新潮新人賞の受賞者の単行本を教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一覧がありそうなのに,ないですね.以下は調べてわかったものだけですが,ご参考までに.



第1回 「ママは知らなかったのよ」北原亞以子
第5回 「剥製博物館」泉秀樹
第8回 「ウォークライ」笠原淳
第9回 「榧の木祭り」高城修三
第12回 「二十歳の朝に」木田拓雄
第14回 「野餓鬼のいた村」加藤幸子
第16回 「夏の淵」高瀬千図
第17回 「過越しの祭」米谷ふみ子
第19回 「カワセミ」図子英雄
第22回 「ランタナの咲く頃に」長堂英吉
第29回 「叶えられた祈り」萱野葵
第31回 「クレア,冬の音」遠藤純子
第32回 「生活の設計」佐川光晴

その他,受賞年・受賞作などが不明ですが,以下の人たちも受賞しているようです.
別唐晶司・小口正明(第23回)・須山静夫・三善里沙子「お台場の掟」(未確認)
左能典代「ハイデラパシャの魔法」84年発行(未確認)

あとは新潮社に直接問い合わせるという手もありますね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!!こんなに!名前は知ってるけど、あの人やこの人が新潮新人賞を受賞なさっていたとは知りませんでした。ほんとにどうもありがとうございます!

お礼日時:2002/04/10 19:55

新潮新人賞を受賞したのは鈴木弘樹「グラウンド」ですが,単行本はまだ出ていないようです.


芥川賞にもノミネートされてましたね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

芥川賞にもノミネートされてたんですか???知りませんでした。

1998年ぐらいまでは受賞者のリストを発見したんですけど、それ以前が謎なんですよね。新潮新人賞は、新人賞の中でもレベルが高いって聞いたので、ぜひとも読んでみたいんですけど・・・。新たな情報お待ちしております。

お礼日時:2002/04/10 07:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後輩(新人)の教え方

31歳の会社員です。
私の会社は数年前から大卒新人を採用するようになり、まだまだ社内での教育がシステム化されておらず、配属先で
ついた上司(2年生またはその上司)が一から指導するようになっています。
 おととしの新人は、やる気もあり、頑張って教えた結果
1年である程度の水準になってくれましたが、昨年の新人は
(1)話をしてもメモを取らない
(2)同じ話を何度も聞く
(3)関係部署に確認させると、自分で判断せずにその話をそ のまま伝えるだけ
(4)こちらから聞かないと途中報告をしない
 という具合で1年を過ごし、今年の新卒が入ってきた後、
また今まで通りの状況だったため、厳しく指摘したところ、いまでは会社にこなくなってしまいました。
 少々、感情的な怒り方になってしまったこともあり、また職場を選ぶ権利は彼にありますが、あのままでは正直どこに行っても・・・と思う気持ちもあり、どこまで自分の責任として考えるべきか、悩んでいます。

私自身も、最初の上司は厳しい方で、エレベーターに乗った際に、ボタンをお客さんや上司に押させただけで、口を利いてくれなくなる人で、正直きつかったですが、今ではその方の言った話が鮮明に残っていて、感謝しています。

沢山の部下をお持ちのかた、同じような境遇にあるかた、ご意見をいただければ幸いです。

31歳の会社員です。
私の会社は数年前から大卒新人を採用するようになり、まだまだ社内での教育がシステム化されておらず、配属先で
ついた上司(2年生またはその上司)が一から指導するようになっています。
 おととしの新人は、やる気もあり、頑張って教えた結果
1年である程度の水準になってくれましたが、昨年の新人は
(1)話をしてもメモを取らない
(2)同じ話を何度も聞く
(3)関係部署に確認させると、自分で判断せずにその話をそ のまま伝えるだけ
(4)こちらから聞かないと途中報告をしない
 と...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは

我が社にも、いろんな新人がきます。

最初から、意欲があり、あれこれ質問してくる人はいいのですが、なんとなく入社したような人はこまりますね。

まず、仕事は、遊びではないこと。

   仕事は会社のためでなく、自分のためにする事。

   会社を代表して、お客様に接している事。

   教えるのは、1年間のみである事。

   記憶出来ない事は、しっかりメモを取る事。

   解からない事は、なんでも質問する事。

   社会的に必要とされている、価値ある仕事である事。 

を、最初に言い渡します。後は本人の能力に応じて、時々チェックをし、教えるスピードを調節します。

仕事がイヤになり、退社するのは、仕方ない事と割り切っています。

がんばって下さい。  

Qノーベル賞受賞者の著作を読みたいのですが…

日本人ノーベル賞受賞者、特に化学賞・物理学賞を受賞した方の著作を読みたいと思っています。
私は現在高校3年生で理系学部の推薦入試を受験します。
私の年齢でも読みやすいようなものはありますか?
つい先日受賞された方々から湯川英樹さんの書かれたものまで、
色々と読みたいと思っていますが、
やはり専門的すぎて理解できないものもあると思いますので、
比較的読みやすいものを探しています。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

下記の本が内容もわかりやすく、高校生でも読めると思います
湯川秀樹
物理講義 講談社学術文庫
目に見えないもの 講談社学術文庫
朝永振一郎
物理学とは何だろうか(上)(下) 岩波新書
鏡の中の物理学 講談社学術文庫
量子力学と私 岩波文庫
小柴 昌俊
ようこそニュートリノ天体物理学へ 海鳴社
白川英樹
化学に魅せられて 岩波新書
利根川進
私の脳科学講義 岩波新書
 

Q仕事の教え方

私は入社8年目の事務職OLです。入社以来ずっと仕事を共にしてきた先輩が相次いで辞めてしまい、今年に入り、初めて自分の下に中途入社で後輩がやってきました。4月にも新卒で1名入社する予定です。今までずっと下の立場だったので、先輩になり今までにない責任を感じてます。
しかーしこの後輩の仕事覚えの悪さに困ってます。他業種からの転職で事務経験が全くないので仕方ないのですが、丁寧に教えても、メモを取らない!ボーっと突っ立ったまま聞いてるだけ。だから同じトコで見事につまづく。確かに「分からない事は何度でも質問してね」とは言ったけどさあ(苦笑)。「強制はしないけど、分からない事や一度で覚えられない時は今後のためにメモ取ろうネ。」と嫌味で言っても「ハイ!」と返事だけは素直でよい。仕事に支障をきたすので、いけないと思いつつ彼女の仕事まで自分で片付けてしまう有様で、人に物を教える難しさを感じています。私が新人だった頃は何でもメモってたし、もっと必死だった気がする。先輩も厳しかったしなあ・・・ってことは私の教え方が悪い?なんて悩んだり。春にはまた新卒の子が来るのですごく心配です。
長くなりましたが、職場でこんな風に後輩に指導した!!こんな風に指導されて現在の私がある!!等など、何でも結構ですので参考にしたいのでたくさんのご意見お待ちしてます。

私は入社8年目の事務職OLです。入社以来ずっと仕事を共にしてきた先輩が相次いで辞めてしまい、今年に入り、初めて自分の下に中途入社で後輩がやってきました。4月にも新卒で1名入社する予定です。今までずっと下の立場だったので、先輩になり今までにない責任を感じてます。
しかーしこの後輩の仕事覚えの悪さに困ってます。他業種からの転職で事務経験が全くないので仕方ないのですが、丁寧に教えても、メモを取らない!ボーっと突っ立ったまま聞いてるだけ。だから同じトコで見事につまづく。確かに「分...続きを読む

Aベストアンサー

ご苦労、お察しします。(^^;)
きっと、nanayanさんは優しい先輩なのだろうなと、思いました。
しかも、責任感の強いnanayanさんには、ツライ状態でしょう。。。

この手の人は、仕方がないというべきか、こういうタイプの人、という存在なんでしょうね。
だからといって、それが通るほど会社は甘いつくりにはなっていませんから、ぜひとも「使える人」になってもらわなくては困りますね。
後輩の方が、「言われればできる人」なのか、「言われても出来ない人」なのかが問題ですが、出きる人に仕立て上げましょう!
飴とムチも必要だと思いますよ。
優しいだけでは、おそらくいつまでたっても出来ないでしょうし、責任感のあるnanayanさんは、思わず手を出してあげてしまうでしょうが、それもやめておく必要も出てくると思います。

「強制はしない」ではなく、強制する。必ずメモはとらせ、教えたことは、逐一全て書かせる。
nanayanさんや、出来る人にとって、当然の「メモをとる」という作業も、彼女にとっては「出来ない作業」なんですね。
私のところにいらっしゃる、「仕事についていけない」「仕事を教えられない」という方は、大抵メモを取れず、取らせることを徹底できないようなのです。
メモを取る気はあっても、どこでとればいいのかが判らない。
出来る人は、必要なところだけを取ればすみますが、わからなければ、全てとればおのずと判ってくるはずです。
手助けも、しないでおいた方がいいと思いますよ。
困って出来るようになることも、多々あるからです。
任せられれば、自主性を出さざるをえなくなりますしね。
これは、他の人に支障がでるかも、と思ったらやってあげてしまうのではなく、支障が出そうな人に「彼女に任せてみたいから」と事情を先に言っておく、という手を打っておくのはどうでしょうか。

厳しい状況をあえて作った後には、nanayanさんの優しさを全開にして、誉めてあげてください。
子供じみていると思われるかもしれませんが、人はやはり、誉められると嬉しいものです。
過干渉なくらいにメモをとらせ、時には放置してやらせてみる。
厳しい状況においた方が、人は成長すると信じて(私自身もそうです)かんばってくださいね。

ご苦労、お察しします。(^^;)
きっと、nanayanさんは優しい先輩なのだろうなと、思いました。
しかも、責任感の強いnanayanさんには、ツライ状態でしょう。。。

この手の人は、仕方がないというべきか、こういうタイプの人、という存在なんでしょうね。
だからといって、それが通るほど会社は甘いつくりにはなっていませんから、ぜひとも「使える人」になってもらわなくては困りますね。
後輩の方が、「言われればできる人」なのか、「言われても出来ない人」なのかが問題ですが、出きる人に仕立て上げま...続きを読む

Q直木賞受賞 「GO」のポスター

GOの窪塚がでている映画版のポスターをさがしているのですが、どこにも見つかりません。 誰かあるとこわかりませんかね?

Aベストアンサー

ヤフオクにありましたので報告します。
参考URLのところにあると思います。
なかった場合ヤフーのオークションの検索に”GO””窪塚”とキーワードに検索すればいろいろと出てきます。その中にポスターもあると思います(私が見たときはありました)

参考URL:http://search.auctions.yahoo.co.jp/search/auc?p=GO%A1%A1%B7%A6%C4%CD&alocale=0jp&acc=jp

Q仕事の教え方。

コールセンター(アウトバウンド)のSVです。
当社利用者への案内業務をしています。
付随する事務作業も多く、またルールも複雑。
特に新人にはもちろんあまり複雑になりにくい物から対応をしてもらっているのですが、どうしても業務を理解できない人もいます。また中堅・ベテランと言えど期間だけ長いと言うだけで新人以下の実力の人もいます。
応対的に問題があっても、知識的に不足が明確でも、なぜかウチの会社は契約を更新します。なので、自分の仕事に疑問を持ってしまうこともあるのですが、だったら一人前になってもらわないといけないと、まず最低限のラインまでのレベルアップを目指し指導をしていますが、本人に元々ヤル気も興味もない上に、私がどこかで迷ってしまうので、興味を持たせきれません。
指導経験者の方、どのような方法で底辺の実力の社員の底上げをしているのか参考に教えていただけないでしょうか?
ちなみに現状の条件のようなものを参考までに。
時給ダウンは出来ません。且つ、目標を立ててもクリアしようとしまいと口頭で注意されるだけです。上記のように契約もほぼ更新(更新しないのはよっぽど数字が悪い上に欠勤が多いなどの場合のみ。それも条件付で更新の打診をしている・・・)本人への危機感を環境的に持たせることは困難。
また、仕事は分割できない部分があるのでどうしても単純作業のみをやらせる等のその人の力にあった仕事だけを任せることも出来ません。
あまり業務内容を詳しく書くことが出来ないので、適切なアドバイスを求めるのは困難とは思いますが、どうぞよろしくお願いします。

コールセンター(アウトバウンド)のSVです。
当社利用者への案内業務をしています。
付随する事務作業も多く、またルールも複雑。
特に新人にはもちろんあまり複雑になりにくい物から対応をしてもらっているのですが、どうしても業務を理解できない人もいます。また中堅・ベテランと言えど期間だけ長いと言うだけで新人以下の実力の人もいます。
応対的に問題があっても、知識的に不足が明確でも、なぜかウチの会社は契約を更新します。なので、自分の仕事に疑問を持ってしまうこともあるのですが、だった...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
気持ちはよくわかります。だいぶ以前の私なら、一定期間教えても実にならないならこの人むりだな・・と思ってました。今もやっぱり人には器といいますか・・やれる範囲ってやっぱりあると思うんです。
ですが、そうも言ってられない場合、まずは新人の場合はマニュアルを渡します。(わかりやすいものが近くにあると結構便利なので)
そして業務が慣れだしたら、9割ほめて、1割指摘します。しかられてのびる人もいますが、たいていの人はほめれば頑張ります。
そして飲みにいきます。ごく少人数でですが、会社だけの付き合いですと、やっぱりどっかふみこめない域っていうのが指導者の側でなく、指導される側に発生してしまうと思うんです。それを解消をいう意味でしょうか?あまり”これ”という得策はないですが、ほめるというのは結構難しいもので。。ましてやほめる所あるのか?という人なら・・
ですが、やっぱり上司がほめてくれたり、以外にみてくれているのだなという実感がわくと結構頑張れるものだと思います。

 大変ですが、教育をしていくと自分も勉強できる点が多くなりますので頑張ってください!

こんにちは。
気持ちはよくわかります。だいぶ以前の私なら、一定期間教えても実にならないならこの人むりだな・・と思ってました。今もやっぱり人には器といいますか・・やれる範囲ってやっぱりあると思うんです。
ですが、そうも言ってられない場合、まずは新人の場合はマニュアルを渡します。(わかりやすいものが近くにあると結構便利なので)
そして業務が慣れだしたら、9割ほめて、1割指摘します。しかられてのびる人もいますが、たいていの人はほめれば頑張ります。
そして飲みにいきます。ごく少人数...続きを読む

Q最近の賞を受賞したミステリー小説は?

再た、教えていただきたいことができましたので、お願いします。

ミステリー若しくはSFで、去年または今年の賞を受賞した作品をご存知の方、よろしくお願いします。

乱歩賞と横溝賞は調べて判ったのですが、サントリー・ミステリー大賞はなくなったみたいで、みつけられませんでした。
それ以外でも、これは面白かったぞ、というのがありましたらご紹介ください。
また、既に刊行されていなくても雑誌などに全編掲載されているものでしたら、その雑誌名と何月号かを教えてください。

あと、このミステリーはすごい!大賞(?)は調べました。来年1月刊行予定らしいので、これは省いてください。
よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

こちらのサイトさんなんか参考になるかもしれません。
あまり賞には興味がないのであれですが、鮎川賞と本格ミステリ大賞はちょっと贔屓にしてます。

ミステリ関係では、ふた月くらい前に出た綾辻行人著「暗黒館の殺人」がそのうち何か取ると思ってます(おもしろさもあるけど、色々なしがらみでね・笑)

参考URL:http://homepage2.nifty.com/heavenly-kiss/

Q教え方がヘタクソだから理解できない。はダメなのか?

「お前の教え方が悪い。もっと分かりやすく教えろ。でなければキチンと理解できない。分かりやすくできないなら指導者を変えろ。」


このような発言をしたら、すぐに「教わる側の努力不足」を主張してきて、発言者をクレーマー扱いする人多いですが

現に教え方がヘタクソな人はいますよね?

教師や予備校講師だけでなく企業の社員研修担当でも教えるのがヘタな人間はいます。

「こいつは教え方がヘタクソだな。」と思ったら、それを主張して担当者を変えてもらうのは当たり前のことですよね?

なぜ自助努力の強制とかいうズレたことを主張する人が多いのでしょうか。

教え方がヘタクソな人から学んでも時間の無駄なのですから、早く代わりを要求するべきです。

車屋で故障車を売りつけられたら交換しますよね?直して使わないでしょ。それと同じだと思いますが

Aベストアンサー

教える技術にいくらの費用を支払うかによります。

費用が安ければ高過ぎる指導技術の要求をするのはクレーマーです。100均製品に職人技のような品質を期待するのは間違い。

それなりの高額の講師料を支払うなら、指導技術を要求するのは至極当然の権利です。

上手な人がいてもいずれ引退していきますから、シフトが固定されていなければ不慣れな初級者に出くわすことは避けられません。その初級者は経験を積んで上達するからです。しかし、お金を払えば上手な人を優先して割り当ててもらうことは可能でしょう。

Q単行本の文庫化

よく単行本が文庫化されていますが、あれは内容的に大幅な変更はあるのでしょうか?

これは知っていたらで良いのですが、あさのあつこの「NO.6」の文庫本の方を読んでいるのですが、単行本と内容は大分変わっているのでしょうか?
(ネタばらしは無しの方向でお願いします。)

Aベストアンサー

sora-naさん、こんばんわ。

たぶん大幅な内容変更はないと思います。文庫化に際し、加筆修正がある場合は文庫本の一番後ろのページに但し書きがついている場合が多いと思います。その場合は文庫化に1年以上 たった作品が多いと思います。
あさのあつこさんについては作品を読んでいないので、わかりません。

Q授業の教え方

今は塾講師をやってるものです。
担当科目は中学校の英と数学です。まだまだ初心者なので、教え方がわかりません。皆さんから、アドバイスをいただけたらすごく助かります。教え方を教えるサイトがあれば、ぜひぜひ教えってください。お願いします。

Aベストアンサー

同業者です。
授業をやりはじめて、25年ほどになります。

授業では、
1 どういう力を付けたいか
2 そのための手段をどうするか
3 力がついたかどうかどうやって確かめるか
4 力がつかなかった場合はどうするか
を考えて授業を組み立てる必要があります。

まずは欲張らず、
1時間の授業で、
必ず1つは何かを身につけさせる
という気構えでやってみてはいかがでしょうか?

教え方については、TOSS代表の向山洋一氏の
著書を参考になさると良いかと思います。

Q芥川賞と直木賞どちらが上?

これまで芥川賞が文学界の中でもっとも権威ある賞だと思っていましたが、「20ほど前から直木賞が上になっている」という意見もあります。
本当なのでしょうか?直木賞どまりである作家も最終的には芥川を狙っている(というよりか、それも欲しい)と思いますが…。
もし違っていたらご指摘ください。

Aベストアンサー

>芥川賞が文学界の中でもっとも権威ある賞

 この認識がすでに間違っています。以下をごらんください。


 芥川賞および直木賞は、「文藝春秋」の創始者菊池寛が友人の芥川龍之介と直木三十五を記念して作った文学賞で対象は新人の小説作品です。当時(昭和初期)はひどい不況時代で新人作家はほとんど衣食の道がなく、また文壇に出てくるには同人誌に小説を発表してそれが批評家の目にとまるのを待つしかないというような時代でした(もっともこのころの同人誌というのは今よりかなり格の高いものもあって、なかば商業誌のように売れるものもありましたが)。アイデアマンだった菊池は、新人賞によって、(1)新しい才能を継続的・定期的に発掘する、(2)原稿料による収入を確保する(賞を受賞すると注文が増える)、(3)雑誌が売れないとされる二、八月に賞を出すことで売上げ増を目指す(芥川賞受賞作は「文春」に、直木賞は系列の「オール読物」に掲載される)、という一石三鳥の効果を狙ったと言われていますが、それはともかくとして、こういういきさつで作られた賞ですから、審査の対象がもともと新人の作品に限定されている。ですから村上春樹とか大江健三郎とかが今年どんなに優れた小説を書いても芥川賞はもらえないわけです。大家や中堅の作家の作品が審査の対象になることはありませんし(実際「○○さんはすでに中堅作家だから」という理由で落選したり、候補に入らなかった候補が何人かいます)、新人賞というのは基本的に新しい才能を見出すのが目的ですから一生に一度が基本です。イチローのように二度もらったりすることはありえない。
 ただし「完全な新人賞」、つまりこれまでまったく無名だった作家を一夜にしてシンデレラ・ガールにするという賞でもないんです。というのは芥川賞は(直木賞については後述)新人賞としてもっとも格の高いものという扱いですので、所謂文学誌に定期的に作品を出しているような作家、あるいは文学界新人賞や文藝新人賞のような新人賞をすでに受賞している作家、作品も対象になります。要するに新人としての総仕上げの賞というのが正確な把握なのではないでしょうか。これをさらに徹底しているのが直木賞の選考基準で、今では芥川賞と直木賞ならば直木賞のほうが受賞がむつかしいというのが現状です。直木賞はご存じのように大衆小説が対象ですから、選考委員にも受賞者にも「筆で喰っていく」という意識がつよいんですね。したがって「新人としての総仕上げ」というのも芥川賞よりややレベルが高く、原稿料と印税だけで食べてゆける(直木賞系統は芥川賞系統より原稿料がかなり安いので、定期的に大量の原稿を書いてゆかなければならない)だけの技術と実績、そして雑誌からの注文が保障されていることが必要になります。受賞者一覧をご覧になればわかるかと思いますが、芥川賞は「この人は今……」という人がけっこういるのですが、直木賞にはそれがほとんどありません。作品主体の選考ではなくて作家主体の選考が傾向としてつよいので所謂一発屋という人が出ないんです。その代り、一時期、芥川賞には「もう遅い」が連発され(目の利かない選考委員のときに新人だった作家が中堅になってしまっているので今さら芥川賞が出しにくい)、直木賞には「まだ早い」が決り文句になっていた時代がありますが、直木賞のどちらかといえば慎重主義的な態度はどうしても受賞者の年齢を押しあげます。今さらこの人? というような受賞者が最近連続しているのはこのためです(まあ、直木賞は探偵もの、時代小説、SF、現代もの、風俗小説、とジャンルが広くて候補者が多くなるせいもあるのでしょうが)。
 まあ、今のところの印象としては、芥川賞は「新人の総仕上げ」、直木賞は「中堅の入口」というのが正直なところでしょうかね。個人的には直木賞は人数を増やしてもいいからもう少し基準をゆるくしてもいいんじゃないかと思うなあ。
 ちなみに、どうして「日本でいちばんすごい文学賞」という誤解があるのか? これは簡単です。芥川賞と直木賞は「日本でいちばんメディアが注目している文学賞」だから。要するに今の社会はメディアがすべてなんですね。内容よりも視線が大事な時代。もともと文学関係者だけが注目していた地味な賞だったのが、いつからこれほどメディアの視線を集めるようになったのは石原慎太郎の『太陽の季節』による最年少受賞がきっかけなのですが……、まったくこの人、政治どころか文

>芥川賞が文学界の中でもっとも権威ある賞

 この認識がすでに間違っています。以下をごらんください。


 芥川賞および直木賞は、「文藝春秋」の創始者菊池寛が友人の芥川龍之介と直木三十五を記念して作った文学賞で対象は新人の小説作品です。当時(昭和初期)はひどい不況時代で新人作家はほとんど衣食の道がなく、また文壇に出てくるには同人誌に小説を発表してそれが批評家の目にとまるのを待つしかないというような時代でした(もっともこのころの同人誌というのは今よりかなり格の高いものもあって...続きを読む


人気Q&Aランキング