人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

http://dobon.net/vb/dotnet/control/buttonarray.h …
のサイト内の、「"特定の名前" + "1から連続する数字"」という名前を持つコントロールを配列にするメソッドを使用してのコントロール配列の多次元配列の方法はどのようにすれば良いでしょう?今現在調べている最中ですがよくわかりません。よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

列数が固定なら


配列(A,B)の代わりに配列(A×列数+B)で1次元配列で代用できます。


2次元にこだわるなら"TextBox1_1"、"TextBox1_2"・・・のように名前を付けておき、

Dim 配列(15) as object
for i = 1 to 15
配列(i) = GetControlArrayByName(フォーム,"TextBox" & trim(str(i)) & "_")
next

こんな感じで、関数の戻り値を配列に入れれば2次元になると思います。
(.NETはもってないので確認してません)
    • good
    • 0

サイトを見ましたが、フォームに配置されている"TextBox1"、"TextBox2"、"TextBox3"...と続くコントロールを、列挙すれば1次元配列になります。



多次元配列とは?
フォームにはどういうコントロールが配置されているのでしょうか?
そして、どういう多次元配列にしたいのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
まずフォームにテキストボックスを6個配置しまして、1行目に3個、2行目に3個を配置します。そこで1行目の左端のテキストボックスを
配列(0,0)、真ん中を(0,1)・・・、2行目を左端から(1,0)、(1,1)・・・、といった具合にすることは出来るのでしょうか?
実際作成しようとしているのはフォーム上にテキストボックスが100個ぐらいありまして、それを15行ぐらいに分ける予定です。
よろしくお願い致します。

お礼日時:2006/10/31 18:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVB2010でのコントロール多次元配列について

教えてください。
実行中にコントロールを生成したいのですが、

Public Class Form1
 Private myTxt(,) As System.Windows.Forms.TextBox

 Me.myTxt = New System.Windows.Forms.TextBox(59, 2) {}
 Dim i As Integer
 Dim j As Integer
 Dim h As Integer
 Dim p As Integer

 h = 10
 p = 100
 For i = 0 To Me.myTxt.GetLength(0) - 1
  For j = 0 To Me.myTxt.GetLength(1) - 1
   Me.myTxt(i, j) = New System.Windows.Forms.TextBox
   Me.myTxt(i, j).Name = "myTxt" + i.ToString() + j.ToString()
   Me.myTxt(i, j).Size = New Size(100, 30)
   Me.myTxt(i, j).Location = New Point(p, h)
   p = p + 100
  Next j
  h = h + 30
 Next i

 Me.myPnl.Controls.AddRange(Me.myTxt)

と書くと最後の行が波線になり、
“型 'System.Windows.Forms.TextBox の 2 次元配列' の値を
'System.Windows.Forms.Control' に変換できません。”とエラーになります。

これはAddRangeは多次元配列に使用できないということなのでしょうか?
色々検索してみましたが、コントロールの生成に関する多次元配列が見つけられずに
困っていました。

最後のAddRange(Me.myTxt)をAdd(Me.myTxt(i,j))などと変えたりしても別のエラーになり、
基本的に間違っている気がしますがどこだかがわかりません。

詳しい方、宜しくお願い致します。

教えてください。
実行中にコントロールを生成したいのですが、

Public Class Form1
 Private myTxt(,) As System.Windows.Forms.TextBox

 Me.myTxt = New System.Windows.Forms.TextBox(59, 2) {}
 Dim i As Integer
 Dim j As Integer
 Dim h As Integer
 Dim p As Integer

 h = 10
 p = 100
 For i = 0 To Me.myTxt.GetLength(0) - 1
  For j = 0 To Me.myTxt.GetLength(1) - 1
   Me.myTxt(i, j) = New System.Windows.Forms.TextBox
   Me.myTxt(i, j).Name = "myTxt" + i.ToString() + ...続きを読む

Aベストアンサー

Control.ControlCollection.AddRangeはControlの一次元配列を引数にとります。
ref) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.windows.forms.control.controlcollection.addrange.aspx

このため,二次元配列を直接引数に渡すことはできません。
一次元配列にすれば良いのですが,配列はIEnumerable(Of T)を一次元配列の時のみ実装するため,
myTxt.Cast(Of Control).ToArray()
のようにIEnumerable(Of Control)を経由して一次元配列にすればよいでしょう。
# IE(Of T)を二次元配列も実装してくれればToArray()一発だったのですが……。

QVBのコントロール配列を二次元配列にする方法

タイトル通りです。
テキストボックスなどをコントロール配列で持つときに二次元配列で持つ方法はないでしょうか?

ご回答の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コントロールのIndexプロパティを利用する方法では二次元配列はできません。
しかし、変数としての二次元配列ならできます。

Dim TextBoxes(3, 10) As TextBox

などとすると、テキストボックスの多次元配列ができます。
ただし、この変数にはインスタンスがないので、インスタンスは別に作成してやる必要があります。

以下に例を示します。

名前がTexts、Indexが0のTextBoxを配置します。
フォームモジュールに以下を貼り付けます。

Option Explicit

Private TextBoxes(3, 10) As TextBox

Private Sub Form_Load()

On Error Resume Next
Dim N As Long, M As Long, T As Long

For N = 0 To 2

For M = 0 To 9

T = N * 10 + M
Load Texts(T) 'Load Texts(0)はエラーだが無視される
Set TextBoxes(N, M) = Texts(T)
TextBoxes(N, M).Left = N * 1320
TextBoxes(N, M).Top = M * 300
TextBoxes(N, M).Visible = True

Next M

Next N

End Sub

Private Sub Texts_Click(Index As Integer)

MsgBox "これは(" & (Index \ 10) & ", " & (Index Mod 10) & ")です"

End Sub

この方法を使う場合、TextBoxes(N, M)のIndexプロパティはN * 10 + Mを示すので、注意が必要です。

コントロールのIndexプロパティを利用する方法では二次元配列はできません。
しかし、変数としての二次元配列ならできます。

Dim TextBoxes(3, 10) As TextBox

などとすると、テキストボックスの多次元配列ができます。
ただし、この変数にはインスタンスがないので、インスタンスは別に作成してやる必要があります。

以下に例を示します。

名前がTexts、Indexが0のTextBoxを配置します。
フォームモジュールに以下を貼り付けます。

Option Explicit

Private TextBoxes(3, 10) As TextBox

...続きを読む

Qコントロール配列と同じような扱い方

TextBox1、TextBox2、TextBox3・・・・TextBox10 と10個のテキストボックスにVB6で使っていたコントロール配列と同じような処理の仕方をコードで教えていただけませんか。

for i=0 to 9
TextBox(i).Text=i
next i

上記のコードをVB.NETで書くとすれば、どのように書けばいいかということさえわかれば、なんとか頑張れる気がします。

Aベストアンサー

VB.NETに「コントロール配列」は無いので、基本的にはできません。

やるとしたら、
「VB6で普通の(コントロール配列でない)コントロールを『コントロール配列』と同じように扱う」
場合と同じです。

つまり・・・
(方法1)自分でコントトール型の配列を宣言し、各コントロールをセットしておく。
(方法2)Controlsコレクションから参照する。
のどちらかでしょう。

前者なら例えば、
-------------------------------------------------------
Private TextBoxArray() As TextBox
Private Sub Form1_Load(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Me.Load
TextBoxArray = New TextBox() {Me.TextBox1, Me.TextBox2, Me.TextBox3}
End Sub
Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
Dim i As Integer
For i = 0 To 2
TextBoxArray(i).Text = i.ToString
Next
End Sub
-------------------------------------------------------
こんな感じ、後者なら、
-------------------------------------------------------
Private Sub Button2_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button2.Click
Dim i As Integer
For i = 1 To 3
Me.Controls("TextBox" & i.ToString).Text = i.ToString
Next
End Sub
-------------------------------------------------------
こんな感じ。

VB.NETに「コントロール配列」は無いので、基本的にはできません。

やるとしたら、
「VB6で普通の(コントロール配列でない)コントロールを『コントロール配列』と同じように扱う」
場合と同じです。

つまり・・・
(方法1)自分でコントトール型の配列を宣言し、各コントロールをセットしておく。
(方法2)Controlsコレクションから参照する。
のどちらかでしょう。

前者なら例えば、
-------------------------------------------------------
Private TextBoxArray() As TextBox
...続きを読む

QエクセルVBAでテキストボックスの値の取得と変更について

エクセルのVBAを使ってシート上のテキストボックスのテキストを取得・変更するマクロを作成したいと思っていますがうまく行きませんので、お知恵を拝借したいとおもいます。

環境:WindowsXPでオフィス2002
状況:
エクセルブックa.xlsのシートに「コントロールツールボックス」のテキストボックスを配置(オブジェクト名はTEXTBOX_C)
エクセルブックb.xlsにコードを書き、a.xlsのTEXTBOX_CのプロパティのValueかTextを取りだしたい

試した事:
コントロールを配置したシートに次のマクロ
TEXTBOX_C.Text = "これはコントロールのテキストボックス"
を書くとテキストボックスに文字を入れ込めますが、別のエクセルブックからだと上手く行きません。

また、オートシェイプのテキストボックスの場合は簡単に出きるのですが、コントロールツールボックスではどうしても上手く行きませんので、対象法などご存知の方いらっしゃいましたら教えてください

Aベストアンサー

エクセルを新規に開きました。
そのSheet1に(コントロールツールボックスの)TextBoxを貼りつけました。
そのBook1から、ファイル-開くで別ブックを開きました。
別ブックのMojule1側に下記を書いて
Sub test02()
MsgBox Workbooks("book1").Worksheets("sheet1").textbox1.Text
End Sub
を実行すると、Book1のTextBoxに入れた文字列が表示
されました。
がそんな質問ではないのですか。

QVB6.0-整数と余りを求める

表題の通り、整数と余りを求める関数を教えてほしいです:例:100/60=1余り40
整数:1
余り:40
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Dim A,B,C,D as integer
A=100
B=60
C=Int(A/B) <---答は1
D=A mod B

●IntはAをBで割った時の整数部分を求める関数ですが、答が負の場合は
注意が必要です。 例 Int(-100/40)=-2
これを回避する場合 Fixがいいです

●mod は A を B で割った時の余りを求める関数

QTextBoxでEnterキーを押すと、にあるButtonを押したのと同じ効果を出す方法

VB初心者です。
まだ、はじめたばかりなので、上手く質問を説明できませんが、よろしくお願いします。

環境はVisualBasic .net 2003です。

フォームにテキストボックス(TextBox)とボタン(Button)があります。
テキストボックス内でEnterキーを押すと、ボタン(Button)を押したのと同様の効果をだしたいのですが。
VC++6.0だと、SendMessage(WM_COMMAND , .....
のようなやり方でできたはずですが・・・
---------------------------
テキストボックスのコード
Private Sub txtTest_KeyDown(ByVal sender As Object, _
ByVal e As System.Windows.Forms.KeyEventArgs) Handles txtTest.KeyDown
If (e.KeyCode = Keys.Enter) Then
'★★★ここでどういうコードを書いてよいかわかりません。
End If
End Sub
----------------------------
ボタンを押したときのイベントハンドラ
Private Sub btnTest_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnTest.Click
    ボタンを押したら、このイベントハンドラを呼び出したい。
    もしくは、間接的に呼び出したい。
-------
どなたか、やり方をご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

VB初心者です。
まだ、はじめたばかりなので、上手く質問を説明できませんが、よろしくお願いします。

環境はVisualBasic .net 2003です。

フォームにテキストボックス(TextBox)とボタン(Button)があります。
テキストボックス内でEnterキーを押すと、ボタン(Button)を押したのと同様の効果をだしたいのですが。
VC++6.0だと、SendMessage(WM_COMMAND , .....
のようなやり方でできたはずですが・・・
---------------------------
テキストボックスのコード
Private Sub txtTest_KeyDown(ByVal ...続きを読む

Aベストアンサー

>SendMessage(WM_COMMAND
とは、多少意味合いが異なりますが。。。

btnTest.PerformClick()
と行うと、btnTestオブジェクトと関連付いたイベントハンドラが起動します。
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1688744


また、エンターキーの動きに限るのであれば、フォームのAcceptButtonプロパティを利用すると、コーディングが不要です。ついでにエスケープにも動作を持たせたいのであれば、CancelButtonプロパティを利用するといいです。



どうしてもCと全く同様に、イベントを起こすのであれば、Cと同じ手続きでAPIで起こせばよいと思います。
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=199357


Public Class Form1
  Inherits System.Windows.Forms.Form

  Private Declare Auto Function SendMessage Lib "user32" ( _
    ByVal hWnd As Integer, _
    ByVal wMsg As Integer, _
    ByVal wParam As Integer, _
    ByVal lParam As Integer _
  ) As Integer
  Private Declare Auto Function GetDlgCtrlID Lib "user32" ( _
    ByVal hWnd As Integer _
  ) As Integer

  Private Const WM_COMMAND As Integer = &H111
  Private Const BN_CLICKED As Integer = &H0

#Region " Windows フォーム デザイナで生成されたコード "
#End Region

  Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    btnTest.PerformClick()
    SendMessage( _
      Me.Handle.ToInt32, _
      WM_COMMAND, _
      BN_CLICKED * GetDlgCtrlID(btnTest.Handle.ToInt32) * &H10000, _
      btnTest.Handle.ToInt32 _
    )
  End Sub
End Class

>SendMessage(WM_COMMAND
とは、多少意味合いが異なりますが。。。

btnTest.PerformClick()
と行うと、btnTestオブジェクトと関連付いたイベントハンドラが起動します。
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1688744


また、エンターキーの動きに限るのであれば、フォームのAcceptButtonプロパティを利用すると、コーディングが不要です。ついでにエスケープにも動作を持たせたいのであれば、CancelButtonプロパティを利用するといいです。



どうしてもCと全く同様に、イベントを起こすのであれば、...続きを読む

QVB.NETのテキストボックスの書式指定

VB.NETで開発練習中です。

フォームへ呼び出したデーターを、数値データであれば
カンマ区切りとか、小数点以下の桁数を指定するのは
どうしたらできるのでしょうか?
ソースのACCESSのテーブルには指定してあっても、
呼び出したデータには当然反映されませんよね。
初歩的ですがどなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3です。

私のレスは間違いでした。

FormのLoadイベントでテキストボックスに値を入れているのですね?

であれば、TextBoxのTextChangedイベントが発生します。このイベントで処理をします。

テキストボックスが多数あるのであれば、コントロール配列を使って処理をすればいいでしょう。

QForm間の値の渡し方

1つのForm上のコマンドボタンで別のFormを表示、そこで変数に値を入れ、そのFormを閉じ、元のFormでその変数を使いたいのですが、どうもうまくいきません。
実施したやり方は、一方のFormの宣言領域で、”Public abc As String”を宣言、両方のFormの(変数に値を入れた方と変数を使う方の)プロシージャーの宣言では引数として(abc As String)と記述しました。
因みに、両プロシージャーともイベントプロシージャーです。何か基本的なことができていないのだとは思いますが、どなたか教えていただけませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すでに何件か回答があがっていますので、少し変わった方法をご参考までに。

あまり使われませんが、Formにはtagというプロパティがあります。
これは「文字列形式であれば何でも格納できる」という、上手く使えば便利なプロパティです。

FormAからFormBを呼び出し、FormBで変更した値をFormA.tagにセットします。
ここでFormBをUnloadしてもFormA.tagの値は影響を受けないので自由に使えます。

複数の値を呼び出し元に戻してやる場合に、区切り文字(カンマなど)で連結した文字列をtagに格納し、呼び出し元で区切り文字でsplitして、複数の値を受け渡すという手法をよく使っています。

Qvb.netで画面のコントロールId名を変数で動的に制御し処理する方法

以下のような処理がしたいです。
実現方法をご存知でしたらご教授下さい。

画面のコントロールText1~Text3があります。
For~Nextでこのコントロールに値をセットしたいです。

For i = 1 To 3
  Texti.Text = i
  ※このiのTextの後ろのiの部分を1~3と動的に変更し、各Textに値を設定したいです。
Next

Aベストアンサー

こんにちは、webでは、findcontrolを使うみたいです。

いかに、参考URLから、引用すると
***********************************
Dim L, U, i As Integer
Dim tx As System.Web.UI.WebControls.TextBox
L = LBound(dat)
U = UBound(dat)
For i = L To U
'コントロール名を探し出す
tx = FindControl("TextBox" & CStr(i))
'見つかったコントロールのTextプロパティに代入
tx.Text = dat(i)
Next

******************引用終わり*******
このようにすると良いみたいです。
asp findcontrolで、検索すると、
結構ヒットするみたいです。

参考URL:http://natchan-develop.seesaa.net/

QDataGridViewでセルクリックイベントを発生させるには

DataGridViewでセルクリックイベントを発生させるには、
デザイナからではCellClickイベントハンドラとなりますが、
プログラムコード上から発生させるにはどのようにすればよろしいでしょうか?

CurrentCellでアクティブセルを変更した時に、そこのセルをクリックさせるイベントが欲しいのですが・・

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

CellClickイベントハンドラの内容を別のメソッドとして作り、アクティブセルを変更した際にそのメソッドを呼び出す方法ではダメなのでしょうか?
どうしてもCellClickイベントを発生させて処理をしたいのでしょうか?


人気Q&Aランキング