昔テレビで見たことあるんですけど、金星か木星か土星(どこか忘れた)の裏側(地球からはみえない)に新しい惑星を発見した。というのがやっていました。その星は、地球と似たような気候らしく、生物が生息するのではないか?というところで番組が終わりました。これは本当のことなのでしょうか。あと、土星の輪の中に宇宙船のような物体を発見した。ということも言ってました。それはかなり大きかったらしいです(どれくらいか忘れた)こんなことってあるのでしょうか。誰か教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  太陽系のなかにあって、地球ぐらいの大きさの惑星で、地球から見えないというのは、もしあれば、それは地球と同じ軌道を回るが、位置が丁度地球と180度反対の太陽の向こう側の場合です。ここに惑星があり、もう一つの地球があるのだとかいう話は、空想の話では可能ですが、実際は、そんな所に、地球ぐらいの質量の惑星があると、他の惑星の運動に影響を与えるので、天体力学で計算すると、見えなくても、分かります。そういう惑星はないことが分かっています。
 
  従って、太陽系に、地球から見て、見えない、地球のような星があるという可能性は、まずありません(宇宙人が超科学で隠しているとかいえば、そんなことは、絶対ないとは云えませんが、あまり、本当のことに思えません)。
 
  地球に似た環境条件の星は、見積もり方によりますが、我々の銀河で、最低でも、100個か千個ぐらいはあると考えられます。銀河には、千億を越える恒星がありますが、小型の赤色星が多く、太陽のような大きさの星となると、数が少なくなります。更に、連星系では、惑星が発達しにくいので、連星系を除くと、条件がもっと厳しくなります。大部分の恒星は連星ですから、太陽のような、単独恒星系は珍しいのです。
 
  それでも、千億の100分の1が太陽のようなタイプの星だとすると、10億候補があります。連星系でない場合が、100分の1とすると、1千万個もあります。もう少し厳しく見ても、10万個ぐらいは、太陽と同じような恒星で、連星系でなく、惑星系を持っていると考えてもおかしくありません。太陽と同じような星で、惑星系があると、惑星は色々な種類のものがあり、地球に似た惑星もあると考えられます。だから、地球のような環境の惑星というのは、銀河系に10万個ぐらいある可能性になります。
 
  次に生命が発生するかどうかで、この見積もりはよく分かりません。おそらくかなり一般的な事態が、生命の発生ではないのかとも思えるのですが、生物の進化となると、もっと偶然の入る余地が大きくなります。
 
  今後の調査や研究にまたねばならないでしょうが、地球のような惑星は、案外たくさんあるような気が、わたしはしています。
 
  土星の輪のなかの「宇宙船のような物体」は、映画「2001年宇宙の旅」の、木星の衛星軌道上のモノリスのような感じですね。何か未知のものがあったのかも知れません。
 
  火星に、太古代の都市の遺跡が、NASAの写真に写っているという話があり、確かに都市のようにも見えるのですが、詳しく調べると、古代に火星に水があった時、浸食された岩石の台地の跡が、都市遺跡みたいに見えるのだろうということになっています。火星に、古代に水があり、洪水などもあったようですから、昔は、原始的な生命がいたかも知れないし、いまも残っているかも知れないというのは、十分有力で、根拠があります。
 
  炭素型生命や、その他のシリコン型生命について、簡単に以下のページの回答に書いています:
 
  >No.239047 質問:鉄より重い元素の生成
  >http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=239047
  

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=239047
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。地球の文明では宇宙のどこに星があるかわかってしまうんですね。すばらしい。いろいろと勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/10 16:55

 とりあえず、太陽系には、地球以外ないと思いますよ。

あったらとっくに常識位になってると思うし。ただ火星には本当に昔(氷付いた今の状態になる前)単細胞な、意思を持たない生命体がいたそうです。
 全宇宙の中には、地球と同じような気候の星が五個くらいあるそうです。いいかえると、地球を含めて六個の惑星に、生命体が存在することになりますよね。
 地球の我々という存在があるのだからこそ、同じように宇宙人がいるということでしょう。我々の存在=宇宙人の存在の関係となるのです。
 ・・・生きてるうちに会ってみたいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。最近のテレビは嘘が多いですね。もう見ません(キッパリ)
宇宙人ですか、本当に会ってみたい。文明が発達してたらおもしろいな。もしかしたら侵略してきたりして・・。

お礼日時:2002/04/10 01:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【宗教・五行】土星・木星・火星・金星・水星は五行に対応しており、太陽と月も陰陽に対応している。 こ

【宗教・五行】土星・木星・火星・金星・水星は五行に対応しており、太陽と月も陰陽に対応している。

これって陰陽師の陰陽五行だと思うのですが、五行の各5つの土星・木星・火星・金星・水星の意味を教えてください。

あと陰陽の2つの太陽と月の意味も教えてください。

この陰陽と五行は掛け算ですか?それとも足し算で別々の意味として陰陽と五行は扱うものなのでしょうか?

5×それぞれに2通りの全???通りという多数のパターンで扱うものなのでしょうか。

Aベストアンサー

土星=堅実、勤勉、忍耐力、農業
木星=発展、成功、幸運、名誉
火星=情熱、勇気、闘争、セックス
金星=愛、美、芸術、快楽
水星=知識、情報、機知、商才
太陽=活力、栄光、威厳、快活
月=感受性、母性、神秘、ロマンス

陰陽と五行は2×五行で10通りです。

Q惑星の平均公転半径の不思議 木星 土星 天王星 海王星

素人です

公転の様子は正円でもなく、また、天王星だったか公転角度もほかの惑星と異なると聞きますが
そうしたことは、省略して

太陽から地球までの距離を1とすると
太陽から惑星までの距離
水星  0.4
金星  0.7
地球  1.0
火星  1.5
木星  5.2
土星   9.6
天王星 19.2
海王星 30.1
だそうです。   手元に30cmの定規があり、海王星までこんなに遠いのかと印象。
         冥王星(惑星でない)はその先にある。

太陽から木星までの距離は、地球の5倍、土星は10倍、天王星20倍、海王星30倍
なぜか、だいたい、キリのよい倍数です

これはなぜでしょう。  5,10、20、30

そういえば15、25がないですね。冥王星公転は楕円でしょうか、それでも
平均となれば、どのあたりなのか。30の次の40?

Aベストアンサー

ティティウス・ボーデの法則といって1766年に発見された法則です。
当時は水星・金星・地球・火星・木星・土星の6つの惑星で、軌道半径aは
a/AU=0.4+0.3×2^n
AUは天文単位で地球と太陽の平均距離。水星n=-∞、金星=0、地球=1、火星=2、木星=4、土星=5
として表されていました。
N=3の惑星がないので探索した結果、小惑星ケレスが発見されて小惑星帯があることが分かりました。
N=6や7に惑星があるのではないかということ検討され、天王星や海王星の発見に繋がっています。
小惑星帯、海王星と冥王星の関係などや、近年の系外惑星の発見とその研究から、
この法則は偶然の方に説が傾いていますね。

↓ティティウス・ボーデの法則
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%87%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

Q新定義では地球や木星は惑星ではなくなるという意見がありますが……

asahi.comのニュースによると、アメリカの天文学者が冥王星が惑星ではなくなったことに反対しているそうです。その理由の一つに、「この定義では地球や木星も惑星でなくなる」とのことですが、どう解釈するとそうなるのでしょうか?
http://www.asahi.com/science/news/TKY200608310227.html

Aベストアンサー

BBCの記事を読んでみました。
それによると、地球、火星、木星、海王星の公転軌道上に
小惑星が多数あることを指摘しているようです。
例として1万個の地球近傍小惑星と、
木星軌道上の10万個のトロヤ群を挙げています。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/5283956.stm

個人的に反論すると、地球近傍小惑星もトロヤ群も、
それぞれ地球や木星に比べれば「十分に小さい」と思うのですが……。
やっぱりニューホライズンズのせいですかね。

Q【天文学・地球】地球は太陽を中心に回っていますが、木星は毎秒15mの上下運動をしながら太陽の周りを回

【天文学・地球】地球は太陽を中心に回っていますが、木星は毎秒15mの上下運動をしながら太陽の周りを回っているそうです。

地球は太陽を中心に回りながら木星と同じように上下運動をしながら回っているのでしょうか?

地球は毎秒何mの上下運動をしているのか教えてください。

Aベストアンサー

地球が上下運動してたら

我々は飛んだり跳ねたりしませんか?

Q地球に近接する小惑星アポフィスが2032年に地球に衝突するというNEW

地球に近接する小惑星アポフィスが2032年に地球に衝突するというNEWSをみましたが、どのような計算をどこの部分から計算すればこんな事がわかるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
地球軌道と小惑星軌道に横道面角度を加えた楕円方程式を連立で解けば計算できます。ですが、惑星軌道には重力による摂動というものがありますので、正確な結果を予測することはどうしてもできません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報