もう5~6年以上も昔の話ですが、家族が入院する病院へ見舞いに行ったところ置き引きにあいました。自分ですぐ気付いて犯人を追いかけバッグは取り戻せたため被害はなく、守衛室にいたガードマンに警察を呼んでもらい犯人は現行犯逮捕されました。そこでお聞きしたいのですが、こういったケースの場合、被害がなくとも供述調書や現場検証などは必要なのでしょうか?事件が起こった当日に事情徴集で4時間以上拘束されたうえ、給与明細などあまり他人には見られたくないものも入っているバッグの中身をすべて写真に撮られるなど、抵抗を感じる出来事がいろいろありました。また、事件当日とは別の日にわざわざ時間をとって現場検証をする等のことも、やはりこのような事件では一般的に行われていることなのでしょうか?それとも、その犯人に余罪の疑いがあるためにこのように執拗な追求をする必要があったということなのでしょうか?同じようなケースで置き引きの被害にあわれたことがある方、または犯罪に関する知識がある方、ご回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 たまにしかないこと、数が少ないこと、に関しては、世の中全体がわからないことからも、あまり問題となることがありませんが、その人の1日、や半日、というレベルは、公的機関が時間を奪うことについて事実上許容されてしまっているようです。


 例えば本件の場合、警察に連絡をしたという時点で、貴方は被害者として警察を動かしている関係上、その先にいって通常必要とされる調書の作成に対する協力だけは拒否する、ということが理論矛盾を引き起こしてしまうこととなるわけです。
 本来的には、警察官は給料をもらってやっているわけですから、それに協力して警察が一定の基準で承認した場合には、1時間当たりまたは一件あたりいくら、というような補償がされてもいいように思います。
 今のところ、重要な事件などに対して協力した場合のご褒美は、表彰状というかたちで表れたりするようです。この表彰状は、自分が交通違反などの違法行為で警察などのお世話になる際などに、実は効力を発揮します。
 必ずしも全ての方が補償が欲しいのではなく、現状では仕方ないのかも知れません。
 置き引きが建物内にある場合は、総合保険に持出家財特約というのがあり、意外と知らない間に多くの方が加入しているものですが、あるいは、もし保険会社が、この保険に加え、事件処理費用担保などという商品を作ると、いいかも知れません。
    • good
    • 0

 はい。


 事件が発生した以上、「犯罪が発生した」という根拠を書類として残さなければなりません。
 最終的には裁判長という、「事件とは無関係の人物」が事件性を決定することになるからです(裁判まで話がいったかは分かりませんが)。
 そのためには、「これこれこういう理由で犯人を拘束しました」という証拠を作成する必要があります。

 ご質問のケースではかなり順当、かつ真面目に捜査が行われたようで、受けた扱いとしては妥当です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金着服元職員2人を 結局 起訴猶予

年金着服元職員2人を起訴猶予
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20071109-OHT1T00212.htm
年金保険料着服をした市の職員が 起訴猶予処分になるようですが
この処分は 妥当なのでしょうか?
起訴猶予処分の理由が 全額弁償し、懲戒免職で社会的制裁を受けた ということのようですが
着服が「ばれたら」 着服した金を全額弁償し 辞めれば 処罰を求めない(罪は 問われない)ということでしょうか?

こんな処分なら 抑止力が無く 公務員は着服を 止めないと思うのですが 
公務員だから処罰が甘い訳ではないのでしょうか?
身内に甘いのか?始めから起訴猶予にすることが決まっていたのでしょうか?
あと 起訴猶予処分だと 名前も出ないのでしょうか?
他の不祥事を 喋られないように市は 告発しなかったのでは と聞いたこともありますがどうなのでしょうか
告発しても結局 起訴猶予じゃ意味が無いと思うのですが・・・

Aベストアンサー

公務員の場合、犯罪を犯しても、比較的罪は軽くなるケースが多いように思います。

ニートがパソコンで偽札をつくり、それを行使したため、懲役5年を言い渡せられましたが、公務員が同じように偽札をつくり、行使しても執行猶予が付きました。とうのは私の地元でもありました。

やはり懲戒免職で社会的制裁を受けたというのが、大きい理由だと思われますが、今回の事件で裁判さえならない起訴猶予処分が、妥当かどうかは微妙なところでしょうね。

私の意見としては甘すぎると思いますが、これが公務員の特権といわれれば、遺憾ながら仕方がないのかもしれません。

Q器物損壊(車)の被害者です。犯人は現場で取り押さえました

僕は40年ほど昔の黒塗りの国産旧車に乗ってます。
ほぼオリジナルの大切な車です
が、しかし、
右側面に10円玉で傷をつけられるという被害に遭いました。幸い、犯人は現行犯でとりおさえ、警察署で上申書を書いてきました。
一、犯人には車の修理に伴い発生するすべての費用を支払っていただきます。
二、被害届は出しません。というものです。
警察官10名程の前で
『全塗装でなければ許さない。費用は100万ぐらいかかりますよ』というと、
支払う意思はあるということで、被害届は出さずにその日は別れました
ディーラーで全塗装の見積もりが63万でした。これを犯人に伝えると、金額が高いので少し考えさせてくれと言われ、しぶしぶ、了承すると、夕方、犯人の弁護士と名乗る人物から電話があり『私が間に入りますのでヨロシク』といわれ、
犯人には着信拒否をされています。

100万かかるといっていたのが、67万ですむというのに高いと言い、挙げ句のはてに弁護士をたてて、自分は隠れてしまう辺り、人間的に許せないのです。
示談決裂ということに
しようかと考えています。
続きがありますので返信の所に書かせてもらいます。皆様のご意見を聴かせてください

僕は40年ほど昔の黒塗りの国産旧車に乗ってます。
ほぼオリジナルの大切な車です
が、しかし、
右側面に10円玉で傷をつけられるという被害に遭いました。幸い、犯人は現行犯でとりおさえ、警察署で上申書を書いてきました。
一、犯人には車の修理に伴い発生するすべての費用を支払っていただきます。
二、被害届は出しません。というものです。
警察官10名程の前で
『全塗装でなければ許さない。費用は100万ぐらいかかりますよ』というと、
支払う意思はあるということで、被害届は出さずにその日は別れま...続きを読む

Aベストアンサー

>『全塗装でなければ許さない。費用は100万ぐらいかかりますよ』というと、
>支払う意思はあるということで
100万払うとは言っていない。
支払う意思があると言うのは、修理代を支払うと言う事。
即ち、傷を付けられた部分の塗装代、代車費用などしか貰えない。

>犯人の弁護士と名乗る人物から電話があり『私が間に入りますのでヨロシク』といわれ、
偽物の弁護士みたいな言い方ですね。
一度、確認した方が良いでしょう。

>挙げ句のはてに弁護士をたてて、
右側だけの傷で、全塗装の代金を請求すれば、弁護士を立てても可笑しくはない。

>皆様のご意見を聴かせてください
相手の弁護士に、示談で済ませるのなら、全塗装の修理以外では示談しない。
此方の条件が飲めないのなら、通常裁判で本来請求出来る金額をする。
決して、簡易裁判などでは請求しないとでも伝える。
因みに、裁判は面倒だけど、相手へのダメージ(金銭の出費)は大きい。

Q起訴猶予の期限は?

「尖閣諸島の事件で画像流出の海上保安官が
起訴猶予を視野に検察が・・・云々」
だそうですが、この「起訴猶予」の期間などについて何も
知らないのでどなたかおねがいします。

Aベストアンサー

起訴猶予を「起訴するまでの猶予期間がある」と考えているのかな?

起訴猶予処分は、
  被疑事実が明白な場合において、被疑者の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としない
と検察官が判断した場合の処分です。
「猶予」というのは期間のことではなく、「”訴追行為(起訴)”そのものを猶予する」と言う意味合いです。
(このほか、不起訴処分には「嫌疑不十分」「嫌疑なし」がある)。

検察官による処分の最終決定ですから、期間の設定はあり得ません。

敢えて言うなら、検察官の不起訴判断を不服とする者の求め不服審査を行うこと(検察審査会への不服申し立て)ができる期間=公訴時効まで、と言えるかも知れないけど・・・無理があるだろうな と。

Q交通事故で現場検証を行なった際に警察が撮った現場写真や警察から取り調べ

交通事故で現場検証を行なった際に警察が撮った現場写真や警察から取り調べた調書を確認または入手する事はできないのでしょうか?

どなたかお願いします。

Aベストアンサー

相手が起訴されていれば、実況検分調書・供述調書の閲覧と取り寄せはできます。

1)扱い警察で、送検番号をきく
2)その番号を送検検察庁で問い合わせをして、裁判所から書類が返却されているかを確認
3)返却されていれば、身分証明書を持参して閲覧

Q起訴猶予というのには、期間がないのですか?

 ニュース等で、執行猶予の時は、「執行猶予○年」で言いますが、起訴猶予の時は、単に「起訴猶予となりました」としか言わない気がします。

 これは、どういうことなのでしょうか?

くだらない質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

 

Aベストアンサー

執行猶予とは、刑事裁判の有罪判決において、罪を重ねないことを条件に刑の執行を猶予し、無事にその期間を経過すれば刑の執行を受けることがなくなる制度です。

これに対して起訴猶予とは、起訴しない(刑事裁判を開始しない)という検察官の最終決定です。「猶予」というコトバが使われているため一定期間を経過した後に見直しが予定されているような印象を受けますが、そうではありません。
なお起訴猶予は、容疑者がクロであることは疑いないが、犯した罪が軽微なのであえて裁判で裁くまでもない、という場合に行われます。

Q凶悪事件の犯人へ被害者以外も慰謝料を請求出来ますか?

凶悪事件のおぞましい犯行手口を見聞きしてしまったことによって、
精神的にショックを受けたということで、
犯人や犯人を育てた親へ慰謝料請求を行えますか?

正直なところ、裁判は起こせても、
勝訴することは難しいと思うのですが、
あまりにもおぞましいので忘れたいほどです。

もしも、起こしたならば、勝てる可能性はあるのかなど、
法律に詳しい方のご意見を頂戴したいと思いました。

Aベストアンサー

できません。

犯行自体は犯人の故意によるものだとしても、あなたの精神的ショックは犯行自体ではなく、それを「見聞きしたこと」によるものです。
無理やり見せられたなら見せた相手が加害者なのであって、「犯人」は加害者にはなりません。
電車の中吊りで見たというなら、そういう中吊りを掲載した電鉄会社を訴えるか、
中吊り広告を作成した広告会社を訴えるか、出版社を訴えるかですが、
実質的に勝てる可能性はないでしょうね。
「加害行為と損害に常識的な因果関係がない」か「故意や過失がない」ということになると思います。
いくら自分は精神的ショックを受けたと主張しても、「常識的に」判断されます。

自分で見たならそもそも「加害行為」がないということになります。

Q大麻 起訴猶予 再び所持

質問お願いします。

一度大麻所持で逮捕され、その件は起訴猶予になり10日足らずで出てきたのですが、一年位して再び大麻所持で逮捕。

この場合、起訴猶予の前歴も前科と同じ扱いになるのでしょうか。

やはり初犯扱いにはならず、執行猶予は難しいでしょうか。

大麻は営利目的ではなく、グラム数は0.9です。


ご回答お願いします。

Aベストアンサー

1年前の起訴猶予ですので、今回あわせて裁判が行われるでしょう。
起訴猶予というのは不起訴処分ではなくて、つぎやったらまとめて裁くぞ!という意味です。
ですので今回の裁判は「大麻で二度逮捕された」事件の裁判です。

まあ執行猶予は裁判官の判断ですので、判例通りのアドバイスはできません。個人的には執行猶予だと思いますが、いきなり実刑になっても責任は取れません。

Qレイプ事件の犯人と被害者が分かる資料はありますか

レイプ事件の犯人と被害者が分かる資料はありますか
2002ー2005年頃の事件です
犯人の会社名など
ネットで検索できるものが良いです

Aベストアンサー

公開されているものは、全国の警察において、皆無。
全て、当人同士以外の公開は、一切致しませんので。

Q起訴猶予の意味は、なんでしょうか?

起訴猶予の意味は、なんでしょうか?

Aベストアンサー

起訴猶予というのは、「罪を犯したのは確実だが、罰を与えるほどではない」ということです。

Q本日、暴行罪で被害届を出しました。犯人は特定できています。その犯人を道

本日、暴行罪で被害届を出しました。犯人は特定できています。その犯人を道や施設で見かけた場合、即110番して連行という形はとれないのでしょうか?何やら犯人を特定できていたとしても、身元や、諸々の連行するための証拠を刑事が揃えるまで、何もできないということを聞いたのですが。
道で見かけても何もできずに、警察が動くまで待たなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

警察が任意動向を求めるくらいではないでしょうか。現行犯や緊急逮捕で無い限り、裁判官の令状無しには逮捕できません。強制的任意同行という解釈も存在しますが、犯人と目される人(重要参考人)が拒否したら終わりです。確たる証拠がやはり必要になってくるかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報