最新閲覧日:

私が子供のころに観たゴジラ映画は「ゴジラ対メカゴジラ」や「メカゴジラの逆襲」といった時代のものでした。

最近、懐かしさもありレンタルビデオで昔観た「ゴジラ対メカゴジラ」と最近製作された「ゴジラ対メカゴジラ」を見比べてみたのですが、なんか昔の作品の方が迫力があってリアルに感じたのですが、皆さんはどう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

1962年の「キングコング対ゴジラ」以来、全作品をリアルタイムで見続けています^^;。

1954年の第1作から、1975年の「メカゴジラの逆襲」(第15作)までが円谷プロの手によるいわゆる第一期とするならば、平成ゴジラとの一番の違いはまず「ミニチュアワークによる特撮」か「CGワーク」かでしょうね。
当然CGのほうが画像は綺麗ですが、昔の作品は緻密に作られたミニチュアと精巧なカメラワークが命。そのアナログ的なリアルさが私も好きです。それに取り直しが効かない一発勝負の撮影。そんな作り手の真剣さが伝わってきてました。
そういう意味では第一作のモノクロ画面の迫力を超えるものは二度と現れないとも感じますね。1965年あたりから徐々に人間の見方化し、70年代には完全なお子様路線に転じましたが、もうひとつの解釈をするなら。もともとゴジラ映画のお約束事として「直接的な人間殺害シーンは見せない」「血は見せない」というものがありました。しかし、70年代は子供たちも刺激を求めはじめた時代背景もあり
「ゴジラ対ガイガン」から「メカゴジラの逆襲」あたりは、お子様路線でありながら、ゴジラやアンギラスが鮮血を噴出しながら戦うという事態になりました。
その頃はちょうど小学生の間でも「鼻血ブー」などの流行語が飛び交い、なかば出血シーンも遊び感覚で見るような風潮もあり、それに迎合したのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

そうなんですよね!
最近の特撮にはCGが使われているんでしたね。
CGの画像があまりにも綺麗すぎて、リアル感を感じなかったのかもしれません。

当時の時代背景「鼻血ブー」まで教えていただき参考になりました。
ちょっと笑ってしまいましたが・・・

お礼日時:2002/04/11 09:32

ゴジラと聞いて黙っていられなくて出てきました。


29年(もちろん昭和)のゴジラのころ、東宝はいろいろな映画を作っていました。もちろんその後もですが。
初めの作品で印象に残っているのは「また疎開か」という一言です。
特撮技術の進歩よりも、社会の背景が感じ方を変えるのでしょうね。
最近のものは、やっぱり”本物の迫力”がないような気がします。

さて、平成ゴジラ公開の第一回目、出口に田中友幸氏が見送ってくれました。
ゴジラは彼の大事な子供だったのですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
たしかに社会背景の影響も大きいと感じます。

話しは変わりますが、ウルトラマンの科学特捜隊じゃないんだから、弱い自衛隊が見たいです。
変な最新技術満載の自衛隊はつまらないです。

お礼日時:2002/04/11 09:28

 特撮の事ですが、今は変に技術が発達して、画像がハッキリ取れすぎるんですよ。


 で、海外の特撮なんかでは、ワザと画質を落してリアル感を出そうとしていますが、日本の場合は、なぜだか判らないのですが、ほとんどの監督がそのままのクオリティで作ってしまいます。
それで、ヌイグルミはヌイグルミに、ミニチュアはミニチュアに、スタジオのセットは室内に、つまりリアルに見えてしまうわけです。

 実は元々日本のカメラマンはリアルに撮るのが上手いことで有名で、ドキュメンタリーを撮らせると良い評価が得られるんですが、特に特撮系の映画だとゴマカさなければならないところまで綺麗に撮ってしまう事は、昔から指摘されていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

psssさ~ん。ありがとうございました。

そうなんです。
最近のゴジラ映画は画質や画像が綺麗すぎて、リアルに感じないんです。
アニメを観ているようだったんです。
核心をついたご回答に感謝します。

お礼日時:2002/04/11 09:22

最新作のゴジラはご覧になられましたか?



この作品は初代ゴジラ以後、ある時は『悪役』にあるときは『人間の味方』と
ある意味ポリシーのないゴジラ像が描かれてきた事に
製作側が反省(?)し、完全に第1作でゴジラが倒されたのちの続きになっています。○○年振りにゴジラが襲来・・みたいな

ですから、2作目以降から前作(ミレニアム)までは存在しない事が前提になっています。(平成版ガメラと同じ系統の手法です)
そして、非常に初回作品を意識して作られ「恐怖」をモチーフにえがかれています(じっさいは昔の方が迫力がありましたが・・・)

設定自体がまったく違ったものになっていますのである意味新鮮です
そこには「ミニラ」も「ゴジラザウルス」も「ジュニア」も出てきません。
ゴジラとは・・・人々の魂の怨念だそうです
(これ以上はネタバレですので言いませんが・・)

もし、まだのようでしたら是非ご覧を
ご覧の上で「う~ん・・??」であるのでしたなら・・・面目ありません。

補足ですが(手元に資料がないので記憶のみで・・間違ってるかもしれません)
前作のミレニアムは「ジュニア」が成長した物で5代目です
ミニラが成長したものは確か3代目だったような記憶が・・

さて、観た上での私の不満を・・
「とっとこハム太郎」と同時上映するなよ!・・でした。
(ガキがうるさくてうるさくて・・しかも泣くし・・)

ではでは(“自信”はある部分と、無い部分と・・でとりあえず“無し”で)

PS:トンでもない奴が「守護神」として出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

実は最新作はまだ観てないんです。(^_^;)

ichigo-sanさんの解説でぜひ観たくなりました。
今度レンタル屋に行ってきまーす。

お礼日時:2002/04/11 09:18

私もゴジラ大好きです。


小学校低学年から約35年間見続けていますが、やはりhiroe-mamaさんのように、ギャグっぽい時代のゴジラは見る気になりませんでした。
迫力があり何を考えているのかわからない、時には人類の味方に、時にはデストロイヤーになるゴジラが大好きです。

同じようなゴジラファンに輪をかけたような方のサイトがありましたので紹介します。
楽しんでみてください。

参考URL:http://www06.u-page.so-net.ne.jp/rf6/hifumi/godz/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、「シェー」をするゴジラは何か変で観たくもないですね!!
でも、当時はそういうゴジラはどう評価されていたのでしょうか?
時代のニーズでもあり素直に受け入れられたのでしょうか?
う~ん 悩みます・・・

お礼日時:2002/04/10 18:49

私はゴジラをほぼリアルタイムで観てきました。

(ただシェー!をしだした作品からは観たくなかったけれど・・・)
私はどちらかと言えば平成ゴジラやガメラが身近に感じます。だって初期のゴジラやガメラを観てきた子供達が監督として平成版を作っているのでゴジラに対しての思い入れはただものじゃないと思います。だから同じ感性が感じられて嬉しくてたまりません!!私は毎年末に『彼』に逢えるだけで満足です。8ヶ月後が楽しみです。最後に『ガメラ』が復活すると良いのですが・・・無理ですねぇ・・・(>_<)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初期のゴジラってかっこいい!!
ホントホント。

そうねすよねえ、ゴジラを観て育った世代が現在のゴジラを製作しているんですよねぇ・・・
hiroe-mamaさんのゴジラに対する思い入れには感服いたしました。

お礼日時:2002/04/10 18:45

ゴジラ自体の顔つき、体つきが、年々、変わっているんですよ。


一番最初のゴジラは怖さを強調するという意図があったので、
かなり怖い顔つきをしています。
それが、だんだんと人間らしい愛らしい顔つきになってきました。
動きも、コミカルな人間的動きをするようになりました。
作品名忘れましたが、
その当時はやっていた「シェー」をするゴジラが登場するものまでありました。
で、あまりにも人間的になりすぎて、ゴジラ人気も落ちてきてしまいました。
だから、また昔に戻そうという動きが出てきて、
最新作では、
初期の顔つきに似せて、かなり怖い感じに作られています。

ちなみに、
今のゴジラは、ゴジラの子ども「ミニラ」の大きくなったものです。
「ゴジラ対ビオランテ」でバラの怪獣が登場しますが、
あれは、前作で死んだゴジラとバラの細胞が合わさって生まれた怪獣なので、
初代ゴジラは死んでしまったことになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ゴジラの顔つきが変わっているというのは知っていました。
そう考えると、当時のメカゴジラシリーズに出てきたゴジラはかわいい顔だと思います。
でも、そんなかわいいゴジラなのですが、当時の方が迫力がある気がしてならないのです。

ゴジラそのものではなくて、特撮全体を観てのことなのですが・・・
例えば、撮影アングルや火砲の飛翔シーン、メカゴジラの金属肌の質感といったことです。

ちなみにtomikou0000さんは、昔と今でどちらが迫力があるとお考えでしょうか?

お礼日時:2002/04/10 12:19

同感。



ガメラもモスラもちゃちい特撮だったけど、昔の方がよかった。モスラが海戦形態に変形した時は「はあ?」って感じ。

昔のゴジラは娯楽映画というより社会映画の意図で制作されたから迫力があったんではないでしょうか?原爆反対のメッセージが込められていたと聞きます。

それともオトナになったからかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそう感じますか!

なんか最近のウルトラマンレベルの特撮技術しかないような気がしたんですよ。
映画を観ているというよりテレビを観ているといった感じです。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/10 12:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報