一般販売業とはドラッグストアなどを指すのですよね?では薬種商販売業とはどのような形態のお店なのでしょうか?何を調べても例が載っていないのでイメージが浮かびません。教えて下さい。よろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

「一般販売業」・・・薬剤師がいますが、調剤は行わず、大衆薬の販売を行います。



「薬種商販売業」・・・薬店扱いですが、薬剤師はいません。
各都道府県で認可された、「薬種商」(大衆薬を販売するに当たって十分な知識がある)という免許を持った人がいます。
*「薬種商販売業認定試験」は「薬種商販売業許可申請書」の提出により実施され、この申請にあたっては条件があります。(http://www.pref.osaka.jp/yakumu/ryutsu/setsumei. …

ドラッグストアというのは正式な分類ではなく、一般販売業の場合が多いようです。

詳しくは、こちらのH.Pをご覧ください。

http://www.pref.shizuoka.jp/kenhuku/kf-05/yakuji …

http://www.pref.osaka.jp/yakumu/ryutsu/setsumei. …

http://www12.u-page.so-net.ne.jp/ba3/kshp/drugst …

参考URL:http://www.pref.osaka.jp/yakumu/ryutsu/setsumei. …
    • good
    • 0

 No1です。

追加と訂正ですが、薬種商販売業は、薬剤師による管理はいりませんが、都道府県の行う薬種商試験に合格した人が、経営する店舗について、医薬品販売業の許可が与えられています。薬種商販売業では、販売することのできる医薬品には一定の制限があるようです。
    
    • good
    • 0

 関連法令は、次のとおりです。



薬事法

第24条第1項 薬局開設者又は医薬品の販売業の許可を受けた者でなければ、業として、医薬品を販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的で貯蔵し、若しくは陳列(配置することを含む。以下同じ。)してはならない。

第28条 薬種商販売業の許可は、店舗ごとに、その店舗の所在地の都道府県知事が与える

 薬事法施行令

第6条 法第28条第2項の規定により都道府県知事が試験を行わないで薬種商販売業の許可を与えることができる者は、旧大学令(大正7年勅令第388号)に基づく大学(以下「旧制大学」という。)、旧専門学校令(明治36年勅令第61号)に基づく専門学校(以下「旧専門学校」という。)若しくは学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学(短期大学を除く。)(以下「大学」という。)において薬学に関する専門の課程を修了した者若しくは同項の試験に合格した者又は8年以上薬種商販売業の業務を行っていた者であって都道府県知事が適当と認めたものとする。

と言うことですので、薬剤師が常駐している薬局、調剤薬局、ドラッグストアーのことかと思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。書いていただいた「定義」は私も読んだのですが、それでも良く理解できないのです。お答えには「薬剤師が常駐している薬局、調剤薬局、ドラッグストアのこと」とのことですが、それでは薬局や一般販売業との違いがわかりません。区別されている理由があると思うので、それも含めて薬局、一般販売業との違いがわかるよう具体例を教えていただけないでしょうか?

補足日時:2002/04/10 10:50
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全商簿記と日商簿記

初めまして。
僕は、全商簿記3級の資格を持っています。
タイトルの件なんですが、日商簿記3級と全商簿記3級の違いてなんですか?
全商簿記より日商の方がレベルが高いだけですか?
また、全商簿記3級の資格を持っていても就職にはあまり役に立たないのですか??

Aベストアンサー

簿記は日商2級および全商1級を持っています。

知名度及び難易度に於いて、日商の方が上ですね。

実際に受けた級は 日商:4級~1級 全商:1級 ですが、難易度は (易)日商2級<全商1級<日商1級(難) です。

又、全商3級は商業高校1年生で習うレベルなので、履歴書に書く分には構いませんが、就職の役には立ちません。書くのであれば日商2級以上ですね。

Q第二種電気工事士の筆記試験の過去問が載っているサイトを教えてください

第二種電気工事士の筆記試験の過去問が載っているサイトを教えてください。自分で探してみたところは一部しか載っていませんでした。過去10年分ぐらいが欲しいです。よろしくお願いします。受験料払ってしまって困ってる受験生を助けると思ってよろしくお願いします。
回答、お待ちしてます。

Aベストアンサー

"二種筆記既往問題"でぐぐってください。
ただし、サイトによっては入力ミスなど間違いもあったりしますので複数のサイトで勉強してください。技能試験も含めてかなりのサイトがあります。他のキーワードも使って根気よく検索を!
今年は受験料も値上がりしたそうですね。ムダな金はつかわずがんばってください。

Q【法律・古物商】人気歌手のコンサートチケットのインターネット転売が問題になっていますが、その転売屋が

【法律・古物商】人気歌手のコンサートチケットのインターネット転売が問題になっていますが、その転売屋が警察に逮捕される理由が古物商免許がないのに転売したからだと言われていました。

なぜ古物商免許を取得しないのでしょう?

最寄りの警察署に行けば、誰でも簡単に手続き代さえ払えば古物商になれるのにと思って不思議だと思いました。

だって、コンサートチケットを1枚10万円とか50万円で転売しているのだから古物商免許の手続き代ぐらい払えるでしょう。

なぜ古物商免許を取らないのでしょう?

あと古物商免許があればコンサートチケットの転売は合法ってことですよね?

転売屋はさっさと古物商免許を取って転売すれば良いだけの話では?

なぜ古物商免許を取らないのか理解できません。

なぜでしょう?

Aベストアンサー

古物商免許(許可)の取得には一定の資格が必要です。それらを満たしていなければ取得できませんから、その場合であることも考えられます。
1. 成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ない者
2. 禁錮以上の刑等により刑に処せられ、5年を経過しない者
3. 住居不定者
4. 古物営業の許可を取り消されてから、5年を経過しない者
5. 未成年者
やましいことがあれば警察に近寄りにくいかも知れません。申請先は公安委員会(警察)。

Q第1種電気工事士筆記試験の過去問題が載っているHPを探しています。

第1種電気工事士筆記試験の過去問題が載っているHPを探しています。
そのようなHPがあれば、URLを教えて下さい。

Aベストアンサー

筆記試験用
http://www.eonet.ne.jp/~s-h/kouza.html
http://www.din.or.jp/~goukaku/denko/proden1.htm
技能試験用
http://www10.ocn.ne.jp/~denkou/1syukako.html

筆記試験は上記HPをしっかり覚えれば合格できます

Q優良の、稼ぐ系の情報商材はあるのでしょうか?

即金や不労所得、1日数分の作業で…などと謳ったいわゆる稼ぐ系の情報商材について教えてください。過去に1度悪徳商材に騙されくやしい思いをした経験があり、とはいえ金策が急務のため、買おうか買うまいかの葛藤を繰り返しています。そこで、質問ですが、結局のところ、そんなうまい話の稼げる優良商材は存在するのでしょうか?優良商材は、出回っている商材の5%しかないと聞いたことがありますが、もし、その5%に出会われたなら、その商材を教えてください。

Aベストアンサー

5%に出会ったことがない人間ですみませんが、やはり情報商材に優良なものはないと思います。本一冊分の価値も無いのに、値段は本の何十倍というものばかりです。私も情報商材で損をしたことがありますが、情報商材の損を情報商材で取り返そうとするのは、傷口が広がるだけなのでやめておいてください。

儲ける知識を得たいのなら、書店に行って本を買った方が良いと思います。Amazonなどのネット書店だと中古で安く買える場合もあります。本でも結局ハズレが多いのですが、数百円~千数百円のものばかりなので、くやしい思いをするほどではありません。

Q誘導加熱と誘電加熱の例を挙げてください。 誘導加熱はうず電流損、ヒステリシス損による発熱。 誘電加熱

誘導加熱と誘電加熱の例を挙げてください。

誘導加熱はうず電流損、ヒステリシス損による発熱。

誘電加熱は高周波、誘電体損による発熱。

Aベストアンサー

誘導加熱は、IH調理器に使われています、うず電流損、ヒステリシス損、ジュール熱による発熱ですね。
低周波と高周波があり、低周波のものはより深部まで誘導電流により加熱することが可能です。
低周波加熱は、仕事で鋼の焼入れ加熱で使ったことがありますが、IH調理器とは違い、コイルの中に加熱する材料を置いていました。

誘電加熱は、高周波による絶縁物(誘電体)を誘電損失により発熱する現象を利用したもので電子レンジ等があります。
これも仕事で工業用の誘電加熱装置でセメント硬化物を焼こうとして、セメントを爆発させてしまった事があります。

Q古物商が誤って偽造券を買い取りについて

古物商Aが偽造とは知らずに個人より商品券を買い取りしてしまったとします。
その商品券を古物商Aが他の古物商Bへ偽造とは知らずに買い取りに出したとします。
・その古物商Bが買い取りをした後に偽造と気付いた場合
・もしくは古物商Bへ買い取りに出した際に偽造券の為買取出来ませんと言われた場合
刑事上それぞれどのようになるのでしょうか?
また、古物商Aがするべき行動と古物商Bがするべき行動について

Aベストアンサー

売買のときに気がついていなかったのであれば、特段の犯罪は成立しません。

気がついた場合は、その時点で、古物営業法15条により警察官へ届け出る義務があります。

古物営業法
(確認等及び申告)
第15条
3 古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは交換の委託を受けようとする場合において、当該古物について不正品の疑いがあると認めるときは、直ちに、警察官にその旨を申告しなければならない。

Q無償の電気工事をする場合、電気工事業登録は必要か

当方、内装業を副業としてやっており、第2種電気工事士の資格を持っています。
電気工事業としての登録は現在していませんが、
たまに内装工事に付随してコンセント等の交換を頼まれることがあります。
対価を貰い電気工事をするには、もちろん登録が必要である事は承知しております。
では、無償で行う(領収書や帳簿にも載せない)分には登録は必要ないと考えていいのでしょうか?
(つまり、友人宅のスイッチやコンセントを交換してあげる、というイメージでセーフなのでしょうか?)

Aベストアンサー

他者から依頼を受けて電気工事を行う場合は無償有償限らず
登録届けを出す必要があるそうです。

注意してください。

参考URL:http://www.abejimu.com/denki/page080.html#L-TOP

Q先日ASP(インフォトップ)を通して情報商材を購入しました。

先日ASP(インフォトップ)を通して情報商材を購入しました。
先日この商材(完全な詐欺商材)は返金保障が付いていて返金請求しようとしたところこの商材の販売が停止していて、この商材のHPそのものが消えてしまい、販売者と一切連絡が取れない状態です。
この場合どのような手段をとれば返金に応じてくれるのでしょうか。
ちなみにこの商材の中身は間違って削除してしまいました。
ASPに対応を任せるしかないでしょうか。(応じてくれればいいですか)
ちなみに返金は無理と言ったご回答は投稿しないで下さい。

Aベストアンサー

返金は無理とはいいませんが
その販売者は最初からそれが目的だったのだと思いますよ
(その為の返金保証だろうし、、、)
ASPは単なる場所提供ですから当事者間の事は関知しません。
よって返金はかなり難しいでしょう。

尚、明らかな詐欺なら警察へ被害届出して犯人が捕まればうまくいけば回収できるかも?
(でもたぶん民事扱いで警察は何もしてくれないと思うけど)
相手の個人情報が手に入れば(ASPが協力すれば、でも個人情報保護で断るかも)
弁護士を通じて裁判をして勝てば回収できるかも?
(でも弁護士費用の方が高いと思うけど)
相手が破産や倒産していれば駄目ですけどね

Q建設業関係の資格で電気工事士以外に何があるの?

 どうも、いつもお世話になっております。
 私は電気工事関係の職に就いているのですが、建設業の仕事という事もあって色んな業者さんの話を聞きます。
 そこで思ったことなんですが、電気工事士や消防設備士の資格のように「~工事士」や「~主任技術者」のような建設業関係の資格って他にどんなのがあるんでしょうか?
 また、そういった資格は違う職種で働いている人でも自力で勉強でものなのでしょうか?
解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お答えいたします。

建設業関連の資格といえば、電気工事士などを中心に数多くございます。

大きく分けると2種類に分かれるのですが、ひとつは、「電気工事士法に基づく電気工事士」や、「建築士ほうに基づく建築士」といった具合に、専用の法律で定義される資格。

もうひとつは、技術士試験や、技能検定などに基づく資格です。

建設業関連の資格については、むしろ技術士試験・技能検定による資格のほうが多く見られます。

これらの資格を取得しておくと、建設業の許可を取得する際に非常にメリットがあります。

http://www.kensetsu-gyou.com/main/kokka.htm

またこのような資格は、自力で取得する方も多くおられますが、専門学校などへ通われる人もおられます。

現実的には勉強が大変ではありますが、会社側が協力してれたり、中には専門学校の費用を出してくれるケースもございます。

なお、異なる業種の資格についても取得可能といえば取得可能ですが、できれば「関連する業種」の資格のほうが、何かとメリットがあるといえます。

たとえば、電気工事士と内装関連の資格であるとか、内装関連の資格と、大工関連の資格であるとか。


以上を踏まえ、ご検討してみてはいかがでしょうか。

お答えいたします。

建設業関連の資格といえば、電気工事士などを中心に数多くございます。

大きく分けると2種類に分かれるのですが、ひとつは、「電気工事士法に基づく電気工事士」や、「建築士ほうに基づく建築士」といった具合に、専用の法律で定義される資格。

もうひとつは、技術士試験や、技能検定などに基づく資格です。

建設業関連の資格については、むしろ技術士試験・技能検定による資格のほうが多く見られます。

これらの資格を取得しておくと、建設業の許可を取得する際に非常にメリットがあり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報