議論をする時のように、自分の意見が瞬時に出てくるようにするには、
どのような訓練が必要なのでしょうか?よく、本当に意見がない、
何も頭に浮かばない、という状態があるのですがぁ(情けない・・)、
これって考える訓練がされてないということなんだと思います
(あと、表現力等もあるでしょうが。)。これを鍛えるには
どのようにすれば、いいのでしょう?これって、頭の回転、
もっというと生まれつきの問題なんでしょうかね??

A 回答 (1件)

>議論をする時


 ディベートと言います
良いホームページを見つけたので参考になさってください。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~kurapy/debate.html
参考になれば幸いです

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~kurapy/debate.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分は頭よくないです。もっと頭がよくなりたいです。(論理的な思考力ができるようになりたい)

私は物事を論理的に理解できません。
昔から頭のいいひとがうらやましくてたまらなかったんです。論理的に物事を理解できる人。
私なんて小さいころは「ジュースに氷入れたら、増えるからおトクだ」ってずっと思ってました。
話だって理路整然と話すことができません

これまで、あらゆる受験に失敗していて
来年最後の公務員試験を受けようと思ってます。
私は丸暗記しかできないんです(文系です)

いろんな本を読んでるのですが、「原因と結果の法則」っていうものがあって、これまで私の人生って全部なあなあで偶然に起こったものだって思ってました。しかし違うんですね。自分の行動が結果に繋がってきたんですね。

だから私は最近「なぜ?」という言葉をよく使うようにしてます。

今日ああなったのはなぜか?それを反省して次にどう行動するか?って考えてます。

このほかにもなにか頭のよくなる方法、おすすめの本があれば教えて欲しいです。お願いします

Aベストアンサー

理系でも文系でも論理的思考というものは必要です。
ただ、理系は「何もないところから自分で論理を組み立てる」、文系は「すでにあるものを観察、思考し、論理を組み立てる」という違いがあります。
質問者さまが文系の思考回路ならば、それを変えることは容易ではないでしょう。
でも、丸暗記ではなくて「論理的思考」をすることによって物事の理解力はたいへん高まります。
例えば英単語を覚える場合ですが、文字の羅列としての単語を暗記するのでは、脳のキャパに限界があるのです。
でもその単語の成り立ち、語源、などを「覚える」のではなく「理解する」と、いくらでも頭の中に入っていきます。
私たちが小学生の時に漢字を覚えた方法と同じです。
ただの図面としての文字ではなく、形の意味を最初に教わりましたよね。

あらゆることは理由があるのですから、質問者さまの「なぜ」という思考パターンを自分に課していくことはとても有効です。
これからはもう少し発展して、すでにある事象について「なぜ」と考えるだけでなく、自分がこれから始めること、まだ何も形のないものについて、自分で立ち上げることをやってみてください。
お勧めの本を教えて欲しいということですが、本を読んでそこに書いてあることの受け売りになってしまう危険があるので、要注意です。
これまで丸暗記しかしてこなかったのでしたら、本に書いてあることがすべて正しいとして、自分の思考に取り入れてしまう危険があるということです。
まずは本を読む際にも「ここに書かれていることは正しいのか」という疑問を持ちながら読むことをお勧めします。
参考になさってください。

理系でも文系でも論理的思考というものは必要です。
ただ、理系は「何もないところから自分で論理を組み立てる」、文系は「すでにあるものを観察、思考し、論理を組み立てる」という違いがあります。
質問者さまが文系の思考回路ならば、それを変えることは容易ではないでしょう。
でも、丸暗記ではなくて「論理的思考」をすることによって物事の理解力はたいへん高まります。
例えば英単語を覚える場合ですが、文字の羅列としての単語を暗記するのでは、脳のキャパに限界があるのです。
でもその単語の成り...続きを読む

Q瞬時電圧低下?

質問カテゴリがここで良いのか分からないのですけども、「瞬時電圧低下」って、「停電」とはまた違うのでしょうか?

Aベストアンサー

「瞬時電圧低下」の発生の過程なんかわかりますか?

水で連想してください。
ある水の流れがあります。そこから大きな道と小さな道の2つに道が分かれていて、(下図参照)一方は栓がしてあります。(栓がしてある方が大きい道(=高負荷))
このときもう一方に100%流れていきますが、この状態で、栓を一気に抜くと、そっちに水が流れてきてほとんどそっちに行ってしまい、細い方は、水がなくなるほど少なくなります。やがてしばらくすると、水量(=電流)は、大きな道な方が多いままですが、水圧(電圧は同じになります。これと同じようなことです

====================
              
             =======
             |
             |
             |
====================

Q電気理論の問題について。Z、Zθ、瞬時値

こんにちは。
会社で出された通信教育の問題が難しくて困っています。


入社約半年で電気のことは初心者です。
ついこの間第二種電気工事士の学科を受けました。
なんとか受かりそうです。


できれば解答の手順など
やさしくわかりやすく解答頂けるとありがたいです。



=問題=

図に示すRLC直列回路のインピーダンスZ及びインピーダンス角θを求めなさい。
また、回路を流れる電流 i を瞬時値で示しなさい。
ただし、V=200sin100πt [ V ]、R=20Ω、L=100mH、C=10μFとする。

Aベストアンサー

>V=200√2sin100πt [ V ]、

最後に求めた電流のところだけ√2倍になります。

電流の大きさI=200√2/287.6
≒0.98[A](約1[A]でもいいかもしれませんが。)
したがって、電流の瞬時値iは、
i=0.98・sin(100πt+1.5)

Q頭が良い、賢い、頭の回転が速いの違い

頭が良い、賢い、頭の回転が速い
この三つの違いとは何ですか?
それとも全て同じ意味ですか?

Aベストアンサー

こんばんは。はじめまして。

どのような状況で、言葉を使うかで意味が変わってくると思いますが、わたしなりの解釈になりますがご参考になれば幸いです。
例えば、友達なんかと話をしていて、どういった場面でこの言葉の使い分けを無意識にしているかな、と考えてみました。

・頭が良い
「あの人、頭、いいよね。」(能力に優れている。優秀。主観的ですが勉強が出来る、という割合が他より強いイメージがあります。)

・頭が賢い
「あの人、賢いよね。」(知恵がすぐれている。賢明。抜け目がない。)

・頭の回転が速い
「あの人、頭の回転が速いよね。」(勉強が出来る、といった意味合いも含む場面もあると思いますが、機転が利く、先を読む能力に長けている、ボケやツッコミが巧い、など多岐にわたると思います。)

※ 一部、goo辞書より抜粋させて頂きました。

結論としては、○が3つあって重なり合っている図形がありますよね。そういった捉え方をしています。すべて同じ意味では無い「けれども」重なり合っている部分は無いと言いきれない、といった状態だと思いました。

参考にして頂けると幸いです。

こんばんは。はじめまして。

どのような状況で、言葉を使うかで意味が変わってくると思いますが、わたしなりの解釈になりますがご参考になれば幸いです。
例えば、友達なんかと話をしていて、どういった場面でこの言葉の使い分けを無意識にしているかな、と考えてみました。

・頭が良い
「あの人、頭、いいよね。」(能力に優れている。優秀。主観的ですが勉強が出来る、という割合が他より強いイメージがあります。)

・頭が賢い
「あの人、賢いよね。」(知恵がすぐれている。賢明。抜け目がない。...続きを読む

Q親が頭がよくても子供も頭がいいとは限らない?

親が頭がいいからと言って、放っておいても子供も頭がよくなる(勉強ができる)ということはないのでしょうか?
放っておいたら、やはり勉強ができない子供に育ってしまうのでしょうか?
また、子供の勉強のことで親が悩むのは、軽蔑されるようなことなのでしょうか?
私の両親は賢い人でした。父は東大、母はお茶の水女子大を出て、心底勉強が好きなようで、還暦を迎えた今でも、両親共、ほとんどの時間は勉強をして過ごしているような人です。
その子供の私たち兄弟3人は、それほど頭がいい訳ではありませんでしたが、誰も塾にも通わず、また親から一度も「勉強しなさい」とか、言われたこともなく、成績表でさえ見せた覚えはありませんでしたが、(親がそういうことには興味を示さなかったのです)、兄弟3人とも、地元では一応トップレベルの公立高校に入り、現役でそこそこの大学(京大、神戸大、早稲田)を卒業しています。
私はその後、結婚し、ふたりの子供をもうけました。
夫は京大卒で、私と同じく、ずっと公立で育ち、学生時代に勉強のことであまり苦労をした覚えはなく、また、自分の子供にも塾に通わせたりせず、「勉強しろ」と言う事もなく、子供は伸び伸び遊ばせろ、という教育方針です。
私も今までは、夫と同じ考えでしたし、子供にも小学生の間は勉強のことなど何も言わず、中学に入れば、自然と学校の勉強ぐらいはできると思って放任してきました。
しかし、今、子供は中3と小6なのですが、上の子供が中学に入って、定期テストなどの成績表を見たら、平均点を採れてないこともしばしば、また、下から1/4ぐらいの順位です
中1の間、様子を見ていましたが、中2に上がっても全然変わらなかったので、流石に、焦ってきて、中2から塾に通わせたり、「勉強しなさい」と口うるさく言う様になりました。
やっていないだけで、やれば出来ると信じていたのに、勉強しても、やはり成績は全然上がりません。
今まで信じて、放任してきたのに、、、と、絶望的な気持ちになり、夫にその話をすると、「そんな考えの人間だったのか、失望した」「そんな価値観だったとは、軽蔑する」というようなことを言われ、ますます落ち込む一方です。
上の子は今年中3で受験なのに、このままだと、公立高校の一番レベルの低い学校にギリギリ入れるかどうかぐらいのところです。
下の子も、今年小6になりますが、急に心配になって、今までみてやったこともなかったのに、勉強をみてやると、全然わかってないということが、わかりました。通知表も全部が3段階の2です。自分の頃と比べると、信じられない成績です。
毎日、そのことを考えると、死にたくなるぐらい暗い気持ちになります。
そして、自分でもこんなことで悩んでいる自分自身に嫌気がさします。
今まで、自分はそんなことを気にしない人間だと思っていたのに、
自分の子供がこんなに出来が悪いと、自分がこんなにも悩むような人間だったと言うことがわかり、自己嫌悪に陥ります。
別に、人の価値は学歴だけで決まるなどとは全く思っていません。
ただ、幸せな人生を歩んで欲しいだけなのです。

「親が勉強ができても、子供が勉強ができるとは限らないのですか?」ということと、
「子供が勉強ができないということで、親が悩むのは軽蔑されるべきことなのでしょうか?」というふたつのことでかなり深刻に悩んでいます。
みなさんのお考えをお聞かせください。

親が頭がいいからと言って、放っておいても子供も頭がよくなる(勉強ができる)ということはないのでしょうか?
放っておいたら、やはり勉強ができない子供に育ってしまうのでしょうか?
また、子供の勉強のことで親が悩むのは、軽蔑されるようなことなのでしょうか?
私の両親は賢い人でした。父は東大、母はお茶の水女子大を出て、心底勉強が好きなようで、還暦を迎えた今でも、両親共、ほとんどの時間は勉強をして過ごしているような人です。
その子供の私たち兄弟3人は、それほど頭がいい訳ではありませんでし...続きを読む

Aベストアンサー

元教員・現役予備校講師です。仔細はプロフィールを参照してくださいな

>親が頭がいいからと言って、放っておいても子供も頭がよくなる(勉強ができる)ということはないのでしょうか?

頭がよくなる、を 勉強ができる としていることから考えますと、『真なり』、とは言えないでしょう
「放っておいても」と状況においては、子女が自律的に学習する可能性はありますが、「勉強ができる」ことは、要領の良さ と置換できるにしても、それらは 遺伝性・先天性の要素とは言い難いようです。
 ただし、高い所得の保護者の子女は、高い学歴になる、傾向があるのは、事実と言えるでしょうが・・・
ある程度の学歴のご夫婦ですから理解していると思いますが、「勉強ができる」ことは、”誤認を見つけ出し、正しい解答を身につける”という作業にすぎません。もちろん、ずっと先には、”創造的な見解を模索する意味”の勉強もありますが、子女に求められる勉強の意味は、前者であることは理解していると思いますが・・・

ちなみに、高校受験の子女ですが、まだ気にする必要性はない、と思いますがね
小生は、高校の部活引退後に暇を持て余して受験勉強始めて、極めてくだらない動機で受験勉強のモチベーションを高め続けられたおかげで、一橋に突貫でき、現在に至ります。
動機、トリガー次第で子女は伸びるもの・・と教育臨床の立場で認識しているので、正直、保護者が深刻に悩むには早い、とは思います
悩んだことで解決するなら悩むのもアリでしょうが、その悩みが子女に悪影響しかねないことを危惧します


>放っておいたら、やはり勉強ができない子供に育ってしまうのでしょうか?

一概には言えません。本質的には、当人問題であって、保護者の放置・放任でも当事者次第の部分が大きいでしょう
ただ、小生は気にする保護者にはこういいます
『当人がやる気になった時を想定した準備だけは怠らないでください』
これは学費やらも該当しますが、周囲・家族の受験への理解は当人のモチベーションに大きく影響するからです、

ちなみに、小生は、当人が「まだやる気がないだけ・・やる気になる動機がない」という状況を想定するべきように思います。
そして、概して、「やる気がないだけで、やる気になれば・・・・」という子女はかなり多いです。
”希望的観測をもってください”という安易な励ましは、失礼な回答かもしれませんが、重要なのは、当人の動機・モチベーション・そして「気づき」なのですから・・・・
 今はまだ「気づき」のための準備期間として様々な経験を積ませることをお薦めします・・・・


>また、子供の勉強のことで親が悩むのは、軽蔑されるようなことなのでしょうか?

軽蔑する必然性は皆無だと思われます。
あまり過度に勉学を重要視することは、軽蔑されうる余地はありましょうが、保護者の裁量範囲として、社会習俗・法規上の制約内であれば、自由でありましょう


>私の両親は賢い人でした。父は東大、母はお茶の水女子大を出て、心底勉強が好きなようで、還暦を迎えた今でも、両親共、ほとんどの時間は勉強をして過ごしているような人です。
その子供の私たち兄弟3人は、それほど頭がいい訳ではありませんでしたが、誰も塾にも通わず、また親から一度も「勉強しなさい」とか、言われたこともなく、成績表でさえ見せた覚えはありませんでしたが、(親がそういうことには興味を示さなかったのです)、兄弟3人とも、地元では一応トップレベルの公立高校に入り、現役でそこそこの大学(京大、神戸大、早稲田)を卒業しています。
私はその後、結婚し、ふたりの子供をもうけました。
夫は京大卒で、私と同じく、ずっと公立で育ち、学生時代に勉強のことであまり苦労をした覚えはなく、また、自分の子供にも塾に通わせたりせず、「勉強しろ」と言う事もなく、子供は伸び伸び遊ばせろ、という教育方針です。
私も今までは、夫と同じ考えでしたし、子供にも小学生の間は勉強のことなど何も言わず、中学に入れば、自然と学校の勉強ぐらいはできると思って放任してきました。
しかし、今、子供は中3と小6なのですが、上の子供が中学に入って、定期テストなどの成績表を見たら、平均点を採れてないこともしばしば、また、下から1/4ぐらいの順位です
中1の間、様子を見ていましたが、中2に上がっても全然変わらなかったので、流石に、焦ってきて、中2から塾に通わせたり、「勉強しなさい」と口うるさく言う様になりました。
やっていないだけで、やれば出来ると信じていたのに、勉強しても、やはり成績は全然上がりません。
今まで信じて、放任してきたのに、、、と、絶望的な気持ちになり、夫にその話をすると、「そんな考えの人間だったのか、失望した」「そんな価値観だったとは、軽蔑する」というようなことを言われ、ますます落ち込む一方です。

  旦那さんの価値観の領域としては、拒絶感があったのでしょうが、いまいち、軽蔑内容について精査することができません。上記されたように「子供の勉強のことで親が悩む」ことを軽蔑しているのか?という部分には疑問を感じますが、仔細は判然としないので、割愛しましょう。

>上の子は今年中3で受験なのに、このままだと、公立高校の一番レベルの低い学校にギリギリ入れるかどうかぐらいのところです。
下の子も、今年小6になりますが、急に心配になって、今までみてやったこともなかったのに、勉強をみてやると、全然わかってないということが、わかりました。通知表も全部が3段階の2です。自分の頃と比べると、信じられない成績です。
毎日、そのことを考えると、死にたくなるぐらい暗い気持ちになります。
そして、自分でもこんなことで悩んでいる自分自身に嫌気がさします。
今まで、自分はそんなことを気にしない人間だと思っていたのに、
自分の子供がこんなに出来が悪いと、自分がこんなにも悩むような人間だったと言うことがわかり、自己嫌悪に陥ります。
別に、人の価値は学歴だけで決まるなどとは全く思っていません。
ただ、幸せな人生を歩んで欲しいだけなのです。

別に自己嫌悪する必要性はないと思うのですが・・・
自分の子女が他人よりも成績が良くない、ことは、”学歴にこだわり”がなくても、悩みとして生じるものではないでしょうか?
つまり、学歴の価値を否定しているけど、それでも”他の子女よりは、良い成績であってほしい”というだけの話に思えるのですが・・・
そういう悩みのようなものを深刻に捉える必要性はなく、単なる願望として処理すればいいと思いますが?

で、小生からして一番の問題なのですが、質問者の子女は、”勉強が出来無い”だけで何も持ち合わせない子女なのですか?
 勉強ができることは望ましいことですが、”ただ目的も持たずに勉強ができる人間”を質問者も旦那さんも見ているはずです。
『他人事だから言える』と言えばそれまでですが、当人の幸福は、当人しか計(図)れないわけです。
 保護者として”幸福になってほしい”と願う気持ちは普遍的なものだと思いますが、当人とよく話してみれば、案外、何か持っているものだと思います
 保護者はその持ち合わせているものに対しての『投資』について助言・助成する権限があるわけですから、何も勉強というメソッドだけで思慮する必要性はない・・と思いませんか?
 もし、子女が目的もなく、自堕落に生きているならば、保護者として何らかの啓蒙は必要でしょうが、ただ『勉強ができるようになって欲しい』という願望だけでは、単なる押し付けになってしまう危険性が高いのですから、当人・旦那さんと将来について仔細話し合うことが重要ではないでしょうか?
 そのような重要事項を全て確認している上で、「勉強ができる」必要性があるなら、『投資』に対するリターンとして子女の成績について思慮するのは当然だと思います。

 あと、自分との比較はやめましょう。それは、子女にとってはイジメにも等しいことなので・・・

ちなみに、一応、これでも教育臨床を生業にしているので、
子女の反抗期の状況なども補足されれば、踏み込んだ回答はしますが、問題は、旦那さんと質問者の齟齬にあるように思うので、旦那さんと質問者の間での価値観のすり合わせ作業を重視されることが特効薬だと思います。



以上

元教員・現役予備校講師です。仔細はプロフィールを参照してくださいな

>親が頭がいいからと言って、放っておいても子供も頭がよくなる(勉強ができる)ということはないのでしょうか?

頭がよくなる、を 勉強ができる としていることから考えますと、『真なり』、とは言えないでしょう
「放っておいても」と状況においては、子女が自律的に学習する可能性はありますが、「勉強ができる」ことは、要領の良さ と置換できるにしても、それらは 遺伝性・先天性の要素とは言い難いようです。
 ただし、高い所...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報