本好きの祖父のためによく図書館で本を借りに行っています。ここ最近は「池波正太郎さんの全集を1冊と他に面白そうな本を2冊借りてきてくれ」と言われていますが、読書歴ウン十年の人間なのでいい加減ネタ切れで困っています。何かオススメの本はないでしょうか。

好きなジャンルは時代小説で、有名どころはかなり読んできているようです。山本一力さんや平岩弓枝さん、諸田玲子さん、坂東真砂子さんなんかは気掛けてチェックして、借りています。
また、新しいジャンルを開拓したいと言い出したので森村誠一さん、横山秀夫さんを借りたら、結構気に入ってくれました。私自身は読んだことないけど知り合いが面白かったと言っていた高橋三千綱さんを借りて来て、現在感想待ちです。感想を待ちながら、次は何を借りようかと悩んでいるところです。
こんな祖父に、オススメの本を教えてください。あまり有名じゃないけど意外と面白いとか、意外な作家さんが書いた面白い時代小説とか、砕けすぎない現代小説などなど、何でもいいのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

時代物というよりは歴史物になるけど露伴の『蒲生氏郷』『運命』『雪たたき』なんかは案外と未読かも。

敬遠されがちな人だから。ちくまの日本文学全集、文庫よりちょいと縦長で、表紙がちょっと硬くて安野光雅がカバー絵を描いてるやつが、粒ぞろいの非常に良いセレクション。ただし新かななのが瑕疵です。もっともこれには『運命』は入ってません。角川の近代日本文学全集だったかな、非常に詳細な註釈が付いてるのがあります。おすすめ。

山田風太郎なら明治ものとか明治小説とか呼ばれる一連の作品群が面白い。その中でも私が好むのは『地の果ての獄』。でも風太郎の最高傑作は『戦中派不戦日記』および『戦中派虫けら日記』だと思うけど。昭和の大戦の記録としてこれ以上のものはないでしょう。もしかすると同世代かな。

明治といえば町田康の『告白』。河内十人斬りとかいう事件を題材にしたもの。読み始めたらもう最後まで止まりません。力あるなあ。いま一番おもしろい人だね。どどんがどがどがまねもねみれー、だって。可笑しい。

新方面への進出ということなら、中島らもの『ガダラの豚』や原田宗典の『平成トム・ソーヤー』は元男の子にうったえるものがあるんじゃないかな。どうだろう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

町田康さん人から勧められて、いつか私が読んでみようと思ってたんですが・・・。時代小説を書かれるんですね。知らなかった・・・。
以前にも増して興味が沸きました。さっそく借りて、私も読みます!
中島らもさんは、ちょっと祖父に勧めるのは冒険かなぁと思います。好きそうな本とセットで勧めてみようかな。
原田宗典さんはどうでしょうか。少年時代が戦前って人なので、ちょっと躊躇します。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/02 22:30

時代小説作家ベスト101:新書館

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有名どころ以外を知りたいので・・・。

お礼日時:2006/11/28 23:58

むむう、九十才超でらっしゃいましたか。

なぜそれ真っ先に書かんかなあ。そしたらきっと、面白い回答が数限りなく殺到したろうに。#11です。

そうか九十幾歳ですか。風太郎より一回り上ですね。終戦時に三十ちょいならまず間違いなく兵隊やってる。それも長く。対米英戦より前からかもしれない。そのあたりのこと、聞けるなら聞いておかなきゃいかんですよ。孫しか聞けない話はいくらもありましょう。

で、風太郎の日記はほんとに凄いんですよ。超越的と称して過でないどころかまだ不足。天下無双、唯一不二。これが世に出たのは比較的最近のことなので、未読ということは十分にある。そして、こんな正直な記録は他に皆無なんです。ほんとに絶無。まったく類例がない。どんな思いであの戦いを戦っていたか、「不戦」を名乗る日記によってしか知れないというこの皮肉。

風太郎には『人間臨終図巻』という古今東西の有名人の死際のさまを集めて三巻にまとめたものがあります。これがまた絶倫の傑作で。みんなほんとに苦しんで死ぬんですね。楽な死に方というのは稀。

これ読んでると、死ぬのが辛くなくなる、というか、死ぬのを思うときに荒々しく猛りそうになる気持ちがなぜか自然と鎮まります。明るくなる。不思議な本です。卆壽越えの方はこれをどう読まれるか、感想聞きたいですね。

あと原田は白樺派の隔世遺伝だし(『スメル男』も佳品)、らもは、うーん、大人と子供がごじゃごじゃに入り混じった人で、ガダラは荒っぽいながらにこの不世出の異人の最高傑作であることは間違いない。かなり大人っぽい出来上がりなんですけどね(ただねえ、この人ほんとに恩が書けないひとでね。ほんとにそのへんは酷い)。

はてさて、ご婦人にこの作の価値が分かるかどうか、それは疑わしいが、九十を超えてなお、書見の楽しみを忘れぬかたならばあるいは深い感懐を齎すこともないでもないんではないかと愚考します。

あとやっぱ露伴、とくにその『運命』と『連環記』、未読か否か、これはもう是非ともお確かめになるべきです。

まあとりあえず、あなたがちゃちゃっとお目をお通しになって、吾が言の実否をお確かめあれかし。

あとそう、酒見賢一をお勧めします。『墨攻』とか『陋巷にあり』とか。デビュー作の『後宮小説』も悪くないんだけど、九十翁には噴飯物かな。とりあえずみな、支那ふうの作品なんですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
そういえば、「祖父」としか書いてないことを今気付きました(汗)。そうですよね。年齢、大切ですよね。すみません。一度締め切ってから、後日もう一回質問しようかな・・・。

小学生くらいの頃、祖父に戦争の話を聞いたらあまり話したがらなかったんですよ。妙に印象に残ってて、私自身が年齢を重ねるにつれて、ますます聞きづらくなっちゃってます。
読書に「楽しいこと」を求める祖父に、山田風太郎さんはどうでしょうか。戦争ものって怖いというか、悲惨というか、そういうイメージがあって。

あ、『告白』は面白かったそうです。教えてくださって、ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/28 23:58

時代小説なら…


佐伯泰英はもう読まれたでしょうか?
「密命」「居眠り磐音江戸双紙」などのシリーズは
年配の方に大変人気がありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文庫本ですね。ノーチェックでした。祖父は文庫本はあまり好まないんですが、読んでみて面白かったらきっと「続きを」と言うと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/02 22:23

これまで路線なら、柴田練三郎氏の作品はどうでしょう。



時代小説好きで新しい分野とのことなら
「太陽の世界」 半村 良 
ムー大陸の時代小説。ヒットなら当分持ちます。図書館仕様です。絶版で超大作ですから多分書庫に入ってます(書架には置けないくらい超大作)。ただ、作者が完成させずに、お亡くなりになったので、続きが……

「エイラシリーズ」 ジーン アウル
原始時代の時代小説です。原人と新人の交代期の話。みなしごの新人が原人に育てられ……。これもかなり大作です。(巻によって名前が変わるのでエイラシリーズってしてます)こちらは続編を執筆中。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

柴田練三郎さんは、以前自分で図書館に通ってたころに全集をちょこちょこ借りてたような・・・。確認してみます。
「太陽の世界」は、なんと、私が通う図書館にはありませんでした(汗)。大きい図書館に時々行くので、あれば借りてみます。
エイラシリーズは私が借りて読んでいますが、祖父はどうも受け付けなかったようです。変なところで頭が固いんですよね。困ってしまいます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/02 22:20

時代小説…


#6さんも挙げられてますが、隆慶一郎は既読でしょうか。
「影武者徳川家康」
「一夢庵風流記」
「捨て童子松平忠輝」など、いずれも痛快でした。
もう亡くなられておりますので新作が出ないのが残念なのですが。

また、山田風太郎の、奇想の忍者たちが天外の死闘を繰り広げる、所謂「忍法帖」シリーズ。
これは荒唐無稽でエログロ色が強く、「時代小説」というより「講談モノ」に近い気がしますが、
ハマると面白いです。
#7さんも挙げられている「甲賀忍法帖」のほか、
「伊賀忍法帖」「柳生忍法帖」「風来忍法帖」なんかもオススメ。

新ジャンル… 大沢在昌の「新宿鮫」シリーズなんかどうですかね。
ハードボイルドな警察小説です。
先日、シリーズ9作目の「狼花」が出ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大沢在昌さんは、アルバイト探偵を私が自分用に借りてきたのをいつの間にか読んでたみたいですが、何とも言わなかったところを見ると好みじゃなかったのかもしれません。新宿鮫シリーズはどうでしょうか。勝手に暴力チックなストーリーを想像して、まだ借りたことはありません。調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/02 22:16

・時代小説


宇江佐真理「甘露梅」
山田風太郎「甲賀忍法帖」
乙川優三郎「五年の梅」
山本周五郎「おさん」
普段時代小説はあまり読まないんですが、読んでみると結構はまりますね。

・現代小説
重松 清「疾走」
朔 立木「死亡推定時刻」
久々にがつ~んと来ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時代小説で紹介してくださった作家さんは有名どころなので、借りたことがあります。
重松清さんは手ごたえは悪くはなかったんですが、『疾走』は主人公の年齢が若すぎて好みじゃないだろうなぁと思って借りませんでした(汗)。私が読んでみようかなぁ。
朔立木さんはまだ私も祖父も読んだことありません。借りてみますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/02 22:12

骨太な感じの作品がお好きなようですね。



隆慶一朗・・・『影武者徳川家康』『吉原御免状』等
山岡荘八・・・『伊達政宗』や『徳川家康』等、有名なので読まれているかも?
真保裕一・・・『ホワイト・アウト』『奇跡の人』『小役人シリーズ』等
日明恩・・・まだ2シリーズ4冊しか出ていませんが、どれもおすすめ。
宮部みゆき・・・『火車』『蒲生邸事件』『弧宿の人』時代小説も多数です
北方謙三・・・ハードボイルドから日本・中国時代小説まで多数
五條瑛・・・『鉱物シリーズ』『革命シリーズ』私は特に『スリー・アゲーツ』がおすすめです。
高村薫・・・『合田雄一郎シリーズ』『李謳』等

あたりはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。なかなか重量感があるものが好きなようです。

いくつか読んでないものがあるようなので、少しずつ借りてみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/02 22:08

「江戸職人綺譚」「続・江戸職人綺譚」(佐江衆一)


「鈴河岸物語」(半村良)
このあたりはいかがでしょう。
剣客モノではなく、職人モノの時代小説というのも面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

佐江さんは、司書の方に勧めていただいたことがあります。
半村さんはどうでしょうか。借りてみようかと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/02 22:05

有名どころはかなり読まれているとのことなので、きっと藤沢周平は全制覇ですよね。



意外でもないかもしれませんが、松本清張の書く時代小説は、かなり面白いと思います。「乱灯 江戸影絵」など、数は多くないですがいくつかあります。

あと、中国史がお嫌いでなければ、陳舜臣の「小説 十八史略」や宮城谷昌光の中国ものなどは夢中になれます。Amazonなどで調べてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい。以前は「藤沢周平さんの全集を1冊と他に面白そうな本を・・・」と言われていました(笑)。陳舜臣さん、宮城谷昌光さんも、そこそこ読んでいます。
松本清張さんはサスペンス系だと思ってました。何冊か有名どころは借りましたが、時代物もあるんですね。でも、古くて有名どころの人の本は自分で図書館に通っていた頃に読了してるかもしれません・・・。聞いてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/01 15:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本のラッピング・包装★プレゼントしたい

本のプレゼントをしたいと思っています。
ネットの本屋さんでは、(アマゾンやビーケーワンなど・・)300円ほどでラッピング包装してくれますが、普通の本屋さんで本を買えば、無料でラッピングしてくれるんですか?

無料でラッピングしてくれる本屋さんを探しています。
オンラインショップでもかまいません。教えて下さい。

Aベストアンサー

そこそこの本屋さんなら大抵ラッピングしてくれますが、大体、2~3種類の包装紙の中から選んで包んでもらうぐらいのラッピングです。

ちょっとかわいくラッピングしたいなら、100円ショップでラッピング用品を買って、自分で包んだほうが早いかもしれないと思います。

Q旅行に持っていく本一冊

先日高校を卒業した者です。
3月3日から5日の間、初めて一人で旅行をします。
そのとき一冊だけ本を持っていこうと考えています。
(旅行関係の本、旅先解説などではなく・・・)
ジャンルは問いませんが、
1、単に読むだけでなく考えることも必要な本
2、短すぎない本
  =三日以内に読み終わってしまわないページ数の本(短編集可)
漠然とした注文で申し訳ないのですが、
皆様のご意見をお聞かせください。
同じくらいの年の頃に読んだけどよかったよ、という
ちょっとした紹介も大歓迎です。

ちなみに日本の作家さんだと村上春樹さん
    海外の作家さんだとミヒャエルエンデが好みです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アルチュール・ランボーの詩集はどうでしょうか?
19世紀の早熟の天才詩人ですが、詩を書いていたのは17~20歳過ぎ(?)の青春期のみらしく30代で亡くなっているとのことです。
その詩の世界観は、幻想的というかはっきり言って意味不明とも言えますが、noon0202さんのような思春期の方の心には、とても響く内容だと思います。
僕は高校2年生のときに読んだのですが、ぐいぐい引き込まれとても
衝撃を受けたことを覚えています。
村上春樹の作品のように読み易くはないですが、考えを巡らせることのできる作品でもありますよ。
詩集ですので、一読するのに3日はかからないかもしれませんが、1回では理解することが難しいかもしれない世界観なので何度か読むのも良いかもしれません。
もし未読であればおすすめします。

Q本をラッピング?したい

教えてください

中古本を販売したいのです
ブッ〇オフで売っている様な10巻セットのビニールラッピングってどうやってるのでしょうか?
それ専用の機械が必要なのでしょうか?

10巻20巻セットをネットで買った方で納得いく梱包方法があればそれも参考にしたいです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

ドライヤーなんかの熱でギューって縮むラップみたいなやつですか?

Q今年発刊された本で、最高だと思った一冊をお願いします。

まだ7月になろうかという時期ですが、上半期のまとめという意味を兼ねて、今年発刊の作品で一番感銘を受けた一冊を紹介してください(ゼッタイに一冊だけにしてください)。フィクション、ノンフィクション、ジャンルは問いません。海外作品の場合、日本で発刊されたのが今年であればかまいません。

 紹介していただいた本は、必ず読ませていただきます。

Aベストアンサー

今年……ですか。
発行年月を気にしないので、あまり思い浮かばないのですが、最近だと「大江戸妖怪かわら版 異界から落ち来る者あり・下」でしょうか。
上巻もありますが、どちらか1冊と言われれば下巻を推します。下巻だけでも十分読めます。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31721866

前評判上々の本はどんなに面白くても「まぁ、そんなもんだろうな」程度にしか思わないのですが、この本は「タイトルからして面白くなさそうだ」(失礼!)と思って手にしたので、余計に面白く感じただけなのかもしれません。
妖怪たちの魔都・大江戸なんて胡散臭いことこの上ないのですが、話はしっかりしているし、大江戸の街並や自然の描写は美しいし、何より妖怪たちを通して人間の優しさや美しさを描こうというのが目を惹きました。

Qネクタイのラッピングについて

恋人にネクタイが欲しいと言われたため、クリスマスにネクタイを贈ろうと思っています。
(ちょっと遅くなりそうですが)

1本ではなく何本か欲しいそうですが、お互い全くブランド物に興味がなく、1本1000円程度の物でも良いそうです。
(私の予算は5000円位、一緒にお菓子もあげます)
それくらいのお値段だと多分百貨店とかデパートになると思うのですが、
そのようなお店で何本か(理想は3本くらい)選んでラッピング、ってやってもらえるのでしょうか?
もしくは普通に買った場合、大体どのような包装になるのでしょうか?(透明な袋とか)

お店で無理そうだったら自分でラッピングしようと思ったのですが、
検索してもネクタイ1本のラッピング方法しか見つかりません。
どういう風に包むと良いかなど、アドバイスお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

元メンズブランドのスタッフです

基本的に百貨店は「望まれれば何でも」がスタンスですので、一本だろうが十本だろうがやってくれるでしょう。
ただし、有料・無料はその百貨店次第です。(殆ど無料ですが)

でも・・・
>「1本1000円程度の物でも良いそうです」

正直百貨店に「1本1000円のネクタイ」なんて売ってませんよ。
特にクリスマスシーズンはいつもより少々高いものでも売れますので、品ぞろえもそれに合わせたものになります。

ノンブランドで1本5000円前後。ブランドものなら1本8000円前後~でしょう。

1000円で探したいのなら「ダ●エー」「イトー●ーカドー」」のような「スーパー系」で探すしかないと思います。
若しくは「通販」。

Qなぜ図書館においてる本を借りずに買うのか?

素朴な疑問ですが
新書でもなくどこでも売っている本を買う人は
なぜ図書館で借りないのでしょうか?

毎日頻繁に読むわけではなく、一度読んだらお蔵入りの本も買う人の気がわかりません。
私はお金がもったいないから100%借りる派です。
新書も待ちます。

買う人は潔癖症なのでしょうか?

Aベストアンサー

読みたいときにすぐ読めるからじゃないですか。
皆があなたのように待てるわけではないのです。

自分もできれば借りたい派ですが
最近ブームのある新書では区内で7冊しかないのに予約人数とか500人の本とかあります。
これでは待ちきれず買っちゃいます。

あと図書館が遠い、平日は仕事があるなど
物理的な制約もありそうです。

Qロールケーキのラッピング

ロールケーキのラッピングで何かいい方法はありませんか?
そのまま1本ではなく、一人分ずつ切って入れたいと思っています。

ロールケーキは、真中にムースを入れて作る予定です。

いい方法があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

ラッピングも一人づつですか?
カットした一本を丸ごとですか?

ひとりづつだと、めのフィルムで断面をくるみ、透明の袋に入れて、口をリボンで止めるか、封をする。

カットした一本丸ごとでしたら、クッキングシートで巻き、両端を飴のようにねじり、リボンで止める、あとは箱に、というのを料理教室の持ち帰りでしました。

お近くに、シモジマの店舗はありませんか?
http://www.shimojima.co.jp/products/index.html
ラッピングのヒントがいっぱいです。

Q本のタイトル、外国小説、サメ「K」の話

この本の紹介記事をどこかで読んだのですが、タイトルが思い出せないため、
わかる方、教えてください。

船乗りがある日、自分の船の後をずっとつけて来るサメを見つける。
そのサメは海の男達に恐れられている「K」らしい。
その船乗りは自分の息子に海に出ることを禁じる。
息子は陸での仕事に就いたが、遠く沖を見るといつも「K」がいるのが見える。


後半は思い出せません。

検索してみましたが「K」だけではキーワードが短すぎて、なかなかヒットしませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ディーノ・ブッツァーティというイタリアの作家が書いた「K」という短編のようです。

下記の2つのブログ記事であらすじが紹介されています。
http://www.andart.jp/blog-relay/20091231_111.php
http://sumigoon.jugem.jp/?eid=824

1つ目の記事の巻末、参考文献によると『石の幻影 短編集』という本に収録されているようです。
http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%B3%E3%81%AE%E5%B9%BB%E5%BD%B1%E2%80%95%E7%9F%AD%E7%B7%A8%E9%9B%86-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8E-%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3/dp/4309203051

Q本のプレゼントについて

本のプレゼント


クリスマスに彼に本をプレゼントしようと思っています。
メインはもうすでに、彼には財布、私はアクセサリーを交換していますが、彼の方が予算が高かったこと、また、クリスマス当日に会えないので別の日にご飯とホテルを彼が予約してくれてるので、私はサプライズでその時にもうひとつプレゼントをしようと思っています。


読書家な彼で、読みたいと言っていた小説があったので、プラスお菓子でもと候補にしていたのですが、先日自分で買ってしまったようです。


しかしそのとき、もうひとつ読みたい小説があると聞けたのでそっちにしようと思ったのですが…


その小説がとても分厚い単行本な上、上下2巻の大作です。


メインのプレゼントはあげているし私としては、ちょっとしたサプライズプレゼントを、と考えていたので、本はぴったりだとは思ったのですが、


あまりに多がましい(金額じゃなく見た目が)プレゼントだと、逆に彼に気を使わせてしまわないかなと思ってきました…


それにそんな分厚い単行本を2冊っていくらラッピングしてもらっても可愛くないかなぁとか。


1巻完結の本なら即決だったのに。


お聞きしたいのは、
その本がいずれ読みたかったものだったとして、


でーんとラッピングされた分厚い本こプレゼントってどう思いますか?


やっぱりここは可愛いお菓子とか軽いものの方がいいでしょうか?


ご意見いただけるとうれしいです。


よろしくお願いします。

本のプレゼント


クリスマスに彼に本をプレゼントしようと思っています。
メインはもうすでに、彼には財布、私はアクセサリーを交換していますが、彼の方が予算が高かったこと、また、クリスマス当日に会えないので別の日にご飯とホテルを彼が予約してくれてるので、私はサプライズでその時にもうひとつプレゼントをしようと思っています。


読書家な彼で、読みたいと言っていた小説があったので、プラスお菓子でもと候補にしていたのですが、先日自分で買ってしまったようです。


しかしそのとき、もうひとつ...続きを読む

Aベストアンサー

以前に、彼が欲しがっていたものを思いつきで買って、
店の袋に入れたままポーンと渡したことがあったんですよ。
「はい、あげる」
こっちが予想したよりも喜んでくれましたよ。

あと本を貸してくれる彼氏がいたんですが、
新品ではなく、自分が読んだあとに「これすごくいいから読んでみて」
これもなかなか嬉しいものです。
私も本好きなので。

プレゼントしたいなら、予算高かったからとかラッピングとか体裁気にせずに、
「はい、これ読みたいって言ってたからどうぞ」とシンプルでいいんじゃないかな?
と思います。

サプライズプレゼントは、気持ちが一番じゃないかな(^^♪

相手が「もうプレゼント貰ってるのに!」と遠慮したら、
読んだら感想聞かせてねー、私も読んでみようかなと、軽く返せば、
相手は本ももちろん、あなたの気持ちが嬉しいと思いますよ。
サプライズは、「相手を喜ばせたい気持ち」が一番のプレゼントです。

Q小説家志望者へ薦める本

作家を目指している僕に小説作法の本を教えてください。
具体的な文章技術よりもモチベーションを維持できるような本を知りたいです。
作家になろうという気持ちをなくしてしまいそうになる記述のない本を希望します。

以下の本が今まで読んだ中で良かったです。
「あなたも作家になろう」ジュリア・キャメロン
「書きたい!書けない!-なぜだろう?」マリサ・デュパリ
「本当の自分を見つける文章術」ブレンダ・ウェランド
「プロになるための文章術」ノア・リュークマン

Aベストアンサー

丸山健二「まだ見ぬ書き手へ」

が、ご意向にぴったりかもしれません。読んだのは
昔で内容がうろ覚えですが、インパクトが非常にあ
りました。今調べたら、アマゾンの書評欄で、「こ
の本を読んですぐに原稿用紙を買いに走った」など
とも買いてありましたので。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022641460/qid=1113148581/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-7789906-6781825

直接の内容は少し違いますが、吉本隆明は「ひきこもれ」
という本で、「どんな職業でも10年続ければ一人前にな
れる」ということを、自分の「物書き」としての修練を引
き合いに出しながら書いています。この一言だけを、机
の前に飾っておいたりするとよいのかも。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報