新潮新人賞の受賞者の単行本を教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一覧がありそうなのに,ないですね.以下は調べてわかったものだけですが,ご参考までに.



第1回 「ママは知らなかったのよ」北原亞以子
第5回 「剥製博物館」泉秀樹
第8回 「ウォークライ」笠原淳
第9回 「榧の木祭り」高城修三
第12回 「二十歳の朝に」木田拓雄
第14回 「野餓鬼のいた村」加藤幸子
第16回 「夏の淵」高瀬千図
第17回 「過越しの祭」米谷ふみ子
第19回 「カワセミ」図子英雄
第22回 「ランタナの咲く頃に」長堂英吉
第29回 「叶えられた祈り」萱野葵
第31回 「クレア,冬の音」遠藤純子
第32回 「生活の設計」佐川光晴

その他,受賞年・受賞作などが不明ですが,以下の人たちも受賞しているようです.
別唐晶司・小口正明(第23回)・須山静夫・三善里沙子「お台場の掟」(未確認)
左能典代「ハイデラパシャの魔法」84年発行(未確認)

あとは新潮社に直接問い合わせるという手もありますね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!!こんなに!名前は知ってるけど、あの人やこの人が新潮新人賞を受賞なさっていたとは知りませんでした。ほんとにどうもありがとうございます!

お礼日時:2002/04/10 19:55

新潮新人賞を受賞したのは鈴木弘樹「グラウンド」ですが,単行本はまだ出ていないようです.


芥川賞にもノミネートされてましたね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

芥川賞にもノミネートされてたんですか???知りませんでした。

1998年ぐらいまでは受賞者のリストを発見したんですけど、それ以前が謎なんですよね。新潮新人賞は、新人賞の中でもレベルが高いって聞いたので、ぜひとも読んでみたいんですけど・・・。新たな情報お待ちしております。

お礼日時:2002/04/10 07:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qノーベル賞受賞者の著作を読みたいのですが…

日本人ノーベル賞受賞者、特に化学賞・物理学賞を受賞した方の著作を読みたいと思っています。
私は現在高校3年生で理系学部の推薦入試を受験します。
私の年齢でも読みやすいようなものはありますか?
つい先日受賞された方々から湯川英樹さんの書かれたものまで、
色々と読みたいと思っていますが、
やはり専門的すぎて理解できないものもあると思いますので、
比較的読みやすいものを探しています。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

下記の本が内容もわかりやすく、高校生でも読めると思います
湯川秀樹
物理講義 講談社学術文庫
目に見えないもの 講談社学術文庫
朝永振一郎
物理学とは何だろうか(上)(下) 岩波新書
鏡の中の物理学 講談社学術文庫
量子力学と私 岩波文庫
小柴 昌俊
ようこそニュートリノ天体物理学へ 海鳴社
白川英樹
化学に魅せられて 岩波新書
利根川進
私の脳科学講義 岩波新書
 

Q直木賞受賞 「GO」のポスター

GOの窪塚がでている映画版のポスターをさがしているのですが、どこにも見つかりません。 誰かあるとこわかりませんかね?

Aベストアンサー

ヤフオクにありましたので報告します。
参考URLのところにあると思います。
なかった場合ヤフーのオークションの検索に”GO””窪塚”とキーワードに検索すればいろいろと出てきます。その中にポスターもあると思います(私が見たときはありました)

参考URL:http://search.auctions.yahoo.co.jp/search/auc?p=GO%A1%A1%B7%A6%C4%CD&alocale=0jp&acc=jp

Q最近の賞を受賞したミステリー小説は?

再た、教えていただきたいことができましたので、お願いします。

ミステリー若しくはSFで、去年または今年の賞を受賞した作品をご存知の方、よろしくお願いします。

乱歩賞と横溝賞は調べて判ったのですが、サントリー・ミステリー大賞はなくなったみたいで、みつけられませんでした。
それ以外でも、これは面白かったぞ、というのがありましたらご紹介ください。
また、既に刊行されていなくても雑誌などに全編掲載されているものでしたら、その雑誌名と何月号かを教えてください。

あと、このミステリーはすごい!大賞(?)は調べました。来年1月刊行予定らしいので、これは省いてください。
よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

こちらのサイトさんなんか参考になるかもしれません。
あまり賞には興味がないのであれですが、鮎川賞と本格ミステリ大賞はちょっと贔屓にしてます。

ミステリ関係では、ふた月くらい前に出た綾辻行人著「暗黒館の殺人」がそのうち何か取ると思ってます(おもしろさもあるけど、色々なしがらみでね・笑)

参考URL:http://homepage2.nifty.com/heavenly-kiss/

Q単行本の文庫化

よく単行本が文庫化されていますが、あれは内容的に大幅な変更はあるのでしょうか?

これは知っていたらで良いのですが、あさのあつこの「NO.6」の文庫本の方を読んでいるのですが、単行本と内容は大分変わっているのでしょうか?
(ネタばらしは無しの方向でお願いします。)

Aベストアンサー

sora-naさん、こんばんわ。

たぶん大幅な内容変更はないと思います。文庫化に際し、加筆修正がある場合は文庫本の一番後ろのページに但し書きがついている場合が多いと思います。その場合は文庫化に1年以上 たった作品が多いと思います。
あさのあつこさんについては作品を読んでいないので、わかりません。

Q芥川賞と直木賞どちらが上?

これまで芥川賞が文学界の中でもっとも権威ある賞だと思っていましたが、「20ほど前から直木賞が上になっている」という意見もあります。
本当なのでしょうか?直木賞どまりである作家も最終的には芥川を狙っている(というよりか、それも欲しい)と思いますが…。
もし違っていたらご指摘ください。

Aベストアンサー

>芥川賞が文学界の中でもっとも権威ある賞

 この認識がすでに間違っています。以下をごらんください。


 芥川賞および直木賞は、「文藝春秋」の創始者菊池寛が友人の芥川龍之介と直木三十五を記念して作った文学賞で対象は新人の小説作品です。当時(昭和初期)はひどい不況時代で新人作家はほとんど衣食の道がなく、また文壇に出てくるには同人誌に小説を発表してそれが批評家の目にとまるのを待つしかないというような時代でした(もっともこのころの同人誌というのは今よりかなり格の高いものもあって、なかば商業誌のように売れるものもありましたが)。アイデアマンだった菊池は、新人賞によって、(1)新しい才能を継続的・定期的に発掘する、(2)原稿料による収入を確保する(賞を受賞すると注文が増える)、(3)雑誌が売れないとされる二、八月に賞を出すことで売上げ増を目指す(芥川賞受賞作は「文春」に、直木賞は系列の「オール読物」に掲載される)、という一石三鳥の効果を狙ったと言われていますが、それはともかくとして、こういういきさつで作られた賞ですから、審査の対象がもともと新人の作品に限定されている。ですから村上春樹とか大江健三郎とかが今年どんなに優れた小説を書いても芥川賞はもらえないわけです。大家や中堅の作家の作品が審査の対象になることはありませんし(実際「○○さんはすでに中堅作家だから」という理由で落選したり、候補に入らなかった候補が何人かいます)、新人賞というのは基本的に新しい才能を見出すのが目的ですから一生に一度が基本です。イチローのように二度もらったりすることはありえない。
 ただし「完全な新人賞」、つまりこれまでまったく無名だった作家を一夜にしてシンデレラ・ガールにするという賞でもないんです。というのは芥川賞は(直木賞については後述)新人賞としてもっとも格の高いものという扱いですので、所謂文学誌に定期的に作品を出しているような作家、あるいは文学界新人賞や文藝新人賞のような新人賞をすでに受賞している作家、作品も対象になります。要するに新人としての総仕上げの賞というのが正確な把握なのではないでしょうか。これをさらに徹底しているのが直木賞の選考基準で、今では芥川賞と直木賞ならば直木賞のほうが受賞がむつかしいというのが現状です。直木賞はご存じのように大衆小説が対象ですから、選考委員にも受賞者にも「筆で喰っていく」という意識がつよいんですね。したがって「新人としての総仕上げ」というのも芥川賞よりややレベルが高く、原稿料と印税だけで食べてゆける(直木賞系統は芥川賞系統より原稿料がかなり安いので、定期的に大量の原稿を書いてゆかなければならない)だけの技術と実績、そして雑誌からの注文が保障されていることが必要になります。受賞者一覧をご覧になればわかるかと思いますが、芥川賞は「この人は今……」という人がけっこういるのですが、直木賞にはそれがほとんどありません。作品主体の選考ではなくて作家主体の選考が傾向としてつよいので所謂一発屋という人が出ないんです。その代り、一時期、芥川賞には「もう遅い」が連発され(目の利かない選考委員のときに新人だった作家が中堅になってしまっているので今さら芥川賞が出しにくい)、直木賞には「まだ早い」が決り文句になっていた時代がありますが、直木賞のどちらかといえば慎重主義的な態度はどうしても受賞者の年齢を押しあげます。今さらこの人? というような受賞者が最近連続しているのはこのためです(まあ、直木賞は探偵もの、時代小説、SF、現代もの、風俗小説、とジャンルが広くて候補者が多くなるせいもあるのでしょうが)。
 まあ、今のところの印象としては、芥川賞は「新人の総仕上げ」、直木賞は「中堅の入口」というのが正直なところでしょうかね。個人的には直木賞は人数を増やしてもいいからもう少し基準をゆるくしてもいいんじゃないかと思うなあ。
 ちなみに、どうして「日本でいちばんすごい文学賞」という誤解があるのか? これは簡単です。芥川賞と直木賞は「日本でいちばんメディアが注目している文学賞」だから。要するに今の社会はメディアがすべてなんですね。内容よりも視線が大事な時代。もともと文学関係者だけが注目していた地味な賞だったのが、いつからこれほどメディアの視線を集めるようになったのは石原慎太郎の『太陽の季節』による最年少受賞がきっかけなのですが……、まったくこの人、政治どころか文

>芥川賞が文学界の中でもっとも権威ある賞

 この認識がすでに間違っています。以下をごらんください。


 芥川賞および直木賞は、「文藝春秋」の創始者菊池寛が友人の芥川龍之介と直木三十五を記念して作った文学賞で対象は新人の小説作品です。当時(昭和初期)はひどい不況時代で新人作家はほとんど衣食の道がなく、また文壇に出てくるには同人誌に小説を発表してそれが批評家の目にとまるのを待つしかないというような時代でした(もっともこのころの同人誌というのは今よりかなり格の高いものもあって...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報