このまえとある本(森田実氏の小泉政治全面批判って本だったかな)を読んだときに、「今の日本は言論の自由が弾圧されつつある」って書いてありました。でも、その本を一通り読んだんですけど、その根拠みたいなもが書いてなかったんです。今の日本は言論の自由が弾圧されつつあるってのは本当なんでしょうか?僕個人的にはぜんぜんそうは思わないんですが

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

世界中で、言論が最も弾圧されている国が中華人民共和国と朝鮮民主主義人民共和国。

言論が最も自由な国が日本国。常識です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/11/03 14:19

弾圧の主体としての国民について考えてみると、


イラクで記者が拉致されたときのレスポンスが参考になります。
政府がテロに屈する必要は全くないが、「自己責任」などという造語を持ち出してわざわざ批判までする必要があっただろうか。自作自演説までとびだすお粗末な状態でした。
自由な報道が民主主義の前提となることを理解していないのかもしれません。
この件についてのアメリカの反応が対照的でしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/11/03 14:17

NO.16の方が仰られている事も、報道の自由度の評価を低下させている原因だと思います。



しかし、国境無き記者団による報道の自由度ランキングの前回の日本の評価は、確か、30位台だったと記憶しております。

それが、今回51位に下がったのは、加藤紘一議員の実家が放火にあった事件と、田中真紀子議員が、電話で脅迫を受け、自宅の玄関の表札に生卵やトマトが投げつけられた事件などが影響しているのではないか?と推測しております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/11/03 14:17

ん~ 報道内容じゃなくて制度の問題じゃないですか?


記者クラブだの特殊指定だの再販売価格維持制度だのが減点の対象になってるんでしょう。

内容に関してはどんな報道であれ、発信者の意図がつきまとうものです。問題は事実か否か、ソースに忠実か否かです。資料の一部のみを切り取り拡大コピー、映像・音声の切り抜き、音声上書き+字幕(外国人の発言とかでよく見ます)、表現の変更(デモ→パレード、撤収→撤退)。情報を加工する段階での小細工でどうとでもなりますからね。嘘を見破れない人間にはインターネットはおろかテレビも新聞も読めないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/11/03 14:18

#8です。


#14さんの回答で「報道の自由度調査」がある事を初めて知りました。
このコミュニティは本当に勉強になります。

上位4ヶ国のスコアが「0.5」、韓国が「7.75」で31位、中国が「94.0」で163位、最下位の北朝鮮で「109.0」となっていますね。
日本は「12.5」で51位ですが、韓国より下位だとは思いませんでした。(日本に関すること以外は報道の自由があるのかな?)
「12.5」というスコアが良いのか?悪いのか?は、私には判断しかねますが印象しだいで10位前後は上下しそうです。

しかし私は、ランク上位国と日本との差が政府の言論弾圧に原因が在るとは、どうしても思えないのです。
勿論、国家権力の不正や圧力が全く無いとも思いませんが…。

やはり上位国との差は、マスコミの姿勢が一番の原因ではないでしょうか。
暴力団、宗教団体、政治団体などの取材は、現実に身に危険を及ぼす場合もあるでしょう。
しかし、サラ金、創価学会とその関連企業、パチンコ関係の企業が各メディアのスポンサーになっている事の方が、ずっと深刻ではないでしょうか。
#8でも書きましたが、北朝鮮の日本人拉致、サラ金の金利、部落問題、耐震偽装などのマスコミの報道姿勢は政府の圧力があったからというよりも、マスコミ側自身の思惑が消極的な報道させたと思えてならないのです。

現在の与党が右よりなら、左よりの朝日新聞が発刊中止されてないという事が日本には言論の自由が在るいう証拠です。
日本国内の言論の自由は完璧ではなく改善の余地は多々あるでしょうが、今の社会が言論弾圧の方向に向かっているとは思えません。
何故なら、10年前と比べればマスコミ側のタブーは確実に減ってきているからです。
相変わらず、政府や警察が動いた後でしか大々的に報道できないところが情けないですが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/11/03 14:18

国境なき記者団によれば、日本の報道の自由度は世界51位との事です。


http://www.rsf.org/article.php3?id_article=19388

同率一位が、フィンランド、アイスランド、アイルランド、オランダで、韓国31位、アメリカ53位、中国163位、北朝鮮最下位と発表されています。

また最近では、耐震偽装に関するイーホームズの藤田社長の告発に関する報道の取り扱いが、事件の重要性の割りに、小さくておかしいという声がネットで挙がっています。

この件に関するサイトを、挙げておきます。

以下のアドレス全て、ブログ「反戦な家作り」さん
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-21 …
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-21 …
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-21 …
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-22 …

FC2人気ブログランキング上位の「らんきーブログ」2006年10月27日の記事に耐震偽装に関する記事が載っています。
http://rankeyblog.blog68.fc2.com/

有名な「きっこのブログ」耐震偽装に関する記事が含まれています。(2006.10.27の記事など)
http://www.kikko.cocolog-nifty.com/kikko/

「らくちんランプ」2006年10月29日の記事などに耐震偽装に関する記事があります。
http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/11/03 14:19

最近では、サヨク連中が「核議論を行うことすら禁止」と喚きだしました。


あれも立派な言論封殺ですね。
すぐに総括だのオルグだの内ゲバだの、暴力と殺人はサヨクの十八番ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/11/03 14:19

f-kusanagiさんは、恐らく、昭和61年以前はまだお子さんだったかではないでしょうか?



そのころ大人だったら、毎日のNHKのニュースやお茶の間番組、『うわさの真相』みたいなスキャンダル番組含め、やはり、国民の実生活に直結する政治問題は、とても分りやすく、評論家も大学教授も国民側の国益視点で説明してくれる一時間番組もゴールデンタイムでしっかりと取られていました。。
で、、国民も、バス待ちや床屋さんや電車で隣に乗り合わせた人とする世間話で政治が共通話題として花が咲いたものです。。

が。昭和60年のプラザ合意、内需拡大を政府がアメリカから受け入れて以降、アメリカの内政干渉に対する批判を見聞きすることが激減し、同時にヨシモトのバカ番組(お尻出したり、エログロ?!)がテレビを一世風靡し、、軍備強化論を地位のある人の公演等で見聞きすることとなります・・

世代的に実感を持って感じるのですが、子供の時から今の状態が当たり前に育った方には、実感が沸かないのは当然に思います。

チョムスキー著『メディア・コントロール』 集英社新書 ¥660
小室直樹著『大国日本の崩壊』 光文社
圧力で有名出版会社でなく、題もしがない出版社の売上狙いでいかがわしい?ですが、内容は学者らしい地道なデータを集めた上での論理性と推察です。これが出版された昭和61年には、現在の日本の状況は想像もできないくらい【資産、実質時術、経済力ともにナンバー1でした。
故、矢島鈞次(きんじ)東工大名誉教授は、そういう状況で、数十年後の今の日本社会を予測され、警鐘を鳴らされてていたのです。
まさに、学者の洞察力です。目先の自己の日和見、竹村隆太郎氏とはちがいます。。
『ユダヤ・プロトコール超裏読み術』青春出版社 ¥670
これで、ユダヤ巨大金融資本家が、祖国を持たず、仮宿の国で政治権力を動かす術、経済市場を動かすこと、、それがロシア革命でのソ連興国の影の真のプロデューサーであったことの発見から、これがフランス、ヨーロッパに始まり、アメリカ、日本史へもアジア史にも政府レベルで関与してることをすべて研究し終わるには10年仕事だと言いつつ、取り急ぎ、昭和61年時点で大変な発見を2年目で若者、一般向けにも発表したものです。
が。。。この年から、、この研究だけでなく、、アメリカの日本内政干渉に対するアメリカ批判はメディアから消えていきました。。
世論はバブルで沸き立ち、大切な警鐘を思い出すことも無かった時代がきます。。
ただ・・私は、、矢島教授がかつてフランスはじめヨーロッパ史で繰り返された『戦争⇒効率化による技術革命⇒恐慌』経済パターンで、国がユダヤ金融巨大資本家らに国債の引き受けを頼まざるを得なくなり、政治、外交に関与していく、、小室直樹氏も予測されていた通りのバブルが来て、崩壊し、小さな政府、米国の一部隊としての軍備増強、、実質【属国】に政府が突き進んでる理由が分らなかった。。

どうして?
そこに【靖国】問題、A級戦犯問題と岸信介が命をかけて継続させた新安保でつないだアメリカによる内政干渉?、実質政治権力掌握者が日本の政治を具体的にアメリカ国益視点で動かしていく。
http://ja.wikipedia.org/wiki/A%E7%B4%9A%E6%88%A6 …

一昔前に教えられてた歴史と以下などのデータと見比べると、、、驚かれるのではないでしょうか?
最初、私もこれは何か危険分子の陰謀だと疑いましたが、、
昭和61年ごろ地道なデータ収集の上での先見された早々たる教授や評論家が推測されていたことと重なるので、論理性?合理性?が欠けてるところがないか、突き詰めて言っても、私には不備が見つけられないでいます。
又、細木和子氏、三田佳子など不可解な人脈が根強くメディアで活躍することなど、それも、辿ると、戦前のGHQ絡みのA級戦犯判決者でありながら、処刑日翌日に無罪放免された政治家、彼に近いフィクサー、財界人人脈に絡んできます。。

http://www.k3.dion.ne.jp/~a-246ra/keizukingendai …
http://www.k3.dion.ne.jp/~a-246ra/keizukingendai …
http://www.k3.dion.ne.jp/~a-246ra/keizukingendai …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0% …(家族親族)
http://ja.wikipedia.org/wiki/A%E7%B4%9A%E6%88%A6 …
http://furukawatoshiaki.at.infoseek.co.jp/articl …
http://www.notnet.jp/ 上田哲氏「ニュースの正体 >【警告】」
http://members.at.infoseek.co.jp/saitatochi/
住専http://www.e.u-tokyo.ac.jp/cirje/research/dp/200 …
中坊公平「正義の味方」整理回収機構だが、中小企業に対して過酷な債権回収をし、不動産は小さな物件でもすべて大手を通すシステムにしてしまった。
また、中坊は破綻した朝日住建の債権回収の際にその債権者を騙して15億円を詐取した件も報道されてない。
フリーメーソン:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA% …(ウィキ)
「三菱こそフリーメーソンの牙城だ!」:http://www.asyura2.com/0306/dispute11/msg/602.html
http://homepage.mac.com/ehara_gen1/jealous_gay/i … 江原 元
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/11/03 14:20

「天皇には戦争責任がある」と発言した長崎市長が右翼団体の人間に銃で撃たれるという事件がありました。

明らかな言論弾圧ですね。


朝日新聞襲撃事件というものもありました。この事件では朝日新聞阪神支局の人が、銃で撃たれました。

事件後、日本民族独立義勇軍、別動赤報隊 一同を名乗る犯行声明が時事通信社に届けられたようです。

これも言論弾圧ですよね。

他にも、右翼筋、権力筋による言論弾圧に関する事件は、ごろごろあると思います。

戦後、左翼勢力がジャーナリストを襲撃した事件は、私は聞いた事ありませんが、右翼勢力のジャーナリスト襲撃は、沢山聞いています。

暴力による言論弾圧は、右翼勢力の十八番です。

右翼の人に言わせれば、
「売国奴たる左翼勢力に天誅を喰らわす事こそ正義なのだ!」と主張するのでしょうが、私は右翼のそういった主張を信じられません。

左翼は、庶民の味方という印象を持っています。
左翼の方が、「格差社会を問題だ」と強く主張してくれたりしますしね。
右翼は暴力、示威行動を多用して、とても如何わしいと思ってます。

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/ryujisato/diary/20050 …
    • good
    • 0

リンク先の過去ログ読んで下さい。

日記なので日によっては作者の無駄話も多いけど、かなり信憑性あります。
現在は耐震偽装問題で別件逮捕されたイーホームズの藤田社長の事とか
マスコミが絶対報道しない事を教えてくれます。

参考URL:http://www3.diary.ne.jp/user/338790/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q将来の日本で、暗殺などの言論弾圧が起こる可能性は?

近頃、年金問題やワーキングプア問題、
痴漢冤罪・でっち上げ事件の被害などが、
ますます深刻化してきています。
また、万引き男を取り押さえて死なせた店員が、
傷害致死などで逮捕される事件もあります。
一方で、警察官などの役人が起こした
同様の事故についてはほとんど立件されません。

このような社会情勢のもと、勤勉な一般庶民の間に、
不満と怒りが徐々にたまりつつあると考えられます。
将来、民衆の怒りが爆発寸前に達した場合に、
日本で『危険な言論統制』が行われる可能性は、
どの程度考えられるでしょうか?

治安状態が極度の緊張状態となった場合、
社会の支配者たちが、自分達の身を守るために、
秘密裏に一般国民の『暗殺』や『不当逮捕』などに、
手を出す可能性はないと言えるでしょうか?

    ***

生命保険会社は、暗殺(完全犯罪)も計算に入れて、
保険料率を設定しているという噂を聞いています。

国内の緊張が高まった場合、
一般庶民の怒りの矛先を外国に向けるのが、
支配者による常套の護身手段であります。
ところが、米国などの超大国や強大軍事国家を
周囲に控えている日本では、
内政に対する一般国民の怒りや不満の矛先を、
戦争などによって国外にそらす事が困難です。
また、マスコミによる報道とは違い、
民衆によるインターネット上の言論は、
支配者が直接統御することは不可能です。

それゆえに、治安が極度の緊張状態となった場合、
ネット上などで政府や役人を断罪する民衆が、
政府関係者や官僚関係者の手によって、
暗殺される可能性もないとは言えない気がします。

将来にわたって、民衆へのこのような言論弾圧は、
日本では絶対に起こらないと言えるでしょうか?

【関連Q&A】
社会問題を取り上げたOKWaveの質問で、マークされる可能性は?
http://okwave.jp/qa4236889.html

近頃、年金問題やワーキングプア問題、
痴漢冤罪・でっち上げ事件の被害などが、
ますます深刻化してきています。
また、万引き男を取り押さえて死なせた店員が、
傷害致死などで逮捕される事件もあります。
一方で、警察官などの役人が起こした
同様の事故についてはほとんど立件されません。

このような社会情勢のもと、勤勉な一般庶民の間に、
不満と怒りが徐々にたまりつつあると考えられます。
将来、民衆の怒りが爆発寸前に達した場合に、
日本で『危険な言論統制』が行われる可能性は、
どの...続きを読む

Aベストアンサー

全般的に、勉強不足だな?という気がします。

まず確実なことを言いますね。

1.預言者(もしくは予言者)でもない限り、100年先の未来を言い当てることは一般人には不可能。

2.過去の歴史を正しく学べば、未来のことはある程度は予測可能。

1について言うと、私が学生の頃は冷戦末期だったけど、それから数年もしないうちにソ連が崩壊するなんて夢にも思わなかった。
ごくごく一部の天才的な分析家を除けば、ソ連崩壊なんて誰も言わなかった。
しかし、現実に実現した。
数年先の未来もわからないのに、ましてや100年後までに何が起こるかなどを当てることは、常人には不可能です。

次に2についてですが、ソ連崩壊・冷戦終結といったような人類歴史に残るような大事件ならともかく、もっと小さな事件であれば今起きた出来事の大半は過去に既に起きています。
孔子が論語の中で「温故知新(ふるきをたずねて新しきを知る)」と言っていますが、まさにそのとおりです。

第一次世界大戦後のドイツでは、当時もっとも民主的なワイマール憲法が施行されましたが、ナチスとヒトラーによっていとも簡単にひっくり返されました。
今、日本が民主主義だからといって、将来もそうであるとは誰にも言えないのです。

ただし、ナチスも自分たちだけで政治をひっくり返したわけではありません。
その背景には、大恐慌に端を発した深刻な経済不況がありました。
日本でも、かつての大恐慌なみの不況が訪れれば、独裁体制への移行とか、暗殺が頻発に発生するといった事態になることは、十分ありえます。
ただし、そこまで深刻な不況とならなければ、まあ今の体制は継続するでしょう。
(経済が順調なときに、革命が発生または成功した事例はありません。これも歴史を学べばわかることです)

質問者の方に必要なのは、今からネットをいっさい見ないこと。(必要なことを学ぶまで、雑音を遮断するため)
大きな書店や図書館に行って、歴史の良書をたくさん読むことです。
特定のイデオロギーに偏らず、幅広く読むとよいでしょう。

次には、もし日本がヤバくなっても、即座に海外に脱出できるようにきちんと働き、そして貯金してください。
あのナチスによるユダヤ人大迫害の時代でも、世界のどこかでユダヤ人を受け入れる地域は存在しました。
将来の日本の立場がどうなっているか今の段階で予測するのは難しいですが、とりあえず金さえあれば生き延びることは可能です。
まじめに働いて、適度に貯蓄しましょう。

全般的に、勉強不足だな?という気がします。

まず確実なことを言いますね。

1.預言者(もしくは予言者)でもない限り、100年先の未来を言い当てることは一般人には不可能。

2.過去の歴史を正しく学べば、未来のことはある程度は予測可能。

1について言うと、私が学生の頃は冷戦末期だったけど、それから数年もしないうちにソ連が崩壊するなんて夢にも思わなかった。
ごくごく一部の天才的な分析家を除けば、ソ連崩壊なんて誰も言わなかった。
しかし、現実に実現した。
数年先の未来もわから...続きを読む

Q「転び公妨」の一般市民への適用(言論弾圧など)はある?

日本には「転び公妨」という言葉があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%A2%E3%81%B3%E5%85%AC%E5%A6%A8
(ウィキペディアより)

事件の証拠がない場合に、公務員が自ら故意に相手に接触して、
相手に転ばされたように演技をして、
相手を公務執行妨害容疑にて逮捕することをいい、
宗教団体やサヨクを相手よく行われる、と聞きました。


【1】
さて、この「転び公妨」ですが、
警察などを批判する一般市民へ適用される事もあるのでしょうか?


昨年、店員に取り押さえられた、万引き犯が死亡して、
店員が逮捕される事件がありましたが、
ネット上で一部から、過激な反発の声がありました。
(個人のブログ、その他で。)

警察官に取り押さえられて犯人が死亡した場合は、
責任が問われることが少ないのに、店員が逮捕されるのは、
民間人差別である、と警察などを批判する人もいました。

この件について面白いのは、他の事案への警察批判とは反対で、
左系よりも、どちらかと言うと、右系の政治思想を持った方からの
批判や不満の声が多いように、私は感じました。

凶悪犯罪・外国人の増加により、日本の国益が損なわれている、
という最近の社会情勢のせいでしょうか。

もっとも、日本が敗戦して、米国の事実上の属国になってからは、
警察にとって、左翼のみならず、右翼も売国奴になった、
という話をきいたことがあります。

さて、このネット上での批判について、ある知らない人が、
「ネット上とは言え、あまり過激な政治批判や警察批判をすると
 (世論に大きな影響を与えるような場合など)
 公安に目をつけられたり、マークされたりするかも知れないよ。」
と言っていました。

典型的な左翼偏重者と思われ、まともに聞く必要はないと思いますが、


【2】
現代の日本で、このような一般市民への言論活動に対し、
「転び公妨」の適用などの、言論弾圧が行われる事は、
本当にあり得るのでしょうか?


【3】
あるとすれば、上の左翼氏が言っていたように、
公安により、一般市民のネット上の発言が監視さえ、
こっそり発言者の身元がチェックされる事もあるのでしょうか?


詳しい方、お願いします。

日本には「転び公妨」という言葉があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%A2%E3%81%B3%E5%85%AC%E5%A6%A8
(ウィキペディアより)

事件の証拠がない場合に、公務員が自ら故意に相手に接触して、
相手に転ばされたように演技をして、
相手を公務執行妨害容疑にて逮捕することをいい、
宗教団体やサヨクを相手よく行われる、と聞きました。


【1】
さて、この「転び公妨」ですが、
警察などを批判する一般市民へ適用される事もあるのでしょうか?


昨年、店員に取り押さえられた、万...続きを読む

Aベストアンサー

1)
> ネット上とは言え、あまり過激な政治批判や警察批判をすると(世論に大きな影響を与えるような場合など)公安に目をつけられたり、マークされたりするかも知れないよ。」

世論に大きな影響を与えるような発言がネット上で出来る人なら、ネット上の発言に関わらずマークされています。なので99%ないと言って良いでしょう(名前が違う人はいますけどね)。

ネット上だけで活躍する右翼論者で世論に影響を与える人、なんて聞いたことがありませんね。まぁ、ネット世論?は一般の世論とは異なっているのですが、それが同じだと信じ込んでいる人にとっては、存在するんでしょうけれども。

2)
まず100%ないです。
発覚した場合、大問題になることは必定ですし、現代ではほぼ100%発覚します。植草教授の例をひいてくる向きはあるかも知れませんが、彼とほぼ同意見のクーらは現在でも問題なく発言しています(が彼は今ではスルーされています)。言論への圧力、と言うからには、同じ様な意見の人を軒並みやらないとダメなのは理解できると思います。

3)
> 一般市民のネット上の発言が監視さえ、こっそり発言者の身元がチェックされる事もあるのでしょうか?

可能です。例えば犯罪予告をするとすぐに警察が来ます。殺人予告→逮捕、などは結構ニュースなどでもあります。

ただ、膨大な数をチェックしきれるほど警察の予算も人員もありませんから、一般の人はほとんど無視して良い程度でしょう。

1)
> ネット上とは言え、あまり過激な政治批判や警察批判をすると(世論に大きな影響を与えるような場合など)公安に目をつけられたり、マークされたりするかも知れないよ。」

世論に大きな影響を与えるような発言がネット上で出来る人なら、ネット上の発言に関わらずマークされています。なので99%ないと言って良いでしょう(名前が違う人はいますけどね)。

ネット上だけで活躍する右翼論者で世論に影響を与える人、なんて聞いたことがありませんね。まぁ、ネット世論?は一般の世論とは異なっている...続きを読む

Q(*_*) 資本主義がダメなことが証明されつつある時代?……共産主義は、ぜんぜんいけないんでしょうか?

 なんでも競争原理でうごく資本主義は、他人の失敗は自分の成功になりますから、とげとげしいふんいきのなか、みんなライバルどうしになり、敗者・落伍者もたくさん出て、犯罪も多くなります。貧富の差はますます開き、テロもふえるでしょう。子供の心も荒れます。

 それよりも、競争原理でうごかない社会主義とか共産主義のほうが、やっぱりいいんじゃないでしょうか?

 共産主義の国々はほとんど崩壊した、ダメなことが証明された、とか言われますが、あれは指導者がもうひとつだったりして、ようするにやりかたがまずかっただけじゃないでしょうか?

 いまは、資本主義がダメなことが証明されつつある時代?

 まあ、なにごとも一長一短があるんでしょうが、総合的にみて、共産主義のほうが資本主義よりもいいかなあ、とか思ってますが、この考えかたは、いまどき通用しないんでしょうか?

 あほな考えでしょうか?
 
 

Aベストアンサー

社会主義の功罪に関しては他の方の意見にまかせて、別の観点で考えると
日本の歴史は社会主義、資本主義の繰り返しなんですよ。

社会主義というのは政府が経済を支配し平等主義に基づいて
政府が人民の福利を管理するというものですね。
歴史的にみると主な経済活動というはなんといっても農作物のことです。
したがって社会主義というは農地の国有化を重きにおいています。
ソ連も中国もカンボジアもそうでしたよね。

日本の歴史において土地は豪族が有する私有地でした。
それを国有化したのが大化の改新による中央集権型社会主義国家の建設。
すなわち「公地公民制」の導入です。つまり、農地分配を政府が管理し、
国民の個人的能力に関係なく一定の土地を与えられる制度が登場しました。
いわゆる「班田収受法」です。

しかし、百年も経ないうちにこの理想は破綻してしまいます。つまり、
農地開墾推進のために必要な「事業家精神」が社会主義では育たず、
経済の成長は停滞しました。そこで、当時の政権は部分的な資本主義を導入します。
それが「三世一身法」です(新規開墾の土地は孫の代までは私有地として認める)
まさに社会主義の中国が部分的に経済特別区域という資本主義を導入している
状態ですね。こうなると、農地の自由化はどんどん進み、結局、開墾した土地は
私有地化してもよいという政策になり、公地公民制という日本の社会主義経済は
破綻してしまいました。これが「墾田永年私財法」です。

こうなるとどんどん資本主義は発展し有力な資本家(貴族、豪農、寺社)が
ますます資本となる私有地(荘園)を所有し、貧富の差が広がっていきました。
一方で競争社会となり平安後期から戦うサラリーマンである武士が登場します。
かれらは戦という職場の成果で報酬(土地)が左右される世となりました。
そして鎌倉政権が制定した法律こそ、私人による土地の管理を定めた
御成敗式目という民法であり、鎌倉幕府こそ中央集権型資本主義国家といえるでしょう。

ただし、鎌倉時代の経済は戦という「公共事業(戦争が公共とは言えないけど)」
を中心としてきたものでした。日本も戦後は公共事業を基盤に高度成長を
成し遂げましたが現在は構造疲労に陥っているように、鎌倉政権も
元冦の戦費が不良債権として借金国家となり労働者(武士)の不満が高まりました。

そして中央集権型社会主義国家を目指した「建武の新政」が登場しますが、
あっけなく崩壊し、室町政権による地方分権型社会主義国家が誕生しました。
しかし、中央政権が脆弱なため「不輸不入の権」のように徐々に土地の私財化が進み
戦国時代においては完全なる自由主義社会となりました。その象徴こそ
規制緩和政策の「楽市楽座」「南蛮貿易」でしょう。

しかし、豊臣政権によって日本は中央集権国家となり「太閤検地」によって
政府が国民の土地を把握し農地と農民をセットにした新しい「公地公民」が
登場しました。それが徳川政権により更に強化され「檀家登録制」や
「慶安の御触書」のように土地の売買を禁じた法律を制定しました。
この政権は室町政権と異なり、鉱山、京都、大阪、長崎、江戸を経済特別区域として
直轄し資本主義もとりいれた中央政権が強力な地方分権型社会主義国家でした。

外圧の影響で徳川政権が崩壊すると明治政権による中央集権型資本主義国家が
誕生します。明治政権による「地租改正」によって農地が自由化し、
官営工場、鉱山の民営化によって経済は活発化しました。まるで
電電公社(NTT)、専売公社(JT)、国鉄(JR)の民営化によって財テクブームが
おき、バブル景気に発展したような感じですね。

明治の資本主義社会によって財閥とよばれる資本家が登場し地方にも大地主と
小作人という貧富に差が生じてきました。こういった流れの中で
「鉄道国有化法」が制定され、ついには悪名高き「国家総動員法」が制定され
日本は中央集権型社会主義国家へと変貌してしまいました。
この法律を強烈に支持した政党こそ社会民主党の原点である社会大衆党でした。

敗戦によって日本は全体主義からの脱却を図ったものの経済は更に社会主義です。
「農地改革」によって農業資本家である大地主を排除し、商業資本家である財閥を
解体しました。そして農地には「農業共同組合(JA)」という日本版人民公社が
誕生しました。そして「食料法」の基に政府による管理農業が営まれてきました。
食料法は改正になりましたが、いまだに日本は水田の自由化を制限し、
自分の土地ななのに宅地するなら知事の許可が必要という規制が残っていますし、
穀物メジャーが存在しようにも日本では商社による農場経営が認められていません。
資本家であるべき銀行は国有銀行ともいえる郵便貯金の足元にも及びません。
なによりも経済の要は公共事業という社会主義経済そのもの。

というわけで今までの日本は完全な資本主義ではなくむしろ社会主義に近いんです。
最近になってようやく規制緩和や特殊法人の民営化が叫ばれてきましたが、
まだまだ、経済は国が責任を取るべきという意識は変わりません。

ちょっとこじつけのようなものもありますし、民主主義と社会主義の観点ではなく
農地を基にした経済社会の意見なんでキビシイかもしれませんが、なんかの参考に
なれば幸いです。

社会主義の功罪に関しては他の方の意見にまかせて、別の観点で考えると
日本の歴史は社会主義、資本主義の繰り返しなんですよ。

社会主義というのは政府が経済を支配し平等主義に基づいて
政府が人民の福利を管理するというものですね。
歴史的にみると主な経済活動というはなんといっても農作物のことです。
したがって社会主義というは農地の国有化を重きにおいています。
ソ連も中国もカンボジアもそうでしたよね。

日本の歴史において土地は豪族が有する私有地でした。
それを国有化したのが大化...続きを読む

Q言論の自由と国家破壊工作活動の境目は?

朝日新聞の従軍慰安婦の虚報が明らかになりました。これが原因で韓国との外交と信頼関係が破壊されてしまいました。韓国からではなくて日本国内から出てきたのは驚きです。

そこで伺いたいのですが、言論の自由はどこからどこまでが許されていて、どこを超えると破壊工作活動になるのでしょうか?ガイドラインみたいなものはないのでしょうか?

まさかザルってことはないですよね?言論の自由も行き過ぎは言葉の暴力になります。欧米諸国もこのあたりはどうなっているのでしょうか?

慰安婦問題、南京大虐殺、教科書問題etc.これらは、日本国内の反日左翼団体などから出てきましたよね。

暴力を使わなくてもサイバーテロ、偽札もれっきとした破壊工作活動になりますよね。デタラメな情報を流して二国間の外交を破壊することは国家破壊工作活動にはならないのでしょうか?

それから、日本国憲法で「国民の生命と財産を守る」と謳っていますが、国家や国会議員はこれらを守る責務があるのではないでしょうか?

これは、憲法違反にはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

”言論の自由はどこからどこまでが許されていて、どこを超えると
 破壊工作活動になるのでしょうか?
 ガイドラインみたいなものはないのでしょうか?”
     ↑
一般的なモノはありませんが、個々にはあります。
代表的なものは名誉毀損の場合です。

ウソはイケマセンが、真実であっても名誉を毀損する
場合は、言論の自由は制約を受けます。
しかし、相手が政治家や犯罪者の場合には、一定の
条件下で言論の自由が優先するとされています。

また、憲法訴訟ということで、判例、学説により
各種の制約理論が開発されています。
公共の福祉論、最小限度の法則、
利益較量論、LRAの原則などがそれです。


”慰安婦問題、南京大虐殺、教科書問題etc.これらは、
 日本国内の反日左翼団体などから出てきましたよね”
     ↑
これなどもヒドイですね。
外国人がやるならまだ理解できますが、どうして日本人が
と思います。
もしかして、工作員かなにかがマスコミに紛れ込んでいるん
じゃないのか、とマジで考えたりします。

実際、ゾルゲ事件の朝日新聞記者「尾崎秀実」などはロシアの工作員
でした。


”暴力を使わなくてもサイバーテロ、偽札もれっきとした破壊工作活動
 になりますよね。
 デタラメな情報を流して二国間の外交を破壊することは
 国家破壊工作活動にはならないのでしょうか?”
     ↑
慰安婦などは、韓国が情報戦を仕掛けているのだと思っています。
ただ、その目的は外交を破壊するんじゃなくて、政治家の保身、
人気取りのためでしょうが。


”日本国憲法で「国民の生命と財産を守る」と謳っていますが”
     ↑
? そんな条文ありましたっけ???


”国家や国会議員はこれらを守る責務があるのではないでしょうか?”
     ↑
何故国家なるモノがあるのか、といえば国民の生命財産などを
守るためですから、国会議員にはそのような義務は当然に
あります。


”これは、憲法違反にはならないのでしょうか? ”
     ↑
そもそも憲法という法は、公権力の乱用から国民を守る
為のモノです。
従って、民間企業である朝日に憲法違反の問題は
生じないのが原則です。




    ↑

”言論の自由はどこからどこまでが許されていて、どこを超えると
 破壊工作活動になるのでしょうか?
 ガイドラインみたいなものはないのでしょうか?”
     ↑
一般的なモノはありませんが、個々にはあります。
代表的なものは名誉毀損の場合です。

ウソはイケマセンが、真実であっても名誉を毀損する
場合は、言論の自由は制約を受けます。
しかし、相手が政治家や犯罪者の場合には、一定の
条件下で言論の自由が優先するとされています。

また、憲法訴訟ということで、判例、学説により
各種の制約理論が...続きを読む

Q言論の自由or国益

サンプロや生テレビで問題になった言論の自由と国益どっちが大事?
個人的には当然国益だと思っていたのですが、政治家の皆さんは自由のほうだと言う。考え方の違いは何を意味するのか教えてください。

Aベストアンサー

国がなくなっても生きていけるけど、教えて!gooで自由に発言できなくなったら生きていけませーん!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報