というものがありますが、実際のところ、普通のcd-rとなにか違うところはあるのでしょうか?
音質がよくなるのですか?
(それ以外ないでしょうが)

A 回答 (3件)

大きな違いは2つです



【音楽用CD-Rの特徴】
・著作権法上の定めにより、私的録音補償金が含まれている
 →そのためメディアの価格が高い
・音楽用CDレコーダーで録音できる
 →データ用CD-Rだと録音できないような仕組みになってます

あと音質が良くなるという話もありますが実際にはあまり違いはありません。
確かに音楽録音が行いやすいような作りにしているのでしょうが、データ用CD-Rとの音質の違いはよほどのことがない限りわかりません。(経験談)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、情報ありがとうございました。
たすかりました。

お礼日時:2002/04/17 22:31

以下の話は、某雑誌に載っていたモノです。



1.音楽用CD-Rは、一般に高価です(ほんの少しですが)。それは著作権等のからみがあって、CD作成者(アーティスト・CDを作る会社等全てを含む)へお金が入るようにしてある。
2.音楽用CD-Rは、データ用CD-Rより音質がいい。理由は...忘れました。

参考にしてください。
    • good
    • 0

違いはこちら!



参考URL:http://www.tdk.co.jp/tjchf01/chf17100.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報