オペラ座の怪人を小説で読みました。
舞台用の脚本を小説に直したようなものだな,と思いました。

そこで質問なのですが,「オペラ座の怪人」はもともと何が先なんでしょう?
今は演劇でもやってるけど,もともとオペラの作品だったと思いますが。
舞台用の脚本があって,舞台ができて,それから小説になったのか,
原作となる小説のようなものがあって、脚本ができて舞台になったのか,
どちらが先なんでしょうか?
どなたか、ご存知の方,よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

オペラ座の怪人、私、だいすきです。

劇場は5回ほど見ました。

簡単に

 昔話 → 物語 → 映画 → テレビ → 劇場 → ミュージカルの順です。

詳しくは下記をどうぞ。

はじめに脚本でもなく、小説でもありません。フランスに伝わる昔話なのです。
それを、フランスに住む「ガストン・ルル-」と言う作家ががその昔話に悲劇の中心があることを感じとり、物語にしたと言われてます。作品は好評では有ったもの短期間で終ってしまったそうです。
ガストン・ルルーはその後。休暇中のユニバーサルスタジオの社長と出会う機会があり、好評が今ひとつであった自著ユニバーサルスタジオの社長に進呈し、ユニバーサルの社長が一晩で読み上げ、映画化にしました。でも、あまりにも物語を誇張しすぎ、みにくの内容とかけ離れており醜い顔に映画を見た人は気絶をする人ひが出てきており色々と品を変え表現を変え気絶薬を無料で配る程で有ったが好評であった。
その後、別の映画会社が別名で放映したが失敗。
再びユニバーサルがリメイクし、再び映画化その後テレビ版を放映。
その後、ロンドンで若手演出家が劇場で上演。
それをみていた「アンドリュー・ロイド=ウエヴァー」の心の残った作品となりました。時が少したち、書店で「ガストン・ルルー」の書いた「オペラ座の怪人」に出会い。醜さなどを覗き、「悲劇の中心の本質」を捕らえミュージカルにし、上演された。こんな、感じです。
    • good
    • 0

こんにちは。



詳しいデータはありませんが、小説が先だと思います。
ガストン・ルルーというフランスの作家の作品が原作となって
舞台や映画になっているようです。
ちなみにこの作家は19世紀半ばの生まれです。

オペラの作品は知りませんが、現在やっているミュージカルの
初演は1986年です。

ご参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q演劇(オペラ座の怪人)について

ミュージカルで『オペラ座の怪人』という作品がありますが、

某劇団で何度か上演している『ファントム』と、どう関連があるのでしょうか?

あらすじは似ていますが、異なります。同じ著者なのでしょうか?

怪人が怪人のままである『オペラ』と怪人が実は人間だった『ファントム』と

どちらが本物のオリジナルなのですか?

Aベストアンサー

原作はどちらもガストン・ルルーの小説、「オペラ座の怪人」(原題 Le Fantôme de l'Opéra)です。

この小説を元に脚色し、映画が8本、ミュージカルは3本作られています。


劇団四季が公演しているのはアンドリュー・ロイド・ウェバー版 の「オペラ座の怪人」
宝塚歌劇団が公演しているのはアーサー・コピット&モーリー・イェストン版 の「ファントム」です。

Q舞台オペラ座の怪人・ファントム役の・・・

先日映画『オペラ座の怪人』を見てきました。
メインキャストは吹き替えなしと言う見事な歌声・豪華絢爛な映像・ととても楽しめました。

ですがどうしてもファントムの歌声だけが・・・・昔観た舞台のファントムの声が頭からはなれず違和感を感じてしまいました。(これはこれでとても素敵でしたが)

といっても当時ふらりとみた舞台で、出演者の名前など全く覚えていなくて・・・・
いまさらですがそのファントムの歌声をもう一度聞きたいのです。
他の出演者がかすんでしまうくらいすばらしい歌声でした。

・10年近く前に名古屋で見た公演です。
・劇団四季ではありません。
・全編英語でしたので舞台の横に字幕スーパーが流れていました。
・今回の映画ではかなり目立ってかっこよかったラウルですが、その舞台ではさえなかったような・・・・

以上が手がかりなのですが・・・・
これだけでは出演者など分からないでしょうか??

もしかしてケン・ヒル版のピーター・ストレイカーかな、
と思っているのですが『オペラ座の怪人』の舞台が(他にも)どれくらい公演されているかなど全く分からないので確信が持てません。

詳しい方がいらっしゃいましたらなんでも結構ですので教えてください。よろしくお願いします。

先日映画『オペラ座の怪人』を見てきました。
メインキャストは吹き替えなしと言う見事な歌声・豪華絢爛な映像・ととても楽しめました。

ですがどうしてもファントムの歌声だけが・・・・昔観た舞台のファントムの声が頭からはなれず違和感を感じてしまいました。(これはこれでとても素敵でしたが)

といっても当時ふらりとみた舞台で、出演者の名前など全く覚えていなくて・・・・
いまさらですがそのファントムの歌声をもう一度聞きたいのです。
他の出演者がかすんでしまうくらいすばらしい歌声でし...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと気になって調べてみましたら、
1996年2月に愛知県勤労会館でケン・ヒル版「オペラ座の怪人」の公演があったようです。
(個人の方のHPに覚書のように記載されていただけなので愛知公演の詳細はわかりませんが、1996年1~2月に来日公演があったのは間違いありません。)
このときの公演は字幕スーパーが使用されていたようです。

公演場所は違うけれど、約10年前、全編英語、寒い季節の上演という条件には当てはまります。
このときファントム役を演じていたのは、ご質問にもありりますが、ピーター・ストレイカーです。
(とても素敵な声の方のようですね。私も聴いてみたいです。(^^))

来日公演を行っていて字幕スーパーまで用意している程の公演というのは他に見当たらないので、やはりこのときのケン・ヒル版ではないかなという気もしますが、違ってたらごめんなさい。m(__)m

Q舞台のオペラ座の怪人の録音箇所について

舞台版“オペラ座の怪人”について質問があります。
オペラ座の怪人の舞台で“The Mirror”からファントムが現れてクリスティーヌを地下へ連れて行くシーンで歌われる
“The Phantom Of The Opera”は録音だと聞いたんですが、どこからが録音でどこからが本当に歌っているのですか?
1番有力なのはボートを降りて“歌え、私の音楽の天使”からという説なんですが、別の人の観劇レポートを見ると“恐れはしないわ~♪”の時点で歌ってたとか、色々な説があって・・・・・。
実際のところ、どこから生声か分かった方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

>>1番有力なのはボートを降りて“歌え、私の音楽の天使”からという説なんですが、

そうですね、この部分からが生声です。このタイトルソングの録音は周知の事実のようですね。
wikiにも載っていますよ。他国でも同じく録音。地下へ通じる階段の部分も、ボートに乗っている部分も。
~wikiより抜粋~
『代役
怪人とクリスティンの両役ともに、劇中において代役を利用する場面がある。最初の場面は、クリスティンが怪人と共に鏡の中に入っていくシーンである。ステージ上を下手から上手に向けて走っていく場面が代役である。次の場面は、階段を下っていくシーンであり、本物の役者たちはナンバーの最後、ボートに乗って表れる(この場面までずっと代役が舞台に出ている)。また、この場面における怪人とクリスティンの歌は、各公演版の必要に応じ、事前に録音されたものとなる。』

ネットサーフィンで色んな人の感想を読んでいると、何回か観劇した人は「いつも同じに聞こえる?」って思っている人もいますし、
開幕前に録音したきりではなく、公演を重ねてさらに深みが増した歌で撮りなおして欲しいという感想も目にしますよ。

>>1番有力なのはボートを降りて“歌え、私の音楽の天使”からという説なんですが、

そうですね、この部分からが生声です。このタイトルソングの録音は周知の事実のようですね。
wikiにも載っていますよ。他国でも同じく録音。地下へ通じる階段の部分も、ボートに乗っている部分も。
~wikiより抜粋~
『代役
怪人とクリスティンの両役ともに、劇中において代役を利用する場面がある。最初の場面は、クリスティンが怪人と共に鏡の中に入っていくシーンである。ステージ上を下手から上手に向けて走っていく場...続きを読む

Q舞台「オペラ座の怪人」のDVDを探しています。(映画ではないもの。)

タイトルの通りです。
「オペラ座の怪人」のDVDを探しています。
映画ではなく、舞台のものです。
できればロンドンかブロードウェイのものが良いですが、英語のものであれば良いです。
字幕はなくても構いません。
もしDVDがないのなら、ビデオでも構いません。
どうにか手に入れる方法をご存じの方、いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

舞台というのはミュージカルですよね。以下を参考にしてください。
http://okwave.jp/qa2426905.html

各ミュージカル版舞台について。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E5%BA%A7%E3%81%AE%E6%80%AA%E4%BA%BA_%281976_%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%29
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E5%BA%A7%E3%81%AE%E6%80%AA%E4%BA%BA_%281986_%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%29
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A0_%28%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%29

なお、海外のDVDを日本で見る場合には、リージョンコードとテレビの方式が問題となります。まず、ディスクのリージョンコードとDVDプレーヤーのリージョンコードが一致しないと再生できません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

また、日本やアメリカのテレビはNTSC方式ですが、ヨーロッパではPAL方式などです。パソコンで見るなら大丈夫ですが、テレビで見る場合はPAL方式からNTSC方式に変換しないといけません(勝手に変換してくれるDVDプレーヤーもあります)。
http://www.google.co.jp/search?q=PAL+DVD+NTSC&lr=lang_ja

舞台というのはミュージカルですよね。以下を参考にしてください。
http://okwave.jp/qa2426905.html

各ミュージカル版舞台について。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E5%BA%A7%E3%81%AE%E6%80%AA%E4%BA%BA_%281976_%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%29
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E5%BA%A7%E3%81%AE%E6%80%AA%E4%BA%BA_%281986_%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%29
http://ja.wikipedia.org/wi...続きを読む

Qオペラ座の怪人の中でのオペラの演目

 ミュージカルオペラ座の怪人の劇中で、オペラをやりますが
ハンニバル、ドン・ファンは分かるのですが…真ん中でやる、奥方が愛人をメイドに変装させる
古典的なのが分かりません…完全にオリジナルなのでしょうか?それとも元ネタあるのでしょうか?
気になって、しょうがありません。
 あと、ドン・ファンですが作品中でファントムが入れ替わる重要なシーン。あれはドン・ファンの
内容に実際にあるようですが・・・ドン・ファンの話の内容(特に入れ替わるシーンの理由等)
が分かる、出来たら映画なんかがあればいいのですが、
元ネタも分かれば面白さ倍増そうですし・・・
ご存知の方、宜しくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

■愛人をメイドに変装させるオペラ
 舞台の上では「イルムート」という作品名になっていますが、元ネタはリヒャルト・シュトラウスのオペラ「ばらの騎士」です。
 元ネタ風に解釈すると、カルロッタは元帥婦人の役で、クリスティーヌが演じている女装したメイド(?)がオクタヴィアン・ロフラーノ伯爵、元帥婦人の愛人です。女装した彼は「小間使いのオクタヴィアン」と呼ばれます。

■ファントムが入れ替わるシーン
 自信ありませんが、第2幕でドン・ジョヴァンニが従者のレポレロと入れ替わって、エルヴィーラ(ドン・ジョヴァンニの昔の愛人)の女中にちょっかい出そうとしているあたりだと思います。「窓辺にいでよ」のアリアのあたりでしょうか・・・ホント自信ありませんが。
 映画はフランス映画「ドン・ジョヴァンニ」がありますが、ビデオ化されているかが不明です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報