つい最近、津田雅美さんの「彼氏彼女の事情」を読んで驚きました。私にとって、とても深く考えさせられる少女漫画(感覚的なものなので上手く表現できないのですが…)でシリアスなシーンなど、台詞の一つ一つにとても感動しました。私は今まで主人公が告白して、カップルとなってハッピーエンドというような話しか読んでなかったので…。
 そのような深い少女漫画をもっと読んでみたいのですが、どの本を手にとればいいのか、イマイチ分かりません…^^;心当たりのある方は一冊からでも構いません。分かりにくい条件でスミマセン。教えてくださると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

このあたりはいかがでしょうか。



・いくえみ綾「私がいてもいなくても」
バイトも恋愛も家庭もうまくいってない女の子が、再会した昔の同級生の漫画の仕事を手伝うことになる話です。台詞や心理の描写がリアルで、メッセージ性も強い作品です。主人公の成長に感動しました。

・岡崎京子「リバーズ・エッジ」
川辺で見つけた人間の死体を秘密として共有する高校生たちの話です。希薄な人間関係での閉塞的な日常を描いてます。読んでとても衝撃を受けました。深いです。

・日渡早紀「ぼくの地球を守って」
悲劇的な死を迎えた異星人から転生した高校生たちが、前世の記憶に翻弄される話です。戦争や宗教といったものにまで話を広げながら、過去というものに囚われてしまう人間の姿を描いています。

・吉野朔実「恋愛的瞬間」
恋愛心理を専門とするカウンセラー兼大学講師の男を狂言回しにしたシリーズです。吉野さんは飄々とした雰囲気の中で人間の心の奥を、時に狂気を描いていく方で、この作品もただの恋愛ものとは違う鋭い切れ味を持っています。

あと既出ですが

・高屋奈月「フルーツバスケット」
女の子が異性に抱きつかれると十二支の動物に変身してしまう不思議な一族と関わることになる話です。最初はドタバタコメディ?という感じですが、親子関係のトラウマが大きなテーマになっていて、重い部分や感動する部分が多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 「フルーツバスケット」や「ぼくの地球を守って」などは、何度か手にとったことのある作品なので、是非読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/12 13:13

白泉社 森生まさみ さんの「おまけの小林君」おすすめです。


小林大和君の一言一言がジーンときます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 「おまけの小林クン」は何度か聞いたことのある漫画です。結構、最近の漫画ですよね。読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/12 13:00

少女マンガ?ではありますが、


おススメは柴門ふみサンの
「あすなろ白書」
「同級生」等・・・。
大人の理論や視点で、濃厚です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうですね。やはり、深い漫画には大人の論理や視点などが必要じゃないかと思います。参考にします。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/12 12:47

おっさんですが、


白泉社はガラスの仮面が連載した頃から読んでました(現在は読んでません)
遠藤淑子さんの作品をお薦めします、ギャグ中に色々な人生の深さをちりばめています、特にすきなのが「ヘブン」です。

他の方が書かれている、羅川真里茂さんの「ニューヨーク・ニューヨーク」は秀逸です。

谷地恵美子さんの「サバス・カフェ」など
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 羅川真里茂さんの作品は他の方をオススメらしく、深い作品が多いのですね。是非、参考させてもらいたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/12 12:42

こんにちは



確かに白泉社は編集方針が他社とは全く違いますよね。
すでに20年以上付き合っていますが・・。

私はまず成田美名子さんの一連の作品をおすすめします。
彼女は爽やかな雰囲気の作風でさらりと人の内面や業に関連する重いテーマを描いています。

 ・エイリアン通り
  カリフォルニアの大学を舞台に、ひょんなことから主人公シャールの家に同居するようになった異邦人達の物語。
  彼らは誰も皆、心にトラウマや傷を負っている者ばかりだが、助け合いながらその傷を乗り越えていく。
  いつしか単なる居候だった彼らにとって、シャールの家はかけがえのない「我が家」となっていた・・。

 ・CHIPHER(サイファ)
  人気俳優のシヴァ。実はシヴァとサイファという双子の兄弟が交代で「演じていた」偶像だった。
  2人は少年時代のトラウマから人間不信になり、2人が入れ替わっても気が付かない周りの人間に対してさらに不信感を増大させていた。
  そんな時同じ高校に通う少女アニスが2人と同居し、1週間以内に2人を見分ける勝負を申し込んだところから
  2人は徐々に他人に心を開いていくようになる物語。

 ・NATURAL
  山王丸理子の父親がペルー赴任から帰ってきた。ペルー人の少年、ミゲールを養子として連れて・・。
  こうして始まった普通の日本人と異邦人との生活。
  しかしミゲールにはペルーでの生活で重大な秘密があった・・。

特にこの3本がおすすめ。

これ以外では、ほんわかした作風に惑わされますが、川原泉さんの初期の作品はどれも秀逸ですね。
あくまでもコメディではありますが、彼女が大学で哲学を専攻してたこともあり
哲学的な視点で人間を切り取った描写が随所に出てきます。

その他、やまさき貴子さんの「ムシ」シリーズ、山田南平さんの「真吾&久美子」シリーズや「紅茶王子」も
深いテーマを持っていますね~。

・・って、みんな白泉社ばかりですね。(^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 私も白泉社には深い作品が多いと思います。成田美名子さんの作品ですね。参考したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/12 12:33

羅川真里茂著「東京少年物語」白泉社


http://books.yahoo.co.jp/book_detail/07101582
#5さんもお勧めしている羅川真里茂さんの短編です。羅川さんの作品はどれも内容が深く、主役から脇役に至るまでキャラクターの心理描写が巧みで読み応えがあります。長編で良ければ「赤ちゃんと僕」や「しゃにむにGO」もお勧めですし、同性愛をテーマにした「ニューヨークニューヨーク」も深い内容だと思います。

吉田秋生著「ラヴァーズ・キス」小学館文庫
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30570437
吉田秋生さんも深い内容の作品を描く作家さんだと思います。ラヴァーズ・キスは6人の男女の複雑な恋愛模様を、切なく優しく描いた作品です。単純に男女がくっついてハッピーエンドといった恋愛物語とは全く違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 「赤ちゃんと僕」はアニメで何度か見たことがあります。原作は漫画だったんですね。読んでみたいと思います。
ありがとうございました

お礼日時:2006/11/12 12:26

津田雅美さんは確かに!わざわざ難しい言葉選びが目立ちますよね。

きっと色んな書物を読んで賢いんだろうな、って思います。

そこまでシリアスではないのですが、いくえみ綾さんの「潔く柔く」(1)~(3)。彼女の作品は結構好きです。他の短編とかもいいですね。

あと、他の方も答えていますが、小花美穂さんの作品は、りぼんにしては重いものが多い気がします。当時はあまり理解できなかったところが多かったのですが、今読んでみて深いな、って思います。代表作の「こどものおもちゃ」とかも基本的にコメディですが、ラストの辺とか泣きました。「猫の島」とかも好きです。

一風変わった作品が多いのは津田さんと同じく白泉社からの、望月花梨さんです。この人もいろいろ知ってるんだな、って感じます。初めのころの短編集は廃盤になってしまったものもあるので(短編の方が好きだった…)古本屋にしかないものもありますが、今普通に出てるものだと「鍵」「スイッチ全2巻」がおすすめかな~。「スイッチ」はわりとハッピーエンドですが。

「赤ちゃんと僕」で有名な羅川真里茂さんもいいと思います。これも基本笑いが多いですが、人間関係とか、考えとかテーマが多くて、私も今でもたまに読み返します。登場人物が多いのですが、それぞれがちゃんと考え方を持っていて好きです。他にも「ニューヨークニューヨーク」「いつでもお天気気分」など。

他の作品はそうでもないですが、早稲田ちえさんの「NERVOUS VENUS」はシリアスでテーマも深いな、と思うのですが、掲載雑誌が廃刊になってしまったりなど、連載休止中だそうです。6巻くらいまで出てるのですが、続きが気になります。

高屋奈月さんの「フルーツバスケット」もメルヘンなイメージがありますが、読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 フルーツバスケットは結構有名ですよね。
他にも色々と漫画を紹介していただきありがとうございます。知っている漫画が多かったので、探しやすいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/12 12:18

私も、深い少女漫画という件名を見て、真っ先に浮かんだのは彼氏彼女の事情でした。

のでちょっとビックリしたのですが(^^)
私もああいうような話は、白泉社が多いかなと思います。
結構上がっているのですが、他の方が書いていない漫画を少し・・。
高屋奈月さんの「翼を持つ者」白泉社
小花美穂さんの「パートナー」りぼん
この辺が私としてはお勧めです。彼氏彼女の事情よりは現実離れしていますが、自分の生き方というか、人それぞれの幸せなどを色々考えさせられました。
是非機会があったら読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 高屋奈月さんは私も好きです。「翼を持つ者」見てみたいな思いました。参考にします。回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/03 16:17

ivuivuさんのおっしゃられているような、「深い」少女マンガは、「彼氏彼女の事情」のように、白泉社のマンガによくみうけられると思います。


エンタテインメント性もあるけれど、心理描写に大きく力を注ぎ、リアリティがある心にぐっとくるこころが描かれている作品が多く存在します。
作品としては、以下がおすすめです。
「花の名前」(斎藤けん・白泉社花とゆめコミックス)
「金魚奏」(ふじつか雪・白泉社花とゆめコミックス)
「あかく咲く声」(緑川ゆき・白泉社花とゆめコミックス)
「回転銀河」(海野つなみ・講談社コミックスKiss)
「あかりをください」(紺野キタ・幻冬舎バーズコミックスガールズコレクション)
特にお勧めは「花の名前」。新人さんですが、絵柄の華やかさに負けないぐぐっとくる物語が描かれています。
「回転銀河」は短編集ですが、「主人公が告白して、カップルとなってハッピーエンド」ではない話がたくさん詰まっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 斎藤けんさんは私も知っています。「花の名前」参考にしたいと思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/03 16:13

「カレカノ」わたしも好きです。


似たような……といっても、これ自体かなり個性的な作品でしたが。

とりあえず「薔薇のために」はどうでしょう。
当作品の出版社のHP画像なら問題ないでしょうか。
吉村明美さんの作品はどれもいいですよ。
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/ …

あとは個人的に紫堂恭子ファンでもあります。
どれかお手に取ってみてほしいです。
http://homepage.mac.com/rumakarl/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 「薔薇のために」は稀少本のようですね。古本屋に行って、探してみます。回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/03 16:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q少女漫画をさがしてます。 ある、少女漫画をさがしてます。 龍が出てくる少女漫画

少女漫画をさがしてます。











ある、少女漫画をさがしてます。
龍が出てくる少女漫画(少女漫画だった気がします)なんですけど、女の子が主人公でその相手役みたいな男性が龍を体内?に取り込もうとした時勘違いで主人公の女の子が誤って龍を体内に取り込んじゃったみたいなシーンがあった気がします。

その龍が人間の形をすることもあったような…その女の子はパンダが好きだった気がします。

説明があやふやで申し訳ないです。
小学生低学年ぐらいに読んでいたので6.7年前くらいのです…

Aベストアンサー

こんにちは。
聖・ドラゴンガール かもしれません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

Q彼氏彼女の事情(津田雅美)のマンガで読解力の悪い私に教えて!

15巻《1年の文化祭のあと、そんなに忙しくて成績下がっても知らないからって有馬が言った。私はこう答えた。私1番狙うのもうやめる、首席の座は有馬にゆずることにするね》という会話が2人のバランスを崩したようですが、この言葉、会話に有馬はなぜ、この後、自分を偽るようになったのでしょうか?
何度も読んでも、道が開けません・・・。バカな私に教えてください。

また、このマンガは、何巻まで続くと思いますか?

Aベストアンサー

有馬と雪野は、出会うまではそれぞれたった一人の世界で、
出会ってからは二人だけの世界で生きてきました。
有馬の闇の部分を知らない雪野は、有馬には他にもっと
色々な世界が存在するのだとカン違いして、
自分も(有馬から離れた)自分の世界を作ろうと考えます。
そしてあろうことか「一番狙うのやめる」という台詞で
そのことを有馬に宣言してしまいます。
有馬にしてみれば、雪野に「私はあなたなしでも生きていけるよ。」
と言われたのと同じことです。
これにより、これまでお互いが全てだった二人のバランスが崩れ、
雪野に見捨てられたくない有馬は、決して雪野に自分の
本当の部分を見せないように心を閉ざしてしまったのです。

・・と全くの私見ですが、私はこのように解釈しています。

何巻まで続くかはわかりませんが、津田氏が満足のいく
完結のしかたをして欲しいと思います。
この漫画大好きですので(*^_^*)

Q男性が読んでも面白い少女漫画

こんにちは。

男(30歳)が読んでも、面白い・感動できる少女漫画探しています。
*男向け雑誌に連載されていなかった物ならOKです!

先日、私の漫画を読んだら終わりがあっけなくて微妙だったらしいです。恋愛グダグダ系(笑)を除いてお願いします!

Aベストアンサー

こんいちわ。
一条ゆかりの「有閑倶楽部」は
うちの家族全員で読んでます。

おもしろいですよ。

Qこんな話の少女漫画に心当たりありませんか?

5年以上前に読んだ、少女漫画雑誌に載っていたある漫画が忘れられません。
(質問の都合上ネタバレしてすみません)

1)舞台は中南米(?)もしかしたらファンタジーかも。
2)主人公は少年で、洪水か何かの災害で家族が死んでしまう。
3)自分の世話をしてくれた少女を好きになるが、少女は神様への生贄として喜んで死んでしまう。
4)少年は神様の正体を見るために山に登るが、そこには積まれた石しかなかった。

同じ雑誌に「始めは内気だったんだけど、白血病で余命が無いことを知って、
メガネをコンタクトに変えたり髪型を変えたり憧れの先輩にお弁当を作ってあげる少女の話(最後は死んでしまう)」
が載っていたような気がします。(そちらもかなり感動的なはなしでした)

上の漫画は両方読みきりだったのですが、雑誌が読みきりだけ載っているものかは覚えていません。
かなり前に1度読んだきりなので記憶に曖昧なところがあるかもしれませんが、
もし心当たりのある方がいたら、どんな情報でも結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「10月には鳥になる」はすぐ思い出せたのですが、肝心な方は読んだ記憶はあるのですがはっきりと思い出せないので、参考程度にしてください。
 間違えている可能性もあるので。

 かなり長い期間りぼんを読んでいましたが、月刊誌でこういった話が載った記憶はない。
 同時期に読んでいた少女マンガ誌には載っていなさそうな内容なので、多分りぼんオリジナルかびっくり大増刊号。
 雰囲気的に『郡まきお』さんかなぁ?と思っている。
 調べると、どうやら後者にのみ載せていた模様(見付からなかっただけかもしれないが)。
 なので、その読んだ本が分厚かったらこの方のマンガじゃないかと。

 ・・・というわけなのですが、単行本は一冊のみ、しかも絶版なので、これ以上調べるすべがなくなってしまい、あやふやな情報のみになりましたがこれで失礼します。申し訳ないです。 

Q昔読んで感動した少女マンガの題名が知りたい

昔読んだ少女マンガで探しているものがあるのですが、タイトルや作者名が思い出せません。ご存じの方がいらしたら、何という作品かお教え下さい。
ストーリーはとある高校に通う女子高生が同じ高校の同級生(だったと思う)に想いを寄せるが、告白しないままある日交通事故に遭ってしまい、その子の魂だけが、別の同級生の男子生徒にのりうつってしまうという出だしから始まるもの。そののりうつられた男子生徒の苗字は確か「天野」だったと思います。見かけは男、でも気持ちは女になってしまった「天野」は、その女の子の気持ちをそのまま持ち、想いを寄せていた男子生徒に惹かれていきます。男子生徒は「天野」と親しくなるも、複雑な気持ちをかかえていく・・・ラストは確か、悲しい、切ない感じだったと思います。 ※もしかしたら「天野」は作者名だったかな?という曖昧な記憶ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

鈴木雅子さんの「フィメールの逸話」だと思います。
ただ、ストーリーは主人公の男の子に思いを寄せていたのは男の子で、その子が事故で死んだ後、自殺を図って死んだ女の子の身体に入ってしまい、生き返った形になるけれど、魂はその男の子だという話でした。

主人公は国坂将(たもつ)、死んだ男の子は蔦井慧、死んだ女の子は天野和音という名で、慧は女の子になったのだからもう彼を好きになってもいい、誰にも恥じることはないと思い、今までの自分を変えるためにも積極的な女の子になります。自殺までした引っ込み思案の和音との違いに周囲は驚きますが、次第に人気者になっていきます。
その中、和音の中に入っているのは慧の魂だと知らされた将は、その事実を受け入れがたく思い、悩みます。
けれど様々な出来事があり、次第に二人の中に変化が起こってきた矢先に、また事故が起こり……というストーリー展開です。

ラストは本当に切ない話です。
セブンティーンコミックス(集英社)全2巻ですが、なにぶん古い本なので、これ以降どこかで版を重ねているかは分かりません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報