このセリフってとても有名ですよね? でも、一体これは誰のセリフなんですか? たぶん古代ローマ時代の劇のセリフと記憶してますが、そもそもどんなお話しなんでしょうか。実話なのかどうかも分かりません。少し簡単に教えて戴けないでしょうか? 

 また、このセリフを言うシーンが納められている映画なんかご存知のお方がおられましたら、是非タイトルを教えて下さい。

 宜しくお願いいたしま~す。<m(_ _)m>  

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

シェークスピアの「ジュリアス・シーザー」という作品で、広まった言葉のようですね。



・ブルータス、お前もか - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB …

A 回答 (7件)

 ジュリアス・シーザーの台詞です。

尤も、シェークスピアのジュリアス・シーザーと云う作品です。
 「ブルータス、お前もか?」(Et tu, Brute?)と云うあまりに有名なこの台詞の作品ですが、シーザーは物語中盤で殺されてしまい、それほど多くの描写があるわけでもなく、むしろブルータスが主役の感があります。
 ポンペイウスとの戦いに勝ち、ローマに凱旋したジュリアス・シーザーをローマ市民は歓喜して迎えますが、キャシアスを始めとする陰謀者たちはシーザーを暴君にさせたくないという理由から彼の命を狙います。シーザーの寵愛するブルータスも陰謀の仲間に加ります。3月15日の明け方ブルータスのもとを次々と訪ねる陰謀者たち。彼らはシーザーの臣下アントニーの命をも狙おうとするが、ブルータスはその必要はないと反対します。
 シーザーは占い師から3月15日に用心するよう忠告されており、妻の説得により一度は外出を取り止めます。しかし陰謀者の一人の口車に乗せられた彼は結局元老院に出かけ、そこで陰謀者たちに次々と刺され殺されてしまう。その中にブルータスを見つけたときの台詞です。
 ブルータスは実直で正義感が強く、シーザー暗殺も個人的理由ではなく、あくまでも公の理由を述べています。しかしこの誠実な人柄が原因となり自らの破滅を招きます。策略の主は、アントニーでこの後歴史は、アントニーを主人公とした『アントニーとクレオパトラ』へと続きます。確か映画『アントニーとクレオパトラ』
にもこの台詞があったと思います。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

 Luckycatsさん、お答え戴いてありがとうございます。

 まず、お答えを拝見して、今すっごく興味津々って感じです。やっぱり古代ローマ時代のお芝居のセリフなんですね。でも出てくる名前はクレオパトラくらいしか知りません。ジュリアス・シーザーって、確か「賽は投げられた」とも言った人ですよね?(あれ、カエサルだったかしら?) 
 とても面白そうです。きっと、これらのこのセリフ自体はシェークスピアが創ったものなんでしょうね。それともホントのセリフとして記録があるのでしょうか???

 いずれにしても、この時代の映画(なるべく歴史に忠実なもの)を探してみます。まずは『アントニーとクレオパトラ』ですね。(*^^*)

 とても参考になりました。そして益々興味が湧きました。ホントにありがとうございます。

 これを機に今後もいろいろ教えて下さいね。

 Luckycatsさん、お答え戴いてありがとうございました。

お礼日時:2002/04/10 21:21

故事については皆さんすでにお答えですので…。



ユリウス・カエサルのことが知りたければ、最近の本では塩野七生氏の大作「ローマ人の物語」(既刊10巻、新潮社)の4巻と5巻の2冊が、彼の一生を記したものです。興味がありましたらどうぞ。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

 ubonさん、お答え戴いてありがとうございます。

 「ローマ人の物語」ですか? 今度絶対本屋さんで探して見ます。 でもわたしでも読めるかしら・・・。全10巻とのことですが、カエサルについては4~5巻だけなんですね。いっそのことなら全部読んでみたいなぁ(歴史に疎いわたしでも着いていければの話ですが)。(*^_^*)

 また耳寄りな情報があれば教えて下さいね。

 ubonさん、お答えありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 00:04

#4です。

たびたびすみません・・・。

「ブルートゥス、お前もか」
この言葉は、カエサルの残した名言の中の一つで、実話です。(さっきは実話という事を言い忘れてしまいました…)

他の、カエサルが残した名言としては、

「さいは投げられた」前49年

「来た、見た、勝った」前47年

があります。

決して、お芝居の中だけの言葉ではありません。歴史上、本当にあった出来事です。もしお芝居になっているのなら、そのお芝居というのは、この事実に基づいて制作されたものではないですか?
    • good
    • 4
この回答へのお礼

 tk36さん、またまたご登場感謝です。(*^^*)

 へぇ、どの言葉もホントのセリフなんですね。でも、「来た、見た、勝った」は初めて聞きました(お恥ずかしい、きっとこれも有名な言葉なんでしょうね)。

 でも昔の人物って、その命懸けの使命感があるせいか、なんて劇的なんでしょう。いや、ホントは劇なんかじゃなく大事なものを守ったり、成し遂げたりするための戦いだったんでしょうね。

 また何か思い出したらお立ち寄り下さいね。(^^)/

 tk36さん、2度目のお答えありがとうございました。

お礼日時:2002/04/10 23:58

SALADA-GIRL様


 Luckycatsです。以下は全くの蛇足です。
 「ジュリアス・シーザー」は、イタリア語で「ジュリオ・チェザーレ」です。
またmacky23様の仰るとおり「ユリウス・カエサル」とも読みます。
SALADA-GIRL様の書かれた「賽は投げられた」は、ガリア(今のフランス)を平定した後に、カエサルを危険視する元老院派の罠にはまり逆賊となってたため、ローマに攻め込む時の有名な台詞です。後にエジプト遠征で、クレオパトラと巡り会い、ポンペイウス、クラッスス、シーザーの3人で第一回三頭政治を行います。
シーザー亡き後に、クレオパトラに恋したのがアントニウスです。アントニウスは、オクタビアヌス、レピドウス、アントニウスで第二回三頭政治を行います。アントニウスとクレオパトラを破るのがオクタビアヌスになります。ここまでは歴史の話。
 次に暦でユリウス暦と云うのは、シーザーに起因しています。英語のJuly(7月)がシーザーのジュリアスが語源です。つまり自分の名前を月名にしました。次のオクタビアヌスもこれに倣い、August(8月)として自分の名前を使います。このため、本来8を表すOctが10月に移動します(October)。この二人が、自分の月を31日にするために、2月から日をとったため2月が28日になったそうです。

 長々と駄文を連ねました。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

 Luckycatsさん、再び登場して頂いてとても嬉しいです。(o^O^o)

 いえいえ、蛇足だなんてとんでもない! とても勉強になります。学生時代にもこんな風に歴史に興味を掻き立てられるようなことを教えてくれる人がいたら、もう少し真面目に勉強したのになぁ~(な~んチって、遊んでばっかでした)。先生ごめんなさい。m(_ _)m

 では、わたしこそ蛇足をひとつ。
 
 実は、なぜこのセリフに興味を持ったのかというと、弟の友達に美大に通っている学生さんがいるんです。先日、みんなでおしゃべりしてると、美大でのデッサンの話になって、石膏でできたギリシャ彫刻の胸像をクラスでデッサンしているとき、いつもブルータスの胸像ばかりで飽き飽きしてたので、ある学生さんが「ブルータス、またお前か・・・」と言ったそうなんです。もうクラス中大爆笑だったらしく、わたしも一日中笑い転げてました。そのとき、「このセリフ、ホントはどんな意味があったのかな?」と、ふと疑問に思ったという次第でした。

 すみません、くだらない動機でf(^_^)

 でも、皆さんから様々なお答えを戴いて、ホントに興味を持ちました。今度のお休みの日にでも映画や書物を探してみます。

 また、今後ともいろいろ教えて下さい。

 Luckycatsさん、2度目のご登場に感謝します。

お礼日時:2002/04/10 23:50

こんばんわ^^


「ブルートゥス、お前もか」・・・
紀元前44年、カエサルが元老院入口で共和主義者らに襲われた時、暗殺者の中に信頼していたブルートゥスがいたのに驚き、そして抵抗することを諦めて発した言葉とされています。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

 tk36さん、お答えありがとうございます。
 
 ということは、カエサルの辞世の句みたいなものと考えていいのでしょうか? う~ん、何かとても劇的なんですね。 またひとつわたしの乏しい雑学が増えました。

 今後ともいろいろ教えて下さいね。(*^^*)

 tk36さん、お答え戴いてありがとうございました。

お礼日時:2002/04/10 23:31

↓で既に2人の方が回答されている通りですね。


“Julius Caesar”日本人には「ジュリアス・シーザー」のほうが一般的かもしれませんが、「ユリウス・カエサル」とも読みます。

参考URL:http://www.sol.dti.ne.jp/~takeshu/Caesar.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 macky23さん、お答え戴きありがとうございす。

 もしかして、カエサルとシーザーって同一人物だったんですか?? 確かにスペルにするとCaesarってシーザーともカエサルとも読めますね。もしかしてミッチェルとマイケルみたいなものかしら???

 また一つ勉強になりました。益々古代ローマ史に興味津々です。

 今後ともいろいろ教えて下さいね(o^O^o)

 macky23さん、お答え戴いてありがとうございました。

お礼日時:2002/04/10 21:40

↓ここの「ふ」を参照してください!!



参考URL:http://homepage1.nifty.com/morn-moon/danchuren/g …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 kantenさん、お答え戴いてありがとうございます。
 
 確かkantenさんには昨日もゲームソフトの件でお世話になりましたね。重ね重ねありがとうございます。

 さて、教えて戴いた参考URLを拝見しましたが、これって暖中連とかというサークル(?)かなにかのプロモーションじゃないんですか?(笑)

 でも面白かったですよ。(*^^*)

 またいろいろ教えて下さいね。

 お答え戴いてありがとうございました。

お礼日時:2002/04/10 21:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古代ローマのスパルタクスの乱について質問です。

古代ローマのスパルタクスの乱について質問です。

佐藤賢一の「剣闘士スパルタクス」を読みました。

この小説の中ではガリア人のクリクススが粗野な人物、ギリシア人
のオエノマウスが知略に長けた人物として描かれており、またスパルタクス
が反乱を決意したきっかけは、女パトロンに命を狙われたことになっています。

この反乱のことはそこまで詳細がわかる一級資料が残っているのでしょうか?
深く知りたいと思ったので、一般書籍として手に入る良い解説書等があれば
教えてください。

Aベストアンサー

亀レスにて失礼します。

スパルタクスの乱については古代の歴史家が書いた物がいくつか残っていますが、日本語訳で読めるのはプルタルコス「英雄伝」のクラッススの伝記と、リウィウスのローマ史に簡単に言及があるくらいです。
他の古代の記録も英訳でならネットで探せば読めます。ただし、蜂起~鎮圧から百年以上経って書かれた物がほとんどです。スパルタクスが残酷なオーナーに命運を握られていることに耐えられず逃亡を企てた、という記述もありますが女性だったかどうかはわかりません。小説になるほど詳細が記された古代の記述はあまりありません。

文献についてはウィキペディア英語版にThird_Servile_Warの項が良く調べて書かれています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Third_Servile_War

ところで同時代の一般的なローマ人にスパルタクスは好意的に見られていたかもしれません。
おもしろいものを見つけました。
http://books.google.com/books?id=vscIFJct38sC&pg=PA15&dq=pompeii+spartacus&hl=ja&ei=vP6OTPfMN4LRcZSVuf4M&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=3&ved=0CDMQ6AEwAg#v=onepage&q=pompeii%20spartacus&f=false

ポンペイ出土の壁画です。剣闘士試合を描いた場面ですが、中央の人物はSπAΡτΑκs(右から左)スパルタクスとはっきり読めます。同名の別の剣闘士の可能性がまったくないわけではありませんが、それでも第三次奴隷戦争からベスビウスの噴火までの20年ほどの間「けしからん!消してしまえ」とならなかったのは確かです。

さて、小説の元ネタは近代以降の欧米で書かれた小説だと思います。例えば映画の原作にもなったハワード・ファストの「スパルタカス」。

亀レスにて失礼します。

スパルタクスの乱については古代の歴史家が書いた物がいくつか残っていますが、日本語訳で読めるのはプルタルコス「英雄伝」のクラッススの伝記と、リウィウスのローマ史に簡単に言及があるくらいです。
他の古代の記録も英訳でならネットで探せば読めます。ただし、蜂起~鎮圧から百年以上経って書かれた物がほとんどです。スパルタクスが残酷なオーナーに命運を握られていることに耐えられず逃亡を企てた、という記述もありますが女性だったかどうかはわかりません。小説になるほど詳細...続きを読む

Qローマ教皇とローマ法王

教皇と法王。

おなじ者なのでしょうか?

Aベストアンサー

 「Pope」の訳語としては法王・教皇は混用されていましたが、カトリック中央協議会の公式見解で、1981年2月のヨハネ・パウロ2世の来日を機会に「ローマ教皇」を正式名称としています。ただし、駐日バチカン大使館は「ローマ法王庁大使館」となっていますが、これは法王・教皇が混用されていた当時に、この名称で日本国政府に登録され、また一度登録された名前は国名変更が無い限りは、変えることができないからです。そのためマスコミの報道では混用されているのが実情です。

ちなみに日本でPopeの訳語に当てられた「法王」という単語は、もともとは「釈迦」・「仏」を意味する仏教用語です。であればなおさら教皇の方がふさわしいですね・

参考URL:http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/memo/pope.htm

Q古代ギリシアと古代ギリシア文明について

「古代ギリシア」と「古代ギリシア文明」って同じ意味ととらえてよいのでしょうか?調べると「古代ギリシア」が多くでてきて、違いがよくわかりません。違うのでしたら「古代ギリシア文明」について詳しく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

古代ギリシャと古代ギリシャ文明とは、厳密に言いますと別物です。
古代ギリシャは、アテネやスパルタなどといった都市国家の時代を指します。
一方古代ギリシャ文明と言った場合、主に先古代キリシャの時代を指します。
具体的には、ミノア文明(クレタ文明)やミケーネ文明といった青銅器文明の時代を指します。
ただし、古代ギリシャ文明に、古代ギリシャ時代(鉄器文明時代)を含める場合もあります。

古代ギリシャと言った場合、基本的にヘレニズム文明以前を主に指しますが、マケドニアがローマに滅ぼされるまでの間も古代ギリシャに含める場合もあります。

古代ギリシャに対し、あまり言いませんが、中世ギリシャとか現代ギリシャという言い方もあります。
中世ギリシャとは、ビザンツ帝国時代を指します。
ビザンツ帝国は、本来東ローマ帝国なのですが、完全にギリシャ化した国家です。
その中心は、現在トルコ領のイスタンブール(当時はコンスタンティノープル)です。

Q堤防の決壊を防いだオランダの少年の話は実話ですか

堤防の裂け目から海水が漏れているのを見つけた少年が一晩中その裂け目に指をいれて凍死してしまう話は実話でしょうか、フィクションでしょうか。この話をはじめて聞いたのは父からで、戦争中の教育の中で、この話が日本の当時の子供たちに対して使われていたのではないかと思っているのですが、この話についてどなたかご存知の方がいらしゃれば教えてください。

Aベストアンサー

オランダに住んでたことあります。かんてんさんの言うとおりです。
「あの堤防少年の話しってる? 外国人はみんな知ってんだよね。
ほんとにそんなことするわけないのに、信じるなんてばっかじゃん!」
と、100回くらいオランダ人に言われました。
アントワープのパトラッシュと同じのりですね。

Q善徳女王、どこまでが実話?

善徳女王などの韓国ドラマは、
実際に起きた出来事を元に、話をいろいろと
つくっているようですが…

では、トンマンとピダムの愛は実在しなかったのでしょうか?
自分なりにいろいろ調べたのですが、
「ピダムが反乱を起こし、ユシン軍がそれを鎮圧させた」
というところまでしかわからず…

どなたか回答、お願いします。

Aベストアンサー

 ドラマ『善徳女王』は、ほとんど(98%くらい)が創作なんですよ。
 歴史エンターテイメントです。最近の韓国の時代劇ドラマはこういう、脚本家が腕をふるう創作物が大部分です。『朱蒙』も。

 確かに韓国の教科書に名前が出て来る人物も登場します。キム・ユシンなんかは伝説の逸話に名前が出て来るので、韓国では小学生向けの絵本にもなってます。日本でも『弁慶と義経』のお話なんかは絵本とかになってますね。あんな感じで、なじみのある人名がちょこちょこ出ます。
 でも、主人公の善徳女王はドラマの中では次女ということになってますが、本当は長女なんです。で、中国で育ったというのも事実ではありません。創作です。
 出生の秘密、はありません。
 出生の秘密も無く、ただ王宮でおしとやかに育ちましたよりも、中国奥地の砂漠のまん中で生きるか死ぬか! だとドラマティックです。
 ドラマとしてはすばらしいですね。わくわく、ドキドキがいっぱいです。

 ミシルという女性(美室? 韓国では 美実 という漢字で書いてましたが)は作った登場人物です。
 ミシルという人は韓国朝鮮の歴史書に全く登場しません。
 1989年に「韓国朝鮮で最古の歴史書が発見された!」としてマスコミに登場した『花郎世紀』という本に初めて名前が出て来ました。

 この『花郎世紀』がドラマ『善徳女王』の原作となっています。
 しかし同書は荒唐無稽な内容が多くて、ニセの歴史書であり、発見して筆写したとされる朴昌和の書いた小説だと見る歴史学者が大部分です。
 この本ではミシルが数百歳まで生きたことになってるらしいです。
 また、この「歴史書」を発見して筆写したとされる朴昌和は1945年の終戦後、ポルノ小説を書いて生計を立てていたことが知られています。韓国の新聞、朝鮮日報ではドラマ『善徳女王』が放送されていた頃、「原作の朴昌和氏は性愛小説家」と書かれていました。
 『花郎世紀』では花郎を男色集団として書いているそうです。また、善徳女王は4回結婚したことにもなっているそうです。
 こういう、他の歴史書に全く出て来ない性的な内容が多いのは彼が「性愛小説家」だったことを考えれば納得です。

 テレビ局の宣伝では「実際の歴史に基づきながら」とか言ってますね。これは大誇張です。誇張が過ぎて、事実ではありません。センセーショナルに宣伝したら盛り上がるからでしょう。テレビ局は事実を破壊しない範囲内で上手に宣伝して欲しいものです。
 
 女性を主人公にすると時代劇でも現代劇でも視聴率が良いんです。ドラマを見るのは男より女が多いですので。日本でも『篤姫』がすごい好評でしたよね。時代劇だと男性視聴者もひきつけますし。

 あの『チャングム』の監督も、日本のテレビ局が「どのくらいが歴史的事実か?」と質問したのに対して、「1%くらい。」と答えてます。
 衣裳も、韓国では昔の衣裳は資料がほとんど残ってないので、デザイナーが想像を働かせて作ってます。李氏朝鮮くらい時代が下った頃の衣裳についても、王族の衣裳は資料が残ってますが王族でない貴族の服装については特に女性については資料が少なくてよくわかっていません。
 李朝以前の時代の衣裳となると本当に歴史資料が少ないので、衣裳担当者はかなり自由に創作出来ます。
 建物も資料が少なくてよくわかってないので、全然違う時代のドラマでも同じセット場で撮影しちゃってます。よく見ると「アレッ、この建物、○○っていう歴史ドラマにも出て来た建物だっ。」。時代や国が全然違っても同じセットを使っちゃうってのが、韓国らしい(?)。
 戦いで使う刀(かたな)も韓国の軍事オタクさんによると「あれは日本刀」だそうです。当時朝鮮半島で使われていた刀は、持ち手のところが丸い輪っかになってる物が一般的だったそうです。やっぱり日本刀の方が戦闘シーンの時、見栄えが良いんでしょうかね。

 歴史の勉強にはあんまりなりません。ドラマとしてワクワク、ドキドキ楽しみましょう。

 ドラマ『善徳女王』は、ほとんど(98%くらい)が創作なんですよ。
 歴史エンターテイメントです。最近の韓国の時代劇ドラマはこういう、脚本家が腕をふるう創作物が大部分です。『朱蒙』も。

 確かに韓国の教科書に名前が出て来る人物も登場します。キム・ユシンなんかは伝説の逸話に名前が出て来るので、韓国では小学生向けの絵本にもなってます。日本でも『弁慶と義経』のお話なんかは絵本とかになってますね。あんな感じで、なじみのある人名がちょこちょこ出ます。
 でも、主人公の善徳女王はドラマ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報