幼児の頃はとても感情豊かな子供でしたが最近(高校生)の感情表現には疑問に感じる事が多々有ります。一例を挙げると三歳の誕生日に子犬を頂き兄弟のように成長して来た飼い犬が病で今日明日の状態です。何年も家を離れている上の子供達ですら飛行機の都合がつけば帰りたいと話すのに様子を聞こうともしません。状態を話しても「ふ~ん」の一言で片付けられてしまいます。一事が万事此の調子で全てにおいて虚空に向かって対峙しているような空虚な感覚しか戻って来ないのです小学校に入学して間無しブランコで誰が一番高くこげるかと言う競争をしていて本当に一番高い位置から落下し頭部を強打暫く保健室で意識を失っていた様です。学校から職場に連絡を貰い駆けつけた時は直前に意識を取り戻していましたが吐き気を訴えておりました。今から思えば感情に変化が起こり始めたのはそれから暫く後の事の様な気がするのですがその様なことも原因と成ることが有るのでしょうか 



 

A 回答 (2件)

関係は深いと思います。



此の十年の画像診断の進歩は凄いものが有ります。
その原因が落下で脳にダメージがあるのか無いのかだけでも特定しておいたほうが宜しいでしょう。

その上で対処を考えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

感情移入の顕著な子だったはずなのですが。早朝其の犬も亡くなりました、その事を子供に伝えたのですが無かったかの様に次のペットの計画話しばかり。真剣に考えなければと思い始めているところです。有り難う御座いました

お礼日時:2002/04/12 10:13

まったく、個人的意見ですが、



わたしは、関係あると思うのです。
たとえ病院で、脳の検査して、異常がなかったとしても、
(変ないいかたですみません。)
昔から、頭は強く打ってはいけない。とかいいますよね。
地震の時も頭を、かくすしね。

知人で、うつ病ぽくなった人がいて、彼は、ダイビングで、50メートルもぐってから、水圧でおかしくなった。-といっております。
(もちろん何の根拠もありません)

こういうことは、迷信と思われているようで、なんの統計もないしね。
何かなる人と,そうでない人が、いることもたしかですし。
たしか、出産のときも、ひどいの難産は、よくないとかいいますよね。
私の読んだ本に、2歳までは、特に頭を打たないように、気おつけましょう。
とかいてありました。

息子さん、心配でしょうね。気功とかいかれてみるのは、どうでしょう?
何か、エネルギーが、満ちてくるかもしれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座います。真剣に脳ドッグとか考えている最中です。しかし本人に自覚がないので強引に病院と言うのも考えてしまいます。

お礼日時:2002/04/11 18:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報