恐竜の定義は一応直立するは虫類となっています。その程度ならなぜ恐竜が絶滅したとされる白亜紀の最後以降、そのときに存在していたは虫類が「直立する」という形質を確保しなかったのでしょうか。

A 回答 (3件)

昔の恐竜絵本に載っていたような直立(ゴジラみたいな)は現在では否定されているようです。


つまりここで仰っているのは、134さんの仰る意味での「直立」ですよね。
 「エリマキトカゲ」が水面を突っ走る時には、確かに「直立」してますし、亀だって「直立」してます。
    • good
    • 0

数年前より、恐竜は温血動物であり、爬虫類ではなかったという見解が有力となってきていますネ。


最終的には恐竜の一部は鳥類に進化したとも考えられています。
もともと、魚類から陸上に上がってきた両生類・爬虫類が地上を独占していたのに対し、後から発生した恐竜が、その構造の差による敏捷さによって王座を獲得することになりました。その頃から、爬虫類と恐竜とは別の進化を遂げてきたということができますネ。
また、変温動物である爬虫類が直立歩行をすると、機能を維持するためのエネルギー確保の問題が起こったり、体温を適度に保つために夜間は縮こまり、日の出とともに光をたくさん浴びるというような行動がとりにくくなるというマイナス点があったとも考えられますネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

直立する…ということで、ワニやトカゲと違い、腹を宙に浮かせた四足恐竜(雷竜、つの竜等)や二足恐竜(けもの竜、とり竜等)を厳密には「恐竜」と呼ぶと何かで読んだ記憶があります。



 恐竜絶滅以降、「直立」の形質を確保しなかったのは、直立型が、非常にエネルギーを消費するためだそうで、当時の恐竜たちの骨組織は、現在の は虫類よりも むしろ ほ乳類に近いとか…

 恐竜絶滅の最有力説「隕石衝突説」ですが、巨大隕石の衝突により、一種の「核の冬」状態に陥り、草食恐竜たちの食料であるシダ類が絶滅し、食物連鎖が断ち切られた結果、大型で多くの食料を必要とする「恐竜」たちが絶滅したとか…

 恐竜絶滅については、まだまだ、新説、珍説の類がありますので、十分じゃないかも知れませんが…
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ