1918年から24年にかけての日本軍のシベリア出兵についての質問です。
日本はシベリアという広大な大地に7年もの間(第二次大戦より長いです)大軍を送り込み、東シベリアの広大な地域を占領していますが、なぜ
1 その戦いを記した資料が少ないのでしょうか。あったとしても世間に知られていないのでしょうか。
2 意味のない出兵だったとされているとはいえ、大規模かつ長期に渡るものだったと思います。それなのになぜ世界史における扱いが極端に小さいのでしょうか。
3 日露戦争や第二次世界大戦の戦史マニアは多いですが、戦史マニアにとってシベリア出兵は魅力がないのでしょうか。
4 日本軍は占領に際し、どういう兵器を使用したのでしょうか。また占領政策はどのようなものだったのでしょうか。
5 ロシアとの戦争において気をつけるべきことは冬対策だと思いますが、ナポレオンやヒトラーと違って日本軍は冬将軍にどう耐えていたのでしょうか。
わかるところだけで結構です。個人的には第二次日露戦争、もしくは第一次日ソ戦に位置付けられるべき大事件だと思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1 その戦いを記した資料が少ないのでしょうか。

あったとしても世間に知られていないのでしょうか。

シベリア干渉戦争に関しては確かに世界的な戦争は紛争から比べれば少ないといえますが、けっして資料がないというわけではありません。例えば「歴史学研究」(1951年)5,9月号に掲載された井上清の「日本のソヴエート革命干渉戦争」や細谷千博による「シベリア出兵の史的研究」(1955年)、同「ロシア革命と日本」(1972年)、和田春樹「シベリア戦争史的研究の諸問題」(1973年)、同「シベリア出兵をシベリア戦争と呼ぶことについて」(1975年)、原睴之「日本の極東ロシア軍事干渉の諸問題」(歴史学研究1980年3月号)などなど、かなりの研究書や論文が発表されています。

2 意味のない出兵だったとされているとはいえ、大規模かつ長期に渡るものだったと思います。それなのになぜ世界史における扱いが極端に小さいのでしょうか。

簡単に言えば日本での資料が少ないのは、あなたが仰るように日本国内の国民や政治家、それに現地の兵士にとってもあまりに不人気な戦争だったからですし、国際的に見てもこの戦争が世界に与えたインパクトという観点から見ればそれほど大きな意味を持っていなかったからといえます。
このまま世界が平和な時期を過ごしていればそうでもなかっただろうし、多くの学者や研究家がこの戦争をテーマにたくさんの書物を残していただろうと思いますが、その後の日中戦争や第二次世界大戦が立て続けに起こったことを考えれば、現在のような扱いは仕方のないところだと思います。

3 日露戦争や第二次世界大戦の戦史マニアは多いですが、戦史マニアにとってシベリア出兵は魅力がないのでしょうか。

日本陸軍が始めて味わった大規模なパルチザン戦、つまり対ゲリラ戦という意味からは興味は惹かれますが、戦闘に関してはひたすらゲリラに振り回されただけの戦争という見方が大勢を占めています。正直個人的にもこの戦争に関してはあまり興味は涌きません。多くの学者や研究家にしてみても大同小異ではないかと思いますね。

4 日本軍は占領に際し、どういう兵器を使用したのでしょうか。また占領政策はどのようなものだったのでしょうか。

当時使用した武器で目新しいものといえば、航空機や列車砲が挙げられますが、そのほかはどの師団も標準的な武器を使用していました。つまり重砲のような大型武器はゲリラ戦には不向きな事もあって、比較的軽量の山砲や機関銃、小銃などの小火器が戦闘の中心であったということです。
また占領政策ということですが、日本の眼目は傀儡政権の樹立であったことは間違いなかったのですが、結局民衆はパルチザンを支持したことによって、日本はその焦りと兵士たちの厭戦気分からくる士気の低下から、民衆の虐殺、掠奪、暴行、徴発を繰り返し、ますます民衆は反日に傾いたため、結局シベリアの占領政策は破綻しています。

5 ロシアとの戦争において気をつけるべきことは冬対策だと思いますが、ナポレオンやヒトラーと違って日本軍は冬将軍にどう耐えていたのでしょうか。

日本軍もシベリアの寒さを事前に研究しており、それなりに防寒対策はしていたことは事実です。兵舎には大型のストーブを設置し、工兵隊は耐寒用家屋の試作などを精力的に行いました。とはいえ兵士たちに与えられた防寒具は厚手の生地にフードをつけた外套、手袋、ブーツ程度のもので、あくまでも付け焼刃的なものでけっして十分なものではなかったことは、兵士たちが故郷に送った手紙の中で特に寒さに対する不平不満が多かったことが物語っていると思います。また寒さや衛生不良で倒れた将兵は全体の2割以上にも上っています。

以上かなり大雑把な説明ですが、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

シベリア出兵そのものに関しては No1さんのとおり、WIKIPEDIAで見てください。



2,3に関して
両者とも、その後影響が大きかったか小さかったかで扱いが変わります。
たとえばインカ帝国の南アメリカ統一戦争などは、(たぶん)大規模で長期のものでしたでしょうが、インカ帝国の存在がその後の世界史における位置づけとして意味がないので、誰も注目しません。
3に関して詳細を書けば
日露戦争は、西欧諸国に対するアジア国家の勝利として、他の西欧諸国から圧力を受けていた諸国のいろいろな運動の契機となった。トルコとかインドですね。
日露戦争は、それまでの運動戦・遭遇戦から塹壕戦になった初めてのもので、後から考えると、欧米の観戦武官がもっとこの戦争における戦闘のあり方を検討しておけば、第一次世界大戦は違ったものになったろうと言われています。その意味で、日露戦争は戦史マニアにとって魅力があります。
    • good
    • 0

>気をつけるべきことは冬対策



日本陸軍の冬季訓練中の悲劇「八甲田雪中行軍遭難事件」は有名ですね。
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%C8%AC%B9% …
    • good
    • 0

ウィキペディアに詳しく書いてありますね。


これは戦争と言うより政治の争いが強い感じがするから、マニア受けしないのかな?w

参考URL:http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%A5%B7%A5% …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q志望理由を英語で

私は現在高校三年生です。近々大学のほうの面接があるのですが、英語の能力をだいぶ重視している学部のようで、面接の場に外国人の先生の方が同席し、英語で志望理由を言うようにいわれる可能性もあるとのことなのです。日本語で志望理由を言うのはもちろんなのですが、英語でというと少し考えてしまいます。
日本語で志望理由書を書いてずいぶん前に提出し、大学のほうにも回ったようなのですが、このような面接の際に志望理由を言う場合、あらかじめ提出したものと同じ(ような)ことを言っても平気なのでしょうか?
また、英語で言う際は、その日本語の文を単純に英語に直して言うだけでいいのでしょうか?
こういった堅い形で英語を使う機会がなかなかないのでいまいちわかりません。
なにかしらアドバイスいただければ光栄です。

Aベストアンサー

相手の質問は、志望理由に書かれていた内容の
具体的な意味を聴いてくるはずです。
素直に貴方の考えを言えばいいだけです。

Q日露戦争には少年兵は出兵したか

1896年生まれの祖父が日露戦争に行ったと、祖母から聞かされていますが、年齢を計算すると当時、16,7歳ということになります。

Aベストアンサー

当時、兵役は最年少で17歳からだったと思います。
成人してからの兵役が大半で割合としては少ないですが
1904~5年当時で16~7歳というと微妙な線でしたので・・・。
 (・・・当時実際に対露戦で未成年者の出兵があったかは調べておりませんが)

でも1889年生まれですと15~6歳ですね。
お祖母さんが日露戦争以降の別の戦役でのお話と思い違いなされていたのかもしれませんね。

Q志望理由書を英語で。

志望理由書を英語で書かなければならないことになり、書き始めようとしたところなのですが、英語で「私は※※学科を志望します」とはどのように言うのでしょうか。とくに「志望」という単語を英語で何ていうのか教えていただきたいです。

Aベストアンサー

I wish to attend ~ University.
I would like to study at ~ University.
などでいいと思います。

Q小学生のころから歴史が好きで、今まで 戦国時代→第二次大戦→湾岸戦争→中東・イライラ戦争→第一次大戦

小学生のころから歴史が好きで、今まで
戦国時代→第二次大戦→湾岸戦争→中東・イライラ戦争→第一次大戦と
勉強をしてきました、ほかに何か良さそうなものありますか?

高2です。

Aベストアンサー

必ずしも歴史書が歴史の真実を記しているとは限らない。それに、歴史書は必ずしも面白くない。面白く無ければ人間は読むのをやめてしまう。

そこで私が推薦するのは、パール・バックの「大地」だ。中古で千円以下で手に入るようだ。第一巻だけでも読むと良い。あなたの人生が変わる。とてつもない価値の有る本だ。ピューリッツァ賞と、ノーベル賞を取っただけの事はある。

Q【あなたが英語を学ぶ理由は何ですか?】 私は海外のニュースサイトで日本で報道されていないニュースを

【あなたが英語を学ぶ理由は何ですか?】

私は海外のニュースサイトで日本で報道されていないニュースをGoogleニュースUSA版で読もうと思ったけど、日本版に翻訳されて誰か英語が出来る日本人が訳しているので英語版は見なくなった。

今度は海外のITニュースを読もうと思った。けど、日本人が時事ニュースと同じように訳されていた。

洋書を読もうと思った。日本語に訳された本が既にある。

海外に出てみた。話す機会がない。

英語を学ぶ理由がないことに気が付いた。

Aベストアンサー

例えば日本の循環器学会に出席してみてください。生粋の日本人がたどたどしい英語で講演し、それに英語→日本語の同時通訳がつくのです。ここまで頭が狂っている連中が上層部にはいるのです。楽天などもそうですね。

答え:英語ができることを威張りたがり強要する上層部がいるから

Q第二次世界大戦で敗戦国イタリアは連合軍に占領されなかったのでしょうか?

第二次世界大戦で敗戦国イタリアは連合軍に占領されなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

他の回答通り、イタリアは直ぐ連合国側に寝返り、敗戦国ではなく戦勝国になっています。 そして、1945年7月15日に対日宣戦布告もしています。 実際の交戦は発生していないものの、ずうずうしく日本に対し戦後賠償まで要求してきました。 要求はしつこく続いたので、日本も1972年7月になってこれ以上馬鹿を相手にしても仕方がないと言うことで120万ドル支払いました。 ただし、日本側はイタリアの請求権を認めず、あくまでもこの支払いは賠償や補償ではなく一括見舞金であるとの立場を崩していません。 因みに「イタ公」は英語では一般的に「wop」ですね。

Q例題㈢ ①opposeが誤りである理由を簡単にご教授下さい 解mind 英語英語英語英

例題㈢ ①opposeが誤りである理由を簡単にご教授下さい

解mind

英語英語英語英

Aベストアンサー

oppose はほとんど be opposed to 名詞または動名詞
で出てきます。
多くの学生が oppose to ~ing と思っていますが、
oppose ~ing も正しいです。

まさか出題者が同じような勘違いをしたとは思いません。

oppose ~ing にせよ、be opposed to ~ing にせよ、
「戦争反対」的な「反対」であり、
個人的に皿洗いをするようなことについて、
する気がある、ない、などということに反対ではおかしいということでしょうか。

Q日露戦争でロシアがシベリア鉄道で兵站輸送

こんな話をきいたことがあります。
日露戦争のとき、
当初日本は、ロシアの開戦準備に日数がかかるとにらんでいた。
ロシアはシベリア鉄道で極東へ兵站輸送するが、シベリア住民の生活物資を運んでいる上、単線だから貨車の回送があるので輸送力は低い。
 ところが、ロシアはシベリア鉄道で生活物資は一切犠牲にして一方的に軍事物資のみを貨車で送り込んだ上、貨車を回送せず、バラして木材を薪代わりにするという一石二鳥の輸送作戦で短期間で開戦準備した。
 戦争のためなら平気で国民を犠牲にするロシアらしい話ですが、これに関してもっと詳細知りたいのですが・ご存知の人、おしえてください。
・なにか本にでていますか。
・サイトありますか。
・よくご存知の人、おしえてください。
史実なんでしょうか。それとも話におひれがついたんでしょうか。

Aベストアンサー

No1です。
先の回答の中で言及した

「明治百年史叢書 機密日露戦史 谷寿夫 著」
(1966年 原書房)
の608ページに元ネタがありました。
なお、この本を読むと随所に「あ、このエピソードは『坂の上の雲』にあったな」と思う元ネタが見つかります。

この本は1925年(大正14年)に当時陸軍大学校教官であった 谷寿夫 歩兵大佐 が執筆したものですが、日露戦争時にアメリカでの宣伝活動のために派遣された金子堅太郎(当時のアメリカ大統領のセオドア・ローズベルトとはハーバード大学の同級生)の「米国での活動記録」と言う趣の章
「第17章 金子堅太郎及び高橋是清の対外活動」
の中に書かれています。

金子堅太郎は大正14年には72歳で健在で、本書の最初の方には
「大正12年に東京所在の陸軍将校たちの招きで講話をした」
とあり、当時としてはかなりの高齢ながら健康で記憶が確かであったようです。
下記の記述は、谷大佐が金子氏にインタビューした内容と推定します。

前提として、
「日露戦争時のロシアの鉄道大臣のヒルコ公爵は、アメリカで鉄道技術を詳細に学んだ人であった。シベリア鉄道の運行は、ロシア政府が雇った多数のアメリカ人鉄道技師に頼っており、機関車、客車、貨車、レールなど、当時のロシアでは十分に製造できない工業製品は専らアメリカから輸入していた」
旨が語られています。

「彼(ヒルコ鉄道大臣)は、モスコーを本営として兵士を汽車にてハルピンに輸送し、而して単線故車輌を返送する時は複雑なので、原野(ハルピン)に整理してその車輌は兵士の宿所、倉庫にこれを充当した。即ち、輸送貨車は戦場において直ちにこれを使用し、腐朽したものは薪炭用に供し、以って追々新貨車を購い、又、之を戦場に輸送する等複線以上の効力を表わした。これがため、我軍の予想は裏切られ、非常に苦戦をした一原因となった。後に至り兒玉大将も其の巧妙なる策略に驚いたのである。」

「米国民は、当時これを覚知していたらしかった。露国では勿論外債を募ってこの鉄道(シベリア鉄道)を利用し、兵士、軍需品等その輸送をほとんど絶つことなく、盛んに米国より貨車、レールを購入した」

No1です。
先の回答の中で言及した

「明治百年史叢書 機密日露戦史 谷寿夫 著」
(1966年 原書房)
の608ページに元ネタがありました。
なお、この本を読むと随所に「あ、このエピソードは『坂の上の雲』にあったな」と思う元ネタが見つかります。

この本は1925年(大正14年)に当時陸軍大学校教官であった 谷寿夫 歩兵大佐 が執筆したものですが、日露戦争時にアメリカでの宣伝活動のために派遣された金子堅太郎(当時のアメリカ大統領のセオドア・ローズベルトとはハーバード大学の同級生)の「米国での活動...続きを読む

Q英語の長文を音読するといい理由は何ですか?

英語の長文を音読するといい理由は何ですか?
自分は英語の発音がいいわけではないので、ずっとその発音を耳で聞いていたらあまりいいとは思わないのですが…

どなたか私がものすごく納得のいく回答をお願いします。

Aベストアンサー

>英語の長文を音読するといい理由は何ですか?

●音読で脳が活性化する
外国語を音読した際には、前頭前野を中心とする脳の知的な活動をつかさどる領域が最高度に活性化する。

●左から右へと考える習慣がつく
全文和訳の作成を偏重するあまり、英語を日本語に「訳すこと」が「読むこと」であると勘違いしている人が多い。日本語と英語は語順が逆ですから、きちんとした日本語に訳しながら読もうとすると、後ろから戻らざるを得ません。しかし、本来言語はその順番通りに読むものです。英語の後置修飾は、[後ろで説明]と考えます。音読をしながら後ろから戻ることはできないので、誤った右から左への流れを矯正することができます。

●直読直解を可能にする
ネイティブ・スピーカーは英語を日本語に訳しながら読むことはありません。そもそも外国語の習得とは、少しでもネイティブ・スピーカーの理解に近づくことですから、私たちも英語を読んで直接意味を頭に浮かべる練習をする必要があります。英語だけの音読をしながら日本語に訳すことはできませんから、英語を読みながら理解するということは、ネイティブ・スピーカーと同じプロセスで英語を読むということになります。

●動作記憶と言語感覚が身につく
外国語の基礎能力の習得は、スポーツや楽器の演奏と大変似ています。
これらにおいても外国語の習得においても、理屈の習得は大変重要ですが、それだけでは野球選手にもピアニストにもなれません。[反復練習]こそが真の実力者を作ります。何回も音読を繰り返し、言葉の理屈を体に刷り込む、この方法による学習が、外交や教育の分野の第一線で活躍する多くの英語の達人を生み出していることが、この学習法の効果を示す何よりの証明となるでしょう。

>英語の長文を音読するといい理由は何ですか?

●音読で脳が活性化する
外国語を音読した際には、前頭前野を中心とする脳の知的な活動をつかさどる領域が最高度に活性化する。

●左から右へと考える習慣がつく
全文和訳の作成を偏重するあまり、英語を日本語に「訳すこと」が「読むこと」であると勘違いしている人が多い。日本語と英語は語順が逆ですから、きちんとした日本語に訳しながら読もうとすると、後ろから戻らざるを得ません。しかし、本来言語はその順番通りに読むものです。英語の後置修飾は、[後ろで...続きを読む

Q第一次第二次大戦におけるアメリカ軍戦死者数

タイトルの数字がわかる資料はありますでしょうか?
あるいは、ご存知の方おられるでしょうか?

Aベストアンサー

以下のURLにあるデータでは問題がありますか?

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/United_States_casualties_of_war


人気Q&Aランキング

おすすめ情報