです。どのような原因が考えられますか?また今後どのような治療をしたらよいのでしょうか。
どうかアドバイスをお願いします。

症状
・左奥歯(上下)から左下前歯にかけての自発痛、および左頬からこめかみへの痛みがある。
・歯科医で、痛みのある辺りの歯を叩いてみても風をかけてみても、特定の歯が痛いということも...続きを読む

Aベストアンサー

なんでも簡単に原因がわかると思う人が多いですけれど、そういう先生って逆に適当に「神経取りましょう」って言うこと多いんですよ。また病院の口腔外科や歯科だと安易に精神科などに移す人も居ます。
神経取ったのに痛みがなくならない、精神科などをたらいまわしにされた挙句、埋伏歯を抜いたら症状がなくなったなんてこともあります。(埋伏歯は通常では歯髄炎にはならない)

1)知覚過敏は冷たいものが触れた時だけ痛みます。自発痛はありません。しかし知覚過敏は痛みが感じない時でも歯髄に大きなストレスを与え続け、歯髄内の血管が膨張します。次第に冷たい刺激がなくなっても痛みが残るようになります。コレが歯髄充血の段階です。硬い歯の中で血管が膨張するということは自分の首を締めているようなもの、その結果血流が滞ってきて、神経が痛みを発します。コレが歯髄炎です。
当然自発痛があれば歯髄炎も疑います。でももっと検査が必要です。書かれている範囲ではわかりません。
歯肉縁や歯周炎も歯髄炎と勘違いすることが多いんです。

2)突発性という名称は要するに「原因がわからない」という場合につける名前です。可能性はありますけど、それだと基本的に対症療法で投薬(精神安定剤を含む)しかありません。その間にいろいろ試してみるということになります。

3)それは先生次第です。この場合歯医者だけに頼るよりも歯科か口腔外科のある総合病院で他科の専門医を含めて総合的に診た方がいいです。

4)最近紹介状がないと受け付けてくれない病院や別に特療費を取る病院が増えています。一応確かめてから歯科医院に紹介状を書いてもらうのがいいでしょう。
いろいろ調べてもらって歯だけの原因なら戻ればいいんですから(病院では半日は潰れるでしょうから)
また自分の範疇を超えた場合に紹介できないようでは困り者です。書いてくれなければ歯の症状を全体の一つの症状と考え、内科当たりに相談してみてそちらから紹介してもらうのも一つの手です。

なんでも簡単に原因がわかると思う人が多いですけれど、そういう先生って逆に適当に「神経取りましょう」って言うこと多いんですよ。また病院の口腔外科や歯科だと安易に精神科などに移す人も居ます。
神経取ったのに痛みがなくならない、精神科などをたらいまわしにされた挙句、埋伏歯を抜いたら症状がなくなったなんてこともあります。(埋伏歯は通常では歯髄炎にはならない)

1)知覚過敏は冷たいものが触れた時だけ痛みます。自発痛はありません。しかし知覚過敏は痛みが感じない時でも歯髄に大きなストレス...続きを読む

Q虫歯治療後の歯がまだ痛い。

 3週間ほど前に、虫歯の治療をしたのですが、まだじーんと痛みます。 歯医者にその事を告げましたが、「虫歯はきれいに全部取りましたよ」と言われました。以前までは、飲食をしたときにだけ、しみるような痛みがあったのですが、昨日から一日中じーんとした痛みがあります。
 治療の際、レントゲンは撮っていません。本当に虫歯は治療できているのでしょうか?

Aベストアンサー

どの程度の虫歯だったのか、どういう治療をしたのか
は全くわかりませんので一般論として。
タ-ビンで歯を削るとその振動と発熱のため(注水下で
削ってもある程度はどうしても発熱するため)
一時的に神経が過敏になる(歯髄充血)になります。
ですから個人差があり期間はなんとも言えませんが治療後
もある程度の期間痛みは残ります。
ただいつまでも痛かったり、痛みが増すようでしたら
虫歯が大分深くすでに神経に回復不能な炎症がいって
しまっていたという事になりますので、神経を抜く
なりの処置が必要になります。
ただその場合でもその先生は歯の寿命を考えてできるだけ
神経を残す方向で治療をしたのだと思われますので
処置としては妥当だと思われます。

Q歯の根管治療中の痛みが消えない。

今、歯の根の再治療中です。
再治療を始めてからもう1ヶ月以上経つのですが・・・・
痛みが消えないんです。医師はもう中はキレイになっていて問題ないから歯の中の痛みではなく歯根膜の炎症だと言っています。
それも細菌性の炎症ではなく、治療における刺激によるダメージでの炎症だからあとは自然治癒力に任せるほかないそうなんです。ちなみに、顕微鏡を使って治療をしてくれている医師なので・・間違いないとは思うのですが・・
でもこの痛み、交合痛のようなかみ合わせた時に痛むとかっていうなら我慢できるんですけど・・何もしてなくても
ず~っとズキズキしてるんです。そんなわけで何をしていても集中力が続かずイライラと不安が募るばかりです。
同じようなけ経験された方いらっしゃいますか?
もう抜歯しかないのでしょうか?
辛いです。

Aベストアンサー

1ヶ月以上痛いのはつらいですね。
私の考えでは原因は2つ考えられると思います。
1つは治療中の歯の歯の根の治療が不十分である事。
治療中の医師が言っている歯根膜炎も根管治療によって直る事が普通です。又奥歯のときは根管の数が普通の歯より多いときに見逃しも考えられます。

もう1つは他の歯が原因の時です。
歯の神経は上下前後の歯は同じ神経が枝分かれしています。このため1本の歯が痛くなってその歯の治療を始めても、前後上下のほかの歯が悪いときに治療中の歯が痛く感じるときがあります。特に奥歯では間違う事が多いと思います。
この時の判断基準の一つとして、治療中の歯を指で軽くたたいて、あまり響(痛み)かなければ他の歯の原因の可能性が高いと思います。

どちらにしても他の歯医者さんに行くのもいいと思います。

田舎歯医者

Q神経に麻酔を打たれ、1週間後も痺れが残っている

5月22日に虫歯の治療のため、左下一番奥の方に麻酔を打ちました。打っている最中にビリビリとした痺れがアゴの方にかけて数回あり、医者に大丈夫か聞いたところ、「神経に刺しましたから。問題ないです」といわれました。しかし、24日になっても、口を開けるとアゴや頬がビリビリした感じがします。神経質に感じれば、前歯の方の歯茎、唇も少し違和感があります。神経に直接針を刺して大丈夫なんでしょうか?

その後、心配なので、25日に電話で聞いたところ、以下のような答えが。

「目に見えない所(神経に直接)に麻酔しているので、
そういった症状はあります。ただ神経に直接刺している
ので、神経が損傷していてそういう症状が出ると思いますが、切断したわけではないので、そのうち治ります。全く問題ないので安心してください。ただ、すみません、その事については謝ります」

なんとなくしか伝えられませんが、こんなような事を言われました。
感情的な先生という感じで、この日も何か相談していたら気に食わない感じになった気がして、乱暴な感じがしました。
それで、麻酔もこんな感じです。

あさって予約が入っいて、また聞いてみたいのですが、また機嫌が悪くなりそうで怖いです。
でも、もし後遺症とか残ったらどうしようかと心配です。

5月22日に虫歯の治療のため、左下一番奥の方に麻酔を打ちました。打っている最中にビリビリとした痺れがアゴの方にかけて数回あり、医者に大丈夫か聞いたところ、「神経に刺しましたから。問題ないです」といわれました。しかし、24日になっても、口を開けるとアゴや頬がビリビリした感じがします。神経質に感じれば、前歯の方の歯茎、唇も少し違和感があります。神経に直接針を刺して大丈夫なんでしょうか?

その後、心配なので、25日に電話で聞いたところ、以下のような答えが。

「目に見えない所...続きを読む

Aベストアンサー

おそらく今回受けた麻酔の方法は、伝達麻酔といわれ
てる方法で、口腔内から針を刺し、翼突下顎隙とよばれ
る組織の隙間に、麻酔薬を浸透させることによって、
そこを走っている下歯槽神経の伝達をブロック
させる方法です。
ですので、直接神経を刺すわけではありません。ですが、
直接見えないうえに、神経の近くを刺すわけですから、
下歯槽神経を傷つけてしまうこともあります。
その際、損傷部位と程度によりますが、痺れが数ヶ月
ほど残ったりもしますが、多くの場合徐々に症状は
改善していきます。

Q神経を残しましたが、やはりしみる、痛い

人一倍歯の手入れには気を使っているつもりですが、それでもどうしても虫歯ができてしまう40代の女です。
昨夏、左下奥の歯と歯の境目に穴があいているのを見つけて歯医者に行きましたら、要はそれは虫歯で、神経ぎりぎりまで進んでいたところ、神経を除去するとどうしても歯が弱るから、ということで、ぎりぎりまで削り、神経を残したまま白い詰め物をし、様子を見ることになりました。歯医者さんの説明ですと、神経を守る壁が薄くなったので、周辺から神経を守るものが形成されていけばしみなくなるということで、とりあえず半年は様子を見ることになりました。神経を残すことの大切さはわかりますが、以来半年以上、朝起きるとその部分がうずきますし、熱いもの、冷たいものがガンガンしみます(冷たいものがしみるのは、まだ希望があるという話です)。固い食べ物を噛むときも痛いです。しばらく噛んでいくと慣れますが。従って、最初に食べ物を噛みくだくのは右ばかりです。
昨日あたりから日中でも歯が痛いです。もう様子見をやめて神経を抜いたほうがいいでしょうか。

Aベストアンサー

確かに神経を抜いた歯は他の歯と比べて変色しやすかったり寿命が短くなったりと、
良いことはありませんので神経はできる限り残した方がいいと思います。
でも、半年以上もその状態でしたら、抜いたほうがよいのでは・・・と思います。
それだけ痛いと、物を噛むときどうしても痛くない側の歯で噛むことが多くなりますよね。
片側噛みは顔の筋肉のバランスを崩しますし、全身のバランスも崩すので肩こりや頭痛等、
体調不良の原因にもなるんです。
毎日痛む歯を気にするのも憂鬱でしょうし・・・。
そこまでですと、1本の歯の寿命より、その1本の歯が生活に支障をきたしている
ことのほうが重要だと思います。

歯医者さんに「半年経ったけれどとても痛む」ことを相談し、神経を抜いてもらったほうが良いと思います。

因みに、抜歯したり神経を抜いたりすると点数が付く(お金が入る)ので、やたらと抜きたがる歯医者も多いです。
患者さんの歯のことを真剣に考えてくれる歯医者さんほど、神経を残す方向で治療を
進めてくれるので、良い歯医者さんに当たったのではないでしょうか^^
以前、歯科助手をしていたので悪い(?)歯医者もけっこう見ました^^;

確かに神経を抜いた歯は他の歯と比べて変色しやすかったり寿命が短くなったりと、
良いことはありませんので神経はできる限り残した方がいいと思います。
でも、半年以上もその状態でしたら、抜いたほうがよいのでは・・・と思います。
それだけ痛いと、物を噛むときどうしても痛くない側の歯で噛むことが多くなりますよね。
片側噛みは顔の筋肉のバランスを崩しますし、全身のバランスも崩すので肩こりや頭痛等、
体調不良の原因にもなるんです。
毎日痛む歯を気にするのも憂鬱でしょうし・・・。
そこま...続きを読む

Q神経を抜いた歯がしつこく痛いんです

3月の半ばに虫歯の神経を抜く治療をしました。
初回は麻酔をかけて貰い、我慢できる程度の痛みまで回復したところで1週間後の治療に向かいました。
2回目「我慢できるが痛む。」と言う状態で仮詰めを取り除いて中を掃除する治療をして頂きました。その後も治療の都度、カチンと当たると痛い、何もしなくても痛い、と言う状態が行きつ戻りつしつつ続き週1ペースで通院し、2ヶ月になります。

そして一昨日、ほぼ痛みが改善し、噛締めたりカチンと当たると痛いけど・・と言うところまで回復したので、『圧力をかけてふたをしました』と言う事だったのですが、途端に痛みが激しくなり、神経を抜きたての頃のような痛みに悩まされています。
昨日、たまらずに歯科医院に行って、状況を説明し、「当たっていて痛むのだろう」と詰め物を削って当たらない様にして貰いました。

しかし本日になっても痛み止めが切れるとズキズキして目が覚めるほどの痛みで、豆腐すら噛めません。
食事は治療してない側でこわごわ噛むと言う状態です。

1.原因はなんでしょう?
2.もうしばらく様子を見るべきでしょうか?
3.思い切って転院してみた方がよいでしょうか?

通っている歯科医院はずっと診て頂いていた先生に代わり、先生の息子さんが後を継がれていて、私は若先生に見て頂いています。
その辺りで不安もありつつ、あまりに痛むので質問させていただきました。

よろしくお願いします。

3月の半ばに虫歯の神経を抜く治療をしました。
初回は麻酔をかけて貰い、我慢できる程度の痛みまで回復したところで1週間後の治療に向かいました。
2回目「我慢できるが痛む。」と言う状態で仮詰めを取り除いて中を掃除する治療をして頂きました。その後も治療の都度、カチンと当たると痛い、何もしなくても痛い、と言う状態が行きつ戻りつしつつ続き週1ペースで通院し、2ヶ月になります。

そして一昨日、ほぼ痛みが改善し、噛締めたりカチンと当たると痛いけど・・と言うところまで回復したので、『圧力をか...続きを読む

Aベストアンサー

歯の神経を抜いた場合(抜くといってもコンセントを抜くようにスッと抜けるわけではなく、根の先の部分で引き千切る様な状態です)

傷が出来るわけで、その周りが炎症を起こし、歯が響く様になります。が、通常1週間程度でましになります。

2ヶ月近く経つのに豆腐すら噛め無い様な痛みがあるのは、異常です。他に原因が有るのではないでしょうか。

神経を抜くようになった原因は虫歯ですか?

医療には限界があり、絶対もありませんが、他のDrが治療すれば(Drそれぞれに技術も経験も違うので)あっさり直るかもしれません。

今の痛みが続くようなら転医もやむなしです。

Q虫歯治療したのに、冷たいものがしみます

5日前にC1の状態の虫歯と、その隣に詰め物が古い歯があったので
2本同時に削って新しい詰め物をしてもらいました。
その時に、「2~3日は冷たいものがしみると思いますが、
長く続くようだったり、我慢できないようだったら教えて下さい」
と先生に言われました。
治療終了当日から今に至るまで、冷たいものだけではなく
熱いものまでが歯にしみます。
今まで(違う歯科医ですが)何度か虫歯治療したことはありますが、
治療終了と同時に何を飲食しても歯にしみたり痛んだりするような
ことはありませんでした。
明日にでも先生に相談するつもりですが、
原因としてどういったことが考えられますか?
治療法(解決法)は、また削りなおして詰め物を入れなおすのでしょうか?

Aベストアンサー

#3です。状況は概ね分かりました。
深いむし歯を金属を使って治した場合はこういった冷たいものにしみるのが3ヵ月ほど続くこともあります。
(実際に私自身がそうであった。)
多分しみる歯は隣の歯のむし歯であろうと推察されます。
というのはその歯は削りなおしたということは、以前よりもさらに深く削ったということになりますので、その歯が怪しいです。
歯の痛みは場合によると、どの歯かという特定が患者さん自身でできないことも珍しいことではありませn。
下の歯が問題があるのに、上が痛いとおっしゃる患者さんもいますから。
ですから、最初に比べしみ方が少なくなってきているようでしたら、徐々に治まるはずです。
私の場合は必ず「金属は熱を伝えやすいので、場合によると最初のうちはしみる感じがあるかもしれません。徐々に落ち着いていきます。一般的には1~2週間程度で治まりますが、3ヵ月ほどかかることもあります。」と説明しています。
>麻酔を使用しましたが、削っている最中に痛み(しみた感じとは違います)
治療した部位は下の奥歯とのことですが、実はこの場所が一番麻酔が効き難い場所です。ですから効き難いことが十分にあり、さらにしみる感覚が強くなると痛みとして感じます。
ですからこれはある意味正常であるといえます。
入れたものの金属ですが、型をとって、削った次の診療の日に入れましたよね。
そうであれば、
> テレビで水銀が漏れて・・・という話題
のものはアマルガムといって現在ではほとんど使用されていません。
保険で作られたものならば多くの場合「金銀パラジューム合金」という金属で作ります。
ので、このご心配は不要です。

#3です。状況は概ね分かりました。
深いむし歯を金属を使って治した場合はこういった冷たいものにしみるのが3ヵ月ほど続くこともあります。
(実際に私自身がそうであった。)
多分しみる歯は隣の歯のむし歯であろうと推察されます。
というのはその歯は削りなおしたということは、以前よりもさらに深く削ったということになりますので、その歯が怪しいです。
歯の痛みは場合によると、どの歯かという特定が患者さん自身でできないことも珍しいことではありませn。
下の歯が問題があるのに、上が痛いと...続きを読む


人気Q&Aランキング