今月の末に「パソコン検定」を受けることになり、早速テキストを買ってきました♪(←「パソコン検定委員会認定」とかいうやつです。) …て、それはいいんですが、いざテキストを開いてみたら、最初の1問目から つまづいちゃって。(^^;;ゞ ちょっと教えて頂けますか?

クロック周波数で最速のものは?
a.500MHz
b.650MHz
c.700MHz
d.800MHz
e.1GHz     答え[e]

この問題↑なんですが、これって…とにかく「より速い」のを選べば良いってことですか??

クロック周波数って、まだ よく分かんないですが(今から分かるつもり(遅??))、速さの限界って、どのくらいなのでしょう?

…テキストと同じ問題が出ることはあっても、選択肢まで一緒とは限らないと思うので、もし、この項目の中に、"この世に存在しない速さ"のが混ざっていたら?(で、それを選んで間違っちゃったら??)って、フト不安になりました。とにかく速いのを選べば良いだけなら簡単なんですが。…どうなのでしょう??

例えば、上記↑の問題の「e」の選択肢が「1GHz」じゃなくて「800GHz」とかでも…やっぱり答えは「e」で良いですか?(?_?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

うーん、最速って、どんどん早くなるから、その問題作成時点での最速ってのは


分からないですねぇ(^^;
恐らく、その選択肢の中の最速の物を選べばいいんじゃないかなぁ・・・

今現在、2GHz台が最速ですかね、まだ3GHzには届いていないです

で、物理的に「800GHz」は無理じゃないかな?
多分、その前にCPU内の配線が電子レベルまで細くなっちゃうはずだから・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わー。ありがとうございます!!!
なるほど。「2GHz台」ですか☆
φ(..) メモメモ…

…よく考えたら、「現在において可能な速さで」とか、フツー何か注釈が付くはずですよね。(^^;;) ※この世に存在しない速さが選択肢に含まれてる場合。

なので、ただ単に「最速は?」って聞かれた時は、GOLDENさんのおっしゃるように、とにかく速いやつを選ぶことにします♪

本当に助かりました。

またテキストで分からないことがあったら質問させて頂くかもしれないので宜しくお願いします。m(_ _)m ←厚かましい。。。

お礼日時:2002/04/12 02:05

800Ghzのクロックはまあ考えないことにして


ベースクロックの一番高いのはeでしょうか?

クロック周波数はCPUの処理速度のことで1秒間にやる処理をヘルツの単位であらわしています。

高いほど処理速度が速いということですね

{FSBクロック}
フロントサイドバスの意味CPUとPCチップ、メインメモリの間をデーター処理する速さ。
{クロック倍率}
CPUがPCチップで処理するFSBを何倍で処理するかというPCチップの処理能力のことで高いほど速くできるし、能率もよくなるが、熱もでるし、電気もくう。
例えばFSBを100MHZでクロック倍率を6.0に設定するとCPUの動作クロックは600MHzになる。。。だからsoket370なら600Eを買う。カートリッジタイプならKatomaiの600(slot1 SECC対応)を買う。

参考
PENTIUM(3)(FC-PGA Katomai)はカートリッジタイプではFSB100対応のCPUは動作クロックが450MHzから600MHzまで。
同じく(FC-PGA Coppermine)はカートリッジタイプは550EMHz~850MHzまで
PENTIUM(3)のFSB100ソケットタイプは550E~850MHzまで。
それ以上のクロック周波数はPENTIUMではFSB133MHZで2次キャッシュは256Kbなのだあ。

CELEronはFSBは一応に66MHzだけどマザーボードは100MHz以下で動作できるようにしてあるので、都合がよい。
開発名でCoppermine128kとMendocinoがあって高いクロック倍率に対応できるほうが、Coppermine128kで700MHzくらいまで。

AMDのやつはThunderbird やK75やDuronのSpitfireなど
一応にFSBは200MHzで動作クロックが高いほど値段も高い。
Athlon XPは自分で調べなさい。

過去の歴史で例外もある。

AMDのK6-2はsoket5-7でFSB100MHz位です。かつてPENTIUMを作っていたINTELもAMDもこの製品を作っていました。300とか266は66MHzは私も使っていますが、366MHzのFSBは66MHZです。win95時代win3.1モデルにはFSB50MHzっ手のもありました。
AMDのK6-3は100MHzです

いやあながながだらだらすいませんね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

凄っ。。。!!(^▽^;?

フロントサイドバス?
PCチップ??

あは…あはは……はは ※もう笑うしかないらしい。。。

「クロック周波数」に詳しい人って沢山いらっしゃるんですね。ちょっとビックリ。。。(焦;)

それより、うーーーん…ドウシヨウ。。。
ポイントが足りないよぉ。。。
yuunojiさん、ごめんなさいっ!!!(>o<)
こんなにいっぱい書いてくださったのに、
もうポイントを付ける人を決めちゃった後だったの。(涙;)

もっとポイントを増やせるように、管理人さんにお願いしてみますー!!(無理?)

お礼日時:2002/04/12 02:42

 いちばん数字が大きな選択肢を選べば大丈夫です。



 クロック周波数とは何か、ですが。CPUの中では、実は数千万の小人さん(トランジスタ)が働いているわけです。彼らは職場のBGM(クロック)に合わせて体を動かしています。このBGMのテンポがクロック周波数です。だから、周波数が高くなるほど動きも速くなるのです。

 ここで注意が必要なのは、「クロック周波数による速度の違いは、同じ種類のCPU同士でしか比較できない」ことです。

 CPUの種類が違うと内部構造(小人さんの配置)が違いますから動作も違います。だから周波数が高いほうが必ずしも速度が速いとは言えません。

 具体的には、たとえば

・2.0GHzで動作するPentium4(という商品名のCPU)
・1.7GHzで動作するAthlonXP(という商品名のCPU)

のどちらが速いのかを比較するのは難しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わ・分かり易い…!!!w(TOT)w

凄ーい!! 凄いですamajunさん☆
クロック周波数のことが、よく分かりました♪(ホントか??)←自己ツッコミ。

『2.0GHzのPentium4と、1.7GHzのAthlonXPだと、どちらが速いか分からない』ってことは、 Pentium4っていうのの方が性能が良いってことですね??d(‘-‘*)

P・S:私のCPUの小人さんは、バラードを聞きながら、お仕事してるっぽい。。。(自爆)

お礼日時:2002/04/12 02:22

単位を合わせて考えれば良いだけです。

だから
a.500MHz
b.650MHz
c.700MHz
d.800MHz
e.1GHz =1000MHz
だから回答は[e]です。
KHz⇒MHz⇒GHz⇒THz
の順に大きくなります。
(Tはテラです。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

…てことは、「とにかくより速いのを選べば良い」ということですね??

分かりました!どうもありがとうございました♪^^

お礼日時:2002/04/12 01:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ電気供給の周波数に50Hzと60Hzがあるの?

表題のとおりですが、なぜ電力供給の周波数に50Hzと60Hzがあるのでしょうか?はじめから50Hzなら50Hzと統一しておけばよいのに、いろいろ設定が面倒ですよね?(最近ではそうでもないか。。。)統一しない理由でもあるのでしょうか?それとも何か特別な理由があるのでしょうか?詳しい方どうか教えてください。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/日本の商用電源周波数

>日本国内での交流電源の周波数で東日本の50ヘルツ(以下、Hzと表記)と西日本の60Hzの周波数の相違がある。 これは明治時代に関東では東京電燈(現東京電力)が50Hz仕様のドイツ製(AEG)発電機を、関西では大阪電燈(現関西電力)が60Hz仕様のアメリカ製(GE)発電機を採用し、これを中心として次第に東日本・西日本の周波数が統一されていった結果である。

Q電化製品の周波数(50Hzまたは60Hz)について

日本の電源周波数は西60Hz東50Hzで、これは西は米の、東は独の発電機を持ってきたことが由来です。
では、50Hzと60Hzのメリット、デメリットはそれぞれ何でしょうか?
また、最近の電化製品は、周波数が違っても動作するものが多いですが、それぞれ50Hzのほうが有利なものや60Hzのほうが有利なものがあると聞きましたが、それぞれ教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

> 本当は、60Hz地域より50Hz地域のほうが効率がいい製品について

一般的な電化製品では無いと思います。

周波数が関係するのは、損失としては鉄損(ヒステリシス損+渦電流損)、
最大磁束密度(鉄損にも関係する)ですが、周波数が上がると損失は
減りますし、最大磁束密度も小さくなることから、機器を小型化出来ます。

スイッチング電源など、周波数を高くすることによってトランスを
非常に小型化する事が出来ます。このように、トランスをはじめ発電機も
小型化が可能です。

誘電体損とかケーブルの充電電流は増えますが、周波数が高い事による
メリットの方が大きいと思います。

> 実際は50Hzを使用しているところのほうが多いです。

これは、日本でも周波数を統一出来なかったように、周波数を変更する
と言う事は大変な事だから、ご質問にある通り最初の発電機の規格に
引きずられて使用しているに過ぎないと思います。

現在、全く何の制約もなく電力設備を作るなら400Hz位を選択する
と思います。航空機の電源など、400Hzを採用しています。


> 今まで、オーディオ機器は60Hzのほうがいい音がでるとか、

オーディオでは電源容量が重要になりますが、同じ大きさのトランスを
使った場合、周波数が高い方が磁束密度が低くなりますから、大きなエ
ネルギーを変換出来るためだと思います。


> 50Hz地域でビデオカメラを撮ると画面に雪が降ったようなノイズが出る

これは、ビデオカメラが30fpsで撮影するため、50Hz地域では、
蛍光灯のちらつきと干渉するためだと思います。

ですから、効率の面から言えば60Hzの方がいいです。

あと、各国の周波数ですが統一されていないので日本くらいだと思います。
一国内で電圧が複数存在する国はいくつかありますが・・・

こんにちは。

> 本当は、60Hz地域より50Hz地域のほうが効率がいい製品について

一般的な電化製品では無いと思います。

周波数が関係するのは、損失としては鉄損(ヒステリシス損+渦電流損)、
最大磁束密度(鉄損にも関係する)ですが、周波数が上がると損失は
減りますし、最大磁束密度も小さくなることから、機器を小型化出来ます。

スイッチング電源など、周波数を高くすることによってトランスを
非常に小型化する事が出来ます。このように、トランスをはじめ発電機も
小型化が可能です。

...続きを読む

Q50HZ 60HZ 間違えてました・・・

過去の質問を検索しましたが、ちょっとよくわからなかったのでアドバイスを頂けたらと思います。

50HZの地域に住んでいます。
10年ほど使っている観賞魚水槽用(90cm水槽)の照明器具(水槽の上に載せるタイプ)なのですが、今日ふと見たら小さいスイッチがあって「50HZ/60HZ 切り替えスイッチ」でした。問題はスイッチの位置なのですが、60HZになっていました。
いままでずっと60HZで使っていた事になります。
今まで特に問題もなく、照明器具の蛍光灯は点灯していました。
今はスイッチを50HZ側に切り替えてありますが、今後この照明器具を使い続けても大丈夫な物なのでしょうか?

もうひとつの心配事は、その照明器具に他の水槽関連の器具(サーモスタットや濾過装置など)用にソケットが2口あります。
わたしは、ここのソケットから水温管理用電子式サーモスタットと濾過装置のモーターポンプの電源をとっていました。このサーモスタットとモーターポンプは「50HZ/60HZ共用」です。
ただ、電線から流れてくる50HZの電気を「60HZ」に間違って設定していた照明器具についていたソケットから電気をとっていたので、「50HZ/60HZ共用」のサーモスタットとモーターポンプですが、いったいその照明器具のソケットから何HZの電気が供給されていたのか全く想像ができず、これもこのまま使い続けて大丈夫なのかアドバイス頂けたら助かります。

よろしくお願いいたします。

過去の質問を検索しましたが、ちょっとよくわからなかったのでアドバイスを頂けたらと思います。

50HZの地域に住んでいます。
10年ほど使っている観賞魚水槽用(90cm水槽)の照明器具(水槽の上に載せるタイプ)なのですが、今日ふと見たら小さいスイッチがあって「50HZ/60HZ 切り替えスイッチ」でした。問題はスイッチの位置なのですが、60HZになっていました。
いままでずっと60HZで使っていた事になります。
今まで特に問題もなく、照明器具の蛍光灯は点灯していました。
今...続きを読む

Aベストアンサー

結論からいうと,照明器具の明るさが少し変化するくらいなので,全然大丈夫だ思います。

それについているソケットも,テーブルタップと同じく単に分配しているだけなので,お住まいと同じ50hzのものがそのまま来るだけです。

Qコンプレッサー60Hz50Hz

集塵機日立工機 RG70S2 単相交流100V(60Hz)
を50Hzの地域で使用中です。
メーカーに問い合わせたところ「20%のパワーダウンは
ありますが、使用には問題ない」と回答されましたし、
現在も、何も問題がありません。
そこで、
日立パッケージコンプレッサーPB-0.75 0.75kW/60Hz
を50Hzの地域で使用しようか?と考えていますが、パワ
ーダウン以外に、何か問題があるのでしょうか?

Aベストアンサー

na11ru27さん、おはようございます。
何も問題有りません。
日本は50Hz/60Hzにわかれていますが、どちらかでしか使用できない機器って、まず無いです。
周波数が違うので、モーターなどの場合は速度が変わってしまいますし、蛍光灯のちらつき方も厳密には変わってきますが、壊れるとか言った事はないです。
回転系のものを使用する場合は、決まった速度に対して機器を選定しているのなら、使用地域で変わってしまうので、ご注意下さい。

Q50Hzと60Hzの変換について。

オークションで60Hz専用の冷却機能付きアイスクリーム製造機を見つけました。100V250Wです。
原物を見た事はありませんが冷却機能とモーターの回転でアイスを作るようです。
しかし当方は関東の50Hzです。このサイトや他でもいろいろ調べたつもりですが、やはりヘルツを変換する家庭レベルの器具はないのでしょうか?
電気の事は(も)殆ど知識がありません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

周波数を変換することのできる家庭用(でもありませんが)の装置は、UPS(無停電電源装置)です。

UPSにも何種類かあり、
安いものは「常時商用給電方式」といい、停電した時点でバックアップ電源に切り替わりますが、
高級品は「常時インバーター給電方式」といい、交流をいったん直流に変え、バッテリーに充電し、再度交流にします。
その時点で出力周波数を50/60Hzのいずれかを選ぶことができます。

ただ、常時インバーター給電方式のUPSは結構高価ですので、
現実的には、50Hz用を購入するか、アイスクリーム製造器のメーカーに依頼して、モーターを50Hz用に交換して貰うのが良いと思います。

参考URL:http://www.omron.co.jp/ped-j/product/ups/ups_4.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報