『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

ちょっと疑問に思ったので質問します。

僕の知り合いが建設系の仕事をしているのですが
僕より稼いでいるその人は住民税・都民税がものすごく安いんです。
彼の給料体系はいわゆる日給月給というものなんですが、
それって彼の会社の方に問題があるのでしょうか?

国民健康保険も、月一万円以下らしいです。

これって高い税金納めてる人への冒涜だと思いませんか?

彼に正当な税金や年金を払わせる方法はないのでしょうか?

知っている方、教えて下さい!!
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

このケースで税金を払わせるならば、質問者さんがどの程度彼のことを知っているかにもよりますが、税務署への投書が一番です。

内容は、彼の住所、名前ですが何よりも勤務先(・・工務店など)がききます。勤務先では給料は経費ですから記録が必ず残っています。また、同様な日給月給者が他にもいると考えられ、税務署としても1人分調査するよりも成果が見込めるため、調査対象にしやすいからです。勤務先に調査が入り、仮に源泉していなければ勤務先で徴収義務が発生し、追徴になるでしょう。住民税はそれを受けて変更決定通知を行い、健康保険料も国保で有れば追徴でしょう。勤務先は何で申告しないのかを本人に文句を言うかもしれませんね。投書は窓口に行かなくても、税務署の入り口に夜間収受箱が有りますから、そこに放りこんでおけばOKですよ。宛名は所長宛だと総務を経由するので安心です。
長くなりましたが、ポイントは「彼の収入は、相手の経費」です。勤務先が法人か個人かわかりませんが、結構おいしい事案になるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

国保で1万円以下というのは安すぎます。


本人にあまり所得がナいか、もしくは裕福な市町村に住んでいるとしか考えられません。

事業所得については、いまどき売り上げから経費を引くだけですので給与所得控除などとくらべればすくないはずです。

売り上げをごまかしているか経費の水増ししかありません。

ただ、大工などで自分でやっている人は意外と木材やその他の支払いで寝かしてしまっていたりする場合もあるのでたな卸しをしていないことにより経費が増えてしまうことも考えられます。

思っている以上に売り上げををごまかすのは現金商売でなければ難しいです。会社でも個人事業でも。
脱税にしても、経費の水増しがあるのかどうか本当のところは本人しか分かりません。

10・5・3なども公式には税務署はないというくらい(政治家はあるといいます)ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね。
安すぎますよね。

ちなみに彼は溶接技師で、経費といったら交通費ぐらいで、それもちゃんと支給されているようです。

先日話をしたところ、所得がないことになってるみたいなことを言ってました。

そんなこと可能なんでしょうか…

お礼日時:2006/11/01 14:09

 こんにちは。



・ご質問の件は、昔から問題になっている税制の問題点ですから、「彼に正当な税金」を支払わせる方法があれば、すでにそういう税制に改正がされているということになりますね。
 逆に言いますと、そういう方法がないから今の税制でやるしかないということです。

・「10・5・3・1」(トーゴーサンピン)という税金用語(?)を聞かれたことがないでしょうか?
 税制自体が、不公平な仕組みになっているということを、比喩的に表した言葉です。

 具体的な意味は、税金の捕捉率(本来支払うべき税金のうちいくら役所が課税できているかという割合です)が、給与所得者約10割、自営業者約5割、農林水産業者約3割、政治家約1割ということで、サラリーマンはきっちり天引きされるが、政治家は収入の9割に税金を課税できていないという比喩です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD% …

 以上から、ご質問についてですが、

>僕の知り合いが建設系の仕事をしているのですが僕より稼いでいるその人は住民税・都民税がものすごく安いんです。彼の給料体系はいわゆる日給月給というものなんですが、それって彼の会社の方に問題があるのでしょうか?

・皆さんも書かれていますが、所得税の課税の際に所得の区分がありそれぞれ課税の仕方が違うのですが、貴方は給与所得、その方は事業所得になっているものと思われます。

・つまり、必要経費の算定の仕方が違うので、結果的には課税の元になる所得が違うということです。

・所得税は簡単に書きますと、
 (収入-必要経費)×税率=所得税
で計算します。

 で、貴方とその方では必要経費の部分が違うということです。
 サラリーマンの場合は、必要経費に当たるものとして、給与所得控除がありますが、これは定額で一律65万円です。
 一方、事業所得の場合は、必要経費はかかっただけ控除してもらえます。書き方が悪くなりますが、この必要経費をどう「操作」するかで、課税される所得が変わってくるというのが税制としての問題です。

>国民健康保険も、月一万円以下らしいです。

・収入があっても課税所得が少ないと、そういうことになることもありますね。

>これって高い税金納めてる人への冒涜だと思いませんか?

・んー。税制の問題ですから、それに基づき正しく納税された結果、税金がサラリーマンの方より低くなる場合もありますから、一概には言えないです。
 もちろん、必要経費を不当に多くして課税所得を減らしているというのなら、冒涜ですね。

>彼に正当な税金や年金を払わせる方法はないのでしょうか?

・所得税は申告納付ですから、本人の申告により課税されるというのが原則です。
 サラリーマンの場合は、源泉徴収されますので実感としては申告しているという感覚はないかもしれませんが、会社が貴方に変わって申告してくれているわけです。
 
・事業所得でしたら、自分で申告(確定申告)することになりますから、貴方がその方に正しく税金を収めさせようとすれば、貴方がその方に正しく申告するように説得するしかないです。もしくは、税務署が調査に入るのを期待するかですね。個人に調査が入ることはあまり期待できないですが…

・なお、日給月給ということは、その方の年金は国民年金と思われますから、収入とは関係がないです。国民年金の掛金は、収入にかかわらず定額ですから。
 年金は、掛金を払わなければ、その分、将来本人が年金をもらえなくなるだけですから、自己責任ですね。その方が将来困るだけです。
 ちなみに、国民年金に加入するべき人の1/3が未加入だそうです。
    • good
    • 0

こんばんは。


既にお答えの方々のご意見から伺って,やはり私も事業所得者だと思います。
大工さんなんかでもそういう雇用形態の方はいらっしゃいます。

しかし,個人事業主が給与所得者に比べ,税金の面で得をしている
(ごまかしている)という考え方は間違っていると思いますので一言。
(厳密でないぶぶんもありますので流し読みしてください)

個人事業主は報酬としてもらった金額(収入)から
必要経費(収入を得るために直接要した費用)を差し引きます。
これにはもちろん事業用の車などが入ります。
自分が仕事以外でも車を利用する場合はその割合に応じて
経費として認められる部分と認められない部分が発生します。
もちろんそれをごまかすことは脱税になりますから
給与所得者に比べて捕捉されにくい(捕捉率が低い=ごまかしやすい?)という部分はあるかもしれません。
しかし調査などもありますし,だいたい収入に応じた
経費の割合って一般的に分かりますから
限度ってものがありますよ(笑)

他方,給与所得者ですが
給与所得者には「給与所得控除」という制度があるのをご存知ですか?
これは必要経費の概算控除,それから上述した他の所得者のとの捕捉率の格差の調整などの意味をこめて
給与所得者については給与の総支給額から一律の金額を必要経費のように差引き
給与所得の金額として計算されます。
つまり
総支給額 - 給与所得控除額(必要経費) = 給与所得

サラリーマンの給与所得控除額は低いと思われがちですが
実際は個人事業者の必要経費よりも高いといわれています。
ご存知ない制度かもしれませんが
実はサラリーマンだって,領収証を自分の名前できちんと集めて
確定申告の時に
給与所得控除のような概算控除ではなく,実額(領収証の合計額)を使うことができます。

しかし,実際にこの制度を利用するほど
必要経費の実額が給与所得控除額よりも高い人は
全国で10人もいたのかな?
ほとんど利用されていない制度です。
それだけサラリーマンは本当は必要経費としては高すぎるほどの金額を
そもそもひかれているわけです。
これが実額控除になったらもっともっと納税額は上がると思いますよ。

ですから,一概に個人事業主が税金面で得をしているとはいえないと思いませんか?
私は最初にこの内容を知ったとき,あー一概にはいえないんだな,と思いました。

まぁ,これも一つの味方なだけであって・・・
脱税まがいのことをしているグレーな人もいますけど・・・
(それが捕捉率が低いゆえんのような・・・)


ちなみにこれは税金面の話であって,保険関係は全く分かりません。
ではでは。
    • good
    • 0

国民健康保険 だとすると#1の方が書かれているように


個人事業主の可能性が高いかもしれませんね。

となると、車なども事業に使用している分を経費として
扱って、所得が低くなっているのでしょう。
    • good
    • 0

その方はいわゆる個人事業主ではありませんか。


会社には、社員、アルバイト等で所属はしておらず、
会社から請負契約で仕事をしているのではないでしょうか。
つまり、その方は、表面上その会社の名刺を持っているかも
知れませんが、会社は請負代金を支払っているだけの関係と
言うことで源泉徴収の対象外なのではないかと推察します。

だとすると、その方が、正社員よりも多くの請負代金を
受領していたとしても、必要経費の枠が全然違うので
税金は、正社員よりも安い可能性は充分あります。
税金をごまかしていると言えるかどうか微妙でしょう。

将来保証、安定、厚生年金、高税額と保証なし、不安定、国民年金
低税額と言うことでしょうか。

年金は国民年金の請求がちゃんときてると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

職人ってそういう雇用形態が多いのでしょうか?
しかし税金払うのが馬鹿馬鹿しくなるんですよ、そういう人たちと話すと。

お礼日時:2006/10/31 10:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経費ってどの程度までごまかしてOKなんでしょうか

こんにちは。
なんだかモヤモヤしているので意見を聞かせてください。

友達が個人事業主になり、前回の確定申告で何も解らないまま
税務署に行って、書き方等親切に教えてもらったそうです。
書き方等教えてくれた担当者に、節税の為に領収書を確認して
もらったりと・・・で、独身ですが配偶者がいる事にしなさい
と軽く促され、かなり税金を抑えられたそうです。
へーーーいいんだ~。びっくりしましたが、表沙汰にしなければ
これくらいOKなんですかね?って回答者も回答しずらいでしょうが。。。
サラリーマンの友達は自営業の知人の為に高くついた食事代は
領収書をもらいあげてます。←これはみんな大抵の人はやって
ますよね。。私も頼まれてます。
これを節税と言うのですか?
どこまでが法の範囲内なんでしょうか。

自分は雇われた事しかないので、経費とか節税とか
よく解らないのですが、自営業は結構うそとかごまかしとか
できるし、それは当たり前のようにされてて、たとえば車が来て
ないから赤信号を走って渡った。程度の事なんだろうかな。
取り締まるのは難しいでしょうが結構いい加減なんだなあと
感じました。政治家や高額所得者などは目をつけられるのでしょうが
ばれなきゃOK的な風潮はあるんだなと。。。
みなさんはどう思いますか?

こんにちは。
なんだかモヤモヤしているので意見を聞かせてください。

友達が個人事業主になり、前回の確定申告で何も解らないまま
税務署に行って、書き方等親切に教えてもらったそうです。
書き方等教えてくれた担当者に、節税の為に領収書を確認して
もらったりと・・・で、独身ですが配偶者がいる事にしなさい
と軽く促され、かなり税金を抑えられたそうです。
へーーーいいんだ~。びっくりしましたが、表沙汰にしなければ
これくらいOKなんですかね?って回答者も回答しずらいでしょうが。。。
...続きを読む

Aベストアンサー

書かれている内容が明らかに脱税であることは他の方の言うとおりです。

確定申告期には税務署の職員だけでは人手が足りないので、
外部から応援を頼むことがあるのですが、
たまにそういう違法なことを教える輩がいるんですね。

速やかに修正申告を行って差額を納付すると共に、
そのような違法な指導があったことを指摘すべきです。
こちらから言い出せば加算税も軽くて済みます。

念のために言っておきますが、
申告の場でそのような指導があったからといって、税務調査に入られたら
違法は違法、明らかな脱税としてカウントされますよ。
大体、その指導した人の名前とかチェックしていないでしょう?
証拠も何もないのですから言い訳にもなりません。
配偶者がいないのにいたことにしているなんてのは悪質すぎます。
十分、重加算税の対象です。

確かに、自営業者は自主申告ですし、経費の範囲にも白黒つけにくい
グレーゾーンがあるのも事実です。
零細業者の場合、調査が入る頻度も低いので、甘い汁を吸えている人も
確かに実在するのでしょう。
でも、万が一、調査に入られたら、そういう人は大ダメージを食らいます。
数年分の税額に加算税も加わるのですから、それが元で事業が傾くのも希ではありません。
税活の糧である商売は、安全確実に運営するのが第一です。

書かれている内容が明らかに脱税であることは他の方の言うとおりです。

確定申告期には税務署の職員だけでは人手が足りないので、
外部から応援を頼むことがあるのですが、
たまにそういう違法なことを教える輩がいるんですね。

速やかに修正申告を行って差額を納付すると共に、
そのような違法な指導があったことを指摘すべきです。
こちらから言い出せば加算税も軽くて済みます。

念のために言っておきますが、
申告の場でそのような指導があったからといって、税務調査に入られたら
違法は違法...続きを読む

Q収入をごまかす!?

2人の娘がいます。
同じ2人の子供がいる地元の友達と話していた時、保育園の保育料の話しになったのですが、「収入をごまかして非課税にしてるから保育料はタダだよ」と言っていてびっくりしました。

旦那さんの勤めている会社は社会保険にも入れるけど、保育料も高くなるから国民保険のままでいるとも言っていました。

うちは父も主人も社会保険なんで国民保険の事はあまりしらなかったんですが、国民保険はそんな事ができるんですか?!どうゆう仕組みになっているんでしょうか?
うちは生活苦しいのに高い保育料払ってるのに…

Aベストアンサー

なお、個人事業主の場合、給与所得者のように実際に掛かった経費と関係なく一定率で控除される給与所得控除がありませんので、適法に申告していて所得がゼロなら手取りは極めて少額となります
子供2人抱えて生活できるわけがありませんから、生活保護を受けているのでも無い限り、言葉通り収入をごまかしている(もちろん違法です)可能性が高いでしょうね

Q国民健康保険の減免申請で無職と嘘の申請をしたらばれますよね?

国民健康保険の減免申請の件で何度か質問させてもらっています。

現在は無職なのですが、近々、個人タクシーで働く予定です。

それで国民健康保険の申請で区役所に行った際に、減免申請していたのですが、正直にもうすぐ仕事を
始めると言ったら、それだったら減免できませんと言われてしまいました。

それはそれで仕方がないと諦めました。

しかし、半年ぐらい前に同じように個人タクシーを始めた知人に聞くと、「私は国民健康保険を申請した時は無職だったから、無職扱いで減免してもらったよ。仕事を始めるとか言ってないよ。申請した時が無職だったらそれでいいんだよ。」ってケロッとしています。

これって違法ですよね?

仕事をしていたらばれますよね?

差額請求が来ますよね?

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。

そうですね。仕事をしていたらばれます。
基本的には税金の申告でばれてしまいます。
知人の方もさすがに確定申告はされるでしょう。
前年の年収から、国保の保険料が算定されます。
申告の情報(収入の情報)は役所は知っていますので
現状の財源が厳しい状況では未払い分の督促など
される可能性は高いと思われます。

但し、基本的には前年の所得がベースになって
いますので、非課税となる所得だった場合、
見過ごされる場合もあります。

Q国民健康保険料の所得申告書について

国民健康保険料の所得申告書の書類が届きました。
2011年の7月末にも同じ書類が届き、その時は無職で提出しています。
今回は同居している親の所得も同じ書類に書いて提出しなければなりません。(前回の書類は私1人分の所得だけでした)
私は訳あって親に内緒で夜のお仕事をしている為、実際の所得がありません。
しかし親は私が普通に働いていると思っているので、今回は無職で提出する事が難しくなりました。
そこで皆様のお知恵をお借りしたいのです。

1.実際に所得が無いのに適当な所得の申告をした場合どうなりますか?
2.確定申告をしていないのに「確定申告をしました」に○を付けてしまうのは後々面倒な事になりますか?

提出先の職員が見て「???」と思い実家に電話や訪問されるのを恐れています。
どうにか切り抜ける方法を教えて頂けたら幸いですm(_ _)m
不明な点がありましたら補足致します。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。

>役所の人が問い合わせてくる事は基本的に無いという事でしょうか?
ありません。

>「いずれ役所の人が調べに来るよ」と知人に言われてるのですが有り得るのでしょうか?
いいえ。
通常、ありません。
推測で言っているだけでしょう。

>役所の人が「○○さんのお仕事についてお聞きしたいのですが」と電話を掛けて来る事も基本的に無いのですよね?
そのとおりです。
ありません。

Qとび職の収入、過少申告について

いつもお世話になります。
知人の話ですが、とび職(ひとり親方か不明、親方と呼ばれる人とともに働いています)
がいて、週6日で日当のようですが、年収が98万円になっているといっていました。
(年収という表現が正しくないかもしれませんが)

おそらく給与ではなく、報酬なのだろうとは思いますが、給与明細があるのか、源泉徴収されているのかは不明です。ただ、報酬OR所得を過少申告しているのは間違いなさそうです
(働いて15年くらいはなると思うので、日当も1万は超えているでしょうし、月24日も働けばそれなりの
金額にはなるはずなので)

そこで、疑問ですが

1、どうして、過少申告ができるのでしょうか?(もちろん推測になりますが)
  確定申告するときには何らかの報酬を示す明細などは不必要で、自己申告なのですか?

2、税務署はなぜ、把握できないのでしょうか?
  新築戸建にも住み、車も複数台所有して、どう見ても98万の収入ではなさそうなのに
  医療費の面や、保育料なども少なくて済み、不公平を感じます。

3、通報などは、できるのでしょうか?

Aベストアンサー

>週6日で日当のようですが、年収が98万円になっているといっていました。
収入を98万円に「している」でなくて「なっている」ということであれば建設会社に努めるとび職の給与所得者として、給与収入98万円の源泉徴収票をもらって確定申告をしている可能性もあります。日当1万円なら年300日稼働して年収300万円くらいにはなりますから、会社もぐるで偽の源泉徴収票をつくっているのかもしれません。所得税・住民税が非課税になる給与収入98万円というところに作為的なものを感じます。

1、どうして、過少申告ができるのでしょうか?(もちろん推測になりますが)
  >確定申告するときには何らかの報酬を示す明細などは不必要で、自己申告な のですか?
 報酬であれば収支内訳書に自分で記入するだけ。給与であれば源泉徴収票が必要ですが、前述のように偽の源泉徴収票であれそれまで。しかし税務調査がはいれば、嘘は発覚するでしょう。

2、税務署はなぜ、把握できないのでしょうか?
  新築戸建にも住み、車も複数台所有して、どう見ても98万の収入ではなさそうなのに
  
宝くじに当たったとか、親や配偶者の財で新築戸建や車を得ることもできますから、本人の所得の多少とは関係ない部分があります。

3、通報などは、できるのでしょうか?
できます。

悪質な脱税ならいずれしっぺ返しがくるでしょう。

しかし年収300万円の事業者でも、たとえばその人が他人に給与を202万円支払えば、所得は98万円になるのですから、過少申告かどうかは証拠が必要ではあります。

>週6日で日当のようですが、年収が98万円になっているといっていました。
収入を98万円に「している」でなくて「なっている」ということであれば建設会社に努めるとび職の給与所得者として、給与収入98万円の源泉徴収票をもらって確定申告をしている可能性もあります。日当1万円なら年300日稼働して年収300万円くらいにはなりますから、会社もぐるで偽の源泉徴収票をつくっているのかもしれません。所得税・住民税が非課税になる給与収入98万円というところに作為的なものを感じます。

1、どうして、...続きを読む

Qパート年収をごまかしたらどうなるの?

パートで働く主婦です。よく103万とか130万円の壁ってのを耳にしますが、私は主人の家族手当、扶養に入り保険料を別にしないで済むように、130万円以内にかなり努力して収めているんです。 でも、知人でどう見ても130万円超えるような働き方をしているのに、年末調整の時に年収をかなり少なく申告して、扶養も外れず、家族手当ももらっているらしい人がいるのです。
正直 働き方を調整して、職場で冷ややかな視線を受けている私にして見ると、なんだか釈然としません。
その人は、調べられる筈がないんだから・・・なんて言うのですが、本当のところどうなんでしょうか?これって脱税になるわけですよね?

Aベストアンサー

従業員(パートも含みます)に給与を支払った場合はは、支払者は、受給者の住所地の市区町村に「給与支払報告書」という書類を提出します。これには、受給者の住所・氏名、給与の支払金額、源泉徴収税額などが記載されています。

まず、あなたの知人(Aさんとします)のご主人の会社から提出される給与支払報告書には、扶養家族となっている方の、つまりAさんの名前が記載されています。

また、Aさんの会社からも、給与支払報告書が提出されます。
ここで、役所側で「名寄せ」の作業が行われます。これによって、同じ住所の家族の給与支払報告書が一つに集められ、扶養の適格性などが一発で判明します。国民健康保険の場合には、世帯の所得を合算して保険料を算出するためにも使われます。現在はこの作業は、ほとんどコンピュータ化されています。

この作業によって、扶養が不的確と判定された場合は、Aさんのご主人の会社に、扶養を是正するよう通知が届き、所得税・住民税を追徴されるのみならず、場合によっては扶養手当の返還も求められます。

ただ、まれにパートの分に関しては、給与支払報告書を提出しない会社があることも事実です。当然違反行為であるのですが、この場合には、残念ながら、事実を把握するのは困難になってしまいます。
Aさんの会社に税務調査等が入れば、事実が明らかになることはあります。

各会社や税務当局が、正直者がバカを見ない処理をして頂けるよう願うところです。

従業員(パートも含みます)に給与を支払った場合はは、支払者は、受給者の住所地の市区町村に「給与支払報告書」という書類を提出します。これには、受給者の住所・氏名、給与の支払金額、源泉徴収税額などが記載されています。

まず、あなたの知人(Aさんとします)のご主人の会社から提出される給与支払報告書には、扶養家族となっている方の、つまりAさんの名前が記載されています。

また、Aさんの会社からも、給与支払報告書が提出されます。
ここで、役所側で「名寄せ」の作業が行われます。これによ...続きを読む

Q知人を脱税で告発したいけど・・・

脱税をわかっていて数年にわたって払っていない知人がいます。
人間的に非常に問題のある人でもあり、税金なんて払うのがバカみたいだというような人で真面目な納税者を見下す態度が許せません。
市民税など払うわけもなく、一度軽く何か税金の調査?で収入を聞かれたようですが「パチプロって書いたら通ったよ」と笑っていました。

仕事は半年前までキャバクラのボーイでした。そういう世界は源泉徴収ではないんですね。
こういったことでも国税局に言えば調査、マルサが入って追徴してくれるのでしょうか?
百歩譲って「知らなかった」ならまだしも、確信犯で、贅沢な生活をしていて納税せず、市民税まで職業を騙して未納な上に納税者をバカにする点がどうしても腹立たしいのですが・・・

今は飲食店のバイトです。母体のちゃんとした企業なので、バイトとはいえこの半年は、源泉されてるでしょう。

問題はキャバクラのボーイ時代の未納分で、過去4年間ほどあるはずなんです。
月30~40万と充分な収入があるにもかかわらず、金銭感覚はケチすぎて周囲が呆れるほどです。
そんなことでは国税局に訴えたところで相手にされないのでしょうか・・・確か銀行振り込みなどを調べる権利もあるんですよね。国税局さん。
その人の名前、住所はわかっています。
アドバイスお願いいたします。

脱税をわかっていて数年にわたって払っていない知人がいます。
人間的に非常に問題のある人でもあり、税金なんて払うのがバカみたいだというような人で真面目な納税者を見下す態度が許せません。
市民税など払うわけもなく、一度軽く何か税金の調査?で収入を聞かれたようですが「パチプロって書いたら通ったよ」と笑っていました。

仕事は半年前までキャバクラのボーイでした。そういう世界は源泉徴収ではないんですね。
こういったことでも国税局に言えば調査、マルサが入って追徴してくれるのでしょうか...続きを読む

Aベストアンサー

連絡先
1 その人の住所を管轄する税務署の個人課税部門
2 そのキャバクラを管轄する税務署の法人源泉部門

連絡内容
1 その人の 住所・氏名・年齢・電話番号の内、わかる範囲
2 キャバクラの 所在地・名称
3 具体的な情報
  この場合、勤務歴、月々の収入(本人から聞いた範囲)、使っている銀行などもご存知ならベターです。

絶対に対応されるとは、保証できませんし、対応する場合でも今年とは限りませんが、税務署は、情報を蓄積し調査の資料として活用しています。

手紙でも、電話でも大丈夫ですよ。もちろん匿名でもOKです(ただ、どこの誰か名乗ったほうが、信憑性が数段高くなります)。

Q社員なのに1人親方扱い?給料から消費税?

現在私は建設業の有限会社の社員として働いて、仕事は長期出張の仕事でガテン系の仕事をしています。

来年結婚をするので結婚を機会に出張の仕事を辞めて地元で安定した職につく事を彼女と話し合って決めました。

そして現在の出張の仕事が終わったら会社を辞めると会社の社長に伝えたら数日後社長に、君はウチの社員だけど会社では1人親方として登録してあるから個人事業税と所得税と消費税をあとで払わないといけないから。

そう社長に伝えられ。

何で個人事業税を払わなきゃいけないの??

何で給料から消費税??

そう思いました。

確かに私の給与明細は支払い明細ってなってる。

働いた期間は約5ヶ月、日給月給で約25万円の給与だとどれ位の個人事業税と所得税を払わなきゃいけないんでしょうか?

あと、なぜ給与なのに消費税を払わなきゃいけないんでしょうか?

詳しい方がいたら是非教えて頂けたら幸いです。

ちなみに会社に働き始めた時に何も契約書を交わしていません。

Aベストアンサー

>確かに私の給与明細は支払い明細ってなってる…

具体的にどういう明細なのですか。
数字は書かなくていいですけど、項目がどう書いてあるのか。
また、これまで源泉所得税と年末調整はどうなっていたのですか。
健康保険、厚生年金、雇用保険などはどうでしたか。

>会社では1人親方として登録してあるから…

どこに何の目的で「登録」してあるというのでしょうか。
税法上、外注者扱いしているというのなら、届け出る (登録ではない) のは会社から出なくあなた自身です。
しかも、あなたは一方的に「給与」をもらうのでなく、毎月自分から請求書を出します。
源泉徴収や年末調整はなく、自分で確定申告をしなければなりません。

要するに、建設業で一人親方というのは、現場ごとに下請け業者を募ってくることであり、常時雇用するのではありません。
文面から、あなたは常時雇用されている社員であり、「給与」が支払われていると解釈するのが妥当です。

にもかかわらず一人親方などと言うのは、社会保険料等の事業主負担分を免れるための、俗の言う「偽装請負」の疑いがあります。

>何で個人事業税を払わなきゃ…
>何で給料から消費…

百歩譲って、あなたが自らの意思で開業した個人事業主 = 一人親方だとしたら、年間の「所得額」(収入ではない) が 290万円 (業種により異なる) 以上あれば、個人事業税が発生します。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

消費税は、売上 (ご質問で言う“給料”) に上乗せしてもらうものです。
10万円の“給料”なら 105,000円もらえるのです。
ただしこれは税法上の「給与」ではなく、事業所得としての「売上」です。

で、事業をする上で、材料の仕入や経費には消費税を付けて支払うわけですが、売上でもらった消費税と、仕入。経費で支払った消費税との差額を、戸にに納めるのが消費税の基本的なシステムです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6101.htm

ただし、開業してから 2年間は無条件で免税事業者ですし、その後も「課税売上高」が 1,000万円を超えなければ、永久に消費税の納税義務は生じません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6501.htm

いずれにしても、社長の言っていることは、税法的には全くとんちんかんです。
今一度、これまで各月の給与明細や年末調整がどうなっていたかみ直してみた上で、税務署や労働基準監督署にご相談ください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>確かに私の給与明細は支払い明細ってなってる…

具体的にどういう明細なのですか。
数字は書かなくていいですけど、項目がどう書いてあるのか。
また、これまで源泉所得税と年末調整はどうなっていたのですか。
健康保険、厚生年金、雇用保険などはどうでしたか。

>会社では1人親方として登録してあるから…

どこに何の目的で「登録」してあるというのでしょうか。
税法上、外注者扱いしているというのなら、届け出る (登録ではない) のは会社から出なくあなた自身です。
しかも、あなたは一方的に「給与」を...続きを読む

Q県・市民税の確定申告について真剣に悩んでます。アドバイスください

すいません、前回も質問させてもらったも者です
今回は質問の内容を変えてます

※私は現在フリーターでして、今年で父が定年を迎えるだからか、先日生まれて初めて「県・市民税の確定申告」の封筒が市役所から来ました。去年はわけあって、バイトを3か月でやめてしまいまして、去年の全てのバイトの収入は15万以下程度です。そこのバイトでは、初めての給与が手渡しだったため、正確にいくらもらったのか覚えてません。しかし、やばい雰囲気で逃げるようにしてやめたバイトなので、いまさら「あのときいくらでしたっけ?」なんて聞けないです。あんなバイト先にもう一度行くのも正直恐いんです。

とりあえず申告だけしようって思います。


質問
その場合、1円でも誤差があった場合、不正とみなされ今後なにかの保険を受ける際に、不利な条件になってきたりするんでしょうか?
(そこでのはじめての給与がいくらかわからないんです・・・1万5戦円くらいってのは確かなんですが・・・)

私はどうすればいいでしょうか?・・・
ずっと悩んでます・・・しかも月曜日休みだから、火曜日まで市役所はやってないんです・・・うつになりそうです・・・・またあのバイト先に謝りに行って「すいません、私の初給与っておいくらでしょうか?」・・・って聞くなんて死にそうです。

アドバイスよろしくお願いします

すいません、前回も質問させてもらったも者です
今回は質問の内容を変えてます

※私は現在フリーターでして、今年で父が定年を迎えるだからか、先日生まれて初めて「県・市民税の確定申告」の封筒が市役所から来ました。去年はわけあって、バイトを3か月でやめてしまいまして、去年の全てのバイトの収入は15万以下程度です。そこのバイトでは、初めての給与が手渡しだったため、正確にいくらもらったのか覚えてません。しかし、やばい雰囲気で逃げるようにしてやめたバイトなので、いまさら「あのときいくら...続きを読む

Aベストアンサー

>>システムもとくわからなかったし、国のシステムだから、変に不正したら、将来年金手当てとかストップさせられてしまうのか・・・とか考えてしまったり。

 確定申告に行かないのは不正でありません。税金をごまかすため、わざと真実ではない金額で確定申告をすると不正です。
 確定申告で不正しても、延滞金、重加算税をとられることはありますが、将来の年金には影響しません。あまりにあくどいやり方で税の納付をごまかそうとした場合は国税庁から告発される可能性もありますが、普通の人はこういうこともありません。

 あなたの場合大丈夫です。
 確定申告が必要な給与所得者が確定申告に行かなかったときの弊害は、雇用主からの源泉徴収票だけで所得税や住民税の税額確定をするので、雇用主からの源泉徴収票に誤りがあると後日是正に行かなくてならなくなる。(ま、これも普通ないけど)

Q職人 給与明細なし 源泉徴収なし 確定申告は?

同居人は職人です。勤続3年ほど。
給与は手渡しで、給与明細はなしです。源泉徴収等々、一切の明細がもらえません。
保険は親の扶養で、年金は自分で支払っています。
職人になってから、税金を支払っていないようです。
確定申告をしたいのですが、どうすればよいのでしょうか?
3年?さかのぼって確定申告したいです。
本人から雇い主に言って、3年分の源泉徴収をもらえばよいのでしょうか?
余談ですが・・・
今年の初めに給与明細をいただけるように言ったそうなんですが、今だに頂いておらず、現金のみの支給です。
しかも給与の計算方法も不明です。同会社の職人2人は明細が出て、保険等引かれてるのこと・・・。
このような状況での確定申告の仕方を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

職人って、大工か何かですか。
それなら、外から見たら雇われて給与をもらっているように見えるかも知れませんが、一人一人が親方なのです。
個人事業主なのです。

個人事業主は、収入も支出も自分で管理しなければなりません。
毎月もらった金額をノートにつけて 1年分を集計し、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
仕事をするために使った費用を引き算して、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
いくら儲かったのかを申告しなければなりません。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>確定申告をしたいのですが、どうすればよいのでしょうか…

自分でつけたノートを元に、『収支内訳書』を作成します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/10.pdf

次に、『収支内訳書』で出た「所得」額を『確定申告書 B』に転記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/02a.pdf

>年金は自分で支払っています…

「社会保険料控除」になりますから、『確定申告書 B』に記載します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm
ほかにも「所得控除」に該当するものがないか良くお探しください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

>3年?さかのぼって確定申告したいです…

3年ではたしかに時効にはかかっていませんから、「期限後申告」が必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

>雇い主に言って、3年分の源泉徴収をもらえばよいのでしょうか…

個人事業の申告に、支払い側の証明書類等は一切必要ありません。
自己申告でよいです。

>同会社の職人2人は明細が出て、保険等引かれてるのこと・…

その人たちは、サラリーマン扱いなのです。
この業界では「常傭 (じょうよう)」と言います。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

職人って、大工か何かですか。
それなら、外から見たら雇われて給与をもらっているように見えるかも知れませんが、一人一人が親方なのです。
個人事業主なのです。

個人事業主は、収入も支出も自分で管理しなければなりません。
毎月もらった金額をノートにつけて 1年分を集計し、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
仕事をするために使った費用を引き算して、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
いくら儲かったのかを申告しなければなりません。
【事業所得】
「売上 ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング