正月早々に交通事故に遭い正月明け、1月4日に診断「腰部挫傷全治10日間」病院と整骨院に通院中。現在まで病院には、50回、整骨院には26回受診中、計76回 そのうち1日に病院と、整骨院に通院した日が13日。本日病院に行ったところこれ以上治療しても改善は見れないので、後遺症診断をして打ち切りましょうと医師から言われました。症状は、腰痛と、極度の肩こりなのですが、レントゲン上では他覚的所見はなしです。
後遺症を保険屋に認めさすのは、かなり難しいと聞いていますが、このような場合、後遺症として認められる可能性はあるのでしょうか?全く後遺症として認められない可能性の方が大きい場合、私としては、本当に症状がつらいので、まだまだ通院したいです。ちなみに整骨院の方は、「まだまだ完治には、月日がかかりますよ」といわれていますので、病院で後遺症診断して保険屋に提出して、認められなかったら、整骨院に完治するまで通院するという方法は可能でしょうか?ちなみに、電気治療や、マッサージをしてもらうとその日は調子が良くなります。
また、今までの例として、本人が症状を訴えるだけで、後遺症として認められた ケースは、どのような訴えで認定されたのでしょうか?腰が痛い・・それだけでいいのでしょうか?
到底、後遺症の認定が無理であれば、症状が本当につらいので後遺症の請求はせずに、(請求した時点で賠償責任はなくなるのですね?)整骨院だけでも電気治療は続けて完治を祈りたいです。
どうか良きアドバイスお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一応交通事故は被害者にも治療者にもなったことがありますが、まず被害者側の時には自分にとって最も都合のいい医師を選んでいました。


これはきちんと話を聞いてくれ、通院も楽な所です。
医師は前もって保険会社に通知すれば変えることが出来ますので、診断を別の所で頂くのも一つの手です。
ただし軽微な事故である場合、3ヶ月治療に通って症状が変わらなければ保険会社からも示談を勧められるかもしれません。
治療者側からすると、もちろんたくさん通ってくれれば収入的にも助かりますから良いのでしょうが(悪意を持って治療を勧める方も居ますので)、あくまで保険での治療は医師の診断に基づいて行いますので、医師が後遺診断をしたら整骨院では手の出しようが無いと思います。
出来れば後遺診断を受けるまでに別の医師に診断を仰ぎ、まだ治る見込みがあるかどうかを聞いてみて下さい。
そこでまだ治ると診断されれば、継続して治療が受けれるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。やはり医師の方から後遺症診断がでれば、整骨院では無理のなのですね。
医師と相談して、納得がいかなければ別の医師に診断を仰ぐなど考えたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 13:09

> 質問:症状固定ってなんですか?


治療を行うと、多くのものは完治しますが、傷病が重い場合、完全には治癒しません。ある程度は治っていきますが、後遺症が残ったりと、症状が変わらなくなってきますよね。それが症状固定です。

医療にかかる部分は、私では分かりかねますので、他者(医療カテゴリーなど)や、主治医にゆだねます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にありがとうございます。

お礼日時:2002/04/11 13:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故慰謝料と弁護士の関係をおしえてください

交通事故に弁護士を入れたら、慰謝料2~3倍!というサイトを良く見ます。

何故、弁護士が入ると2~3倍になるのか?理屈がわかりません。
保険会社は、弁護士が出てくるまで安く慰謝料を提示して、弁護士を立てられたら高くだすのでしょうか?

何故、はじめから保険会社は、高い慰謝料を提示しないのでしょうか?ずるいです。

この理屈だと、弁護士を雇う余裕のあるお金持ちは、高い交通事故慰謝料をもらえて、貧乏人の私みたいな人が交通事故にあっても、安い交通事故慰謝料しかもらえない。つまり、貧乏人の慰謝料は安くしておけっていうことなんでしょうか?保険会社は、所得で交通事故被害者を差別しているように感じたので質問いたしました。どなたか、わかりやすく、弁護士が入ると保険会社が提示する交通事故慰謝料が変動する、この不公平な制度を解説してくださると助かります。

Aベストアンサー

保険会社は被害にあった人より、保険会社が好きだからですよ!保険会社は慰謝料の金を牛耳る手先だったのです!もうびっくりですよ!わたしもやられました!
http://xn--3kq2bx53h4sgtw3bx1h.jp/isharyo

Q後遺症と認めてくれない医師【交通事故後】

いつもお世話になっております。
以前もこちらで質問をさせていただきましたものです。ご回答頂きました方々ありがとうございました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1612581
親(看護士)が交通事故にあい、怪我を負っています。来月から試験的に仕事に復帰予定ですが、まだまだ歩くのもやっとの状態なので、始めのうちはお昼のみの勤務(日勤9時~6時)を予定しています。現在診て貰っている病院で足の担当医師(整形外科)が、左右での足のサイズの違い、関節の痛み、腫れ、等の症状を訴えても聞き入れてくれず、”こんなのは後遺症には認められない”と断言されました。さらに”今すぐフルタイム(3交替夜勤あり)勤務をしても何の問題もない、大丈夫”との診断でした。
一度、他の病院(医師)に診てもらった方が良いでしょうか?このような症状は後遺症と認められないのでしょうか?
経験者の方、専門家の方アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

お見舞い申し上げます。参考URLは後遺障害症状固定の認定れいです。

各損害保険会社も厚生省発行の認定書(上記)を引用しております。

それから医師を変えるにも保険会社に報告しなければなりません。

不承知であれば、治療費等が支払われません。更に医師会の規定で、

必ず紹介状が必要となりましてまず例え病院を代わっても初期治療が

他の病院ですので症状固定診断書は書いてくれません。何故なら、

障害認定が事故によるものなのか先天性の類なのかは不明である為です。

断っておきますが、初診から180日経過後この症状は回復が

見込めない後遺障害について症状を固定と所見し認定することを

一般に後遺症とされています。付け加えて医師がこの程度と口述されて

居られますが、個人差がありますからこの医師も不心得者ですね。

示談交渉は的確に納得できるまで交渉され、大事な事は親御さんの

一刻も早い回復が大前提ですね。どうかお大事にご看護下さい。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/11/s1120-10g.html

お見舞い申し上げます。参考URLは後遺障害症状固定の認定れいです。

各損害保険会社も厚生省発行の認定書(上記)を引用しております。

それから医師を変えるにも保険会社に報告しなければなりません。

不承知であれば、治療費等が支払われません。更に医師会の規定で、

必ず紹介状が必要となりましてまず例え病院を代わっても初期治療が

他の病院ですので症状固定診断書は書いてくれません。何故なら、

障害認定が事故によるものなのか先天性の類なのかは不明である為です。

断っておき...続きを読む

Q交通事故の慰謝料について

交通事故の慰謝料は、通院に対する手当て(日当)の他に精神的な慰謝料のようなものは出ないのでしょうか?

Aベストアンサー

出ますが
事故それぞれに違う為に、一概にいくらとは言えません
後過失割合などもかかってくるために、一概に言えません
相手の保険会社と、良く話し合ってください
又怪我の状況によっては、ほとんど出ない事も有りますが、
保険会社の方から、支払いの明細が送られてきますので、そちらを参考にして、
納得行かない場合には、示談をせずに話し合ってください
示談書を交わした後ですと、よほどひどい示談でなければ、裁判でも覆りません
保険会社の方も、判例を参考にして査定して居ますので

Q事故  症状固定後の後遺症認定について

おおまかな書き方ですいませんが

事故(私は被害者側です)から5ヶ月目くらいに医師より症状固定との診断がでました。級はともかく後遺症などの認定する機関へ事をすすめていくものなんでしょうが、これからどういった段取りで何をすれば(わたしはどう動けばいいのか)教えていただきたいのですが・・

Aベストアンサー

症状固定ということは、それなりに後遺症があるわけですね。

相手方保険会社に言って、後遺障害の診断書用紙を送ってもらってください。
それを病院に出して診断書を書いてもらい、保険会社に送ります。
後遺症を認定する機関には保険会社が診断書を送ります。

診断書は必ずコピーをとっておいてください。示談がこじれたさい、弁護士に見せる資料として必要です。
必ず!コピーしておいてください。

後遺症の等級が出ると、保険会社が慰謝料や逸失利益(怪我をしなければ得られた利益)を計算して、提示してきます。
それで納得いくなら示談成立。
おかしいと思ったら、弁護士などに相談する事になります。
診断書はこの時に必要になります。
弁護士会などでやっている無料相談ならお金もかかりません。

書店に行けば交通事故関連の書籍が出版されています。
読んでみる事をお勧めします。

Q交通事故の慰謝料についての質問です。昨年交通事故に合い、6ケ月ほど通院

交通事故の慰謝料についての質問です。昨年交通事故に合い、6ケ月ほど通院しました。後遺障害などの認定はありません。100対0の私が被害者です。保険会社のほうから慰謝料額の提示があったのですが、自賠責基準で計算されています。私としては弁護士基準での慰謝料を希望したいと思っています。そこでなのですが、私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが、結構時間がかかったりするのでしょうか?教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが

交通事故紛争処理センターについて、誤解があるようです。センターは、質問者様に代わって相手保険会社と交渉はしません。
センターの役割は、(1)被害者からの相談、(2)和解の斡旋、(3)審査会による審査と裁定です。

利用者は、まず電話で相談日時を予約をします。初回の相談日に事故状況及び損害内容を立証する書類等を持参し、センターで弁護士に相談・質問をし、必要な助言を受けますが、弁護士は中立な第三者の立場で相談・助言を行います。
このとき、次回以降の手続き・相談日の打ち合わせも行われますが、事案によっては弁護士会等を照会し、相談のみで終了する場合もあります。

利用者が、和解の斡旋を要請した場合で、弁護士も和解の斡旋が必要と判断した場合(要は、利用者が歩み寄りを見せ、中立の立場で和解による解決が図れる可能性が高いと判断されるケース)は、センターから相手方へ和解の斡旋に応じるかどうかの打診を行います。
相手が保険会社の場合は、和解の斡旋に応じることになっていますので、和解の斡旋手続きに入ります。
和解の斡旋は、1回あたり1時間程度で、人身事故の場合は3回程度で和解が成立することが多いようです。原則として、利用者本人とその親族、相手保険会社または代理人弁護士が出席できます。

和解の斡旋が不調に終わった場合は、審査会による審査を申し立てることができます。
審査が受理されると、審査会の日時が通知されます。審査は審査員が争点や事故の内容について当事者それぞれに説明を求め、双方の意見を聞く場であって、相手方と交渉する場ではありません。よって、原則として当事者(利用者と相手保険会社または代理人弁護士)だけが出席できます。

審査会で審査の結果出された裁定について、利用者はその告知から14日以内に同意・不同意の回答を行います。(期限内に回答がない場合は、不同意とされる)
利用者は、裁定に拘束されません(不同意と回答してもOK)ですが、保険会社は利用者が同意した場合には裁定に従うことになっていますので、和解が成立することになります。

利用者が不同意とした場合は、訴訟を提起するなど別の手段に移行せざるを得ません。

>結構時間がかかったりするのでしょうか?

前記のような流れになりますので、事案によって必要な日数はまちまちです。

極端な場合、初回の相談で終了してしまうこともあります。(相談担当弁護士が、双方の主張が激しくかい離して和解が困難と判断したケースなど)

「私としては弁護士基準での慰謝料を希望したいと思っています。」という考えであれば、司法手続きの説明を受けたり、弁護士会を紹介されて、終了となる可能性が高いです。
センターは、中立の立場から利用者に助言を行ったうえで、双方の歩み寄りによる和解を斡旋するもので、利用者の味方ではないし、相談担当弁護士も利用者の代理人ではありません。

>私が保険会社と交渉するより交通事故紛争センターに交渉をまかせようと思うのですが

交通事故紛争処理センターについて、誤解があるようです。センターは、質問者様に代わって相手保険会社と交渉はしません。
センターの役割は、(1)被害者からの相談、(2)和解の斡旋、(3)審査会による審査と裁定です。

利用者は、まず電話で相談日時を予約をします。初回の相談日に事故状況及び損害内容を立証する書類等を持参し、センターで弁護士に相談・質問をし、必要な助言を受けますが、弁護士は中立な第三者の立場で相...続きを読む

Q接骨院に通院した場合の任意保険での通院期間の認定方法は?

昨年の12月に、信号待ちで停止中のところを後ろから追突されました。
最初に整形外科にて診察・通院後、仕事の都合で職場近くの接骨院へ転院して、今年の9月末までのおおよそ10ヶ月間通院をしていました。
加害者の保険会社からの連絡があり、接骨院の先生と相談の結果、症状固定で治療を中断することになり、第1回示談交渉の際に提示額に納得がいかないということを伝えたところ、それでは窓口を弁護士に移しますとの回答があり、その数日後に弁護士より受任書なるものが送付されてきました。 その中に、接骨院では医学的根拠がない為、長期通院の必要性が判断できない為、3ヶ月しか認定できないと記述されてました。 これは、なにに基づいた判断なのでしょうか、法的根拠等があるのでしょうか? ご存じの方がいらっしゃいましたら、良い対処方法等を教えていただければと思います。

Aベストアンサー

私が別の病院の診察を受けたらということを申し上げたかったことは、以下の意味合いです。
10ヶ月以上も通院して症状が改善しないとすれば、単なる頚椎ねんざ(むちうち)ではない恐れがあります。当初あるいは現在診察中の医療機関が誤診を行っている可能性があるということがポイントです。私であれば、3ヶ月間通い、効果的な治療方法を提示できない場合は別の病院の診察を受けます。医療機関は全て同じ能力を持っているならば別ですが、他の業種に比べてもこの温度差は相当大きいと考えられます。
法律的にも新たな要治療個所が発見されれば交渉もできますし、何よりもご自身の体のことですから、痛みに対する原因追求を行うことは当然のことと考えました。
脊椎損傷などはないとは思いますが、念のため調べることは法律的にはともかく医学的には意義のあることと考えます。

>治療中止から2ヶ月弱経つのですが、ご回答に記述されているように、
>再度別の病院にて診察を受けるというのは可能なのでしょうか?

治療中止されていることから、当該診察の負担がご自身に降りかかる可能性のことだと思いますが、負担となる可能性は高いです。また、事故から12ヶ月経過していることを考慮すると仮に他の要治療個所が発見したされたとしても、事故以降の別の要因の可能性を排除しなければならず、認められるかどうかは裁判に委ねられると思います。但し、裁判に対する損害保険会社側の不安要素とはなりますから、条件交渉の材料としては利用できると思います。示談のあとに他の症状がでたとしても追加の補償を求めることができなくなることが大きいからです。

2点気になっています
1.当初の整形外科とは、個人病院(所謂、町医者)で総合病院ではない?
2.接骨院ではなく、症状の改善がないならば総合病院で精密検査を受けるような助言が損害保険会社からはなかったか?

保険会社は早期に治療を解決したいので、総合病院などの診察を薦めることが多いと思いますが、その意に反していたとすると、今更ということになるかもしれません。

>保険会社側での不行き届けがあったので、6ヶ月を認定
文面上の『不行き届け』とは具体的にどういうことかご質問なされましたか?
嫌がらせみたいですが、お聞きになられてそれが重大なこと(単なる言葉のあやだと思いますが)であれば追求できるかもしれませんね。ご実行されていないかもしれませんが、保険会社との交渉内容は全て書面または録音することです。相手の会社は行っているはずですから。

頚椎ねんざだけではなく手足の痺れを訴えていた場合は、治療停止時に日常生活に不自由さを強いられることとなり、その慰謝料部分と治療継続を計りにかけると治療継続を選択されました。
尚、実際は症状がないのに手足が痺れてということを行うと詐欺的行為です。今更、急に症状が出たとおっしゃられたとしてもそのような疑いをかけられるでしょう。このことを証明する医学的事実が必要となります。
私の知る例では、今回同様の車同士の事故(前側面衝突ですから状況が少し違いますが)で、頚椎捻挫と手足の打撲との当初診察に対して、12ヶ月の治療を認めたものがあります。勿論この場合は、保険会社側との直接交渉が大きかったのでしょう。事故のショックで不眠症となったなどの症状も訴えていましたから今回にまるっきり適用できるものではないと思います。

同じような事故でも人により発生する症状も違いますし、生活の不自由さも異なります。ご自身に当てはめて相手が知らないと思われることは通知することは交渉においては重要だと思います。ただ、弁護士が入った交渉では判例などにより画一的なものとなり、これを覆すことはより困難なものになると思います。既にご回答なされているなされている方のご意見の通り、妥協なされることのメリット(訴訟による費用や時間負担を負わなくて済む)もご考慮いただいた上ご判断なされた方が良いと思います。

ご質問者さんにとって余り有意義な回答ではないと思いますが、今後も同様の疑問を持った方がこの欄をご覧になられるかもしれないと思い記載いたしました。
もう少し早い段階であれば、私の申し上げた対処も少しはお役に立ったのではないかと思うことが残念です。

私が軽い気持ちで記載したことでご期待なされたようで、申し訳ありませんでした。お体、早く治るといいですね。

私が別の病院の診察を受けたらということを申し上げたかったことは、以下の意味合いです。
10ヶ月以上も通院して症状が改善しないとすれば、単なる頚椎ねんざ(むちうち)ではない恐れがあります。当初あるいは現在診察中の医療機関が誤診を行っている可能性があるということがポイントです。私であれば、3ヶ月間通い、効果的な治療方法を提示できない場合は別の病院の診察を受けます。医療機関は全て同じ能力を持っているならば別ですが、他の業種に比べてもこの温度差は相当大きいと考えられます。
法律的にも...続きを読む

Q至急です。交通事故による慰謝料について

お世話になります。
交通事故の慰謝料についての質問です。
9月8日に交通事故に遭いました。
私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
それから毎日整形外科でリハビリ通院しています。
そこで慰謝料の支払われる期間ですが、
事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。
このサイトで以前、3ヶ月以上になると
1日4200円の慰謝料が減額されるというのを
見たことがある様な気がします?
実際はどのくらいまでOKなのでしょうか。
ご教授ください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.自賠責保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html

2.任意保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#02

3.弁護士会基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#03

>私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
>事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。

今、事故対応(治療費の負担等)は誰がしていますか?
相手が任意保険を使う場合と使わない場合では金額が違います。

表を参照していただければわかると思いますが、

自賠責のみなら、6ヶ月までは1日当り一律4200円で、
それを超えると2100円で計算されます。
しかし、全ての補償額の合計が120万円までと制限があります。
(相手が1台の場合)
また、自身の過失が70%未満の場合は減額されません。
(過失割合分の相殺はないと考えて下さい。)


任意保険の場合、それぞれの会社の規定がありそれに沿って損害額が算定されます。
たとえば、
・慰謝料の全体に対して過失割合分の相殺をする。
・3ヶ月目から、1日当りの慰謝料を減額(2100円等)する。
任意保険の担当者は自賠責より少ない金額で示談を行なうことが成績となるのです。

担当者と交渉して、補償額を多少上げてもらうことは可能ですが
自賠責よりも多く貰うことは余程の専門知識と交渉力がなければまず無理です。

また、治療費の合計が120万円を超えた時点で、慰謝料の過失相殺は絶対に行なわれます。

現在、治療を続けておりまだ治癒する見込みがないのなら、
「第三者行為の届出」を出し健康保険扱いで治療をすると
治療費が約半分に下がり、慰謝料としてもらえる枠が大きくなります。
(健康保険は1点当り10円、自由診療は一点当り最高20円)
任意保険の担当者と示談交渉するときも補償額アップの要因となります。)


また、社会保険が負担した70%の治療費は最終的には自賠責から
回収されるのですが、治療が全て終わってからの請求(被害者の優先)となり、
120万円を超えた部分は事故の加害者に請求され、
20%の過失分は貴方の健康保険が負担してくれることになります。


また、治療の終わるときに貰う診断書に
『治癒』と書かれてあればその日までが治療期間となり
『中止』と書かれてあれば7日加算される
という点についても注意してください。

あとは、平均して半分以上(2週間あたり、7日以上など)
通院していれば、紹介した基準表どうりの額を貰えます。

2割の過失分を引かれない為には、常に
治療費がいくらかかっているか気を配っておく必要があります。

1.自賠責保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html

2.任意保険基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#02

3.弁護士会基準
http://suzuki-gyousei-office.com/accident/a_06/index.html#03

>私(バイク過失2割)相手(乗用車過失8割)です。
>事故日より何日まで慰謝料が支払われるのか知りたいのです。

今、事故対応(治療費の負担等)は誰がしていますか?
相手が任意保険を使う場合と使わない場合では金額が違います。

表を参照してい...続きを読む

Q接骨(整骨)院の保険金不正請求

以前勤務していた接骨院での事ですが、
保険請求の時に使用する書類に患者自身が記入する署名欄があるのですが、
その署名欄に私は記入しておらず、院長が勝手に記入して保険請求していました。
(勤務当初は治療を受けた事もあったので最初の2ヶ月だけは私自身が署名しましたが、それ以降は署名していません)

しかも出勤した日全て治療も受けてないのに治療した事になっていました。

治療もせず保険請求するのは不正であると思うのですが、
勝手に書類を作成するのは偽造にならないのでしょうか?

この様な行為をしていた院長を許す事が出来ません。
何か処分を下す方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

保険請求先に不正があったことを通報すれば調査が入ります。
貴方は勤めている間は失業の危険があったので隠していましたと言えば許されます。
警察沙汰になると詐欺罪の適用があります。
保険請求の資格が取り消されることになると思います。

Q交通事故の慰謝料の控除

交通事故の慰謝料の控除について
昨年末 交通事故にあい1ヶ月 休業補償を受け
職場復帰しましたが その後 体調不良により
パートになり現在 主人の扶養に入っています
保険会社と示談は成立しました
交通事故による慰謝料 通院費 休業補償など
個人年収に入るのでしょうか?
また 相手の保険会社からの口座への振込通知など
今後 必要になってくるのでしょうか?
よろしく お願いいたします

Aベストアンサー

慰謝料は、原則として収入の枠外ですから、所得税の対象となりません。
ただし、その慰謝料の根拠となる、発生原因により、課税される場合もあります。
休業補償についても原則課税対象外です。
医療費なども非課税となります。立て替えた交通費も医療控除競れますが、自家用車でお出でになった交通費は認められません。
領収書は全て保管してください。

不審点は、URLから検索してみましょう。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shotoku.htm

Q整骨院で内出血

こんにちは。いつもお世話になっています。

いつも行く整骨院で週に2回治療を受けていました。
先生とも仲が良かったのですが
些細なことで話の途中に反感を買ったようです。
私自身の体験談だったんですが、気に食わないようでした。

次の治療は先週の金曜日だったんですが、
態度が180度変わっていて治療も適当というか・・。
腕を強く指圧され、帰ったら両腕に内出血が出ていました。
翌日になるともっとひどく腫れていて
今もくっきりあざが残っています。

今日、予約してますが行こうか迷っています。
こういう場合この先生に何か法的処置があるのでしょうか。
それとも単に行くのを止めるべきですか?

Aベストアンサー

ひとりで行ってもまず解決はしません。
克明な写真を撮るのはもちろんのこと
病院で診察をうけて、診断書をもらいましょう。
そののちに、内容証明で後が残ったことを送り
病院の診察代と数千円程度はとれると思いますが
それ以上(法的措置や傷害罪で告訴など)は立証が難しくむりですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報