税金に対して勉強中です。申し訳ありませんが、出来る限りのアドバイスをよろしくお願いします。
私の妻は、1年半前に、実父を亡くし、その際、父名義の通帳を妻名義に変更しています。(妻の実母了承の元、銀行で名義変更しました。約1000万円)。これ以外は何も貰っていません。他の遺産としては、他の現金、土地(田、畑、山)等が考えられますが、我々夫婦には必要ないと考えていますのであまり気にしておりません。
今後、2年以内にマイホーム(一戸建)を購入しようと思っています。その際、頭金にその1000万円を活用しようと考えています。

・1000万円を貰った際の相続税等は妻にかかる可能性はあるのでしょうか? 
 妻の実父が亡くなった際、相続人は、母、子2人(妻・兄)の3人であるため、
 大まかに控除額は5000万+1000万×3=8000万円と認識しております。
おそらく控除額を超える可能性は低いと思いますが、やはり細かく調べたほうがよいのでしょうか。

・1000万円(妻名義)を今後住宅購入の際の頭金にしようと考えています。
 税金対策のためのアドバイスをお願いします。ちなみに妻は結婚後ずっと無職です。
質問内容がアバウトすぎることは十分認識しております。今後のために、しっかり
勉強したいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

基本的の#1の方の回答でよろしいかと。



まず、相続税の申告ですが、非課税範囲内であれば申告は必要ないようです。(参考URL:国税庁のタックスアンサー)

次に、家を建てたときののお尋ねに対しては、「相続により取得」としておけばいいと思います。

ただ少し気になる点ですが、文面から判断して、1000万円はお母様がお兄さんに内緒であなたの奥様にくれたのではありませんか?
お父さまがなくなられたあと、お母さんと2人の子供の間で遺産分割協議書が作成されているはずです。
内緒でお母様がくれたもので協議書に記載が無ければ、あなたの奥様が相続したことが説明できなくなります。
協議書は3人全員が合意すれば作り直すこともできます。
もしそれができないのであれば、住宅建設のための550万円の非課税贈与枠を利用して、550万円をお母様から贈与を受けたことにして、その分を奥様の名義とし、残りを住宅ローンで処理し、将来残りの資金をローン返済に当てるという方法もあります。
いずれにしても、相続税の問題より、1000万円を贈与と認定されないように対応する必要があります。
(贈与税は相続税とは比較にならない程高額ですから)

どういう基準で税務署が調査に来るのかはよくわかりませんが、私の場合も「お尋ね」に対する回答を銀行の預金の出し入れ等を、全て合わせてかなり苦労して作成しましたが、その後何もありませんでした。

税金については、国税庁のタックサンサーをごらんになればかなり、詳しく書いてありますので勉強になりますよ。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/4205.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございました。
相続税の申告ですが、非課税範囲内と思い、遺産分割協議書等はまったく作成して
おりません。となると、家を建てた場合の「お尋ね」に対して、相続により取得と
いう回答は有効にならないのでしょうか?兄・妹(妻)・母間では全く問題もなく
譲り受けたのですが、協議書等の文書をぜんぜん準備しておりません。
また、亡父名義の1000万円口座を銀行でそのまま妻名義に変更しているため、非課税贈与枠550万を住宅購入で適用し、残りは雑費として処理したとしても税務署等は問題ないのでしょうか?。
申し訳ありません。再度アドバイスをいただけませんでしょうか?。

お礼日時:2002/04/11 09:05

補足です。



>また、亡父名義の1000万円口座を銀行でそのまま妻名義に変更しているため、非課税贈与枠
>550万を住宅購入で適用し、残りは雑費として処理したとしても税務署等は問題ないのでしょう

税務署が知りたいのは1000万円の使い道ではありません。1000万円をどのように手に入れたかです。
住宅を買ったということに興味があるわけでなく、住宅を買うほどの大金を持っているということに興味があるわけで、申告されていない所得なら所得税を、贈与なら贈与税を、相続なら相続税を取ろうという魂胆なわけです。
したがって年収を確認し、貯金で貯まりそうな金額なら納得し、贈与税が支払われていれば納得し、相続税が支払われていれば納得するわけです。

もう1点
550万円の贈与を受けた場合、税務署への申告が必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もアドバイスをいただき、大変恐縮です。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/04/11 17:10

お兄さん、お母さんが了解の上で相続したのであれば、今からでも遺産分割協議書を作成されたほうが良いです。


書き方はURLを参考にしてください。実印・印鑑証明が必要です、印鑑登録は市役所で簡単にできます。

遺産分割協議書というのは、税金を払うためだけに作るのではありません。
遺産相続に伴うトラブルを避けるとともに、自分の貰った財産が正当な手続きに従って相続したことを証明するものとなります。
たとえば、相続に伴い土地や建物の所有権移転登記をする場合、協議書が無ければ、相続人全員の署名・捺印が必要となります。
土地等の移転登記がまだ済んでいない場合は、お兄さんの方でいずれ協議書が必要になってくると思います。

>となると、家を建てた場合の「お尋ね」に対して、相続により取得と
>いう回答は有効にならないのでしょうか?

たぶん調査されても名義変更がお父さんの死後であれば問題にはならないと思いますが(自信なし)
相続財産の内容が調べられそうな気がします。(本当に非課税なのかどうか)

>また、亡父名義の1000万円口座を銀行でそのまま妻名義に変更しているため、非課税贈与枠
>550万を住宅購入で適用し、残りは雑費として処理したとしても税務署等は問題ないのでしょう

たぶん調べられないと思いますが、非課税贈与枠を使うのであれば、調べられた場合のため、お母様の預金口座から出金・支払いを行う必要があるのではないでしょうか。

それよりも遺産分割協議書を作成して、堂々と「相続により取得」と記載されるのが一番だと思います。
奥様の持分もきちんと1000万円分登記できますので。

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/souzoku2/so2_ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度もアドバイスをいただき、大変恐縮です。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/04/11 17:09

 関連事項として、税務調査について補足します。


 税務調査は、所得税法や法人税法に規定される、いわゆる「間接強制調査」です。この一見矛盾に溢れた用語には、実は矛盾はなく、任意調査であることと、刑罰をもって調査妨害を禁止することとは、別ものであることに注目する必要がありすま。
 ここでいう任意調査とは、例えば、警察官による被疑者逮捕などのように、直接的な物理的強制力はないことをいいます。そうかといって、正当事由なしに税務調査に従わなかったり、これを妨害したりすると、場合にもよりますが、その行為自体が違法行為として処罰対象となる、というものです。つまり、物理的強制力はないけれど、刑罰を担保とすることにより、間接的な強制力がある、ということから、間接強制という言葉で表現されています。
 結局、税務調査権は、一応税務当局に認められている権利なので、純粋に任意なものとはいえないことになります。
 ただ、そのような背景に関わらず、「お尋ね」という文書による調査方法について、その文面や雰囲気については、確かにあんまり感じのいいできばえではないことも事実ですが、いきなり税務署あたりが、例えば、『教えて!Zei』などと、愛嬌たっぷりの文書を送ってきても、悪徳商法と間違えるか、寒いだけのような気がしますが、いかがなものでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がおそくなりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/11 08:54

父の相続のどたばたで相続税を調べとことがあります。


妻が相続する場合、非課税範囲内であっても申告が必要だと書いた本が有っ
たように思います。私のところは母が先だったので読み流してしまい根拠条文
など覚えていません。

>>税務署からの「お尋ね」
高飛車な命令書のような手紙を送りつけて来きたので資料を整理して書くには
書きましたが、作成の根拠が何処にも書いていないのに気づき出しませんでした。
その後、督促も来ましたがペナルティーに付いても書いてないので無視。
結局なにもありませんでした。

これって、任意の調査なんでしょ!だったら、お願いをするような文書を
書いたらどうなんだと・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
非課税範囲内でも申告が必要なのですか~?私の調べた限りでは初耳でした。

お礼日時:2002/04/09 17:32

奥様に今まで収入がないのですから、相続で得たものとして申告するしかないと思います。


資金の出所については、場合によっては、何時、収入があったかも回答する必要があります。

相続で得たものとした場合、相続の申告がしてないと、その時の状況を尋ねられる場合もありますから、事前に、相続財産を調べて、課税範囲内かどうか確認されておかれた方がよろしいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。収入が無いのですから当然ですよね。
出来る限り相続財産を調べて、備えたいと思います。丁寧なご回答ありがとう
ございます。

お礼日時:2002/04/09 17:28

相続税については、ご承知のように、控除額は5000万+1000万×3=8000万円で、遺産がその範囲内であれば相続税の申告は必要ありません。


土地については、路線価や固定資産評価額で評価しますから、時価よりは低くなります。
これを超えている場合は、10ケ月以内の申告が必要で、遅れると延滞金などが取られます。
念のために、確認された方がよろしいでしょう。

奥様の1000万円を住宅の頭金とする場合は、建物や土地を登記した後に、税務署から資金の出所についての「お尋ね」が来ますから、回答できるようにしておく必要があります。

又、ご主人の資金やローンも使って購入する場合は、ローンも含めた資金の出資割合に応じた比率で、土地・建物を共有登記をしないと、贈与税が課税されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
税務署からの「お尋ね」は、話はよく耳にするのですが、今回の場合、相続で得た
お金であると回答して問題ないのでしょうか?そこから派生して、相続が問題になる可能性があるのでしょか?。アドバイスを頂いたのに、また質問で申し訳ありません。私の考えすぎでしょうか・・・。

お礼日時:2002/04/09 16:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年収1000万円超で税金アップ??

今年、夫がある株で170万円もうけました。
また、自社株の売却やその他の株で、10万前後の利益がありました。
夫の会社からの給料は、今年は税込みおよそ800万前後だと思われます。

そこで心配しているのが、来年の税金です。

私の記憶では年収1000万円以上になると、ものすごく税率が上がると聞きました。

去年、投資信託で40万円弱の損がでた所で売却し、確定申告で損益の
繰越手続きをしています。
また1000万円の壁を超えるのが怖くて、最近も20万円分、株を損切りしていました。

1000万円を超えないようにしよう!と素人のうろ覚えで
損切りをしたりして調整していますが、この1000万円説は
正しいのでしょうか?

また「1000万円」というのも、手取りなのか、税込みかどちらでしょうか?

また銀行の利子や株の配当金は、税金が元々天引きされており、
それらは1年間の「収入」に入れなくて良い気がしますが
そういう認識で正しいのでしょうか?

自分でネットで調べてみましたが、余り細かい事までは分かりませんでした。
初歩的な質問ばかりでお恥ずかしい限りですが、
お詳しい方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

今年、夫がある株で170万円もうけました。
また、自社株の売却やその他の株で、10万前後の利益がありました。
夫の会社からの給料は、今年は税込みおよそ800万前後だと思われます。

そこで心配しているのが、来年の税金です。

私の記憶では年収1000万円以上になると、ものすごく税率が上がると聞きました。

去年、投資信託で40万円弱の損がでた所で売却し、確定申告で損益の
繰越手続きをしています。
また1000万円の壁を超えるのが怖くて、最近も20万円分、株を損切りしていました。

1000万円を...続きを読む

Aベストアンサー

まず、株式等の損益と給与所得は通算されませんので、
足して1千万円を超える超えないという心配は無用です。

給与所得は、「総合課税」となり、以下のHPにあげる各項目と通算して課税されます。(雑所得の項目にも、「株式等の譲渡等による所得」が除外項目として記載されています)
http://www.taxanser.nta.go.jp/2220.htm
所得税は(昨年の源泉徴収票などをご覧頂くとわかると思いますが)、まず会社の支給額を元に所得を算出し(サラリーマンの必要経費を概算で控除してしまいます)、その金額に社会保険料、各種控除(基礎,配偶者etc)を差し引いて課税対象の所得を計算し、その所得額に対してNo.1の方が紹介されているHPの税率で税額を計算します。年収800万円でご家族がいらっしゃるのであれば課税所得は500万円も行っていないのではないかと思います。

一方、株式等の譲渡等の所得は、「申告分離課税制度」が適用され、税率は所得税7%,住民税3%のあわせて10%です(H19年まで)
http://www.taxanser.nta.go.jp/1463.htm
株式取引を特定口座(源泉有)でやっていれば特にどうということはありませんが、特定口座(源泉無)か一般口座でしている場合は確定申告して、納税する必要があります。この時、住民税については、普通徴収(自分で納税する)か特別徴収(給与天引き)か選択できます。特別徴収の場合、給与に対して不自然な額の住民税が会社に連絡され、給与以外の所得があったことがわかります。(投資信託で損を出した分を繰越したことからもお分かりと思いますが、給与所得との通算はされません)

利息や配当については、確定申告しなければ源泉されて税金関係の手続きはおしまいです。給料の少ない方などで確定申告したほうが得な方もいますが、年収800万円ということであればあまりメリットは無いと思われます。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1330.htm#42

確定申告も国税庁のHPから結構簡単に(主観ですが)できますので来年の2月くらいにご自分で源泉徴収票片手にやってみると、課税の仕組みがご理解できると思いますのでおすすめです。

まず、株式等の損益と給与所得は通算されませんので、
足して1千万円を超える超えないという心配は無用です。

給与所得は、「総合課税」となり、以下のHPにあげる各項目と通算して課税されます。(雑所得の項目にも、「株式等の譲渡等による所得」が除外項目として記載されています)
http://www.taxanser.nta.go.jp/2220.htm
所得税は(昨年の源泉徴収票などをご覧頂くとわかると思いますが)、まず会社の支給額を元に所得を算出し(サラリーマンの必要経費を概算で控除してしまいます)、その金額に社会保険...続きを読む

Q年収1000万円は中所得ですか?高所得ですか?

年収1000万円は中所得ですか?高所得ですか?

夫婦2人暮らし。年収1000万円は中所得ですか?高所得の内に入りますか?

また、日本人の1家庭の平均所得金額をお教え下さい。

よろしくご教示を

Aベストアンサー

全体平均の話をすれば、世帯当たりでは550万円程度です。
高所得の基準にもよるかとは思いますが、どの年代に於いても個人平均で700万円を超える事はありませんので、一般的な意味では高所得者の部類かと思われます。

もちろん、業種業態によって平均値は大きく異なりますので、どこでも言えるわけじゃないですけどね。
(例えば高所得で有名な医師などの場合だと、1000万円は平均以下になってしまいます)

Q1000万円の相続時精算課税制度

はじめまして。

中古住宅を契約した子持ちサラリーマンです。
ありがたいことに私の親から援助の申し出があり、
相続時精算課税制度の適用を考えております。

たとえば、援助額990万円の場合は 控除額が2500万円、
援助金1010万円の場合では、控除額が2500万円+1000万円=計3500万円
になると思うのですが、
控除額が高い方が節税対策としてはベストな選択といえるのでしょうか?
(ちなみに親は資産家ではなく、ごくごく普通です)

また、援助金は年収とみなされるため、
翌年1年間の住民税や保険料等が上がってしまう!と聞きましたが
本当なのでしょうか?

この相続時精算課税制度は
{妻の親→妻}もしくは{妻の親→夫}への援助も
制度適応が可能なのでしょうか?

質問ばかりでスミマセンが、皆様のご意見やアドバイスをお待ちしています。

Aベストアンサー

>中古住宅を契約した子持ちサラリーマンです。
まず住宅取得特例による相続時清算課税制度適用を考えているのであれば、住宅が適用になるかどうかの確認をしてください。築年数を初めとした要件があります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4503.htm

>たとえば、援助額990万円の場合は 控除額が2500万円、
>援助金1010万円の場合では、控除額が2500万円+1000万円=計3500万円
>になると思うのですが、

違います。

相続時清算課税制度自体は65歳以上の親から20歳以上の子供が贈与を受けるときに選択できる制度であり、2500万まで贈与税が非課税になります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4103.htm

この制度には住宅取得特例が存在し、この特例を使う場合には、親の年齢制限はなくなり、更に1000万の贈与税・相続税非課税枠が使えるようになります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4503.htm

もし、住宅特例が使えるのであれば、贈与されたお金はまず住宅取得特例にある1000万の贈与税・相続税非課税枠を使って、それでも不足する分を本則の2500万の非課税枠に当てるということになります。

>また、援助金は年収とみなされるため、
みなされません。

>翌年1年間の住民税や保険料等が上がってしまう!
あがりません。

>本当なのでしょうか?
うそです。

>この相続時精算課税制度は
>{妻の親→妻}もしくは{妻の親→夫}への援助も
>制度適応が可能なのでしょうか?

法律上の親子の間でしか使えません。ですから前者は可能で後者は不可能です。
妻の親と夫が養子縁組していれば別ですが。

なお、妻が贈与を受けた場合にはそれは妻のお金ですから、それで住宅を購入した場合には妻の出資ということで、その分妻の持分を登記してください。
でないと今度は夫婦間の贈与となり、贈与税の支払が必要になります。

なお、これが一番大事なことですが、この制度適用にあたっては、「必ず事前に具体的に税務署に制度適用が出来るか」確認下さい。
要件が細かくあるので適用できるとは限りません。

>中古住宅を契約した子持ちサラリーマンです。
まず住宅取得特例による相続時清算課税制度適用を考えているのであれば、住宅が適用になるかどうかの確認をしてください。築年数を初めとした要件があります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4503.htm

>たとえば、援助額990万円の場合は 控除額が2500万円、
>援助金1010万円の場合では、控除額が2500万円+1000万円=計3500万円
>になると思うのですが、

違います。

相続時清算課税制度自体は65歳以上の親から20歳以上の子供が贈与を受けるときに...続きを読む

Q妻名義の控除証明書で、夫の控除

私は昨年退職しましたが、昨年は退職金ももらったし、夫の扶養には入れないだろうと思い夫の年末調整も特に何もせず(扶養の手続きもせず)にいました。
 今年からパートで働いています。今年の年間所得からして、夫の扶養範囲内だとおもうのですが、パート会社からの年末調整用紙に、「控除などは扶養者のほうでうけてください」と書かれていました。私(妻)名義の、たとえば生命保険(年金)の控除証明書を夫の年末調整のときに提出するものですか?
 昨年の分は、もう無理でしょうけど・・・。
夫の扶養に入る、というのは、夫の年末調整の書類に記入するだけでよいのでしょうか。私のパート収入の証明か何かを添付するのでしょうか。
 基本的なことばかりで、他の質問もいろいろ読ませていただきましたが、なかなかこれだ!というものがなくて、質問させていただきました。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

妻名義の生命保険の控除証明書でも、妻の収入が少ない場合は、夫の収入から払ったものとして、夫の所得から保険料控除が出来ます。
妻の収入が少ない場合は、夫の方で控除した方が有利です。
ただし、保険料控除の限度額は、支払った保険料が生命保険10万、個人年金10万までですから、それ以上は記入しても無駄です。

扶養(配偶者控除)になるには、御主人の会社に「扶養家族等申告書」に、妻の名前を記入して提出するだけです。
これは、1月から12月までの収入が103万円以下の場合に適用になります。
また、収入の証明書などは必要ありません。

もう一つ、「配偶者特別控除」と云う控除も有り、妻の収入によって控除されます。
これも「配偶者特別控除申告書」とい用紙を、夫の会社に提出します。

次に、昨年の分ですが、昨年は貴方に収入があったのですから、妻名義の保険料証明書を夫の方で控除はできません。

もう一つ、昨年は貴方に退職金が合ったので、夫の扶養にしなかったとのことですが、退職金は受け取った額がそのまま所得とはなりませんから、退職金の額によっては、扶養となります。

退職所得の計算は、次のように計算します。
(収入金額-退職所得控除額)×1/2
 退職所得控除額は、勤続年数20年以下の場合は、「40万円×勤続年数」で、この額が80万円に満たない場合には最高80万円です。

従って、80万円以下なら、退職所得は0円です。
給料の収入が年間103万円以下なら、扶養にできます。

妻名義の生命保険の控除証明書でも、妻の収入が少ない場合は、夫の収入から払ったものとして、夫の所得から保険料控除が出来ます。
妻の収入が少ない場合は、夫の方で控除した方が有利です。
ただし、保険料控除の限度額は、支払った保険料が生命保険10万、個人年金10万までですから、それ以上は記入しても無駄です。

扶養(配偶者控除)になるには、御主人の会社に「扶養家族等申告書」に、妻の名前を記入して提出するだけです。
これは、1月から12月までの収入が103万円以下の場合に適用になります。...続きを読む

Q妻の収入額が108万円

妻の今年度の収入額が108万円程度を見込まれます。
特別扶養控除を受けるラインは103万円との事は理解していますが、
103万円以上、130万円以下の場合はどういった事が発生するのでしょうか?

収入額をどう減らしても、105万円程度。105万円貰うのと、108万円貰うのと、どちらがマシなのでしょうか?

夫の収入額と関係が有るでしょうか?夫の今年度の収入額は590万円程度です。

税金関係のネットは色々見ましが、全く理解がでず、
分かりやすい言葉で書いていただけると大変助かります。

Aベストアンサー

配偶者控除やら配偶者特別控除やら、訳わかんないですよね。
今の税制では、103万円を越えたときに手取りが逆転するという現象はなくなっています。
詳しいことは、下のURLのグラフを参照してみてくださいね。

でも、#2さんの言うとおり、会社によっては妻の年収が103万円を超えたとたんに扶養手当を打ち切るところがあります。

参考URL:http://www.fp-cafe.com/h-part.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報