先日大阪城を見学に行きました。
そこで友人が言っていたのですが、大阪城の建設に携わった人は殺されてしまったってホントなのですか?

A 回答 (2件)

それはないと思います・・・携わった人は5万人以上とも言われていますので、それ全員殺したらえらいことになってたと思います(笑)



築城の際には腕利きの職人を地方からつれてきたりして積極的に人を集めてたので、そんな人をも失うわけにはいかないでしょう。

もしかしたら、、これは私の想像ですが、、大阪城には抜け道と言われる緊急の際の秘密の通路が数箇所あったようですが、これを作った人が「消された」可能性はあるかもしれません。

一番有名な「真田の抜け穴」というやつは数キロ離れた場所まで続いていたと伝説があります。小さいころ近所の公園にあったこの抜け穴の出口の木枠を壊して中を探検した覚えがあります。数メートルはいって折れ曲がったところで詰まってた記憶があります。この抜け穴信憑性高いかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その抜け穴すごいですね。しかも中まで入ったのもすごいですね。怖くなかったですか?その抜け穴もちょっと調べてみたくなっちゃいました。

お礼日時:2002/04/15 00:48

 全員殺されてしまったわけではありません。

ただ、重要な部分の建設に携わった人間は殺されたかもしれません。
 その際、殺されたのは普通の作業者だけだったようです。重要な職人は残しておいたようですが、いくらでも取替えが利く人たちは城という軍事機密を知っているということで殺されたらしいです。
 大阪城ではどうかは知りませんが、当時はそういうことが結構あったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなのですか・・・ほんとにそんなことがあったんですね。
そうなるとうすうす思いながら城を作っていたかと思うと・・・

お礼日時:2002/04/15 00:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪城砲撃について

大坂の陣での徳川方大砲による砲撃で腰元が玉に当たって死亡し、淀君がその威力に驚いて講和条件を飲むに至ったとの話は本当でしょうか?
疑問は当時の大砲を使い城外からの砲撃で天守閣の一部に正確に命中したのかという事です。相当近くから砲撃できたのでしょうか。なお砲撃したと思われる場所と天守閣までの距離など分かりましたらありがたいのですが。

Aベストアンサー

その後調べた所幾つか新事実がありましたので補足します。

大阪方はフランキを使用したようですがこれは前にも書きましたように
暴発の危険性もあり操作が難しいものでした。 またガス漏れのため射程もみじかかったようです。

徳川方は輸入のカルバリン砲という鉄製の前装式大砲で14キロの鉄丸を4~5千mとばせたようです。
従って大阪城本丸に十分届く性能でした。

両者の砲撃戦で大阪方の決定的な不利は火薬の不足にあったようで、十分な反撃ができず、徳川方から一方的砲撃を受けたようです。

Q大阪城について

外国人に大阪城のことについて紹介するとき、どのようなことを書いたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

http://en.wikipedia.org/wiki/Osaka_Castle
こんなんでいいんじゃないの?

Q江戸城と大阪城

大阪城は大阪の陣で実戦に使われましたが、江戸城はそうでありません。純軍事的に見た場合、江戸城と大阪城(秀吉が作成したもの)はどちらが優れているのですか?
また幕末で江戸城が無血開城されず戦争に用いられたら、落城したのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、その攻防戦がいつの時代を想定しているかによります。
ご存知かもしれませんが、江戸城は天守閣がいわゆる振袖火事で焼失しており、その後再建されていません。たかが天守閣ひとつで勝敗が分かれるものでもないですが、違いはあるでしょう。

大阪城は一向門徒の本山兼基地として、信長と十年戦争をしながら遂に直接落城することはなく、さらにそれを基にして小田原城も参考にしつつ築城の天才秀吉が心血を注いで作ったものです。戦国時代の戦争なら、かなり優れていたと思います。
一方江戸城は元々が前線基地的な平城で、政治首都としての機能を優先させた街づくりとなっています。小田原城などの城塞都市は市街の周囲を掘などで囲ったのですが、江戸城はそれをしていません。東京って想像より起伏があるので案外に登ったり降りたりなんですけど(皇居の北側と南側じゃかなり高低差があります)、そうはいっても平地に建てられた城だし、大阪城のように淀川みたいな川を利用したものでもありません。

しかしいくら大阪城といっても大砲が発達した幕末の頃ではもう時代遅れのものになっていました。その頃は五稜郭みたいな星形の城が最もなうだったのです。でも大阪にしろ江戸にしろそんなものを作れる土地はもうありませんでした。

戊辰戦争での江戸無血開城ですが、あれは勝海舟の功績ですよ。戦ったところで幕府軍が勝つ可能性がゼロだったからこそ海舟は開城に応じたのです。
そのため残った(新政府軍が江戸に迫っていたころは幕府軍は事実上敗残兵の集まりでした)幕軍の中で最も過激派で手が付けられなかった新撰組の連中を甲府に派兵してまんまと片づけるのに成功しています。
元々江戸城では防御力が少ないことは江戸幕府は分かっていて、そのため有事の際は将軍は甲州街道を通って周囲が山に囲まれている甲州(甲府)へ逃れることとなっていました。ゆえに、甲州街道に近い大久保には鉄砲衆が住み、甲州街道と南北(神奈川と川越などの埼玉)の要になる八王子(現代でもトラック走行が多い国道16号と甲州街道(国道20号)が交差しています)に旗本(親衛隊)を千人住ませています。

元新撰組なきあと、幕府軍に残っていた士気の高い部隊は彰義隊くらいでしたが、その彰義隊も大村益次郎の名作戦があったとはいえたった一日で片づけられてしまいました。勝海舟は自分の手元にある駒はその程度のものであると見抜いていたのではないかと思いますよ。

まず、その攻防戦がいつの時代を想定しているかによります。
ご存知かもしれませんが、江戸城は天守閣がいわゆる振袖火事で焼失しており、その後再建されていません。たかが天守閣ひとつで勝敗が分かれるものでもないですが、違いはあるでしょう。

大阪城は一向門徒の本山兼基地として、信長と十年戦争をしながら遂に直接落城することはなく、さらにそれを基にして小田原城も参考にしつつ築城の天才秀吉が心血を注いで作ったものです。戦国時代の戦争なら、かなり優れていたと思います。
一方江戸城は元々が前線...続きを読む

Q大阪城近くの建築物について

大阪市内の歴史的(だと思われる)建築物に関する質問です。
「水上バスアクアライナー」に淀屋橋から乗ったのですが、船が京橋(という橋)をくぐって間もなく、右手(つまり、大阪城の側)に、赤れんが造りの古い建物が見えました。日本経済新聞社の東側になります。
どんな建物か気になり、あの建物がどのような建物なのか気になっています。帰って地図を見たのですが、大阪城の一部ということしかわかりません。
どのような建物なのか、教えていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

戦前、いまのOBPと大阪城には砲兵工廠と陸軍第4師団司令部がありました。
その頃の建物ですね。(下記URL参照)

参考URL:http://tsukacci.ld.infoseek.co.jp/osaka%20castle.html

Q大阪城の人面石の場所について

 人(獣)面石と呼ばれる物が大阪城東部内堀に面した石垣にあると聞いてネット等で調べたのですが、詳細な位置までは分かりません。
 青屋門から入城して豊国神社を目差す途中に右手の石垣内にあるらしいのですが。手掛かりになるような情報でも結構です。もし詳しい位置をご存知の方がおられましたら補足を追加しますので場所を教えて下さい。

Aベストアンサー

数年前に大阪の友人に教えてもらったものを…

人面/獣面石は鬼門除けのために置かれた。と聞いています。鬼門=北東(丑寅…角と紋様から鬼)の方角。獣面の場合は猿(申)と思われるとのこと。<申(ほぼ南西)と丑寅(北東)は対極をなすので>

つまり人面/獣面石は北東でなくては意味をなしません。青屋門から入城した場所がまさに北東の方角になります。豊国神社方面へ南下しすぎると東…南東と方位が変わってしまうので人面/獣面石は青屋門付近にないといけませんね。

さて具体的な場所ですが画像がないと説明できないので他の方の力をお借りして…
[画像1]
http://kirisai.hp.infoseek.co.jp/oosaka1-web.html
こちらのHPの上から4、5番目の写真が青屋門付近から内堀の石垣を見たものです。

山里丸跡の低い石垣(写真右)が見え、それに連なって本丸の高石垣(石垣が高くなっている。豊国神社方面)が見えます。山里丸跡石垣と本丸高石垣の連なる場所(高石垣の角)が鬼門(丑寅の方角)にあたります。

カーテンのヒダ状に凹凸…とあるのは恐らく前後への起伏のことを言われているのかと思いますが…そういう意味では一番手前(青屋門側)のエリアになりますね。(山里丸跡の石垣を除く)

青屋門から豊国神社方面へ少し南下し梅林の入口付近(青屋門からすぐ)から高石垣を見ると次の写真のようになります。
[画像2]
http://oisc.jp/sukiyanen/7fushigi/oj9708/oj_10.jpg
高石垣の上部のフチが階段状(前後ではなく上下)になっている(ツタが茂っている)部分がありますね。その付近に人面/獣面石はあります。この写真ではツタで見えませんが…。

で、こちらの写真を
[画像3]
http://www4.osk.3web.ne.jp/~sayemon/mysite/image-4-ishigumi/4.0329jinmen-2.jpg
画像2と見比べるとどこにあるかわかります
…よね?段差の部分を目印にしてください。

私の見た人面/獣面石はまさに画像3でした。
四角い石の中に丸い石があったので顔と言われれば、そうかなぁ…と、いう程度のものでしたね。

数年前に大阪の友人に教えてもらったものを…

人面/獣面石は鬼門除けのために置かれた。と聞いています。鬼門=北東(丑寅…角と紋様から鬼)の方角。獣面の場合は猿(申)と思われるとのこと。<申(ほぼ南西)と丑寅(北東)は対極をなすので>

つまり人面/獣面石は北東でなくては意味をなしません。青屋門から入城した場所がまさに北東の方角になります。豊国神社方面へ南下しすぎると東…南東と方位が変わってしまうので人面/獣面石は青屋門付近にないといけませんね。

さて具体的な場所ですが画像がないと説明でき...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報