最新閲覧日:

東京へ出てきた頃、違和感を持ったことがありました。
方角を東西南北ではなく上下左右で表現する人が多いことです。
「東京都の上は埼玉県だ」などという表現です。
屁理屈屋の私など、そのようなことを聞くと
「何を言ってるんだ。東京の上は空に決まっているだろ。」
などとチャチャを入れたりもしていました。

もちろん普通の地図では北が上に書かれているというのは常識
ですが、それは単なる約束事で、地図上で上に書かれているものが
実際に「上」にあるのではないという認識でした。しかし、
色々な人と会話をしていて気づくのは、「上」を「北」の同義語として
使っているケースが結構多いということです。
最近は、もうかなり慣れましたが、違和感は消えません。

一応私は「正しい日本語」というものは存在しない
という立場をとっていますので(時々節を曲げますが)、
そういう表現を間違っているというつもりはありませんが、
他の人はどんな風に感じているのだろうと思った次第です。

で、質問ですが、
1.方位を「上下左右」で表現するのは、東京地方に固有の現象
 でしょうか。他の地域でもそのような言い方をしますか。
2.そのような表現を聞いて、あたりまえだと思われますか?
 それとも違和感を感じますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中11~20件)

私も普通に北を上と言ってます。

周りが使っているので何も考えなくて使っていたのですがたしかに言われてみれば変ですよね。(ちなみに私が住んでいるのは千葉です。)
1については私の周りでは当たり前のように使っていますね。ただ私が住んでいるのは千葉なので東京と言うか関東近辺?でも実家の周りは他所者の集まりですから実際はどうなんでしょうね。
2については私は当たり前だと思っていました。でも表現は地方によって違うのですね。勉強になりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

科学的認識の問題と捉えれば、明らかに間違いです。(笑)
ですので、今回は言語表現の問題と考えて質問してみました。
北を「上」と表現する地域が大半のようですから、転入者の
多い地域でもそうなるのでしょうね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 14:31

#1です。


どんな人にとって違和感があるか考えてみますと、日本海側
に住んでいた方には違和感があるのではないかという気がし
ます。
私が住んでいた千葉も、大阪も広島も北の方に山かあり、山
に向かう方(川上方向)を上と考えていた気もします。
従って、川上方向が南方(鳥取、島根、富山など)に住んで
おられた方は”北は上ではない”といった感覚をもたれても
不思議はない気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご明察!
#1のお礼でも書きましたが、新潟出身です。
そちらでも書いた地図の向き、hitomuraさんへのお礼で書いた川の向き等
様々な条件が関係しているのかもしれません。
そういえば、太平洋側から新潟へ転居した方が、川が北へ向かって流れると
いうことに違和感を覚えるという話は聞いたことがあります。

再度のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 14:05

色々な地方で使われていると思います。


転居者のせいかな?

京都では、「北に行く=上る」、「南に行く=下る」と言います。
地図でも縦にしない限り、「上・下」はおかしいですね。
普通は机の上で水平にして見ますから、「向こう、こっち、右、左」という表現になるはずですよね?
私も、「北・南」を「上・下」には疑問を感じています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私と同じ屁理屈屋発見!(笑)
ね、そうですよね。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 14:00

静岡県の富士市に友人がいるのですが、この近辺の人は「北=上」「北上する=上る」と言います。


この地域は富士山の麓にあるため実際に北部のほうが標高が高いのです。
(北部に富士山がある)
そのため「北=上」というのを当たり前のように使ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、それならば北=上となるのはうなずけます。
しかし、その場合、「上へ行く」という表現は、事実上「北へ行く」ことを
指すとしても、言葉の意味として「北へ行く」意味になるんでしょうか。
単に「高い所へ行く」という表現で、それがたまたま北へ行くことになって
しまうのではないかと思ってしまったりします。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 13:57

え~、おハズカシながら、私も「上」派です。

東京出身です。

夫(九州出身)と、この件について、何度話し合ったことでしょう(笑)。
彼もranxさんと同じご意見で、私の言い方が理解不能なようですが、
苦節ウン年、やっと慣れてきてくれました。

この話をするたびに私が主張する説(全く裏づけなし(^_^;))は、
「東京は明治通り、山手通り、環七、環八と続く環状道路がベースに
なってるから、走っている間に東西南北がわかんなくなっちゃうの!
だから日常的に東西南北でものを捉える習慣が無いの!
だから方角が苦手なの!
とにかく東西南北という字がパッとでてこないから、上とか下とか言っちゃうの!
(ハイ、論理メチャクチャの環状いや感情論です。わかってるんですけど(>_<) )

う~ん、ホントにぜんぜん説得力ないですね。
でも、私自身に限って言えば、これが真実なわけで・・・。
私から見ると「常に方位を頭の片隅に入れて動いている」と主張する夫の方がミラクルです。

以上、まったくもって個人的感覚ですので、東京代表の意見ではありません。
なんのお役にも立たないかもしれませんが、ご質問を拝見し、「あるある!」と感じ、黙って通り過ぎられず出頭させていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり東京の人はそういう言い方をされるんですね。
東京代表ではないとのことですが、私なんかから見ると、やっぱりそう思っちゃいます。
全然恥ずかしがることではないと思います。それが標準なんですから。
ご主人とは適当に折り合いを付けて下さい。

ご出頭、いえいえご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 13:52

1.京都の地名では参考URLのように


 「上る(あがる)」:北
 「下る(さがる)」:南
 「東入る(ひがしいる)」:東
 「西入る(にしいる)」:西
という表記があります。
(語源には京都が北に高く南に低い地形であるためという説もあります)

ただし、方位を「上下左右」で表現するのは北を上に描く地図が一般に広まったことによると思います。

参考URL:http://www.momonga.org/kyoto/road-j.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

京都についてはbaziruさんも指摘されていますね。
tomikou0000さんの指摘された「北上」・「南下」に通ずるかもしれませんし、
あるいは鴨川の流れに沿ったものかもしれませんね。
思い出したのですが、私の出身地新潟にも「かみ」・「しも」という表現は
ありました。ただし、信濃川の流れに沿って南西が「かみ」、北東が「しも」でした。
全然スタンダードじゃないですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 13:42

辞書にも載ってる「標準語」で、


「北上」「南下」という言葉がありますよ。
それぞれ「北に向かう」「南に向かう」という意味ですね。
ここから、
「北を上」「南を下」とらえるのは一般的と言っていいと思います。
逆は一切言いませんので。

「東西」を「左右」で表すのは聞いたことがありません。
こちらは、ないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 「北上」「南下」という言葉がありますよ。
確かにありますね。あやふやな記憶なのですが、昔の中国で
身分の高いものが北側に座る習慣があって、北の方が南より
「格」が上と考えられていたのだと何となく思っていました。
「上京」というような言い方に通ずるものだと。
> 「東西」を「左右」で表すのは聞いたことがありません。
「左右」のストレートな表現は記憶にありませんが、
「XX駅の右上の方角」というような表現は最近耳にしました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 12:53

確かに変だと感じます。


でも、その「上」って言うのが「北」を意味しているんだって分かるんで、特にそれ以上のことは考えません。
ただ、北を上って言う人って、「ああ、この人きっと、地図読むの下手なんだなあ。」くらいですね。「地図の読めない女」じゃないけど、ホントに女性に多いって感じます。

一般的な地図はすべて北を上にして書きます。それが地図を書く作業で基本になります。あと、必ず方位針が書かれています。

地方や海外でもそのように表現する人はいますが、東京人に多いかどうかと考えると、難しいです。

これは僕の推測なんですが、ranxさんがこれを東京固有の現象と考えるのには僕なりの要因が考えられます。
東京の人は地方の人よりも地図を見る機会が非常に多いと思います。例えば、JRの電車の中の関東路線図であったり、首都高の渋滞状況を知らせる地図、さらにはお店の広告でその場所を示す地図など、、、。

これらは、もちろん正しい地図ではなくてそれぞれの目的にあった簡略化した地図です。
故に、東西南北すらこれらの地図では簡略化されており、人々は上下左右感覚とごっちゃになるんじゃないでしょうか?
以上、あくまで推測です。裏づけはないです。でも、仮に僕がこの現象を調査するとしたら、まずこの裏づけを探すことから始めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ようやく同志発見!(笑)
> ホントに 女性に多いって感じます。
私の周辺では男女を問わずですけどね。
地図を見る機会の多さが原因だというわけですね。
面白い考えだと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 12:45

*****


1、なにも、東京だけじゃありませんよ。
  京都は、北を、上(かみ)とよびます。
  
2、きっと、江戸時代とかから、(もっと昔からかも)そう呼ばれていて、
  今も、つづいている風習だと、思いますよ。
  私は、そういう習慣の中で、育ったので、埼玉は、無意識に上だと
  認識していました。埼玉だけじゃなく、日本全土、世界まで、
  上下左右、で、見てしまいます。(まあ、これは、生活に根づいたもの
  でなく地図を、見たままのことですけどね。)

  どうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
グローバルスタンダードというわけですか...。

お礼日時:2002/04/11 12:39

1.千葉県在住です。

過去大阪、広島、奈良にも住んでいました。
  地図が頭にありますので、どこでも北を上という感覚でした。
  (実際に言っていました)
2.あたりまえだと思います。(現代において北を上にして地図が
  配置されるのは、常識的な感覚と考えられます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、そちらが大勢ですか。
質問で書き落としましたが、私自身は新潟市出身です。
新潟市の地図というのは、もちろん北を上にしたものもありますが、
北西を上にした方が長方形に収まりやすいんですね。そんな地図を
見慣れていましたから、北=上というのは、いつでも変更可能な
約束事にしか感じていなかったように思います。
何はともあれ、早速のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 12:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ