冷凍した山椒を使って塩昆布を作りたいのですが、冷凍山椒の取り扱いを教えてもらえませんか??(そのままつかっていいものか、お湯でもどしてから使ったほうがいいのか、その他の取り扱い方などを知りたいです。)

A 回答 (1件)

こんにちは。


実山椒ですよね?
山椒を冷凍する前に、アク抜きしていなければ、冷蔵庫で自然解凍して、茹でて灰汁抜きしてから使います。
事前にアク抜きしてあるなら、解凍後さっと熱湯を掛けて水切りしてそのまま使えます。
姑に聞いたのですが、昆布より少し先に、山椒だけ煮含めた方が柔らかく、味良く仕上がります。(ご存じでしたらすんません)
頑張ってくださいv
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって本当に申し訳ありませんでした。
今回、母の悩みを投稿させていただきました。
普段、山椒って、買って即使っているんです。
近所の人に冷凍をするのを聞いて、
冷凍しておいたものの、塩昆布で利用したいのに
使い方がわからず、ちゅうぶらりんになっていました。
今回御返事をいただいてすごく参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/05/17 18:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qぶりの”アラ”の下処理について教えてください

料理初心者です。
スーパーでぶりのアラが非常に安く売られていたので買いました。
下処理は以下の方法でいいのか教えてください。
1・アラに塩を振って10分ほど置く
2・熱湯をかける
3・2の湯を捨て、水につけてうろこなどを取る

ぶりのアラのレシピを探したらほとんどがぶり大根で、そのレシピと一緒にこの下処理方法が紹介されていました。
私はぶりは焼いて食べるのが好きなので塩焼きにしたいです。
ぶり大根に使うための下処理と同じやり方でいいか知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブリの下処理は臭みを取るために行うものなので、焼く場合は水につけた後良く水分を拭き取れば、それまでの行程は同じ処理で大丈夫です。

ブリが新鮮ならば下処理は不要です。

Q塩昆布とからし昆布

10年ほど前、京都の食堂でアルバイトをしていたときに、
昆布の角切りを佃煮にして乾燥させたもの(塩吹き昆布?)
がありますが、
それの名称を、お店の人は皆「からし昆布」と呼んでいました。
そして、角切りの佃煮の事を「塩昆布」と呼んでいました。
逆なのでは?と思いますが、
当時は京都独特の物だと勝手に思っていました。

私のバイトをしていたお店に限られた呼び方
だったのでしょうか?
それとも、
京都では、昆布の角切りの佃煮を乾燥させたものを
「からし昆布」と呼ぶのでしょうか?

Aベストアンサー

枯らしたので枯らし昆布。
これは塩昆布を炭火で焦がさないように焙って作ることから「枯らす」と言うのです。
いまは塩吹き昆布が一般的です。
唐子昆布とは別物です。

Q下処理済みの牛すじの使い道・・・

下処理済みの牛すじの使い道・・・

下処理済みの牛すじをもらい、しばらく冷凍してました。
使ってみようと思うのですが、どのようなレシピがおすすめでしょうか?
使った事がないので困っています。

何でもいいのでレシピの詳細も教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

煮込み

カレー


下処理済が軽く茹でてあるだけなら、
煮込み時間がかかりますので、
圧力鍋があるのでしたら使用したほうが早いです。

Q昆布水って根昆布じゃなく日高昆布などでも良いのでしょうか??

昆布水って根昆布じゃなく日高昆布などでも良いのでしょうか??

Aベストアンサー

こんばんは

ネバネバが少ないともいますので
根昆布よりは効果が薄いと思いますが
http://matome.naver.jp/odai/2134302554771446701

Q牛タンの下処理方法

アメリカ在住なのですが、
こちらでは牛タンはスライスされた物ではなく
一本皮付きでドーンと売られています。
かなりグロテスクで躊躇しているのですが、
この牛タンを使ってお料理したいのです。
でも下処理(皮むき)の方法が分かりません。

下処理の方法をご存知の方、是非お教えください。
もしくは、下処理について分かりやすく説明してあるサイトがあれがお教えください。

Aベストアンサー

タン塩などにする場合には、まずはきれいに洗って、使う部分(だいたいは付け根あたりを使う)をカットしたら、よく切れる肉切り包丁でそぎ落とすように丁寧に皮やスジを剥いでいきましょう。

面倒なら、多少肉が皮に付くのは覚悟で、ズバズバ切り落としてください(これだと非常に簡単)。

冷凍品なら、表面が解けてきたあたりで、皮と肉の間に包丁を入れて、皮を引っ張れば、一気に剥けます。

ちなみに生のものでも、わざと少し凍らせてからだと肉がある程度硬い状態になっているので、皮を剥いだり、薄くスライスする作業がやりやすいです(凍らせすぎると刃が立たなくなりますので、多少の見極めがいりますが)。

シチューなどに使うなら、丸ごと1~2時間ほど熱湯で茹でてから、一度取り出します。
皮は煮込むと固くなるので、あとはタンを押さえながら皮を剥ぎとります。

あとは、適当にカットして煮込んでください。
下記URLも参考にするといいでしょう。

参考URL:http://www.rheinbruecke.de/vorstellen1.htm

Q訂正です(^_^;)飲む用の昆布水は根昆布ではなく日高昆布などでも良いのでしょうか??

訂正です(^_^;)
飲む用の昆布水は根昆布ではなく日高昆布などでも良いのでしょうか??

Aベストアンサー

こんばんは

大丈夫みたいです
http://www.kombu.or.jp/power/dashi2.html

Qゲンコツの下処理。

ラーメンのスープを作りたいのですが
下処理が下手なのか臭みの強いスープができてしまいます。
血抜きをしてタワシで余分な肉を取っています。
このときにプルプルしたものも取ったほうが良いのでしょうか?
下処理方法を教えてください。
よろしくお願いします・

Aベストアンサー

こちらで
http://www.wakoushokuhin.co.jp/ramen/ramen1.html
http://www.geocities.jp/iejiro55/iejiro4.htm

Q山椒が多くの料理に使われてますが 日本で最初に山椒を口にしたのは 誰だったのですか?

山椒が多くの料理に使われてますが
日本で最初に山椒を口にしたのは
誰だったのですか?

Aベストアンサー

No.1の方と同意見になります。
日本では縄文時代の土器からも発見されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6

日本の歴史の場合は、ある程度文字を使うようになった奈良時代または
そのちょっと前くらいでないと明確な人名はわかりません。

Q中国料理だと、海老って余熱で火を入れようとしますが、海老の天麩羅って揚げ時間が長く感じます。 下処理

中国料理だと、海老って余熱で火を入れようとしますが、海老の天麩羅って揚げ時間が長く感じます。
下処理でプリプリ感を出しているのは分かりますが、
中国料理の下処理もなかなか手間がかかってます。
海老の天麩羅の衣に限って揚げ時間の長さが長いのは関係がありますか?

Aベストアンサー

中華料理のエビは衣で覆わない直接加熱が可能な物ばかりで、小型のエビを使う事が多く、その分調理時間も短くなります。

中国料理でも、衣をつける(粉を着けるではありません)調理方法の場合は時間が掛かりますし、イセエビやロブスターなどの大型エビを使う場合は、それなりに時間がかかりますし

天ぷらは、揚げたてを食べる物で、余熱で加熱されるのを待っていると、衣が水分を吸ってしまって、ゆるゆるのベチャベチャになってしまっておいしくありませんん

中国料理だから、日本料理だからという区別ではなく料理の種類や食べ方で調理時間が変わるのは、中国も日本も同じです。

Q真空から開けた鮭の昆布巻きって冷凍できますか?

真空から開けた鮭の昆布巻きって冷凍できますか?

Aベストアンサー

はい、昆布巻きは冷凍しても大丈夫ですので、密封して冷凍を。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報