アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

得意先から、売掛金を回収すると、1000円以下の端数切捨てで支払われることがあります(端数値引)。長年の付き合いで暗黙の了解で、受けている(受けざるを得ない)のですが、その際どのような会計処理になりますか?売掛金の回収、買掛金の支払双方について教えてください。

振込  3000円  /売掛金   3050円
(  ) 50円             

買掛金 3050円 /現金   3000円
        (  )  50円
の仕訳になると思うのですが、()内の勘定科目はなんでしょう?
また、それは営業利益計算、経常利益計算などどこで処理されますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

相手先と何らかの一定の契約があっての値引なら売上割戻、仕入割戻ということになりますが、そうでないなら売上値引、仕入値引でしようがないと思います。

それとも、残高として残しておいて相手先に請求・要請してきちんと払ってもらったり、払ったりするべきだというならばそうしてもいいと思います。しかし、今までやっていた処理をいきなり代えるのは大変な費用がかかりますよ。事前に(1ヶ月から2ヶ月ほど前)相手先に文書で通知する必要があるし、社内・社外からのクレームを全て引き受けて処理しなければならないですよ。それと1ヶ月で5000円から10000円だと年間最大で12万円ですが、御社では年間の経営成績を左右するほど重大な金額なのでしょうか?
    • good
    • 0

金額的に些少ですし、入金時の売上値引、出金時の仕入値引でいいと思います。

損益計算書では売上高の減少、仕入高の減少となります。
期首月でも継続して行って、かつ金額的に小さければこの処理でいいと思われます。
消費税がなかった時代でのこの処理を思い浮かべてください。消費税の科目を使うべきではないと思います。
あと、支払手数料、受取手数料という手もなくはないですが、このケースには不適当だと思います。

この回答への補足

1回ずつの金額は、数円~数百円といろいろなんですが、そういう得意先がいくつもあって・・・・おそらく1ヶ月あたり5000~10,000円になるんじゃないかと思っています。

補足日時:2006/10/26 13:22
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金が値引きされて振り込まれた時の仕訳

個人で自動車整備工場をしております。売掛金が値引きされて口座に振り込まれました。振込手数料も当方負担の金額です。どのように振替伝票に記載すればよいのかよろしくお願いします。

売掛金       100,000円
値引き        5,000円
振込手数料       630円
実際に振込まれた金額 94,370円

このような場合です

Aベストアンサー

値引きはお客さんがするものではなく、お店側がするものだとは思いますが・・・
単純な売上値引きとすれば、

(借方) (貸方)
預金 94,370 売掛金 100,000
支払手数料 630
売上値引 5,000

これが、「すぐに振込むから安くしてよ」
ということであれば、売上値引ではなく売上割引(営業外費用)になります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/6363.htm

Q仕訳を教えてください 値引きについて

個人事業の経理初心者です。
値引きの仕訳を教えてください。

請求書、領収書ともに10万円で出していて
1万円の値引きをしました。
1.銀行振込の場合、9万円の入金が通帳で確認できます。
2.手渡しの場合、1万円の値引きをした証明がありません。

帳簿は現金出納帳をつけています。
預金用の帳簿はなく現金同様につけています。

売上10万 値引き1万 と二つ書くのか
売上9万 のみとするのか・・・。
でも請求書、領収書は10万なのです。
また「値引き」という科目はOKですか?

簡単に教えてください。(?)
あまり用語が出てくるとわからないもので、申し訳ありません。

Aベストアンサー

#1の追加です。

振り込みの場合は、実際に90.000円しか振り込まれていないので、値引きで処理して、領収書はそのままにしておくしかないでしょう。
税務調査で聞かれたら、値引きされたい答えれば大丈夫です。

現金で支払われた場合は、次の仕訳をしましょう。
現金   90.000 / 売上 100.000
事業主貸 10.000

ご自分で使ったことにして、帳尻をあわせましょう。

Q入金時の勝手値引きについて質問です。

入金時の勝手値引きについて質問です。

契約単価にも関わらず入金時に端数(100円以下切り捨てで)
を値引いて入金されてくる会社があります。
入金時に毎回「次回からご請求どおりお願いします」と伝えるようにはしていますが
毎月同じように差引で入金されてきます。

また、年に1度だけの請求があったり一回きりで終わってしまう請求があったりと
入金になって初めて値引かれるのがわかるというパターンもあります。

こちら側ができる対処として
発送する請求書内に「ご請求通りのご入金をお願いします」と記入するか文書を添付するか
社内で検討中ではあるのですが、こちら側に来る請求書にそういった文章を目にしたことがなく、
また、きっちり支払頂いている会社に対して失礼であるとも思うので
そうすることがいい事なのか迷ってはいます。

毎回値引きで処理はしていましたが、会社方針で年度をまたいでの値引きは社内へ申請が必要となりました
(端数1円でも)


こういう事をしているとか、アドバイスがあれば教えていただきたくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、零細企業で経理を主に担当している者です。
もう回答が出ておりますが解決に至るような感じでしょうか?
質問なのですがNO.2様が仰るように集金に行くのが一番確実だと
思いますが得意先は遠方なのでしょうか?
弊社の場合、質問者様とは違う件で問題になっている懸案がありまして
思考をしているところですが、とりあえず質問者様は経理課に所属されて
いると思いますがいきなり得意先に電話をしたり連絡を入れると後々面倒
な事に発展するような気も致しますので先にその取引先担当の営業の方に
事情を説明されて話して頂く事は可能でしょうか?
弊社の場合振込手数料の件でおかしな点があり直接連絡をした所相手方に
逆キレされまして直ぐに営業さんのところに連絡が入った事があります。
そもそも質問文に記されています通り契約単価であり決まった数値であるはず
ですので値引きが発生する事はありえないですよね?
とりあえず足りない分は売掛のまま据え置きにしておき次回の請求書に反映
されるようにしてみては如何でしょうか?
とにかく営業さんを通してお話をされた方が穏便に進むと思います。
ご参考までに。

はじめまして、零細企業で経理を主に担当している者です。
もう回答が出ておりますが解決に至るような感じでしょうか?
質問なのですがNO.2様が仰るように集金に行くのが一番確実だと
思いますが得意先は遠方なのでしょうか?
弊社の場合、質問者様とは違う件で問題になっている懸案がありまして
思考をしているところですが、とりあえず質問者様は経理課に所属されて
いると思いますがいきなり得意先に電話をしたり連絡を入れると後々面倒
な事に発展するような気も致しますので先にその取引先担当の営業の方に
...続きを読む

Q買掛金支払時の値引

ある取引先が、買掛金支払の際、支払額の10%程度値引をしてくれます。
割引額は一定ではないのですが、領収書に値引額の但し書きが書かれています。

これまで仕訳は、

買掛金 ○○○○/現金○○○○
買掛金 △△△/仕入 △△△

としてきたのですが、疑問が出てきてしまいました。

買掛金の残高をを減額してもらえたということはわかるのですが、貸方が仕入に
なるのかどうか(それしか浮かびませんが)、その場合、その月に支払う買掛金は
前月分以前のものの場合もあるし、買掛金の支払いのみで、仕入をしなかった場合は、
いつの商品に値引額を振り分ければよいのかわからず、困っています。

仕入時に仕入額を値引してもらったのではないので、仕入値引というよりは
買掛金値引(?)のような気もしていて、本当に棚卸額を変更する必要があるのかな
とも思えてきました。現金を返してもらうわけではないので、支払時の仕訳を
買掛金 ○○○○+△△△/現金○○○○+△△△
にしてしまうのも間違いだとは思うのですが、身近に聞ける人がいないので、
どのように考えたらいいのかわかりません。

初歩的な質問かもしれませんが、教えていただけたらと思います。

ある取引先が、買掛金支払の際、支払額の10%程度値引をしてくれます。
割引額は一定ではないのですが、領収書に値引額の但し書きが書かれています。

これまで仕訳は、

買掛金 ○○○○/現金○○○○
買掛金 △△△/仕入 △△△

としてきたのですが、疑問が出てきてしまいました。

買掛金の残高をを減額してもらえたということはわかるのですが、貸方が仕入に
なるのかどうか(それしか浮かびませんが)、その場合、その月に支払う買掛金は
前月分以前のものの場合もあるし、買掛金の支払いのみで、仕入...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問のケースでは「仕入割戻し」というものに相当します。
(販売促進をはかるため、多量の購入をしてくれた得意先に対して売上代金の一部を控除すること)

仕入高を減額します

〔例〕
・商品50,000円を仕入れた
仕入 50,000  買掛金 50,000

・上記の購入代金を現金で支払ったが、その際に5,000円の割戻しを受けた
買掛金 50,000  現金  45,000
           仕入   5,000


これに対して購入代金の支払を、約束の期日よりも前に行った場合に支払額が減額されることを「仕入割引」と言います。
 これは「仕入割引」という財務収益ととらえ、上の「仕入割戻し」とは区別します
〔例〕
・上記の購入代金を契約上の支払日よりも前に現金で支払った。その際、5,000円の割引を受けた
買掛金 50,000  現金  45,000
           仕入割引 5,000

Q消費税の端数処理の差額の処理について

消費税の端数処理の差額の処理について教えてください。

会計ソフトの仕入の端数処理は切捨ての設定です。
仕入先によって端数処理が異なること、
また会計ソフトは仕入れる度に仕入れ伝票に入力するようになっており、
1回分の取引に対する総額に消費税が計算されるのに対し、
大体の仕入れ先において請求金額の総額に消費税が計算されること、
以上の点から、会計ソフト上では、仕入金額と請求金額に消費税の差額が生じます。

差額を合わすには、どのような処理(仕訳)をすればよいのでしょうか?
例えば、材料の仕入先との消費税の差額は、
仕入れ伝票に以下のように仕訳ていいのでしょうか?
日付け…支払った日
消費税調整 ○○円 (科目:材料費) 課税対象外

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2.3です。
#6さんの意見も踏まえた仕訳の方法を提案します。

まず、憶測ですが、既に支払ってしまったものの
修正仕訳が不可能なのかな、と思いました。
よって、残っている工事未払金を処理する仕訳を
知りたいのだと思います。

1)届いた請求書をもとに伝票を入力してみる。
 (この伝票は、会計ソフトに登録しない)
 すると、本来の材料に算入すべき金額が明らかになると
 思います。
 ※ここで、材料費が199円と計算されたとします。

2)既に支払ってしまった請求書の内容に該当する
 材料の金額を確認する。
 ※ここでは材料費が200円だったとします。

3)1)で計算された材料と2)の差額を検証する
 ※1円ですね。

4)3)で差額がある場合は材料の金額を修正する。
 ※ 工事未払金の残額が2円だとします。

   工事未払金 2/ 材料 1
            未払消費税 1

  3)で差額がない場合は、
   工事未払金2 / 未払消費税 2
 
  でいいのではないでしょうか。

本来あるべき形に修正しながら工事未払金を戻せばいいわけですから、
差額の原因を検証すればいいだけだと思います。


ここで、回答したとき憶測で材料の金額を考慮しなかった理由を
お伝えしますが、

請求書って、

小計    000円
税       0円
請求金額  000円

という形式のものが多いと思うのです。
小計(購入した材料の税抜金額)は、恐らく1回1回入力し
加算されている金額と合っていると思ったのです。
(その購入金額を確認して・・つまり税抜き購入価格が、
 材料で計上されることを確認して伝票を入力しているだろう
 と推測しました)

よって、消費税だけの差額と考え、

工事未払金/未払消費税

の回答をしました。
既に計上されている材料の計上金額は正しく、修正不要と考えたのです。



今後ですが、請求書の小計合計額とは関係なく、
会計ソフトに総額入力して、自動的に計算された税抜き額が
原価になるべき(小計との金額が違ったとしても)というのであれば、
#6さんのいうとおり、
請求書が届いた段階で、その請求書に該当する各回の取引ごとの
伝票をすべて取り消し(消せなければ逆仕訳をし)
請求書の金額を再度新たに入力する方が、後から伝票を見直したときも
分かりやすいですし、金額相違はなくなります。


あとは、ご判断ください。


別件ですが、ご質問いただいた消費税の振り替えですが、
1年に1回でも問題はないのですが、個人的には、
毎月のほうがいいと思います。
消費税の中間納付はないのでしょうか?
もし、中間納付しているなら、未払消費税が借方に計上されることに
なってしまい、不自然なので・・・
(中間納付で 未払消費税/現預金 の仕訳をしているとすると)
また、月次決算を行っているなら、振り替えたほうが妥当です。

#2.3です。
#6さんの意見も踏まえた仕訳の方法を提案します。

まず、憶測ですが、既に支払ってしまったものの
修正仕訳が不可能なのかな、と思いました。
よって、残っている工事未払金を処理する仕訳を
知りたいのだと思います。

1)届いた請求書をもとに伝票を入力してみる。
 (この伝票は、会計ソフトに登録しない)
 すると、本来の材料に算入すべき金額が明らかになると
 思います。
 ※ここで、材料費が199円と計算されたとします。

2)既に支払ってしまった請求書の内容に...続きを読む

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q法人市民税を支払った時の勘定科目は?

よろしくお願いします。

先日、職場で初めて決算をし、法人市民税を支払ったのですが
この際の勘定科目は、どのようにしたらよいのでしょうか?

自分なりに調べたところ、そのまま「法人市民税」で良さそうですが、
職場の会計ソフトにはその科目がなく、代わりに
「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」と「3 法人税等調整額」という科目があります。

3はその名前の通り、調整した時に使う勘定かな?と思いますので、おそらく1か2だと思うのですが、どちらを使うのが適当でしょうか?
(1と2って、使い方はどのように違うんでしょうか・・?)

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」は同じです。「1 法人税、住民税および事業税」が長ったらしいのに比べて、「2 法人税等」の方が短く簡明なので「2 法人税等」を使う会社が多いです。

法人市民税を支払ったとき、

(1)発生主義の仕訳:
〔借方〕未払法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

(2)現金主義の仕訳:
〔借方〕法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

Q保守契約の勘定科目

個人事業主です。

仕事で使用しているPCの保守サービス契約が期限切れになりました。
延長する場合、勘定科目は何で切ればいいでしょうか。

検索したところ「消耗品費」「修繕費」「支払保険料」など諸説入り乱れ、どれも「これが正しい!」とばかりの記述だったので、かえってわからなくなりました。

購入時は本体込みで「消耗品費」としていました。

Aベストアンサー

>青色申告用紙(手書き)に転記する時にどうしようかと悩んでいるのですが

損益計算書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2011/pdf/33.pdf

のことであれば、経費の項目に「保守料」と記入すればいいです。

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報