この春から働いています。保険のことは
よく分からないですが生保の勧誘が
激しいです。営業の言う事を鵜呑みに
しない性格なのです。とりあえず貯蓄は
別にして万が一の医療費と死亡時の
保険をセットにした保険を考えてます。
大体毎月1万円前後だそうです。
ここらへんでいいんでしょうか?
あと会社で団体扱いの某生保だと
5%安くなるのですが、徹底的に
コストダウンした外資とどっちが
安いんですか?クルマの保険だと
3割近く安くなったのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私の経験上のお話をさせていただきます。


今の家族構成によって変わります。
1.独身の場合
 本来生命保険は万が一のとき、今の生活水準の経済的補填を補うことです。独身の場合、ローンや負債がない限り必要ない場合が多く、入院保険のみで良いと考えます。
2.配偶者、お子さまがいらっしゃる場合
 万が一何かあると、稼ぎ頭である主人が居なくなると、生活を支える収入がなくなります。そこで必要になるのが生活水準を落とさないレベルの死亡保険金です。
もうひとつ大事なことがあります。それは健康保険の保障内容、遺族年金の内容を知り、それで足りない金額を準備するのが無駄のない加入の仕方になります。
しっかり情報を集め、コンサルティングしてもらってください。
    • good
    • 0

おいくつなのでしょうか。


年齢や両親の扶養義務の有無でも多少変わります。

私は、代理店をしていますが、基本的にはセットの保険を勧めていません。なぜなら、保障を見直す際に全ての保障が一時的にもなくなり、契約者に不利になることが多いからです。また、取り扱っている会社では、このようなセールスができる商品内容なので私自身が納得いくプランを提案できるのですが。

私が提案するのなら、入院保障日額7000円から1万円の終身保障の医療保険・団体で定期保険(1000万円前後必要にあわせて増減する)・別に傷害保険に加入する。
私自身が以前、経験したのですが、生命保険や医療保険は入院しないと支払いは受けられません。しかし、傷害保険は通院のみでも支払いを受けることができます。
ケガで入院を駆るほどの事故はまれです。しかし、通院のみのケガ等はあると思います。

よく外資系の自動車保険は、割安。外資は良い。いろいろ言われていますが、自動車保険は、細部を比較すると保障内容は大分違います。いろんな事務処理をご自身でできるのなら外資系通販でも良いでしょう。しかし、仕事で忙しいのなら選択しないほうがいいと思います。生命保険の場合は、保障内容が十分理解できるのなら、通販でもいいと思います。

最後に国内生保のおばちゃん(外務員)は、私は信用しません。私の周りでは、余りにも不勉強な人が多いので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。もう少し
勉強してみます。

お礼日時:2002/06/30 20:19

こんにちは、保険屋のおばちゃんには新入社員は最高のターゲットですね。

よ~く考えましょう。保険には、その他に共済もあります。コクミン共済、県民共済等。これは掛け捨てですが掛け金はかなり安いです。前年度の余剰金の割戻しもあります。保険屋のおばちゃんの保険は掛け捨てじゃないので満期になると保険金が下りますね。20~30年先に。ところが5年もすると保険屋のおばちゃんが新しい保険が出来たといって乗り換えを進めにきます。掛け金も少ししか上がらないからと。こうして何時まで経っても満期はきません。
結論は、今何かあったらいくら必要かということです。くれぐれも保険でもうかちゃおうなんて考えて額を大きくしないように。以上。私の若かりし時の経験から。
    • good
    • 0

>大体毎月1万円前後だそうです。

ここらへんでいいんでしょうか?
>コストダウンした外資とどっちが安いんですか?

具体的な内容に対する言及は避け、私ならばこうするという手順を記載いたします。

1.ご自身が必要最低限の保証内容を決定(例えば、入院保証日額5千円、死亡保証金1000万円など)
2.1を元に各社に保険設計依頼依頼
3.2において、各社お勧めのもののみを持ってくる場合もありますが、比較を容易にするため、他と同一条件のものも出してもらう
4.2において、出入りの外務員に依頼することは勿論、ネットや電話にて色々な会社に依頼
5.保険設計書を比較検討して、どの会社にするかや他の特約を付けるかどうかも検討。特約を付けたい場合は再度2からの作業を繰り返すも良い
6.最終的に契約する保険が決まった場合は、契約しない保険会社(特に出入り外務員がある会社)に他との契約する旨を連絡。これを怠ると勧誘が止まらず面倒なことになり増す

自動車保険でも数社見積もりを貰うことが当然となっており、これよりも契約期間の長い生命保険はこれ以上の慎重さが必要だと思います。どのような商品を購入する場合でもそうですが、素人が失敗しない為には上記のような比較検討が欠かせないと思います。

ちなみにのお話ですが、私が新入社員の頃に契約した保険は保険料で7千円でした。これでも月々の収支が厳しかった記憶があります。この経験より、一度給料を貰い、最低でも1ヶ月間過ごし、その収支を確認してからでも遅くないのではないかと思います。

外務員は結論を求めるでしょうが、慌てて早期に契約する必要はないと思います。
    • good
    • 0

単純に同じ様な保障内容で保険料だけの比較なら外資系の方が安いはずです。


問題は自動車保険などの短期の保険と比較して生命保険は普通の人の考え方だと長期になるので外資系だと不安だったり、国内生保でも不安になる会社があると思います。
保障内容でも月々1万前後だと死亡保障2500万~3000万くらいで入院5000円通院3000円位の保険だと思いますが、最低限必要な保障内容にして加入すれば安くすむ事もあります。
もうひとつ付け加えるなら、保険業法に引っかかるかもしれませんが加入のお礼ということで例えば1万円相当の品物を貰うかすれば違う意味でお得です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国内資本の生保と外資系生保の違いは?

国内生保の破綻や金融「改革」などで外資系保険会社の参入が著しいですが、加入者の立場から気をつけなければならないこととして、国内資本と外資系の違いはありますか。
保険料とか保険内容とか保険金保護機構とか。
教えていただけると幸甚です。

Aベストアンサー

商品の内容で大きな違いがあるかというと、外資生保はやはり外貨建ての商品が強みである・・・という位で、「これこそが決定的な違いだ!」という程の事はありません。
どちらにしても、日本で営業するからには日本の法律に従わざるを得ませんから。

国内/外資、各社とも保険料が安いには、安いなりの理由がありますし、高いには、高いなりの理由があります。
他社と差別化を図るために様々な特徴や保障内容を持った商品をラインナップしています。

年末には、いよいよ銀行の窓口で生命保険が全面的に販売開始され、各銀行は生命保険コンサルタントを置きます。
肝心のお客様にとってみれば「どこの誰の言う事を信用すればいいの!?」・・・という事にもなりかねません。

他の方もおっしゃる様に、【自分にとって信頼のおける担当者】に巡り合う事がまず第一だと考えます。
良い担当は、最初から商品を勧めてくる事はまずありません。
まず、お客様が何を求めているのかをしっかり聞き出します。

もし営業の人間と付き合うのがお嫌なら、ご自分で納得の行くまで保険について勉強するしかないでしょう。

どちらにしろご自身の「お金」と「命」に関る事ですから、勉強して損になる事はありませんし、良い担当者に巡り会う事は保険意外にもきっとプラスの価値を生み出してくれますよ。

商品の内容で大きな違いがあるかというと、外資生保はやはり外貨建ての商品が強みである・・・という位で、「これこそが決定的な違いだ!」という程の事はありません。
どちらにしても、日本で営業するからには日本の法律に従わざるを得ませんから。

国内/外資、各社とも保険料が安いには、安いなりの理由がありますし、高いには、高いなりの理由があります。
他社と差別化を図るために様々な特徴や保障内容を持った商品をラインナップしています。

年末には、いよいよ銀行の窓口で生命保険が全面的に販...続きを読む

Q民間生保と会社の団体保険(医療保険)について

はじめました。
今回、民間生保と会社にある団体保険について質問させていただきますので、
よろしくお願いいたします。

現在、民間生保に入っています。月は8000円くらい支払っています。
同じ内容で会社の団体保険では、3000円くらいですんでしまいます。
会社の団体保険は、掛け金を1口として、何口にするかを決める保険です。

現在、月々の出費を見直しておりますが、民間生保は非常に掛け金が高いので、
独身ということもあり、会社の団体保険にしようか迷っています。

みなさんでしたらどちらがよいでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、では早速ですが、アドバイス申し上げます。

【結論】
会社の団体保険への加入はお勧めします。
(1)手軽な保険料:団体という規模のメリットがあります。
(2)シンプルで解り易い保障内容:難しい専門用語の特約でないので理解し易い。
(3)目的が明確:保障内容は勿論、加入した理由が明確に理解。

ちなみに会社の団体保険も民間の保険会社が引き受け保険会社になっている事が一般的です。

あとは、保障内容がどのようなものか解りませんが、目的に応じて保険に加入する事が良いと思います。
(1)資産形成(老後の御自身の生活資金)として終身保険に加入する。
 御質問者様が仮に定年まで働いた場合、「超高齢化社会」の深刻化で老後資金が完全自己責任。
(2)がん保険に加入。二人に一人が発症する「がん」に備える。

保険会社に勤務する方も団体保険に加入する方が非常に多いです。

御参考になれば幸いです。

Q生命保険と医療保険は別になっていることが多いですか?

生命保険と医療保険は別になっていることが多いですか?いっしょになっているものはありますか?

それと妻の保険についてアドバイスをください。
29歳で2歳くらいの子供2人です。
JAの保険にはいっています。妻は仕事もしていないので、今は保険は最低限でいいと考えているのですが、今JAを解約すると損でしょうか?
継続していると年間6万が5万になるんですが。そういう問題ではないような気がしますが・・・
それと妻が仕事をし始めてから他の保険に入る場合、前に入っていた保険の情報などは継続されるのでしょうか?

Aベストアンサー

●死亡保障と医療保障は、いっしょになっている保険もたくさんあります。
しかし、そもそも目的の異なる保障なので、別々の保険にするのが基本です。

いっしょにしておくと、見直しのときに困ることもあります。
例えば……
死亡保険を他の保険に切り替えようとしたとき、病気などのために医療特約の見直しができない場合、死亡保険そのものの見直しができない……ということが生じます。
何らかの理由で死亡保険を解約して、解約払戻金を使いたいと思ったとき、医療特約を付けているとその医療特約まで解約となってしまいます。

●今JAを解約すると損でしょうか?
何をもって、損得を判断するのか、その基準によります。
解約払戻金を考えれば、中途解約は損になります。
無駄な保障は、解約すれば、節約になります。

●継続していると年間6万が5万になる……
何が、6万から5万になるのか、分りません。

●他の保険に入る場合、前に入っていた保険の情報などは継続されるのでしょうか?
JA内部では、以前に契約していた保険の情報は保存されますが、それを他社と共有することはありません。
つまり、別の保険会社と契約する場合、情報は継続されません。

●妻の保険について……
専業主婦の保険については、万一があっても経済的リスクが少ないことから、不要または葬儀代程度という意見が多いようです。
一方、一時的にしろ主婦の仕事を外部委託することになれば、費用がかかります。また、高度障害などの障害を考えて、500万円、1000万円ぐらいの死亡保障を提案する人もいます。

医療保険、がん保険は、年齢に関係なく、考慮に値する保険です。
若年層では、病気になる確率が低く、また、病気になっても回復するのが早いので、医療保険の重要性は低いのですが、高齢になれば、有病率も高くなり、しかも、回復に日数がかかるようになるので、医療保険重要性が増します。
若いうちに終身の医療保険・がん保険に契約するというのは、今だけでなく、高齢になってからのリスクをカバーするという意味があるのです。

ご参考になれば、幸いです。

●死亡保障と医療保障は、いっしょになっている保険もたくさんあります。
しかし、そもそも目的の異なる保障なので、別々の保険にするのが基本です。

いっしょにしておくと、見直しのときに困ることもあります。
例えば……
死亡保険を他の保険に切り替えようとしたとき、病気などのために医療特約の見直しができない場合、死亡保険そのものの見直しができない……ということが生じます。
何らかの理由で死亡保険を解約して、解約払戻金を使いたいと思ったとき、医療特約を付けているとその医療特約まで解約とな...続きを読む

Q生保協会って信用できますか?保険会社の訴訟を起こしたいと思いますが、保険に強い弁護士さんを教えてください。

生保レディから、充分な保険転換内容を説明されず、告知書も署名はしましたが、告知の内容は自身で記入しておりません。更新だと思い、サインをしましたが、数年後に転換だったと契約をみて知人から指摘され気がつきました。
生保レディはきちんと説明している。生保会社もサインしているのだから、元には戻せないの繰り返しです。
生保協会は生保会社からの天下りですので、身内をかばうと思います。
何方か、相談できる。FPさんや、保険に強い弁護士さんをご存知ないでしょうか。
訴訟を起こそうとしている相手会社は、住友生命です。

Aベストアンサー

>生保協会は生保会社からの天下りですので、身内をかばうと思います。
天下り云々は抜きにして、転換の苦情に関し、即効性はありません。

※訴訟に関してですよね?
>FPさんや、
FPは、訴訟の解決は本業ではありません。
なお、弁護士資格を持たないのに紛争解決にあたる場合は、無償で行う必要があります。有償(現在顧客関係にあり利益を得ている、今後取引先となって利益を得るのも、有償と見なされる可能性がある・・・以前、某弁護士に確認済み)にて行うと、弁護士法違反となります。
思慮あるFP、他の保険代理店は、訴訟の相談はしません。
私も、そのような訴訟を念頭にする相談を受けたならば、ならば、私は弁護士ではなく責任を負いかねるので、弁護士に相談してくださいと助言します。
へたにクビを突っ込んだら、弁護士法違反に問われかねなく面倒なことになるので。
※この場でいろいろ書けるのは、このサイトが匿名サイトで利益関係が発生しないという特性故です。

>保険に強い弁護士さんを
消費者保護法など・・・・悪徳商法の解決・消費者保護関係に明るい弁護士を探してはいかがでしょうか。
しかしがなら、費用対効果は十全に検討してください。
”悪徳商法 解決”とか、そんな感じで検索してみてください。

>生保協会は生保会社からの天下りですので、身内をかばうと思います。
天下り云々は抜きにして、転換の苦情に関し、即効性はありません。

※訴訟に関してですよね?
>FPさんや、
FPは、訴訟の解決は本業ではありません。
なお、弁護士資格を持たないのに紛争解決にあたる場合は、無償で行う必要があります。有償(現在顧客関係にあり利益を得ている、今後取引先となって利益を得るのも、有償と見なされる可能性がある・・・以前、某弁護士に確認済み)にて行うと、弁護士法違反となります。
思慮あるFP...続きを読む

Qネット生保と大手生保の選択

母と二人暮らしで、万一私が死亡したときのために、死亡定期保険に加入しようと思っています。保険料を見るとネット生保は割安で魅力的なのですが、万一私が死亡したときに母が保険金を受け取る手続きがひとりでできるか心配しています。母は、メールもしないし、インターネットも一切できません。大手生保は自宅に来て請求手続きの案内もしてくれると思いますが、ネット生保は、どこまで請求手続きのお手伝いをしてもらえるものなのでしょうか。また、保険内容の案内はネット生保でも定期的に郵便で案内はくるものなのでしょうか。そのあたりを知って加入する保険会社を最終的に決めたいのですが、ご存知の方はいらっしゃいますか。アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

生保会社を大別すると

(1)漢字系生保:いわゆる旧来からある大手生保。
(2)カタカナ系生保:外資系生保あるいはネット生保。
(3)ひらがな系生保:損害保険会社の子会社生保。
に分かれます。

(1)はご存知の通り担当者が付きますが、保険料が高いです。また2年以上同じ担当者である確率はかなり低いです。

(2)は、アクサ生命、アフラックやプルデンシャル生命、メットライフアリコなどの外資系とオリックス生命ソニー生命など国内資本です。アフラックは代理店契約が基本ですので代理店の担当者が付きます。メットライフアリコは通販型か社員担当者を選択できます。オリックスは通販です。ソニー生命は社員担当者が付きます。

(3)は基本的に代理店契約となります。

(2)と(3)は保険のバリエーションが豊富ですからご自分に合った保険選択が可能と思われます。

通販契約でも、保険請求は、まず電話での対応となりますから連絡先をしっかり理解してもらえば問題ありません。
請求書類の書き方などもオペレーターが丁寧に教えてくれますからそんなに心配する必要はないと思います。 

契約内容の確認も担当者がいようが通販だろうが、毎年1回は送られてくるはずです。 

生保会社を大別すると

(1)漢字系生保:いわゆる旧来からある大手生保。
(2)カタカナ系生保:外資系生保あるいはネット生保。
(3)ひらがな系生保:損害保険会社の子会社生保。
に分かれます。

(1)はご存知の通り担当者が付きますが、保険料が高いです。また2年以上同じ担当者である確率はかなり低いです。

(2)は、アクサ生命、アフラックやプルデンシャル生命、メットライフアリコなどの外資系とオリックス生命ソニー生命など国内資本です。アフラックは代理店契約が基本ですので代理店の担当者が付きます。メッ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報