数学ができないひとがどんなに多いかという文の流れの次なのですが、

It is only human not to be able to do mathmatics.

「数学ができないのは人間には当然のことにすぎない。」
これがなぜ上のような意味になるのでしょうか。onlyはhumanにかかるんですよね。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この場合の it は「後方照応的代名詞」で、要するに意味的には to 以下が主語なのです。

to 以下は「数学ができること」という意味で、それが not で否定されていますから「数学ができないこと」が主語になり、文章の直訳は「数学ができないことは人間的なことに過ぎない。」となります。ですから自然な日本語訳としては「数学ができないのは人間には当然のことにすぎない。」でいいのです。

この文の human は当然「形容詞」で「人間的な」という意味です。何故「名詞」ではなくて「形容詞」と判断できるかというと、「名詞」としての human は「可算名詞」なので、冠詞(a か the)が付くか、複数の s が付くはずだからです。only は「形容詞」を修飾しているので当然「副詞」で「ほんの~にすぎない」「結局は」というような意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

trunkmanさんこんにちは。レスしていただいてどうもありがとうございます。

>何故「名詞」ではなくて「形容詞」と判断できるかというと、「名詞」としての human は「可算名詞」なので、冠詞(a か the)が付くか、複数の s が付くはずだからです。only は「形容詞」を修飾しているので当然「副詞」で「ほんの~にすぎない」「結局は」というような意味です。

なるほど、そのような観点が欠落していたおかげで間違えてしまったんだ。そうすると、onlyは副詞になって意味も変わってくるんですね。どうもありがとうございました!!

お礼日時:2002/04/10 23:57

このhumanは形容詞で「人間的な(欠点も人情もある)」といった意味ですね。

「ただの人間にすぎない、神ならぬ身、完璧ではない」の意味で I'm only human. と言ったりします。私たち凡人は「数学ができるなんて人間じゃないよ」なんてひがんだりしますが、まあそこらへんの心情でしょう。本当は人間だからこそ数学ができるわけですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Aliasさんこんにちは、お返事どうもありがとうございます。humanは形容詞だったんですね。てっきり名詞だとばかり思っていました。う~ん、筆者の意見に賛同しちゃいそう。数学ができない私としてはできる人をみるといつも頭いいなぁと感心してしまいます。。。

お礼日時:2002/04/10 23:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwill be unable toとwon't be able toの違いは?

He will be unable to attend the meeting.と
He won't be able to attend the meeting.の意味に違いはありますか?
直訳すると上は彼はその会議に出席できないだろう、つもりである。
下は彼は会議に出席できるつもりではない、できるだろうとは思わない・・・?
訳してみたらますますこんがらかってしまいました。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書かせてくださいね。 

ある二つの英語表現を見て違いを説明したときに、英語習得への近道として、つまり自分の英語表現力の向上への近道として、一つの方法がよく知られています。

それは、その表現の違いの説明に使う日本語訳を持ってきて、果たしてその日本語訳を再度英語に直したときに、前のとおりの英文を作る事が出来るか、をチェックするのです。

今ちょっと思いつかないので、最もはっきり違いが日本語訳で出していただいた#3さんのご例訳を借用させていただきますと、

例:
He will be unable to attend the meeting.
「~出席は無理そうね」

He won't be able to attend the meeting.
「~出席できそうもないわね」

となっていますが、それを今度、

1)~出席は無理そうね
2)~出席できそうもないわね

を英訳してみるわけですね。 そして、これで
1)He will be unable to attend the meeting.
2)He won't be able to attend the meeting.
となればいいわけです。 (#3さん、ありがとうございました)

ここからは、私としての私なりの「フィーリングの違い」と言う視点からの回答となります。 なぜこれらの表現が別々に使われるのだろうか、本当にフィーリングの違うがあまりないものなのだろうか、これらを言った人にはどんな事を相手に伝えようとしたのだろうか、と考えるわけです。

上は、will be unableと言う表現をして、下は、will not be ableと言う表現をしているわけですね。

つまり、上では、unableである状況が将来起こる、と言う表現をしているわけで、下はそれに反して、ableである状況が将来起こらない、と言っているわけです。 これはお分かりですね。

しかし、未来の事であるわけですが、「今の時点では」「今わかることは」と言う現在のことを言っていると言うことも頭の隅においておいてください。 これはいつか必ず利用できる文法知識となるでしょう。 (今の時点では私はそう思う、と言う現在のことを言っているわけですね)

と言う事は、今の時点では、will be unableだ、と言っているのだし、今の時点ではwill not be ableだ、と言っているわけです。

未来の事は誰も断定できない、と言う事実が英語でははっきり出されているわけです。

これを踏まえると、上は、今の時点では不可能だと言える、と言っているわけですし、下は、今に時点では可能ではないと言える、と言っているわけです。

ここでは私は便宜上「可能・不可能」と言う単語を使って説明しましたが、出来る・出来ない、をもう少し「不(un)」を使ってよりフィーリングを感じてもらえるように書いたのです。 ちょっと日本語としてはおかしい表現とはなりますが、可能・不可能と言う単語のフィーリングに語弊があると思いますので、それをあえて使うと、上は、「不出来る」と言える、と言うことで、下は、「出来る」とは言えない、と言うことになるのです。

I am busyで忙しい状況にいると言う意味になりますね。 それを普通忙しいです、と言ってしまうために、日本では(日本の英語教育では)状況にいる、と言うフィーリングが薄句感じてしまう教え方をしていると言うことなのです。 

そして、未来にそれが起こると言えるその状況に今現在いる、と言うフィーリングがwill beなのですね。

つまり、上は、と言わざるをえない状況なんですよ。、下は、出来るとは言えない状況なんですよ、となり、このフィーリングを感じて欲しいわけです。 そして、そのフィーリングを元に日本語に直すと、出来ないだろう、出来る事はないだろう、と言う表現になるわけです。

英語では、unable 出来ない、とはっきり言うより、可能性、能力、状況がwill not beである、つまり、そのように出来る状況ではないのです、と言う表現のほうを好むわけです。 よって#1さんがおっしゃっているように、He will not be able to attend the meeting.の方がよく使われると言うことになり、この方が今の時点での状況をうまく表現していると言うことになるわけです。

ですから、これを聞いた人は、I understand. I hope the situation will change. わかりました。 状況が変わる事を願っています。と言うお返し表現が使われるわけです。 つまり、今の時点ではそういう状況だからいけないのであれば状況が変われば来れるんだ、と言うフィーリングを受けているわけです。 来れるようになるには状況が変わらなくてはならないのであれば、変わってくれる事を願う、と言うことですね。

そして、行けないと言うことを言いたい人は、この「今の時点では」と言うフィーリングを出して、拒絶的フィーリングを出さないようにと、For now,とかAt this moment, と言う表現を付け足して(暗黙の了解でのフィリングだけではなく、言葉に出して表現すると言うことです)At this moment, he will not be able to attend the meeting.と言う表現がよく使われるわけです。 そして更に、申し訳ありませんが、と言うフィーリングを出したいのであれば、I'm sorry but at this moment, he will not be able attend the meeting.と言う表現にもつながるわけですし、ご招待はうれしいのですが、He appreciates your invitation but at this moment he will not be able to attend the meeting.と言う表現にもつながっていくわけです。 unableではどうしても何か少しぶっきらぼうなフィーリングを感じてしまいます。

さて、どうですか? (今の時点では)いけない状況だ、(今の時点では)いける状況ではない、と言う訳からこれらご質問の英文を作る事が出来ますか? will beとwill not beの意味合いをちゃんとつかんでいれば、当然のごとく、これらの英文は「元通りに」作れるはずですね。

そしてフィーリングと言うものを無視する文法学者さんたちは、この日本語文を見てHe is not in the situation to attend the meetingと言うような表現 を学校文法的に作ってしまうわけです。 学校文法的には正しいのかもしれないけど実際に使うとなると難しい表現をして、それが正しいと断定してしまうわけです。 日本の英語教育のおかげで6年間英語を教えてもらったはずなのにしゃべれない、表現できないと言うのは、文法学者さん自身が表現できないのであれば仕方ないわけですね。 しゃべれない英語の先生には話せるようになるには教えられないのと同じですね。
 
参考になりましたでしょうか。 お分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書かせてくださいね。 

ある二つの英語表現を見て違いを説明したときに、英語習得への近道として、つまり自分の英語表現力の向上への近道として、一つの方法がよく知られています。

それは、その表現の違いの説明に使う日本語訳を持ってきて、果たしてその日本語訳を再度英語に直したときに、前のとおりの英文を作る事が出来るか、をチェックするのです。

今ちょっと思いつかないので、最もはっきり違いが日本語訳で出していただいた#3さんのご例訳...続きを読む

Qbe able to do「~できる」

英文: To be able to express oneself only in words is, I think, the sign of poor imagination.

訳: 言葉でしか自己表現できないのは想像力の貧困の現れだ、と私は思う

質問: 訳では前半の部分が「言葉でしか自己表現できないのは」となってますけど、これは「 (例えば絵画や音楽など他の表現方法に頼らず) 言葉だけで自己表現できるのは」という意味にならないのですか?

Aベストアンサー

ご指摘のようにTo be able to express oneself only in wordsは文脈から二通りに意味に取れると思います。

例文では the sign of poor imagination(想像力の貧困の現れ)と否定的な内容に繋がっているので「言葉でしか自己表現できないのは」と訳すのが自然です。

反対に後に繋がる内容が肯定的な意味の a wonderful talent とあれば、文全体は貴方の言われるように『言葉だけで自己表現できるのはすばらしい才能だ』となります。

Qdon't have to / don't need to / shouldn't / sould not  に関してご教授下さいませんか。

「長いメールを書かなくてもいいですよ。」

これを英語にすれば

You don't have to write a long email.
You don't need to write a long email.

のような雰囲気と思います。では、

You shouldn't write a long email.

で同じ意味合いになりますでしょうか。

「長いメールを書くべきではない」
のニュアンスを感じます。

例えば、

If you're busy, you should not write a long email. Just a few line would be fine to me. 

と言うメールが来たとしたら、
「忙しいなら長いメールを書くのは良くないよ。(でも)短くても書いてね。」
というニュアンスを感じ、

If you're busy, you don't have to write a long email. Just a few line would be fine to me. 

と言うメールが来たとしたら、
「忙しいなら長いメールを書かなくてもいいよ。短くていいからね。」
というニュアンスを感じますが。

大差はないかもしれませんが、どうなのでしょうか。
皆様のご意見お聞きしたいです。

sould not と Hを抜くと柔らかい表現になるのでしょうか。

「長いメールを書かなくてもいいですよ。」

これを英語にすれば

You don't have to write a long email.
You don't need to write a long email.

のような雰囲気と思います。では、

You shouldn't write a long email.

で同じ意味合いになりますでしょうか。

「長いメールを書くべきではない」
のニュアンスを感じます。

例えば、

If you're busy, you should not write a long email. Just a few line would be fine to me. 

と言うメールが来たとしたら、
「忙しいなら長いメー...続きを読む

Aベストアンサー

私はニュアンスがかわると思います。
If you're busy, you don't have to write a long email. Just a few line would be fine to me. 
もし忙しいなら私に長いメールをかかなくてもいいですよ。私は短いメールでもきにしませんよ。

If you're busy, you should not write a long email.
いわば命令してるので、相手は親しい人だとして、
もし忙しいんなら長いメールしないでいいよ!短くても気にしないよ。

助動詞は話す人の気持ち・主観をつたえるときによく使われるので、後者のほうは気持ちがこもった感じ、になるのではと思います。

Qbe about to doの用法で これが過去だったら was about to doですか? b

be about to doの用法で
これが過去だったら
was about to doですか?
be about to have doneとかは見ないんですけど存在しないのですか?

Aベストアンサー

is going to が was going to になるように
was/were about to です。

過去といっても、過去の時点でそれより先の時間に向かって
「~しようとしている(た)」です。

Qcanと be able to  musuとt have toの使い分け

それぞれ同じ意味だと思うんですけど、どう使い分けるんですか?
それぞれこういう場合は、こっちを使わなければいけないというのがあったら教えてください。
できれば、例文をつけてもらえるとありがたいです。

Aベストアンサー

助動詞一般(つまり、can,could,must,willなど)は、話者の気持ちの表現なのです。感情の表現と言ってもいいと思います。感情とか気持ちは外から見えないと言う点が重要です。
I must go. は、自分の気持ちとして「行かなければ。」です。

have to は、一種の動作表現で、それだけ現実的な、つまり、外部的な意味を持つものです。つまり、動作を示すので、動作は外から見えますから。
I have to go. は、何らかの事情、例えば、会社の仕事で「行かなければ。」となります。

以上のことは、助動詞表現とそうでない表現の対立として捉えることが出来、
can と be able to, will と be going to, must と have to の全てにとって言える事です。
つまり、外から観察できないもの(助動詞)と、できるものとの対立です。

can: It can be true.「それは本当かもしれない。」話者の判断。一種の勘。
be able to: You are able to go home.「貴方は帰宅しも大丈夫ですよ。」何らかの判断基準が元々あり、それに基づいて判断している。例えば仕事時間が終わったとか。

will: I will go to the station.「僕は駅へ行くつもりだ。」話者のその時の判断。特に準備はしていない。
be goable to: I am going to go to the station.「僕は駅へ行くところだ。」既に何らかの準備が進行している。

must: I must see him.「彼に会わなきゃ。」話者の判断。一種の勘。または、話者の誠意とか意地などの表現。
have to: I have to see him.「彼に会う必要がある。」契約のためとか、予定がもう既に出来ているとかのためにやる必要がある。

not については、基本的に、not は次に来る語を否定すると理解しておけば、do not have to も、must not も迷うことはないと思います。
do not have to go :「行かなければいけない」の否定なので、「行かなければいけないことはない」つまり、「行く必要はない」
must not go:「行かない」がmust、つまり、「行かないことが絶対」で、「行っては絶対けいない」

助動詞一般(つまり、can,could,must,willなど)は、話者の気持ちの表現なのです。感情の表現と言ってもいいと思います。感情とか気持ちは外から見えないと言う点が重要です。
I must go. は、自分の気持ちとして「行かなければ。」です。

have to は、一種の動作表現で、それだけ現実的な、つまり、外部的な意味を持つものです。つまり、動作を示すので、動作は外から見えますから。
I have to go. は、何らかの事情、例えば、会社の仕事で「行かなければ。」となります。

以上のことは、助動詞表現とそう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報