最新閲覧日:

 先日、プロ野球の歴代の有名選手の成績を紹介するサイトを発見いたしまして、その中には投手として名を馳せた選手たちの打撃成績も紹介されてました。中には1シーズンに10以上盗塁したり、300以上打席に立ち、野手顔負けの打撃成績を残している投手もいます。昔は選手の数が全体的に少なかったのでしょうか、そういう“マルチプレーヤー”が結構いたみたいです。
 私がプロ野球を見始めてからというのは、投手がHRを打つシーンは目撃した事がありますが、“投手の盗塁”というのは見た記憶がありません、また投手が代打・代走で出るケースは、延長戦で野手を使い果たした時にタマにあった様な気がします。
 最近は投手が打席に立った時(特に大量点差の時)「最初から打つ気がない」様に見える場合が多い様に思うのは私だけでしょうか?また投手が盗塁しないのは、スライディングで怪我してしまっては・・という考えからなのでしょうか?“する側”(させる側)と“見る側”とでは考え方が違ってくるとは思うのですが・・・。  
 高校時代は「エースで4番」だった選手が結構いると思います。また足の速い投手も多いと思います。投手の打撃・走塁が試合を大きく左右するケースも多々あると思うのです。
 皆様は投手には「9番目の“打者”」として全力プレーして欲しいと思っておられるでしょうか?それともシーズン全体の事を考えると無理して欲しくないと思っておられるでしょうか?どうぞ御意見よろしくお願いいたします。
 また、タイトルでは「9番目の打者」としているのですが、私がプロ野球を見始めてから、何度か投手が「8番」でスタメン登録されたケース(偵察要因ではない。すなわち他の野手が「9番」)があった様な気がしますが、それは“攻撃面”で、どの様なメリットがあるかをご存知の方がいらっしゃいましたら、そちらも教えて下されれば幸いです。

A 回答 (7件)

>「アウト」は「3アウト」という事でよろしいのでしょうか?


そのとおりです。チェンジになった後、「ランナーなし」で高橋慶彦より、とにかく粘って四球でも出塁する(本来の1番打者)をおきたい、ということでしょうか。

前に阪神が優勝した時、1番は真弓でしたが、この前にランナー置きたいですよね。吉田監督はやってなかったかな・・?

ピッチャーが満塁からセーフティバント。あってもいいと思うのですが、そういう場面だと大抵「ピンチヒッター」を出されるみたいですね。(満塁でピッチャーを出したら、相手ピッチャーも警戒するだろうし、まさか衣笠選手がバントすると思っていないからこそ成功する=阪神は平安野球を知らなかった?)

※古葉さんには失礼しました。お詫びします。あっちこっちで、お詫びばっかりだなあ。
(おわびついでにいうと、yumesawaさんも、某質問で「優勝の確立」って書いてますよ。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 度々どうもすみません。  そうですよね、「確率」でしたよね・・ご指摘、誠にありがとうございました。

お礼日時:2002/04/16 12:26

再度。


投手の8番、ですが、たしか、広島の古場監督だったかな?が、やってたような記憶があります。

投手でアウトになる確率が高いので、トップバッターの前で切れるより、前に一人でもランナーをおいてトップにまわしたい、という感覚でしょうか。
そのころの1番は高橋慶彦で、3番を打ってもおかしくない(本人はそのつもり・・? イチローも3番を打ってましたね)バッターだから、ランナーがいれば、得点も期待できる、ということもあるでしょう。

私としては、1番バッターは、とにかく四球でも振り逃げでも出塁する、という選手が好きですが・・。

この回答への補足

>投手でアウトになる確率が高いので・・・<
の「アウト」は「3アウト」という事でよろしいのでしょうか?

それから「古葉」監督でございます。またまたツッコミ入れてしまいまして、申し訳ございませんでした。

補足日時:2002/04/12 19:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 度々どうもすみません。
 別項でnozomi500さんが書かれてましたが、かつて広島の衣笠選手が、2アウト満塁からバントヒットを決めた、というのがありましたが、投手がそういう場面で打席に立った時にもバントヒットを狙ってみたらいいと思うんですけどねえ・・・。

お礼日時:2002/04/12 20:59

難しいところですよね。

私も、打つ気のない投手は好きではないです。
個人的には、DHという制度も好きではないです。

たしかに、投手の打撃や走塁が勝利に結びつくこともあるでしょうが、
逆に、それでスタミナを失ったり、ケガをしたりした場合などは、
その闘志は認められず、非難されてしまうんでしょうね。
とくにプロ選手は、成績を残して評価されなければなりませんし、
シーズンを通じたトータルの成績を優先しなければなりませんからね。
攻撃もいいけど、投手という自分の領分を最低限こなせ、
攻撃は9人でできるがピッチングは1人しかできないのだから
攻撃は他の人にまかせて、自分のことをやればいいって考えなんでしょう。

私は、プロ野球はそういう事情で1回の勝負の内容が薄まっている気がして
見ていて気持ちよくないので、シーズン中はあまり見ないです。
優勝争いがかかっていたり、日本シリーズの場合などは、
今の1勝を最優先するゲームになるので、見たくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 貴重な御意見、誠にありがとうございます。
 パ・リーグのDH制につきましては、私自身は反対ではないのですが、バッティングに自信のある投手にはタマに代打で出ても盛り上がるんじゃないかな・・とも思ってるんですが・・・。
 10年くらい前ですか・・オリックスの某外国人投手が代打に出てHRを打った事がありましたね。

お礼日時:2002/04/12 18:27

ピッチャーのホームランといえば、やっぱり、阪神・江夏でしょう。


ノーヒットノーランのピッチングを続けていたのに、味方が点を取ってくれない。そのまま延長になって、へたをしたら「幻の記録」になるんじゃないか?といういやーなムードも出てきたときに、延長10回裏、自らのバットでサヨナラホームランで決めました。

高校生みたいな、選手層の薄い場合は、「運動センス」の優れた子が打つわ、投げるわ、と活躍することになりますが、一流選手が集まってくれば、「より投球のうまい選手」が投手になり、「よりバッティングのうまい」選手が野手になるのは当然の事でしょう。ひとつのチームに、清原みたいな強打者と桑田みたいなエースがそろったチームはなかなかない。(桑田がいなければPLのエースは清原だっただろうし、清原がいなければ、4番は桑田だったでしょう)

昨年、ヤクルトの藤井が、大量リードして最終回のバッターボックスにはいったとき、1塁に向かって一生懸命走ったことを馬鹿にした巨人選手やファンがいました。その結果・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 貴重な御意見、誠にありがとうございます。

 私は江夏投手の「サヨナラHRでノーヒットノーラン達成」はリアルタイムを知らず、何かのTV番組で知った記憶があります。
 桑田・清原両選手のエピソードは聞いた事があります。高校で初めての投球練習の際、清原選手が隣で投げていた桑田選手の球の走りを見て、投手を諦めた・・という話だったでしょうか。そういえば、甲子園での全国大会で1度だけでしたか、清原選手がマウンドで投げましたよね。
 昨年、ヤクルトの藤井投手が・・・ありましたよね。その結果・・彼はこの悔しさを糧に、巨人キラーとしてリーグ優勝に貢献して最多勝のタイトルも獲得しましたよね。でも大量得点差の場合、バッターボックスの端に突っ立ったままで3ストライクになるのを待つ投手が多い中、全力プレーは見ていて気持ちがいいとは思うのですが・・これには賛否両論あると思いますよね・・・。この時ちなみに大沢啓二氏は、全力プレーを賞賛し、野次った巨人ベンチに「喝!」を入れてました(「勝負はゲタを履くまで分からない」との事で)。
 でも先述の江夏投手の事例がありますし、“投手のバット”が思わぬドラマを産み出す事だってあるんですよね。だから投手の打撃も(試合展開によるかもしれませんが)重要だと私は思っております。

お礼日時:2002/04/12 01:31

こんばんは、no1で答えた者です。



>そうですね。私は先発ローテーション投手がシーズン
>60~70試合くらい登板してた時代を全く知らない世代でご
>ざいまして、当然、当時の“選手起用システム”も全く知
>らない者でございますので・・貴重な御意見でございました。ありがとうございました。

えらそうに言いましたが、実は私も知らない世代です(^^;
後から仕入れた情報にすぎません。
ただ、今も昔も変わらないと思うのは、選手の至上命題は「優勝」です。
阪神は「儲け」が至上命題でわざと「弱くて人気があるチーム」づくりに励んでいたようですが(^^;
だって、弱い=選手の給料が安く済む。
人気ある=収入が多い。ですから
しかし、今年はひと味違いますね~

と脱線しましたが、どの球団も「優勝」するための最善の策を尽くしているのだと思います。
また「ピッチャーは投げる事に専念する」ほうが「優勝」の可能性が高い。
それだけでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々どうもすみません。  ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/12 19:01

高校野球は短期決戦、負けたら終わりなので


投手も一打者として全力でたたかわなければならないと思いますが、
プロ野球は半年ちかくにおよぶ長丁場ですからね。
投手は1年間ローテーションを守るほうが重要だと思うので、
打撃、走塁でムリして故障したら元も子もないので
積極的に行かないのでは・・・点差開いてればなおさらですね。
打撃・走塁でよけいな体力使っては損だと思うし、
今のご時世、打撃成績にこだわる投手なんていないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご返答、誠にありがとうございます。
 おっしゃる通りですね。私自身は投手が打撃で全力プレーしないのは、いささか物足りなく(というか勿体ない)感じてしまうのですが、チームの事情もあると思いますので、ある程度仕方ない事なんでしょうねえ・・・。

お礼日時:2002/04/12 02:29

こんばんは。


私の意見を述べます。

まず昔と今を比較するのはナンセンスだと思います。
レベルが違うのです。
昔は、ピッチャーは中2日など、今考えれば恐ろしいようなローテーションで、登板していました。
しかも、それで充分成績が残せたのです。
しかし、今はバッターのレベルが飛躍的にあがりました。
昔であれば、70%程度の力で押さえられていたのに、現在は100%の力を出さなければ、簡単に打たれる時代です。
昔は、150km以上の球を投げるピッチャーも結構今した。
しかし、現在は松坂を始め、数えるほどです。
バッターのレベルがあがった今、全力で速い球を投げるより、スピードは犠牲にしても、コントロール重視でコーナーを付く法が押さえられるからだと思います。
佐々木もメージャーに行って同じ事を言っていました。

さて、そんな中ピッチャーはバッティングにまで力を使う余裕がないのではないかと思います。
ピッチャーは本文であるピッチングに全力を尽くした方が、ベターなのではないかと思います。

>何度か投手が「8番」でスタメン登録されたケース

これは、9番打者1番打者とつながりがいいという面がありますが、やはり「奇襲」と言う意味合いではないでしょうか?
だから、それを取り入れるケースが少ないかと・・・
毎日やっていては「奇襲」では無くなりますからね(笑)

それでは
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご返答、誠にありがとうございます。
 そうですね。私は先発ローテーション投手がシーズン60~70試合くらい登板してた時代を全く知らない世代でございまして、当然、当時の“選手起用システム”も全く知らない者でございますので・・貴重な御意見でございました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 22:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報