主人の生保を見直す予定なのですが、いままで(約8年間)やってきた個人年金をどうすべきか迷っています。生保見直しのきっかけはその契約している生保会社(M生命)にもありました。他の保険会社の人にも診断してもらいましたが、内容はすごくいいけど、はたして65歳のとき(あと27年後)にもらえるかどうか、またこれがN生命だったら、続けてもいいのではと言えますが・・・(因みに、この方はN生命の方ではありません。)」と言われました。自分で判断するしかないのですが、みなさんだったらどうされるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2で回答したものですが、格付機関に関して説明が不足していると感じましたので補足いたします。



http://www.skc.or.jp/qa/kakuzuke.html

日本格付投資情報センター=R&I、日本格付研究所=JCRの2社は日本の企業で、Moody's、Standarad & Poor'sは外国の企業です。日本企業に関する格付に対して、日本の格付機関は甘く、外国の格付機関は厳しいと言えますが、最近は特にR&Iが積極的に外国格付機関との格差を縮小させる方向となっています。この原因となったのが、エンロンと大成火災の破綻です。特に大成火災においては、JCRが格付の据え置き(格下げを検討していて行わなかった)を行った当日に大成火災が破綻を表明したという失態があり、格付の基準を厳しくしたという所だと思われます。

格付が良い企業が破綻に至るケースも勿論あります。エンロンがその代表格です。破綻直前には大幅な格下げ(BBB→B)が行われましたが、数年前はMoody'sでの格付がA2であったと記憶しています(この部分自信なしです)。このことを引き合いに格付機関或いは格付が当てにならないということを申される方もいらっしゃいます。ただ、私はエンロンにしても大成火災にしても事業内容や内在リスク及び発生損失を隠蔽していた結果、予想以上のスピードで破綻に至ったことが主因だと思っております。
日本の生命保険会社は財務内容などの開示に消極的です。これは開示することが都合が悪い(実態は非常に悪い)と思われる行為です。このことから、公開情報より選られる格付よりも多少、厳しい格付になっていることを否定しませんが、格付機関が予想している以上に実態が悪い或いは前述企業のような問題を抱えている可能性 も高いと思います。

従って、格付が良い会社だからと言って安心はできないということは言えます。しかし、格付が悪い会社でも安心できるということにはならないと思います。私は、実態は格付機関の発表するよりもむしろ悪いのだというように考えるようにしていますし、保険会社自身が計算するソルベンシーマージンよりは遥かに信頼できるものとも思っております。

尚、格付機関は見通しが間違っていたとしても責任を取ることはありません。私の回答もこれと同等のものです。ただ、ご質問者さまご自身が判断できるだけの材料とする為に、格付機関やこのサイトは存在するものだと思っております。(あくまでも参考に留めていただきたいと思っておりますので自信なしとします)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にご回答下さり、ありがとうございました。個人年金はもう少し様子を見ることにしました。生保を解約し、別の生保会社(外資系)にしました。このたびの、ご回答は今後もよく参考にしていきたいと思います。

お礼日時:2002/04/18 01:32

代理店をしています。


8年前くらいなら、利回りがいい契約だと思います。
現在の保険会社を初めとする国内・国外の会社は、長期間存続するか判断をすることは専門家でも判断をすることはできないと思います。

単純に比較判断する材料が、外国の一企業が判断する格付しかないのが実情です。しかし、この判断が正確なのか判断に苦しむところです。アメリカで最近、格付が良かったのに破綻した企業があり問題になっていました。

将来のことは、わかりません。解約をして低い利回りの銀行や郵便局に預けるより、利回りがよく、所得控除が受けられる年金で良いのではないでしょうか。
現在の金融商品は、5年から10年くらいで判断すべきではないでしょうか。企業の財政事情も短期間で劇的に変化します。

最後にあてにならないのが、保険会社の職員とFPの資格を持っている人間、保険を良く知っているという経験者、最後に私です。保険は、あなたの人生設計と蓄え借金すべて教えていただかないと設計などできません。ちゅうと半端な保険に終わってしまいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。しばらく様子を見ることにしました。ご回答わ参考に、ここ何年かで決めたいと思います。

お礼日時:2002/04/18 01:34

私は生命保険の個人年金を解約した者です。

従って、偏った意見です。しかし、ご参考になる部分もあろうかと思いますので、記載いたします。必要部分のみをご参考にしていただければと思います。

1.契約保険会社の経営が悪化して破綻すると考えられる時→即、解約すべき
破綻するかどうかの判断が素人では難しく、気がついた時は手後れというケースも少なくないと思います。以下に私なりの判断基準を記載いたします。
・ソルベンシーマージンが400以下或いはそのようになる可能性が高い
・格付がBB+以下、またはBa1(Moody’s)以下に陥った(以下、格付機関)
http://www.r-i.co.jp/jpn/rating/ra_list.html
R&I(業種別一覧、注PDFファイル)
http://www.jcr.co.jp/ratlis23.htm#T4
JCR
http://www.moodys.co.jp/ssl/list/rat_ins.htm
Moody's
http://www.standardandpoors.com/japan/ratingsact …
Standarad & Poor's

2.契約会社が直ぐに破綻することはないが、不安がある場合
→・様子を見て、破綻懸念が出た場合に解約
→・会社の経営状況のチェックが困難な場合は、手後れにならないうちに解約
→・他に有望な運用方法がある場合は、即解約
上記の何れかの選択となると思われます。
現在ご契約の内容が良いとされているのは、今の金利水準が低く、これが継続する前提です。金利水準が上昇すれば、現在の契約が決して魅力的なものとはならないと思います。悩ましいのは、現状の低金利が継続すると生命保険会社の経営状況がドンドン悪くなることです。ある程度金利が上昇しなければ、数年後にほとんどの保険会社が破綻危機に陥ると考えられます。金利が上昇しないとお考えならば解約という選択肢が浮上しますが、金利が上昇する場合に他に有望な運用方法があるかないかが解約するかどうかの判断材料となると思います。

3.元本割れするかどうか→ひとつの判断基準
現時点で解約すると、元本割れする可能性があります。この点をご確認いただくことが必要だと思います。元本割れしていないとすれば、解約しても良いとの判断をいたします。
ここ数年、日本はデフレに陥っています。インフレの時に預貯金が相対的に目減りすることと同様にデフレ時に預貯金は相対的に増加しています。解約金が元本を上回っていれば、デフレによる物価下落分だけ得したこととなります。確かにもっと効率の良い運用もあったとは思いますが、決して運用の失敗ではなかったと考えます。

4.その他の判断材料を列挙
・現在の経営難の生命保険会社がこの失敗を糧として復活する可能性も否定できませんが、雪印が食中毒事件の失敗を生かせなかった等、構造的に問題を抱えている企業は将来に渡ってもやっぱり駄目となる可能性がある(駄目になる可能性の方がむしろ高いと思っている)
・新規に契約する場合、N生命でも契約しないでしょう。格付がAAA(Moody'sではAaa)の生命保険会社とBBB(Moody'sではBaa)の生命保険会社では、個人年金の利回りが異なって当然ですが(BBBの方が利回りが高いはず)、ほとんど同じであることは、リスクリターンの関係からおかしいと思う
・投資の原則として、金利が低い時は運用期間を短期で、金利が高い時は運用期間を長期で行うこととされています。長期の運用となる個人年金を現時点では選択すべきではない
・生命保険会社においてリストラらしいリストラが見受けられず、営業費用が高いことが運用利回りの足を引っ張る
・個人年金の税優遇措置は魅力的ではあるが、税金の後払いになっている点でリスクはある。日本の財政が大幅な赤字となっていることから、税制が不利に変更されるリスクは決して小さくないと思う

従来からこちらで行っている回答と代わり映えしないものですが、今迄記載した内容をまとめてみました。
上記を読んでいただければ明白ですが、私が同じ立場であれば例えN生命の個人年金でも解約することでしょう。
    • good
    • 0

私だったら続けます。


M生命が破綻するかしないかは賭けです。

8年前は利率も良かったし、解約するのは
もったいないかな。
総支払い保険料と解約金を比べて
あんまり変わらないようなら解約するかもしれないけど、そんな事ありえないのでやはり継続していくでしょう。

N生命のように大きい会社だから破綻しないとは
言い切れませんし。

貯蓄型の保険はもう賭けですよね。
お客さまの為の生保なのに、客が生保の心配をするのも嫌になりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。しばらく様子を見ることにしました。生保の方は解約し、別の保険会社(外資系)に契約し直しました。

お礼日時:2002/04/18 01:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民税税額通知書に記載された従業員のマイナンバーの利用について

住民税税額通知書に従業員のマイナンバーが記載されていますが、
その中には会社へのマイナンバー提出を拒否している者のマイナンバー
も記載されています。
住民税税額通知書により入手したマイナンバーは、利用目的を明示して
本人から収集したマイナンバーと同様に、源泉徴収事務以外の利用目的
(例えば雇用保険、健康保険等)で利用しても良いのでしょうか?
それとも、源泉徴収事務のために提供されたマイナンバーであるので、
源泉徴収事務以外には利用できないのでしょうか?
(番号管理も、本人から収集したマイナンバーとは区分が必要でしょうか?)

Aベストアンサー

>住民税税額通知書に従業員のマイナンバーが記載されていますが
 ・この件に関しては、下記の様な問題点が提起されています・・一読をお勧め
http://news.mynavi.jp/series/mynumber/061/

>住民税税額通知書により入手したマイナンバー
 ・マスキングしてから給与担当に渡す・・利用しない
 (電子データとして貰って、ナンバーを削除するのが望ましい)
>マイナンバー提出を拒否している者のマイナンバーも記載されています
 ・利用不可・・後のち問題になった場合、会社の責任問題になる
 ・法的には義務だが、違法では無い(現在まだ強制の段階に無い)
  会社は提出するように要請できるが、個人が提出しないも可能・・・会社がその旨の説明を関係官庁にをすればOK
・現状、そのマイナンバーに関しては、知り得ない情報として処理した方が賢明です

Q生命保険と学資保険合わせて見直したいのですが

主人29歳、長女2歳、次女1歳、今年第三子出産予定で、保険の見直しを考えてます。

子供達の学資保険なんですが、
《長女》郵便局の満期200万円養育年金付き(全額一括払いしてあります)
《次女》未加入
《3子》(もちろんですが・・・)未加入
といった感じです。

子供達三人ともに長女と同等の保障と貯蓄をしてやりたいのですが、学資保険に加入するより、主人の生命保険の方で、貯蓄保障を得たほうがよいのでは??と素人ながら考えております。

主人の生命保険は、現在、
1)死亡保障1000万円の貯蓄型?!のもの
2)掛け捨てで500万円の死亡保障のもの
とに入ってます。
なので、こちらの保障をもっと増やして(学資保険の変わりに)万が一の場合や、大学進学時の学費にあてようかと思っております。

この場合、三人の子供達、それぞれに進学の時期が違うわけで・・・・主人の生命保険は時期をわけて幾つかはいるべきでしょうか?
それとも、ひとつにまとめて入り、欲しいときに欲しい分だけ解約していけばよいのでしょうか?

こういった趣旨で保険を選ぶ場合、どちらかおすすめのものは、なにかありますでしょうか?

そもそも、こんな保険の入り方で大丈夫なのか・・・

どなたか、ご回答頂けると助かります。
よろしくお願いします。

主人29歳、長女2歳、次女1歳、今年第三子出産予定で、保険の見直しを考えてます。

子供達の学資保険なんですが、
《長女》郵便局の満期200万円養育年金付き(全額一括払いしてあります)
《次女》未加入
《3子》(もちろんですが・・・)未加入
といった感じです。

子供達三人ともに長女と同等の保障と貯蓄をしてやりたいのですが、学資保険に加入するより、主人の生命保険の方で、貯蓄保障を得たほうがよいのでは??と素人ながら考えております。

主人の生命保険は、現在、
1)死亡保障...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。ご懐妊おめでとうございます!
さて、ご質問の件ですが、ご家族の生活費や今後の生活設計など詳細が不明なので、一般的な考え方を少し。

学資保険より貯蓄型のご主人の保障を増やすというのは良い考え方だと思います。終身保険で、15年払い込み終了タイプでご加入されてはいかがでしょう。通常払い込み終了後に元本に近い、もしくは上回る解約返戻金が貯まりますので、保険料が許されるなら短めの払い込みで。15年後は長女で17歳ですよね?大学進学資金には間に合うと思います。次女以降のお子さんはそれ以降に学費が必要になりますので、1本で必要な分だけ部分解約していくというのは良いアイディアだと思います。時期を分けると保険料も上がりますし、病気等で加入できなくなる可能性もありますしね。
このパターンだともしそのときの収入で学費が賄えるのであれば、保障としてずっと続けてもいいですし、老後やお金が必要なときに解約して別のことに使うこともできます。
終身保険であれば、利率が運用実績により変動する「利率変動型」もしくは「変額型」がおススメです。運用実績が良いと解約返戻金額と死亡保障額がそれに応じて増えるタイプです。まだ15年も運用期間がありますから、今の低金利で固定されてしまう、固定型の終身保険ではもったいないと私は思います。私や周りの知り合いは変額型の終身保険に入っていますが、運用実績は好調です。加入して5年程度で、今まで支払ってきた保険料と積立金額(≒解約返戻金。完全に同じではありませんが)がほぼ同額になるくらい好調な方もいます。減るリスクもありますが、できる限りリスクをコントロールすることも可能です。ご参考までに。リスクが嫌なら利率変動型か、もっと払い込みの短い(3年や5年)固定型終身保険を使うとよいでしょう。
あと注意点を一点。
養育年金、育英年金が出るタイプの学資保険は、ご主人死亡後お子さんがお母さんの扶養に入れない、母子家庭のメリットが受けられないなどのデメリットが出てくる場合があります。年金タイプの受け取りだとお子さんご自身に収入があるとみなされてしまうからです。死亡保障なら非課税で受け取れる可能性は高いですが、年金タイプは比較的少額でも課税対象になります。ご注意下さい。以下のURLなどを参考にしてみてください。

色んな考え方があると思いますから、あくまでも参考としてお考え下さい。どうしても不安なら専門家に相談することをお勧めいたします。

参考URL:http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9033.htm

こんにちは。ご懐妊おめでとうございます!
さて、ご質問の件ですが、ご家族の生活費や今後の生活設計など詳細が不明なので、一般的な考え方を少し。

学資保険より貯蓄型のご主人の保障を増やすというのは良い考え方だと思います。終身保険で、15年払い込み終了タイプでご加入されてはいかがでしょう。通常払い込み終了後に元本に近い、もしくは上回る解約返戻金が貯まりますので、保険料が許されるなら短めの払い込みで。15年後は長女で17歳ですよね?大学進学資金には間に合うと思います。次女以降のお子さ...続きを読む

Qこれはアンケートです。 マイナンバー詐欺が横行自分はマイナンバーを取得するか偽装して「他人のマイナン

これはアンケートです。
マイナンバー詐欺が横行自分はマイナンバーを取得するか偽装して「他人のマイナンバーを聞き出す」この場合自主的にマイナンバーをしゃべらせるテクニックで法律上は詐欺には当たらない?皆さんの意見をアンケートにお願いします。

Aベストアンサー

アンケートに答えます。その種の巧妙な詐欺は、増えると思います。想像も出来無い、芸術とも呼べる程の巧妙さで。

Q現在掛捨ての生保、地震災害、障害の保険見直しです

保険についてお願いします。見直しを考えています。現在掛け捨てで生命保険5000円の都民共済、同火災地震掛け捨て付帯、2000円弱、掛け捨て傷害保険2000円弱、と全て掛け捨てで年間10万近くがただ出て行いきます。
もったいないので安価で積み立て式にしたいと考えています。生命保険と地震災害、生涯保険でなにかないでしょうか。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

都民共済について誤解があるようですが、掛金は掛け捨てではないですよ。剰余金が割戻金として戻ってきます。
総合共済(生命保険)で3割くらい、火災共済で4割くらいの割戻金があります。
もちろん、火災などの保険支払事故発生状況によって上下するでしょうが、念のため押さえておくとよいでしょう。

それから、保険は積立ではありません。
掛金総額から運営手数料が差し引かれたものに若干の配当が付くだけで、掛金総額+利息を上回る積立金が得られるものではないことをご理解ください。
ちなみに、都民共済と同等以上の配当金が出る保険商品は見たことがありません。

積み立てたお金よりも多いお金が欲しいのなら、銀行の定期積立をした方が堅実でしょう。
もっとも、保険なんてものはある意味体や資産を担保にしたギャンブルともいえます。
当たりが出なければ(つまり不幸に遭わなければ)元が取れないものと考えた方がよいでしょう。

Qマイナンバー利便性で、マイナンバーの提示とは

マイナンバーのメリットとして、国民の利便性向上があります。

その中の一例として、児童手当の現況届の手続きをする場合に、今までは所得証明書や健康保険証のコピーが必要であったが、マイナンバーを提示するだけで済むという記事がありました。

このマイナンバーの提示とは具体的にどうすることになるのでしょう?
個人番号カードのコピーを添付するだけなら、確かに便利になると思いますが、
マイナンバーを記入するだけだと、証明というには弱い気がします。
また、個人番号カードを見せるとなると、逆に持って行くのが大変でデメリットになってしまうと思うのですが。

さらに、政府広報ページの「こんな場面であなたもマイナンバーを使います。」では、
下のほうに「※マイナンバーを用いる手続では、マイナンバーだけでなく、本人確認書類による本人確認も行うため、マイナンバーだけでなりすましはできません。」なんて書いてあります。
http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/point/#sec1

Aベストアンサー

#2です。
>例に挙げた「児童手当の現況届の手続き」の場合は、個人番号カードを役所で見せるだけでいいと思うので、使い方は3通りになるかと思います。
(1)個人番号カードと、免許証など身分証明できるものを提示。
(2)個人番号カードのみ提示。
(3)書類にマイナンバーを記入。カード提示不要。
.
●いいえ、(1)と(2)は同じです。
つまり、個人番号カードは個人番号を収録した身分証だからです。
厳密には(1)では個人番号カードでなく個人番号通知表で事足りる。

Q20年続けた生保をやめてネット生命にする是非

46歳男で、生命保険加入20年ちょっとです。
今年契約更新らしく、保険屋からプランが提示されましたが、
現在14000円弱、変更後は20000円くらいになり、その後40000円
くらいまであがるとのこと。

子供が現在14歳、10歳の2人です。

今の生命保険、やめてしまおうかと考えています。

そこで質問です。

(1)せいぜい上の上の子供が大学卒業程度までは必要かと思うので
保険期間が10年くらいのネットの生命保険に入るのはどうなんでしょうか。
20年続けた生命保険をやめて新しくネットの生命保険にこの年で入るのが
どうか、という質問です。

(2)がん保険や障害保険などは別に入っているので、生命保険に限定すると
したらどこがよいでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

更新タイプ(10年など区切りで保険料や保障が変わる)に加入されているのですね。
今まで安い保険料で万が一に備えられてよかったですね。
また生保さんであれば、割戻金も良かったのではないでしょうか。

保険のリフォームは悪いことではありません。
そして、保険に悪いものもありません。

大切なのは、生活事情、社会保障、医療事情など…いまの現状に合っているかどうかです。

新たに加入されるにしても、健康体であれば問題ありません。
病院より「予防ですよ」と言われて飲んでいる薬。
私の扱っている商品には、予防という概念がないので薬を飲んでいる=あなたはその病気ですね…という扱いになり、思わぬことで条件がついたり、加入できないことがあります。

20年続けた生命保険については、ただ解約するのではなく
可能であれば主契約(一生涯続く部分。200万とかであればお葬式代として)を残して新たに加入するか、他の方も言われているように、万が一の保障を定期タイプ(例:1000万の保障がつづく)と生活保障タイプ(亡くなったときから毎年100万を10年保障するとか、毎年100万を60歳まで保障するとか)で組み合わせると保険料が安く、万が一にも合理的に備える事ができます。

万が一の備えについて
『万が一』には、ご自分が亡くなったときだけでなく、余命6ヶ月と診断されたときや、要介護状態(事故など後遺症、早期の認知症など)になってしまった場合は、その後の生活を支えるため生前でも受け取ることが可能です(リビングニーズ、生前給付)。

万が一のときには、どこまで備えたいと思いますか?
自分になにかあったとき、お金くらいはなんとかなるようにしたいと思いませんか?


保険は、同じリスクに対応する保険料の値段について、基本的にはあまり差はないようになっています。
(価格だけであればネット系は人件費を省いているので安い)
生命保険は、自動車保険と違い、同じ特約の名前であっても支払い内容に差がありますので、一概にどこがいいとはいえません。
(入院、手術、重度障害時の保険料免除の基準など)

おすすめは、自分のニーズに応えてくれる担当がいるところなのですが…。
大切な、一生涯にかかわることですので、手数でもいまの契約の再見積りと、その再見積りを他生保や共済で見てもらった場合、ネットで見積りした場合をくらべてどれが合っているか見てみてはいかがでしょうか?

更新タイプ(10年など区切りで保険料や保障が変わる)に加入されているのですね。
今まで安い保険料で万が一に備えられてよかったですね。
また生保さんであれば、割戻金も良かったのではないでしょうか。

保険のリフォームは悪いことではありません。
そして、保険に悪いものもありません。

大切なのは、生活事情、社会保障、医療事情など…いまの現状に合っているかどうかです。

新たに加入されるにしても、健康体であれば問題ありません。
病院より「予防ですよ」と言われて飲んでいる薬。
私の扱っている...続きを読む

Q来年マイナンバー制度が導入されたら父と絶縁できなくなります

父から精神的虐待を受けており、絶縁する予定の者です。
私は19歳でアルバイトをしながら家をでるための貯金をためていますが、
マイナンバー制度導入の2016年10月にはまだ間に合わないと思います。

マイナンバーは不正利用されない限りは変更ができないと思われるものです。
(内閣官房HPマイナンバー制度よりhttp://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html)

もし2016年10月にまだ私が家にいて、父にマイナンバーの番号が見られてしまった場合は、
引っ越しした後など個人情報が抜き取られて一生父から逃れることができなくなるのでしょうか?

他人であれば私のマイナンバーを使うことはできませんが、父親が良親のふりをして「家出している娘を探している、マイナンバーを知っているから特定してくれ」と言われたら簡単に特定されてしまうと思います。
マイナンバーがあるためにその懸念を一生抱えるのは嫌です。
マイナンバーの情報が漏れるとこのような懸念が現実のものとなってしまうのでしょうか?

父から精神的虐待を受けており、絶縁する予定の者です。
私は19歳でアルバイトをしながら家をでるための貯金をためていますが、
マイナンバー制度導入の2016年10月にはまだ間に合わないと思います。

マイナンバーは不正利用されない限りは変更ができないと思われるものです。
(内閣官房HPマイナンバー制度よりhttp://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html)

もし2016年10月にまだ私が家にいて、父にマイナンバーの番号が見られてしまった場合は、
引っ越しした後など個人情報が抜き取られ...続きを読む

Aベストアンサー

別にマイナンバーの番号が見られてようが,見られまいが
肉親であれば 無条件に市役所などで 戸籍情報を検索できます。

 マイナンバーの番号はまったく関係ない。
どこから そんな荒唐無稽な デタラメの話を聞いたの?

Q生命保険の見直し

先日、仕事をやめた関係で収入が減ったことを機に保険の見直しをしようと思います。
といっても、保険に関しては全くの無知で、入っている保険も保険屋のおばちゃんが進めるものを選択しただけで、保障や、保険料の関係なんて、さっぱりわかりませんし、払いすぎてるのかどうかもわかりません。しかし正直言って、この保険料をこのまま負担していくのは家計的にも困難です。そこで、保険の見直しについて相談できるところって無いのでしょうか?よく、主婦向けの雑誌などで家計のやりくりみたいな欄に、保険の見直しをアドバイザーの方といっしょにやっているページは見かけるんですが、もっと身近に、アドバイスいただける機関等無いでしょうか?

Aベストアンサー

acyakoさん

>もっと身近に、アドバイスいただける機関等無いでしょうか?

「機関」って公的なところですかね?

Q確定申告の「添付提出書類台紙」とマイナンバー通知カードについて

確定申告で控除申請のため「添付提出書類台紙」も提出するのですが、この「添付提出書類台紙」を提出する場合のマイナンバー通知カードの添付についてお尋ねいたします。

実はマイナンバーカードはないのですが、マイナンバー通知カードがございます。
「添付提出書類台紙」を提出するときは、このマイナンバー通知カードのコピーを台紙に貼り付ければいいのでしょうか?

また、マイナンバー通知カードは縦に長い形状をしているのですが、二つ折りして貼り付けてもいいのでしょうか?

以上2点でございますが、よろしくご教授いただければ幸いです!

Aベストアンサー

ファイナンシャルプランニング技能士です。

>このマイナンバー通知カードのコピーを台紙に貼り付ければいいのでしょうか?
お見込みのとおりです。
それでいいです。

>マイナンバー通知カードは縦に長い形状をしているのですが、二つ折りして貼り付けてもいいのでしょうか?
いいえ。
キリとり線があるので、キリとり通知カードの部分(「個人番号」がマイナンバーのことです)だけをコピーすればいいです。
大きさは半分になります。

Q生命保険の見直し

現在、某大手生命保険会社で契約をしているのですが、見直しをしようと、保険会社の人に聞いてみたら、今の契約を解約し、それを下取りという形にし、新しく契約を結ぶことになる、と言われました。

それにあたり、今の契約内容より低い掛け金の保険には変えることができない。と言われたのですが、本当ですか?それは当たり前のことなの?どうして、保証額を減らす事はできないのですか?

教えてください。

Aベストアンサー

うそです!
今の契約を解約したのであれば、新規の契約を結ぶことになりますので出来ます。「転換」と「下取り」の微妙な違いを説明します。転換とは、現契約の責任準備金を一時払い保険料に充当し、新たな保険契約に変えることです。下取りと呼ばれるものの多くは、現契約の解約返戻金を一時払い保険料に充当し、新たに保険契約を結ぶということです。「責任準備金と解約返戻金の違いを教えてください」とたずねて即答できる営業の方を選んでください。
 見直しのポイントとして、これからの生活設計を家族みんなで話し合って「亡くなった時」「入院した時」「死ねなかった時」「長生きした時」お金がどの位かかるか考えてみてください。そしてどのくらい準備できているのか、不足はどうするのか、そのリスクや不安を解消するひとつが生命保険です。
 保険は加入してからが大事です。長く付き合える営業と会社を見つけてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報