わたしの勤務している病棟は脳神経外科なのですが、手術後ドレーンなどを抜かないように、手の抑制を行っていますが、なかなかうまいこと行きません。タオルの上にはちまきのような長いものを使って、ベットに結んでいますが、この頃、ドレーンの自己抜去が多くて困っています。他の病院ではどのようにしてあるのか参考にしたいので、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=25045
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抑制帯について

手術後など大切なドレーンが入っている患者さんに、手を静止帯を使って抑制しますよね?うちの病棟でこの頃静止帯を患者さんが自分ではずしてしまってドレーンを自己抜去する事故が多くて困っています。どのようにしてそれらのことを防いでいるのか教えてください。

Aベストアンサー

体動で体位がずれてということであれば、体幹抑制のための抑制帯もありますよ。多少の寝返り程度は出来るけれども上下にはずれず、それであなたがおっしゃってているようにミトンなどを両手にかぶせておけばかなり有効です。当院でもここ1年くらい新たに購入して利用しています。(もうやっていたらごめんなさい)

Q抑制、ミトンをせずにチューブの抜去を防ぐ方法は?

経管栄養、 胃ろうをしている患者を、身体拘束(抑制、ミトン等)なしで、
自己抜去を防ぐ方法はありますか?

ミトンも避けよ、との管理者からの指示で、日中忙しい看護者側としては、
途方にくれています。

考えても、レビン・バルン抜去を防ぐ方法がみつかりませんでした。

よいアドバイスなどありましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

私も同じような疑問、悩みを持ち色々と、悪戦苦闘をしました。ネットで探してみても、現実的でない内容も多いですし。

抑制なしでって、限界がありますよね。しないで済むに越したことはないとわかっていつつ…
管理者が自分で考えてやってみてよって、いつも思っていました。

私の勤めていた所では、経管注入時、患者さんを車椅子に移乗させ、点滴台等を用いて、患者さんの見えない位置(後方)から注入したり、胃管チューブ自体、咽頭部の違和感を軽減させる為に、できるだけ細い物を挿入し、鼻の固定方を工夫(チューブが鼻と接しない、かつ、しっかり固定)したりなどで少しは違ったと感じました。
また、フルーチェ状までトロミをつけ、チップで短時間で注入したりとか。(下痢になる患者さんも多いので、整腸剤と併用しつつ…)

バルンについては、ズボンの中を通し、足元からパックを出したり、大腿部にチューブをテープ固定してみたり…
一番用いたのは、介護服ですが、(しかし、これも抑制ですもんね。)それでも抜く方は抜きます…

課題はいっぱい、エンドレスな試行錯誤です。

Q看護助手をしていますが、合わないと思い始めております。

看護助手をしていますが、合わないと思い始めております。

看護師を目指し、今年度看護学校受験を控え、パートで看護助手のお仕事をしております。
この仕事を始めてまだ三ヶ月ちょっとしか経っていないのですが、今日まで精一杯私はやってきました。
ノートもギッシリと書いて、家に帰ってまとめて、不明な事は先輩に聞いて、そして至らない部分は早めに出勤したり、人より多く動いたり、休憩時間を削ったりしてどうにか、私なりに努力して頑張ってきました。

ところが、職場のシフトのシステムが変わり、だいぶ人件費を削りたいのか、少ない人員配置となり、一人当たりの業務がかなり増加になりました。
業務に追われて追われて、患者の事やナースへの配慮が全然間に合いません。またナースに寄って言う事ややり方がバラバラで困惑します。

あるナースは「助手の自己判断はダメ!些細な事でも何でも聞いて」と言う人と、別のナースだと「なんでそんな事も自分で判断できないの?」という人。それで少しでも至らない事があると両者からクドクド細かくしつこく説教されたりします。

今日も精一杯やったあげくの果てに、あれもダメだった、これもダメだった…とダメだし三昧。それもそのナースの個人的主観で、他のナースだとまた言う事や助手に求めている事が違くって。
そのナース、状況に寄っては「何で早く報告しない!」とか「何でいちいち聞いてくるの!」とか言う事が統一していなく、自分の至らなさを助手のせいにしているような気もして、とうとう私もキレてしまい、「現時点でこれが精一杯です!経験不足の私にはこれ以上はどうする事もできません!上の人に私のクレームを言って下さい!」と反論しました。

他の先輩からも吐き捨てられるように「要領が悪すぎなんじゃない?」とかまで言われてしまっています。でもその人達は影で職場や他人の悪口ばっかりしか言いません。患者を見下したような発言も多く、きちんとしたケアはできない状態の所です。

未経験で無資格で、医療の世界に全くのど素人で入ってきて、患者と接したり、忙しく動く事には全く苦になりません。周りとの協調性さえうまくいけば、すごくやりがいはあるなとは思っています。

でも今日逆切れした事もあり、三ヶ月で完璧さを求められ、「“分からない”というのは言い訳だから」とか言われ、でも自己判断したら「何で聞かない?」と言われ、聞いたら「いちいち報告する事?」と言われ、それについてしつこくダメだしされ…でも影では人の悪口三昧…。何度も何度もそれらを呑み込んではきたものの、しつこいダメだしに爆発寸前。こういう職場にゲンナリ。そして「ここで精一杯やっても意味がない」という気持ちが生まれ始めています。

医療の世界に興味を失った訳ではないけど、この職場に見切りを付けようかと思い始めております。でも三ヶ月足らずでこう思ってしまうのは、やはり元々向いていないのか?どこへ行っても同じなのか?どこの病院でもこのような状態なのか?それともパートとという身分上、致し方ない事なのか?

私の質問を読んで、みなさんはどう思いますでしょうか?
もうちょっと私自身の考えや気持ちを改めなおした方がよいのか、それとも別の病院へ転職した方が良いのか?そもそも私のような人間は向いていなく、医療や看護の世界は辞めた方がよいのか?

いろんな意見やアドバイスをお聞かせ下さい。

看護助手をしていますが、合わないと思い始めております。

看護師を目指し、今年度看護学校受験を控え、パートで看護助手のお仕事をしております。
この仕事を始めてまだ三ヶ月ちょっとしか経っていないのですが、今日まで精一杯私はやってきました。
ノートもギッシリと書いて、家に帰ってまとめて、不明な事は先輩に聞いて、そして至らない部分は早めに出勤したり、人より多く動いたり、休憩時間を削ったりしてどうにか、私なりに努力して頑張ってきました。

ところが、職場のシフトのシステムが変わり、だい...続きを読む

Aベストアンサー

看護助手の経験があります。

2つの病院での経験ですが、看護助手の仕事内容には差がありました。

一つ目の病院は清拭やおむつ交換、洗髪、お風呂介助など、医療行為以外の仕事で患者さんの体に触れる仕事もありました。
二つ目の病院は基本的に患者さんの体に触れる仕事は行わず、環境整備や部材の管理などが中心です。

両病院とも看護師さんとは仕事内容が違うので良い意味で区別されています。
ですので「こうしてほしい。」などの要望や
「~を用意してください。」「~をかたづけておいてください。」とかは言われる事はありますが、
仕事に関して厳しく指導されたりすることはありませんでした。

質問文を読ませて頂いて思ったのは、
burarin_koさんの働いている病院は私の働いてた病院よりも、より看護の専門に近い仕事を任されているのでは、と思いました。
一年目の看護師さんや実習でやってくる学生さんなど、
厳しく指導されるのを目にする事もありますが、それに近いような印象を受けました

現在は看護師と看護助手の関係ですが、看護師同士の関係と同じように扱われているのだと思います。
つまりそれだけの仕事に対する期待をもたれているのではないかと。
そして、いろいろと理不尽と思えることもそれが看護師という仕事における現状なのだと思います。

私も何人かの看護師さんに聞きましたが、
理不尽と思えることで怒られる事もよくある、とか、
新人の頃は悔しくて泣いたこともたくさんあった、などなど。

看護助手の仕事について対看護師との関係に関してはburarin_koさんの働いている病院は厳しいと思います。
悪い言い方をしてしまえば、楽なところはもっとあると思います。
ただ将来看護師を目指しているのであれば、現状を先取りして学べる点では良いと思います。

それよりむしろ看護助手仲間との関係はどうなのでしょうか。
患者さんをを見下したような発言や職場や他人の悪口ばっかり言っているとありますが、
そのような人達ばかりのいる職場はいいとは思えません。

仕事がつらくても看護師から厳しい要求をされても
助手仲間同士で励ましあって協力するのがいい職場だと思います。

まじめに仕事に向き合い、勉強され、努力もされているようなので医療や看護の世界に向いてない事は無いと思います。
対看護師については将来看護師になれば普通の事と思ったほうがいいと思います。
助手同士の人間関係で仕事に対して向上心を持つ事に対して足を引っ張られるようであれば、
別の病院へ転職した方が良いのかもしれません。

看護助手の経験があります。

2つの病院での経験ですが、看護助手の仕事内容には差がありました。

一つ目の病院は清拭やおむつ交換、洗髪、お風呂介助など、医療行為以外の仕事で患者さんの体に触れる仕事もありました。
二つ目の病院は基本的に患者さんの体に触れる仕事は行わず、環境整備や部材の管理などが中心です。

両病院とも看護師さんとは仕事内容が違うので良い意味で区別されています。
ですので「こうしてほしい。」などの要望や
「~を用意してください。」「~をかたづけておいてください。」とか...続きを読む

Q看護師さん。ヘパロックについて。

新人看護師です。

病院でルートをキープしておく時に、ヘパロックをするのですが、この間、点滴が終わって血液が逆流してしまった患者さんに、ヘパリン生食を流しました。10mlでは流しきれずに2本(つまり20ml)使ったのですが、ヘパリンはそもそも抗凝固薬で流す量が多くなれば、その薬効が起きてしまうのでは?
と思ったのですが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

まずヘパロックの意味はわかってますよね?
ヘパリンロックをする場合、血管内に入れるわけではなく、大半は針からルートの間を血液で固まらないようその量にあわせて満たしておく目的です。
生食にヘパリンを混ぜたもの(ヘパ生などと呼びます)が用いられます。
ヘパ生の濃度は病院によっても変わるかもしれませんが、10単位/mlくらいでしょうか?
ただ最近はヘパロック専用の製剤が使われてる病院が多いみたいですね。

ロックしておくルートの容量は、長さや細さにもよりますが、例えば普段10mlでロックしているとして、ルート内に必要なルートの分が仮に5ml程度だったと仮定しても、体に投与されるヘパリンとしては、何単位くらいになるのか?そこから10ml追加するとどのくらいの割合のヘパリンが入ることになるのか?自身の使っている製剤で計算して確認してください。

ヘパリンをがっつり効かせようとすれば、静脈注射をする場合には1000単位くらい必要なので、その何分の一程度では体にはほとんど影響を与えないと考えていただいてよろしいかと。

ただし、健康な人であれば、体が普通にその薬効成分を吸収分解できると考えても、もし血液凝固に問題のある患者や、こういった薬剤が危険とされているような薬と併用している人など、患者さんによっては危険が絶対に起こりえないより、むしろ注意を必要とする薬剤ですから、下の方がいうように、きちんと看護士なら薬効を勉強して、理解した上で投与してくださいね。
先輩にいわれるがまま、決まっているから何気なくやっている、ではいつか医療事故につながりかねないこともありますよ。

20ml程度で体に何かあるかは考えれば明白だとは思いますが(そんなんだったらそもそもヘパロックとして使用されるわけがない)、危険をしっかり理解しておかないと、20mlで通らなかったら今度は30、40、なんてことにもなりかねません(極端に言えばですが)

また、そこまでとおりの悪いルートにつまった血液を無理に押し流そうとすれば、血栓を無理に押し込んで血管内に飛ばしてしまう危険も否めずです。
そういうときは、ただ流し込むだけではなく少し引いて確かめて見たりとか、だめになったものは無理に継続使用せずに入れ替えるとか(患者さんに負担はかかりますが)、状況に応じて対応しないといけないかと思いますよ。

まずヘパロックの意味はわかってますよね?
ヘパリンロックをする場合、血管内に入れるわけではなく、大半は針からルートの間を血液で固まらないようその量にあわせて満たしておく目的です。
生食にヘパリンを混ぜたもの(ヘパ生などと呼びます)が用いられます。
ヘパ生の濃度は病院によっても変わるかもしれませんが、10単位/mlくらいでしょうか?
ただ最近はヘパロック専用の製剤が使われてる病院が多いみたいですね。

ロックしておくルートの容量は、長さや細さにもよりますが、例えば普段10mlでロックしてい...続きを読む

Q人工呼吸器について (PPEPとPSについて)

CPAP時のPS(プレッシャーサポート)とPEEP(呼気終末時気道陽圧)の違いがよくわかりません。PSが吸気努力の改善のために最大吸気圧まで吸気を送る、そしてPEEPは呼気の終了とともに吸気呼気の弁を閉めて、気道内圧が大気圧に開放されないように圧力をかけることで、肺胞虚脱を防止し、機能的残器量を増加させる・・・とテキストなどではありますが、なんだかよく分かりません。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系の障害のため、自分の力だけで十分息を吸うことが出来ない患者さんのために、機械が圧力をかけて息を押し込んでやるという換気の方法ですが(そのため、サポートという名前になってます)、患者さんの自発呼吸を出来るだけ残して呼吸管理をしようとする最近のトレンドに従って、今ではSIMVと同様以上に広く用いられる換気法になりました。
なお、「気管挿管されている患者さんが気管チューブ越しに息を吸うときの抵抗を減らすために」という理由で、3~10cmH2OくらいのPSが従来日常的にかけられてましたが、実際にはチューブの細さや息を吸う速度によって抵抗が異なるわけで、最近の人工呼吸器にはTC/ATCという名称で吸気流速に応じてサポートプレッシャーを変化させる機能がついていたりします。また、もしかしたらあと10年くらいするとPSは過去の換気モードとなっており、そのころはPAVが一般的に行われているかもしれません(詳細はあえて割愛しますが)。
以上、先ずはご参考まで。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/nishi-kobe/masui/lecture.html

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系...続きを読む

Qエンボリって何ですか?

新人看護師です。
恥ずかしながら、単刀直入に。
「エンボリ」って何を指すんですか?
ネットで調べても略語辞典見てもないんです。

ご存知の方、ご教授いただけたらと思います。

Aベストアンサー

何科に勤務でしょうか?
普通は塞栓術を指しますが、放射線科のIVR(インターベンションラジオロジィ)に含まれ腫瘍などの治療に用いられます。塞栓物質は様々ですが動脈(腫瘍の栄養血管)を遮断し壊死に陥らせる治療法です。
塞栓物質と同時に抗がん剤を投与するケースもあります。
国内で一番多く行われているのは肝がんに対する塞栓術です、肝臓はご存知の通り二重血流の臓器のために動脈を遮断しても壊死することは余りありません。それによって繰り返し治療が出来る利点があります。手術できない肝がんの治療に多く用いられています。

Q手術前に、抗生剤を行く意義について

手術前や、手術中に、抗生剤を行く意義として、術野汚染の防止、術後の創感染、二次的感染の防止以外に、術前に抗生剤を行く意義があるのでしょうか?

Aベストアンサー

ありません。
手術前に何らの感染もない状況であれば、「術前の」抗生剤投与の意味はないでしょう。術中術後の創感染の予防に対しては、一応今のところ意義ありでしょう。ただし、少し前までは短くとも術後1週間は抗生剤を投与していたのが、最近では医師によっては3日ぐらいになったり、極端な例では手術開始時に投与しその後は投与しないとか、その後は一回だけ投与するとか、専門家の中でも今は流動的です。ただ、おそらく間違いではないだろうと私が思っていることは、術中の感染を防ぐために、皮膚切開の開始同時にとかその直前に、適当な抗生物質を点滴静注する事です。ちなみに、気管切開術の場合には、通常は、わたしの経験では20年以上前から感染予防のための抗生物質なんて投与しません。
ところで、こういう質問をされるからには、医療関係者か、今後そうなる予定の方だと判断してしまうのですが、抗生剤を「行く」なんて表現はせず、せめて「投与する」位のことは最低でも書いて下さい。学生や看護婦さんを教育する立場の人間としては、非常に情けなくなってしまいます。違っていたらごめんなさい。

Q足の血圧が高いのはなぜ?

腕で測る血圧と、足で測る血圧では、足のほうが20-30位高いのはなぜ?

知ってる方いたら教えてください。

Aベストアンサー

平均血圧は、心拍出量と全末梢血管抵抗によって規定され、両者の積に比例します。
ある血管での血圧は、その血管を流れる血流量が多いほど、そしてその血管の抵抗がおおきいほど上がります。
血管の抵抗は、血管の長さが長いほど、断面積が小さいほど、血液の粘性が高いほど大きくなります。

上肢と下肢を比較すると、血液の粘性は同じですが、
(1)下肢のほうが上肢より長く、
(2)断面積が大きく、
(3)血流量が大きい

ということになりますが、(1)と(3)は血圧を上げる方向に働き、(2)は血圧を下げる方向に働きます。

(2)単独の関与より(1)(3)の関与の程度のほうが大きいから、下肢の血圧のほうが上肢の血圧より高いのだと思いますが。

QLKって何の略語ですか?

いつもわかりやすい回答ありがとうございます。略語について教えていただきたいのですが、LKとは何の疾患のことなのでしょうか??

Aベストアンサー

答えは出ていますが肺癌です。参考サイトなどは参考になりますか?

http://trhome.med.u-tokai.ac.jp/contents/TC/ryakugo.txt

http://www.niji.or.jp/home/pivot/dict.html#A

なのです。詳しくありませんが、この業界(医療)はドイツ語と英語がそれぞれ使われているようです。例えばNSCLCなどですね。非小細胞肺癌:non‐sma
ll‐ cell lung cancerの略です。英語ですね。

Q坐薬の上手な入れ方教えてください。

坐薬を入れようとするのですが、
押し込んでも、指を離すと出てきてしまい。
数回それを繰り替えしてやっと入っていく感じです。
そのため入る事には坐薬が溶けて一回り小さくなって
しまいます。
 指で押し込んだ後に外に出てこずに体内にすっとはいる
コツがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。元看護士です。座薬を挿入する場合は、医療行為でする場合は、キシロカインゼリーというのを座薬のに塗ってから挿入していましたが、これはご自分では手に入りにくいですよね。ワセリンなどでも代用可能です。

あと挿入してからすぐ指は抜かず、しばらく(10秒くらい)そのままにすると座薬はするっと腸の上にあがるようにできてます。挿入する際も指の第二関節ぐらいまでいれて押し込みます。慣れないと大変ですけど、一度コツを掴むと案外スムーズにできるかと思います。
ちなみにすぐ動くと出てきやすくなるので、しばらくは横になってくださいね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報