ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

英語と日本語では動物の鳴き声の聞こえ方がちがいますね。
鶏なら「コケコッコー」 と 「クックドゥードゥルドゥー」など。
これらは日本語と英語の周波数の違いが原因ですか?
日本の鶏もアメリカの鶏も、同じ鳴きかたであるのに、聞き取れる周波数のちがいによって、その音を主に聞き取ることになり、上のように聞こえるという解釈でよろしいでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 そもそも鶏は、「コケコッコー」とも「ドゥードゥルドゥー」とも鳴いてなどいません。



 「コケコッコー」という文字を当てたのは人間側の都合によるものであり、初めてその次を当てた人の主観によるものです。
(実際、鶏が綺麗に「コーケコッコ~~」と鳴くことなどほとんどなく、大概は「コッコッコッ」もしくは「コーケコオッコゥ」などと鳴きます。俺にしてみれば、あの鳴き方に「コケコッコー」という字を当てた人の神経がよく分かりません)

 子供が「鶏はコケコッコーと鳴くんだよ」と教えられたら、本当に「そう言ってる」ように聞こえてしまう現象のことを「聞きなし」といい、これは人間の脳構造の問題です。

 ゆえにもしかしたら、種族間での可聴周波数の違いによるところもあるのかもしれませんが、そのような影響は(おそらく)微々たる物です。

 ですので、俺としては単に「地域差」の問題で片付けた方が話が早いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
周波数の関係ではないのですね。

お礼日時:2006/11/09 16:22

日本語で犬はワンワン、ブタはブーブーですよね。


それ以外には枝が折れる音はボキッ、ノックはコンコンなどですね。
でも本当にそう聞こえますか?聞こえないですよね。
それらは言語と同じでそう教えられたからまたはそういうのを聞いたことがあるからそう言うようになるんだと思いますよ。
国ごとに言い方が違うのはそれぞれの言語にある音で表現のしやすい言葉で表しているだけです。


例えばですが聞いたことのない音や動物の声を日本人と外国人と(同じ国の人)10人ずつほど集めてどんな音だったか聞いてみるとします。
日本人10人が同じ音、外国人10人が同じ音を発声することはまずないでしょう。しかし日本人には日本人独特な表現、外国人はその国特有の表現をするでしょう。
それはそう聞こえるということだけでなく知っている音に置き換えて表現するんだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。周波数とは関係ないのですね。

お礼日時:2006/11/09 16:21

どうなんでしょうか?アメリカ人の耳と日本人の耳を取り換えてみるとなるほど「クックドゥードゥルトゥー」に聴こえるのかもしれませんよね(^_^; でもたぶん感性とその言葉の発音システムの違いが一番大きく起因しているのではないでしょうか?たとえば英語の"r"や"th"などの発音は日本語にはない「音」ですし、犬が鳴いても日本人は日本語の50音の中でしか音を表現できませんから「日本人の感性」で、しかも「それに一番近い音に聴こえる」音(おん)をあてはめているのだとおもいます。

一種の「空耳アワー」ですね。日本では犬の鳴き声は昔から「ワンワン」ですが「ワ”(←ワに濁点、そんな字無いですが...)ンワ”ン」や「ヴォンヴォン」のほうが近いような気もします。その点は英語の"Vow-Wow"の方が原音に忠実なような気がします。耳で聴こえる周波数の違いという説はあまり考えられません。なぜなら動物の鳴き声以外の、実際は音が鳴らない擬態語の説明が出来ないからです。擬態語は圧倒的に日本語が多いです、「へびがニョロニョロ歩く」とか、「赤ちゃんがヨチヨチ歩く」とかです。そんな音するわけないのになぜか私たちにはしっくり来ます。これはそのまま英語には絶対なりません。たぶんこれは日本古来の芸、歌舞伎や狂言(?)などから培われた「見た目の動きやさまを音に置き換える」感性があってのものなのでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
周波数の関係ではないのですね。

お礼日時:2006/11/09 16:22

周波数よりも発声法の違いと言えそうです。


http://homepage2.nifty.com/osiete/s402.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/09 16:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ国によって動物の鳴き声の感じ方が違うのか?

テレビで韓国での動物の鳴き声というのがやっていて思ったのですが、何故国によって鳴き声の感じ方が違うのでしょうか?また、鳴き声の感じ方というのは誰かが最初に決めたのでしょうか?それとも、みんなが自然とそういうようになっていったのでしょうか?

Aベストアンサー

> 何故国によって鳴き声の感じ方が違うのでしょうか?

国によってというよりも、言語の種類によって感じ方(聞こえ方)が違うのだそうです。

たとえば英語圏では、「R」と「L」の発音の違いや「B」と「V」の聞こえ方の違いを混同すると、全く違う単語になってしまって社会生活にも支障をきたすことがあるので、これらの音の波形に対して非常に敏感で聞き取り能力が高いことが知られています。対して日本語では、これらの音を聞き分けることができなくてもほとんど困ることがないので、これらの音の波形に対する聞き取り能力は低いままです。日本人が何年英語を勉強しても英米人の発音が聞き取れないのはこのためだと言われています。

逆に日本人が日本語の中で敏感に聞き分けている波形の音もあるはずですし、それは英米の人達にとっては聞き取りにくい音であったりするでしょう。

ドイツ語、ロシア語、ポルトガル語、中国語等々、世界にはさまざまな言語があり、それぞれの発音の特長は実に個性的です。毎日それらの言語で生活している人々の耳は、それらの言語の特性に適応した聴覚を獲得していると考えてよさそうです。そうだとすると…

> 鳴き声の感じ方というのは誰かが最初に決めたのでしょうか?それとも、みんなが自然とそういうようになっていったのでしょうか?

同じ言語を共有している人達の耳には、(耳の特性が共通しているゆえに)同じように聞こえたという事はあったでしょう。また、「聞きなし」といって、動物の鳴き声を人間の言葉に置き換えて覚えやすく工夫することがあります。たとえばウグイスの鳴き声を「法、法華経」と聞き為したりします。このような場合には、それぞれの言語で皆が知っている単語に関連づけされることが多いでしょうから、誰かが最初に考えだして、それを決めるというよりも皆がそうだそうだと同調して定着したということは考えられると思います。

> 何故国によって鳴き声の感じ方が違うのでしょうか?

国によってというよりも、言語の種類によって感じ方(聞こえ方)が違うのだそうです。

たとえば英語圏では、「R」と「L」の発音の違いや「B」と「V」の聞こえ方の違いを混同すると、全く違う単語になってしまって社会生活にも支障をきたすことがあるので、これらの音の波形に対して非常に敏感で聞き取り能力が高いことが知られています。対して日本語では、これらの音を聞き分けることができなくてもほとんど困ることがないので、これらの音の波形に対す...続きを読む

QワードのデータをUSBに保存したい。

タイトルのとおりです。
ワードで作ったデータを、USBに保存したいのですが、
パソコン初心者なので、やり方がわかりません・・・汗

また、そのUSBで、別のパソコンで見たいのですが、
そのやりかたもわかりません。。。汗
誰か教えてください・・・。

Aベストアンサー

UBSメモリに保存の操作(例)

1) 名前を付けて保存します。
※別のPCのOfficeが2003以前の場合は、[97-2003互換性]ファイルを指定して保存する必要があります。
2) USBメモリを装着します。

3) ファイルが保存されたフォルダを(普通は、「ドキュメント」)を開きます。
4) 右クリックから「送る」→「リムーバブルディスク」をクリックで、「USBメモリ」にコピーされます。

5) タスクバーの「通知領域」の「ハードウエアの安全な取り外し」をクリックして「USB大容量・ドライブ(*)を安全に取り外します」をクックして、「このディバイスはコンピュータから・・・」のメッセージに「OK」を押します。
6) USBメモリを抜き取ります。

USBメモリからデータを読み出す操作(例)

1) USBメモリを装着します。
2) 「フォルダを開く」を選択して「OK」を押します。(自動的に展開される場合もあります。)

3) 目的のファイルを選択して、右クリックから「コピー」を選択します。
4) ディスクトップなど分かりやすいフォルダを開いて、右クリックから「貼り付けします。

5) コピーされたファイルをダブルクリックなどで開きます。
6) 編集作業の途中と作業の最終には「上書き保存」します。

「USBメモリの取扱方法<Windows Vista(R)>」
http://dynabook.com/assistpc/faq/pcdata/006042.htm 

UBSメモリに保存の操作(例)

1) 名前を付けて保存します。
※別のPCのOfficeが2003以前の場合は、[97-2003互換性]ファイルを指定して保存する必要があります。
2) USBメモリを装着します。

3) ファイルが保存されたフォルダを(普通は、「ドキュメント」)を開きます。
4) 右クリックから「送る」→「リムーバブルディスク」をクリックで、「USBメモリ」にコピーされます。

5) タスクバーの「通知領域」の「ハードウエアの安全な取り外し」をクリックして「USB大容量・ドライブ(*)を安全に取り外しま...続きを読む


人気Q&Aランキング